第48章 Business Central 使用時のパフォーマンスチューニングに関する考慮点

以下の主要な概念または推奨のプラクティスを使用すると、Business Central の設定および Red Hat Process Automation Manager のパフォーマンス最適化に役立ちます。本セクションではこの概念についてまとめており、随時、他のドキュメントを相互参照して詳細を説明します。本セクションは、Red Hat Process Automation Manager の新しいリリースで、必要に応じて拡張または変更します。

開発時には、必ず開発モードを有効にする

KIE Server または特定のプロジェクトを Business Central に設定して、production モードまたは development モードを使用できます。デフォルトでは、KIE Server および Business Central のすべての新規プロジェクトは開発モードになっています。このモードには、プロジェクトの開発ポリシーに柔軟性をもたせるなど、開発が容易にすすむ機能や、重複した GAV の検出を無効化するなど、開発中の KIE Server のパフォーマンスを最適化する機能が含まれます。Red Hat Process Automation Manager 環境が確立し、実稼働モードを実行できる準備が完全に整うまで、開発モードを使用してください。

環境モードの設定または重複する GAV の検出の詳細は、以下の資料を参照してください。

複雑なガイド付きデシジョンテーブルの検証および妥当性確認の無効化

Business Central のデシジョンテーブルの検証および妥当性確認機能は、デフォルトで有効になっています。この機能を使用すると、ガイド付きデシジョンテーブルの検証が容易になりますが、複雑なガイド付きデシジョンテーブルの場合は、この機能が原因でデシジョンエンジンのパフォーマンスが低下してしまう可能性があります。org.kie.verification.disable-dtable-realtime-verification のシステムプロパティーを true に設定して、この機能を無効にできます。

ガイド付きデシジョンテーブルの詳細は、「ガイド付きデシジョンテーブルを使用したデシジョンサービスの作成」を参照してください。

大規模なプロジェクトが多数ある場合は、自動ビルドを無効にする

Business Central では、Project Explorer のサイドパネルでプロジェクト間を移動すると、選択したプロジェクトが自動でビルドされて、Alerts ウインドウが更新され、プロジェクトのビルドエラーが表示されます。大規模なプロジェクトがある場合や、頻繁に、開発が実際に行われている多数のプロジェクト間を頻繁に切り替える場合は、この機能を使用すると、Business Central とデシジョンエンジンのパフォーマンスに悪影響を与える可能性があります。

プロジェクトの自動ビルドを無効にするには、org.kie.build.disable-project-explorer システムプロパティーを true. に設定します。