44.2. リモート Git リポジトリーのインポート

リモートの Git リポジトリーを Business Central にインポートし、post-commit の Git フックを設定して、そのリモートリポジトリーに変更を自動的にプッシュできます。

前提条件

  • Red Hat JBoss EAP 7.3 サーバーインスタンスに Red Hat Process Automation Manager がインストールされている。
  • Red Hat Process Automation Manager プロジェクトが外部の Git リポジトリーに存在している。
  • 外部 Git リポジトリーへの読み取りアクセスに必要な認証情報。
  • (Windows の場合) Cygwin は、インストール時に追加される Git パッケージでインストールします。Cygwin /bin フォルダーへのパスは、お使いの環境の PATH 変数に追加されます。たとえば、C:\cygwin64\bin です。Cygwin のインストールに関する詳細は、「Installing and Updating Cygwin Packages」を参照してください。

手順

  1. Business Central で、MenuProjects に移動します。
  2. Git プロジェクトをインポートするスペースを選択または作成します。
  3. 画面の右側の dots をクリックし、Import Project を選択します。
  4. Import Project ウィンドウで、Git リポジトリーの URL を入力します (例: https://github.com/USERNAME/REPOSITORY_NAME.git および Git リポジトリーの認証情報)。
  5. Import をクリックします。

    プロジェクトを Business Central の Git リポジトリーに追加すると、スペースで使用できるようになります。

    重要

    SCP スタイルの SSH URL の代わりに、HTTPS または Git プロトコルを使用します。Business Central は基本的な SSH URL をサポートしないため、この URL を使用する場合はエラーが発生します。

    公開 SSH キーを Git プロバイダーに設定する必要があります。

    Git リポジトリーは、Red Hat Process Automation Manager のバージョンと互換性のある KJAR が 1 つだけ含まれる KJAR プロジェクトでなければなりません。KJAR コンテンツは、リポジトリーのルートに配置する必要があります。

  6. コマンド端末で、プロジェクトのリポジトリー Git ディレクトリーにある hooks ディレクトリーに移動します。例:

    $ cd _EAP_HOME_/bin/.niogit/<SPACE>/<PROJECT_NAME>.git/hooks
  7. 以下のように、リモート Git リポジトリーに変更をプッシュする post-commit ファイルを作成します。例:

    #!/bin/sh
    git push origin +master

    Post-commit の Git フックの作成に関する情報は、「post-commit の Git フックの作成」 を参照してください。

  8. オプション: 設定が正常に行われたことを確認するには、Business Central のガイド付きルールを作成します。

    1. Business Central で MenuProjectsAdd AssetGuided Rule に移動します。
    2. Create new Guided Rule ページで必要な情報を入力します。
    3. OK をクリックします。

      Business Central は、リモートリポジトリーにすべての変更を自動的にプッシュします。