第9章 Business Central に接続する KIE Server の設定

警告

このセクションでは、テスト目的で使用可能なサンプルの設定を紹介します。一部の値は、実稼働環境には適しておらず、その旨を記載しています。

KIE Server を Red Hat Process Automation Manager 環境に設定していない場合、または Red Hat Process Automation Manager 環境に KIE Server を追加する必要がある場合は、KIE Server を設定して Business Central に接続する必要があります。

注記

Red Hat OpenShift Container Platform に KIE Server をデプロイする場合は、『Operator を使用した Red Hat OpenShift Container Platform 4 への Red Hat Process Automation Manager 環境のデプロイメント』 で、Business Central に接続する設定手順を参照してください。

KIE Server は管理モードにすることも、非管理モードにすることもできます。非管理モードの場合は、手動で KIE コンテナー (デプロイメントユニット) を作成および維持する必要があります。管理モードの場合は、Process Automation Manager コントローラーが KIE Server の設定を管理し、ユーザーはコントローラーと対話形式で KIE コンテナーを作成および維持します。

注記

本セクションの変更は、KIE Server を Business Central で管理し、Red Hat Process Automation Manager を ZIP ファイルからインストールしている場合にのみ実行してください。Business Central をインストールしている場合は、10章ヘッドレス Process Automation Manager コントローラーのインストールおよび実行 の記載通りに、ヘッドレス Process Automation Manager コントローラーを使用して KIE Server を管理することができます。

前提条件

  • Business Central と KIE Server が Red Hat JBoss EAP インストールのベースディレクトリー (EAP_HOME) にインストールされている。
注記

実稼働環境では、Business Central と KIE Server は異なるサーバーにインストールする必要があります。このサンプルでは、rest-allkie-server の両ロールを持つ controllerUser という名前のユーザー 1 人のみを使用します。ただし、開発環境などで、KIE Server と Business Central を同じサーバーにインストールする場合は、本セクションの説明に従って、共有の standalone-full.xml ファイルを変更します。

  • 以下のロールを持つユーザーが存在している

    • Business Central: rest-all ロールを持つユーザー
    • KIE Server: kie-server ロールを持つユーザー

手順

  1. Red Hat Process Automation Manager インストールディレクトリーで、standalone-full.xml ファイルに移動します。たとえば、Red Hat Process Automation Manager に Red Hat JBoss EAP インストールを使用する場合は $EAP_HOME/standalone/configuration/standalone-full.xml に移動します。
  2. standalone-full.xml ファイルを開き、<system-properties> タグの下に、以下の JVM プロパティーを設定します。

    表9.1 KIE Server インスタンスの JVM プロパティー

    プロパティー注記

    org.kie.server.id

    default-kie-server

    KIE Server ID。

    org.kie.server.controller

    http://localhost:8080/business-central/rest/controller

    Business Central の場所Business Central の API に接続する URL。

    org.kie.server.controller.user

    controllerUser

    Business Central にログイン可能な rest-all ロールを持つユーザー名。

    org.kie.server.controller.pwd

    controllerUser1234;

    Business Central にログインできるユーザーのパスワード。

    org.kie.server.location

    http://localhost:8080/kie-server/services/rest/server

    KIE Server の場所KIE Server の API に接続する URL。

    表9.2 Business Central インスタンスの JVM プロパティー

    プロパティー注記

    org.kie.server.user

    controllerUser

    kie-server ロールを持つユーザー名。

    org.kie.server.pwd

    controllerUser1234;

    ユーザーのパスワード。

    以下の例は、KIE Server インスタンスを設定する方法を示しています。

    <property name="org.kie.server.id" value="default-kie-server"/>
    <property name="org.kie.server.controller" value="http://localhost:8080/business-central/rest/controller"/>
    <property name="org.kie.server.controller.user" value="controllerUser"/>
    <property name="org.kie.server.controller.pwd" value="controllerUser1234;"/>
    <property name="org.kie.server.location" value="http://localhost:8080/kie-server/services/rest/server"/>

    以下の例は、Business Central インスタンスに設定する方法を示しています。

    <property name="org.kie.server.user" value="controllerUser"/>
    <property name="org.kie.server.pwd" value="controllerUser1234;"/>
  3. KIE Server が正常に起動することを確認するには、KIE Server の実行中に http://SERVER:PORT/kie-server/services/rest/server/ に GET 要求を送信します。KIE Server での Red Hat Process Automation Manager の実行に関する詳細は、「 Running Red Hat Process Automation Manager 」を参照してください。

    認証に成功すると、以下の例のような XML 応答が返されます。

    <response type="SUCCESS" msg="Kie Server info">
        <kie-server-info>
            <capabilities>KieServer</capabilities>
            <capabilities>BRM</capabilities>
            <capabilities>BPM</capabilities>
            <capabilities>CaseMgmt</capabilities>
            <capabilities>BPM-UI</capabilities>
            <capabilities>BRP</capabilities>
            <capabilities>DMN</capabilities>
            <capabilities>Swagger</capabilities>
            <location>http://localhost:8230/kie-server/services/rest/server</location>
            <messages>
                <content>Server KieServerInfo{serverId='first-kie-server', version='7.5.1.Final-redhat-1', location='http://localhost:8230/kie-server/services/rest/server', capabilities=[KieServer, BRM, BPM, CaseMgmt, BPM-UI, BRP, DMN, Swagger]}started successfully at Mon Feb 05 15:44:35 AEST 2018</content>
                <severity>INFO</severity>
                <timestamp>2018-02-05T15:44:35.355+10:00</timestamp>
            </messages>
            <name>first-kie-server</name>
            <id>first-kie-server</id>
            <version>7.5.1.Final-redhat-1</version>
        </kie-server-info>
    </response>
  4. 登録が正常に完了したことを確認します。

    1. Business Central にログインします。
    2. MenuDeployExecution Servers の順にクリックします。

      正常に登録されている場合は、登録されたサーバーの ID が表示されます。