29.2. データセットの編集

既存のデータセットを編集し、レポーティングコンポーネントに取得したデータが最新になっていることを確認します。

手順

  1. Business Central で、AdminData Sets に移動します。

    Data Set Explorer ページが開きます。

  2. Data Set Explorer ペインで、編集するデータセットを検索し、データセットを選択して Edit をクリックします。
  3. Data Set Editor ペインで、適切なタブを使用して必要に応じてデータを編集します。タブは、選択するデータセットプロバイダーの種類によって異なります。

    たとえば、CSV データプロバイダーの編集には、以下の変更が適用できます。

    • CSV Configuration: データセット定義の名前、ソースファイル、区切り記号などのプロパティーを変更できます。
    • Preview: データのプレビューを使用できます。CSV Configuration タブで Test をクリックすると、システムはデータセットのルックアップコールを実行し、データが利用可能な場合はプレビューが表示されます。Preview タブには 2 つのサブタブがあります。

      • Data columns: どの列をデータセット定義に追加するかを指定できます。
      • Filter: 新しいフィルターを追加できます。
    • Advanced: 以下の設定を管理できます。

      • Caching: 詳細は キャッシュ を参照してください。
      • Cache life-cycle: データセット (またはデータ) を再読み込みされるまでの間隔を指定できます。バックエンドデータに変更が加えられると、Refresh on stale data 機能は、キャッシュしたデータを再読み込みします。
  4. 必要な変更を行ったら、Validate をクリックします。
  5. Save をクリックします。