13.2. デプロイメント記述子の管理

デプロイメント記述子を設定するには、Business Central で MenuDesign$PROJECT_NAMESettingsDeployments と移動します。

プロジェクトが作成されるたびに、ストックの kie-deployment-descriptor.xml ファイルがデフォルト値で生成されます。

すべての KJAR で完全なデプロイメント記述子を提供する必要はありません。部分的なデプロイメント記述子の提供は可能で、かつ推奨されるものです。たとえば、異なる監査モードを使用する必要がある場合は、その KJAR のみにそれを指定し、残りの属性はサーバーレベルのデフォルト値で定義します。

OVERRIDE_ALL マージモードの使用時には、すべての設定アイテムを指定する必要があります。関連する KJAR は常に指定された設定を使用し、階層内の他のデプロイメント記述子とマージしないためです。