55.5. Heatmap コンポーネント

Business Central では、heatmap コンポーネントをページに追加できます。heatmap コンポーネントは、プロセスのダイアグラムに heat 情報を表示するのに使用されます。プロセスダイアグラムノードの色は、各ノードに割り当てる値に関連し、割り当てられた値に基づいて、プロセスダイアグラムの色が異なります。割り当てられた値が最大の場合には heat が強まり、最小値が割り当てられている場合は、プロセスダイアグラムに heat が表示されません。

heatmap コンポーネントを Dashbuilder Runtime にエクスポートして、KIE Server データセットから heat 情報を取得できます。heatmap コンポーネントを使用してダッシュボードを作成、編集、およびビルドすることも可能です。

55.5.1. プロセス用の heatmap コンポーネントの作成

Business Central で特定のプロセス用に heatmap コンポーネントを作成できます。

前提条件

  • KIE Server がデプロイされて Business Central に接続されている。
  • standalone.xml ファイルで dashbuilder.components.enable システムプロパティーを true に設定している。
  • Business Central に、1 つ以上のビジネスプロセスアセットが含まれるプロジェクトを作成している。
  • Business Central に、プロセス定義が設定されたプロジェクトがデプロイされている。
  • サンプルプロセスインスタンスが作成されている。

手順

  1. 以下の手順を使用して、新規の KIE Server データセットを作成します。

    1. Business Central で、AdminData Sets に移動します。

      Data Set Explorer ページが開きます。

    2. New Data Set をクリックして、Execution Server プロバイダータイプを選択します。

      Data Set Creation Wizard ページが開きます。

    3. データセットの名前を入力します。
    4. サーバー設定を選択します。プロジェクトがデプロイされる場合は、サーバー設定を使用できます。
    5. 一覧から CUSTOM クエリーターゲットを選択します。
    6. Query フィールドに以下のカスタム SQL クエリーを入力します。

      select
         pil.externalId,
         pil.processId,
          nid,
          nodetype,
          nodename,
          count(nid) as total_hits,
          avg(execution_time) as averageExecutionTime,
          min(execution_time) as minExecutionTime,
          max(execution_time) as maxExecutionTime
      from(
              select
                      max(log_date) as lastLog,
                      processinstanceid as piid,
                      nodeinstanceid as niid,
                      nodeid as nid,
                      nodetype,
                      nodename,
                      DATEDIFF(SECOND, min(log_date), max(log_date)) as execution_time
              from
                      NodeInstanceLog
              group by
                    processinstanceid,
                     nodeinstanceid,
                    nid
             order by lastLog
      )
      inner join
           ProcessInstanceLog pil on pil.processInstanceId = piid
      group by
           pil.externalId,
           nid,
           nodename
    7. Data Set Creation Wizard を完了し、Test をクリックします。
    8. Save をクリックします。
  2. Business Central で、MenuDesignPages に移動します。
  3. Pages パネルで、New をクリックします。
  4. New Page ダイアログボックスでの Name フィールドに値を入力し、必要なスタイルを選択します。
  5. OK をクリックします。

    Page Editor で新しいページが開き、Heatmaps コンポーネントが Components パネルで利用可能なことを確認できます。

  6. Components パネルで Heatmaps コンポーネントを展開し、Process Heatmap コンポーネントタイプを Page Editor にドラッグします。
  7. Displayer エディター ウィザードで Data タブをクリックして、新たに作成した KIE Server データセットを選択します。
  8. Data タブで、Columns フィールドから NID および AVERAGEEXECUTIONTIME を選択します。
  9. Component Editor タブをクリックし、Server TemplateContainer IDProcess Definition ID などの必須フィールドの値を Component Properties タブに入力します。

    注記

    Server Template の値にアクセスするには、DeployExecution ServersServer Configurations の順に移動します。Container ID の値については、ManageProcess Instances に移動し、使用するプロセスインスタンスをクリックします。DeploymentContainer ID に対応し、Definition IDProcess Definition ID になります。

  10. Display タブをクリックし、要件に応じて ChartMarginsFilterRefresh、および Columns の値を編集します。
  11. +OK をクリックします。

    図55.2 プロセス heatmap コンポーネントの例

    process heatmap component

プロセスダイアグラムの heat 情報が表示されます。