Red Hat Process Automation Manager サービスのデプロイおよび管理

Red Hat Process Automation Manager 7.10

概要

本ガイドでは、Business Central インターフェースまたは KIE API を使用して、Red Hat Process Automation Manager のプロジェクトおよびアセットをデプロイおよび管理する方法を説明します。

前書き

ビジネス意思決定およびプロセスの作成者は、Red Hat Process Automation Manager に作成したサービスの使用を開始するために、作成した Red Hat Process Automation Manager プロジェクトを KIE Server にデプロイする必要があります。Business Central インターフェースまたは KIE API を使用して、Red Hat Process Automation Manager のプロジェクトおよびアセットをデプロイして管理できます。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。まずは、マスター (master)、スレーブ (slave)、ブラックリスト (blacklist)、ホワイトリスト (whitelist) の 4 つの用語の置き換えから始めます。この取り組みは膨大な作業を要するため、今後の複数のリリースで段階的に用語の置き換えを実施して参ります。詳細は、弊社の CTO である Chris Wright のメッセージ を参照してください。

パート I. Red Hat Process Automation Manager プロジェクトのパッケージ化およびデプロイ

ビジネスルール開発者は、Red Hat Process Automation Manager に作成したサービスの使用を開始するために、開発した Red Hat Process Automation Manager プロジェクトを KIE Server にビルドしてデプロイする必要があります。プロジェクトの開発およびデプロイメントには、Business Central、独立した Maven プロジェクト、Java アプリケーション、もしくは複数のプラットフォームを組み合わせて使用できます。たとえば、Business Central のプロジェクトを開発して、KIE Server REST API を使用してデプロイしたり、Business Central で設定した Maven にプロジェクトを開発して、Business Central を使用してデプロイしたりできます。

前提条件

第1章 Red Hat Process Automation Manager プロジェクトパッケージ

Red Hat Process Automation Manager プロジェクトには、Red Hat Process Automation Manager で開発するビジネスアセットが含まれます。Red Hat Process Automation Manager の各プロジェクトは、ナレッジ JAR (KJAR) ファイルとしてパッケージングされますが、その際にはプロジェクトのビルド、環境などの情報が含まれる Maven プロジェクトオブジェクトモデルファイル (pom.xml)、プロジェクトのアセットに対する KIE ベースおよび KIE セッションの設定が含まれる KIE モジュール記述子ファイル (kmodule.xml) などの設定ファイルが使用されます。KJAR ファイルから、パッケージ化した KJAR ファイルを、デシジョンサービス、プロセスアプリケーション、その他のデプロイ可能なアセット (総称して services) を実行する KIE Server にデプロイします。このようなサービスは、ランタイム時に、インスタンス化した KIE コンテナー、または デプロイメントユニット を介して使用されます。プロジェクトの KJAR ファイルは Maven リポジトリーに保存され、GroupIdArtifactId、および Version (GAV) の 3 つの値で識別されます。この Version 値は、デプロイする可能性がある新しい全バージョンに対して一意である必要があります。(KJAR ファイルを含む) アーティファクトを識別するには、3 つの GAV 値がすべて必要になります。

Business Central のプロジェクトは、プロジェクトをビルドしてデプロイする際に自動的にパッケージ化されます。Business Central 以外のプロジェクト (独立した Maven プロジェクト、Java アプリケーションのプロジェクトなど) をビルドしてデプロイする場合は、追加した kmodule.xml ファイルに KIE モジュール記述子設定を追加するか、Java アプリケーションに直接指定する必要があります。

第2章 Business Central でのプロジェクトデプロイメント

Business Central を使用してビジネスアセットおよびサービスを開発し、プロジェクトデプロイメントに設定した KIE Server を管理できます。プロジェクトを開発する際に、Business Central にプロジェクトをビルドして、KIE Server に自動的にデプロイできます。自動デプロイメントを有効にするために、Business Central には Maven リポジトリーが組み込まれています。Business Central から、ビルドしてデプロイしておいたサービスおよびプロジェクトバージョンを含むデプロイメントユニット (KIE コンテナー) を起動、停止、または削除できます。

(MenuDeployExecution Servers で) 複数の KIE Server を同じ Business Central インスタンスに接続して、複数のサーバー設定にグループ分けすることもできます。同じサーバー設定に属するサーバーは同じサービスを実行しますが、別のサーバー設定の別のプロジェクト、または別のバージョンのプロジェクトをデプロイすることもできます。

たとえば、Test 設定のテストサーバーと、Production 設定の実稼働サーバーを使用できます。ビジネスアセットとサービスをプロジェクトに開発し、Test サーバー設定にプロジェクトをデプロイしてから、十分にテストしたプロジェクトのバージョンを Production サーバー設定にデプロイできます。このとき、プロジェクトの開発を継続するには、プロジェクト設定でバージョンを変更します。これにより、組み込み Maven リポジトリーで、新しいバージョンと古いバージョンが別のアーティファクトと見なされます。Test サーバー設定に新しいバージョンをデプロイし、Production サーバー設定で古いバージョンを実行し続けることができます。このデプロイメントプロセスは単純ですが、重要な制約があります。特に、開発者が直接プロジェクトを実稼働環境にデプロイできるため、アクセス制御は不十分です。

重要

Business Central を使用して、KIE Server を別のサーバー設定に移動することはできません。サーバーの設定名を変更するには、サーバーの設定ファイルを変更する必要があります。

2.1. Business Central に接続する KIE Server の設定

警告

このセクションでは、テスト目的で使用可能なサンプルの設定を紹介します。一部の値は、実稼働環境には適しておらず、その旨を記載しています。

KIE Server を Red Hat Process Automation Manager 環境に設定していない場合、または Red Hat Process Automation Manager 環境に KIE Server を追加する必要がある場合は、KIE Server を設定して Business Central に接続する必要があります。

注記

Red Hat OpenShift Container Platform に KIE Server をデプロイする場合は、『Operator を使用した Red Hat OpenShift Container Platform への Red Hat Process Automation Manager 環境のデプロイメント』で、Business Central に接続する設定手順を参照してください。

前提条件

  • Business Central と KIE Server が Red Hat JBoss EAP インストールのベースディレクトリー (EAP_HOME) にインストールされている。
注記

実稼働環境では、Business Central と KIE Server は異なるサーバーにインストールする必要があります。このサンプルでは、rest-allkie-server の両ロールを持つ controllerUser という名前のユーザー 1 人のみを使用します。ただし、開発環境などで、KIE Server と Business Central を同じサーバーにインストールする場合は、本セクションの説明に従って、共有の standalone-full.xml ファイルを変更します。

  • 以下のロールを持つユーザーが存在している

    • Business Central: rest-all ロールを持つユーザー
    • KIE Server: kie-server ロールを持つユーザー

手順

  1. Red Hat Process Automation Manager インストールディレクトリーで、standalone-full.xml ファイルに移動します。たとえば、Red Hat Process Automation Manager に Red Hat JBoss EAP インストールを使用する場合は $EAP_HOME/standalone/configuration/standalone-full.xml に移動します。
  2. standalone-full.xml ファイルを開き、<system-properties> タグの下に、以下の JVM プロパティーを設定します。

    表2.1 KIE Server インスタンスの JVM プロパティー

    プロパティー注記

    org.kie.server.id

    default-kie-server

    KIE Server ID。

    org.kie.server.controller

    http://localhost:8080/business-central/rest/controller

    Business Central の場所Business Central の API に接続する URL。

    org.kie.server.controller.user

    controllerUser

    Business Central にログイン可能な rest-all ロールを持つユーザー名。

    org.kie.server.controller.pwd

    controllerUser1234;

    Business Central にログインできるユーザーのパスワード。

    org.kie.server.location

    http://localhost:8080/kie-server/services/rest/server

    KIE Server の場所KIE Server の API に接続する URL。

    表2.2 Business Central インスタンスの JVM プロパティー

    プロパティー注記

    org.kie.server.user

    controllerUser

    kie-server ロールを持つユーザー名。

    org.kie.server.pwd

    controllerUser1234;

    ユーザーのパスワード。

    以下の例は、KIE Server インスタンスを設定する方法を示しています。

    <property name="org.kie.server.id" value="default-kie-server"/>
    <property name="org.kie.server.controller" value="http://localhost:8080/business-central/rest/controller"/>
    <property name="org.kie.server.controller.user" value="controllerUser"/>
    <property name="org.kie.server.controller.pwd" value="controllerUser1234;"/>
    <property name="org.kie.server.location" value="http://localhost:8080/kie-server/services/rest/server"/>

    以下の例は、Business Central インスタンスに設定する方法を示しています。

    <property name="org.kie.server.user" value="controllerUser"/>
    <property name="org.kie.server.pwd" value="controllerUser1234;"/>
  3. http://SERVER:PORT/kie-server/services/rest/server/ に GET 要求を送信し、KIE Server が正常に起動したことを確認します。認証が終わると、以下の例のような XML 応答が返されます。

    <response type="SUCCESS" msg="Kie Server info">
        <kie-server-info>
            <capabilities>KieServer</capabilities>
            <capabilities>BRM</capabilities>
            <capabilities>BPM</capabilities>
            <capabilities>CaseMgmt</capabilities>
            <capabilities>BPM-UI</capabilities>
            <capabilities>BRP</capabilities>
            <capabilities>DMN</capabilities>
            <capabilities>Swagger</capabilities>
            <location>http://localhost:8230/kie-server/services/rest/server</location>
            <messages>
                <content>Server KieServerInfo{serverId='first-kie-server', version='7.5.1.Final-redhat-1', location='http://localhost:8230/kie-server/services/rest/server', capabilities=[KieServer, BRM, BPM, CaseMgmt, BPM-UI, BRP, DMN, Swagger]}started successfully at Mon Feb 05 15:44:35 AEST 2018</content>
                <severity>INFO</severity>
                <timestamp>2018-02-05T15:44:35.355+10:00</timestamp>
            </messages>
            <name>first-kie-server</name>
            <id>first-kie-server</id>
            <version>7.5.1.Final-redhat-1</version>
        </kie-server-info>
    </response>
  4. 登録が正常に完了したことを確認します。

    1. Business Central にログインします。
    2. MenuDeployExecution Servers の順にクリックします。

      正常に登録されている場合は、登録されたサーバーの ID が表示されます。

2.2. KIE Server および Business Central での環境モードの設定

KIE Server は、production (実稼働) モードと development (開発) モードでの実行が設定可能です。開発モードでは、柔軟な開発ポリシーが提供され、小規模な変更の場合はアクティブなプロセスインスタンスを維持しながら、既存のデプロイメントユニット (KIE コンテナー) を更新できます。また、大規模な変更の場合は、アクティブなプロセスインスタンスを更新する前に、デプロイメントユニットの状態をリセットすることも可能です。実稼働モードは、各デプロイメントで新規デプロイメントユニットが作成される実稼働環境に最適です。

開発環境では、Business Central で Deploy をクリックすると、(該当する場合に) 実行中のインスタンスを中止することなくビルドした KJAR ファイルを KIE Server にデプロイすることができます。または、Redeploy をクリックすると、ビルドされた KJAR ファイルをデプロイしてすべてのインスタンスを置き換えることができます。次回、ビルドされた KJAR ファイルをデプロイまたは再デプロイすると、以前のデプロイメントユニット (KIE コンテナー) が同じターゲット KIE Server で自動的に更新されます。

実稼働環境では、Business Central の Redeploy オプションが無効になり、Deploy をクリックして、ビルドした KJAR ファイルを KIE Server 上の新規デプロイメントユニット (KIE コンテナー) にデプロイすることのみが可能です。

手順

  1. KIE Server の環境モードを設定するには、org.kie.server.mode システムプロパティーを org.kie.server.mode=development または org.kie.server.mode=production に設定します。
  2. Business Central のプロジェクトにデプロイメントの動作を設定するには、プロジェクトの SettingsGeneral SettingsVersion に移動して、Development Mode オプションを切り替えます。

    注記

    デフォルトでは、KIE Server および Business Central のすべての新規プロジェクトは開発モードになっています。

    Development Mode をオンにしたプロジェクトをデプロイしたり、実稼働モードになっている KIE Server に手動で SNAPSHOT バージョンのサフィックスを追加したプロジェクトをデプロイしたりすることはできません。

2.3. Business Central および KIE Server への外部 Maven リポジトリーの設定

Business Central および KIE Server が、内部のリポジトリーではなく、Nexus や Artifactory などの外部の Maven リポジトリーを使用するように設定できます。このように設定することで、Business Central と KIE Server は外部の Maven リポジトリーで管理されているアーティファクトにアクセスしてダウンロードできます。

重要

Maven ではアーティファクトが不変である必要があるため、リポジトリー内のアーティファクトは自動セキュリティーパッチを受け取りません。その結果、既知のセキュリティー問題のパッチがないアーティファクトはリポジトリーに残り、これらに依存するビルドが破損しないようにします。パッチが適用されたアーティファクトのバージョン番号がインクリメントされます。詳細は、「JBoss Enterprise Maven リポジトリー」を参照してください。

注記

Red Hat OpenShift Container Platform のオーサリング環境向けに外部の Maven リポジトリーを設定する方法については、以下のドキュメントを参照してください。

前提条件

手順

  1. 外部リポジトリーの接続およびアクセスの詳細が含まれる Maven settings.xml ファイルを作成します。settings.xml ファイルの詳細は Maven の「Settings Reference」を参照してください。
  2. 既知の場所 (例: /opt/custom-config/settings.xml) にファイルを保存します。
  3. Red Hat Process Automation Manager インストールディレクトリーで、standalone-full.xml ファイルに移動します。たとえば、Red Hat Process Automation Manager に Red Hat JBoss EAP インストールを使用する場合は $EAP_HOME/standalone/configuration/standalone-full.xml に移動します。
  4. standalone-full.xml<system-properties> タグで、kie.maven.settings.custom プロパティーに settings.xml ファイルのフルパス名を設定します。

    以下に例を示します。

    <property name="kie.maven.settings.custom" value="/opt/custom-config/settings.xml"/>
  5. Business Central と KIE Server を起動または再起動します。

次のステップ

KJAR アーティファクトとして外部の Maven リポジトリーにエクスポートまたはプッシュする Business Central のプロジェクトごとに、プロジェクトの pom.xml ファイルにリポジトリーの情報を追加する必要があります。手順は「Business Central プロジェクトの外部 Maven リポジトリーへのエクスポート」を参照してください。

2.4. Business Central プロジェクトの外部 Maven リポジトリーへのエクスポート

Business Central および KIE Server 向けの外部 Maven リポジトリーを設定した場合は、外部のリポジトリーに KJAR アーティファクトとしてエクスポートまたはプッシュする Business Central プロジェクトごとに、リポジトリー情報を pom.xml ファイルに追加する必要があります。こうすることで、必要に応じてプロジェクトの KJAR ファイルをリポジトリーに移動して統合プロセスを実装し、Business Central または KIE Server REST API を使用して KJAR ファイルをデプロイできます。

前提条件

手順

  1. Business Central で MenuDesignProjects に移動して、プロジェクト名をクリックし、プロジェクト内の任意のアセットを選択します。
  2. 画面左側の Project Explorer メニューで Customize View ギアアイコンをクリックし、Repository Viewpom.xml を選択します。
  3. プロジェクトの pom.xml ファイルの最後 (</project> の終了タグの前) に以下の設定を追加します。値は、settings.xml ファイルに定義した設定に対応する必要があります。

    <distributionManagement>
    <repository>
    <id>${maven-repo-id}</id>
    <url>${maven-repo-url}</url>
    <layout>default</layout>
    </repository>
    </distributionManagement>
  4. Save をクリックして pom.xml ファイルの変更を保存します。

外部の Maven リポジトリーに KJAR アーティファクトとしてエクスポートまたはプッシュする Business Central プロジェクトごとに、この手順を繰り返してください。

2.5. Business Central へのプロジェクトのビルドおよびデプロイメント

プロジェクトを作成したら、Business Central でプロジェクトをビルドして、設定した KIE Server にデプロイできます。プロジェクトをビルドしてデプロイする際に、Business Central のプロジェクトは、必要なすべてのコンポーネントとともに KJAR として自動的にパッケージ化されます。

手順

  1. Business Central で、MenuDesignProjects に移動して、プロジェクト名をクリックします。
  2. 右上隅で Deploy をクリックしてプロジェクトをビルドし、KIE Server にデプロイします。KIE Server にデプロイせずにプロジェクトをコンパイルするには、Build をクリックします。

    注記

    Build & Install オプションを選択してプロジェクトをビルドし、KJAR ファイルを KIE Server にデプロイせずに設定済みの Maven リポジトリーに公開することもできます。開発環境では、Deploy をクリックすると、ビルドされた KJAR ファイルを KIE Server に、実行中のインスタンス (がある場合はそれ) を停止せずにデプロイできます。または Redeploy をクリックして、ビルドされた KJAR ファイルをデプロイしてすべてのインスタンスを置き換えることもできます。次回、ビルドされた KJAR ファイルをデプロイまたは再デプロイすると、以前のデプロイメントユニット (KIE コンテナー) が同じターゲット KIE Server で自動的に更新されます。実稼働環境では Redeploy オプションは無効になっており、Deploy をクリックして、ビルドされた KJAR ファイルを KIE Server 上の新規デプロイメントユニット (KIE コンテナー) にデプロイすることのみが可能です。

    KIE Server の環境モードを設定するには、org.kie.server.mode システムプロパティーを org.kie.server.mode=development または org.kie.server.mode=production に設定します。Business Central の対応するプロジェクトでのデプロイメント動作を設定するには、プロジェクトの SettingsGeneral SettingsVersion に移動し、Development Mode オプションを選択します。デフォルトでは、KIE Server および Business Central のすべての新規プロジェクトは開発モードになっています。Development Mode をオンにしたプロジェクトをデプロイしたり、実稼働モードになっている KIE Server に手動で SNAPSHOT バージョンのサフィックスを追加したプロジェクトをデプロイしたりすることはできません。

    Business Central に KIE Server を 1 つだけ接続する場合、または接続したすべての KIE Server が同じサーバー設定にある場合は、デプロイメントユニット (KIE コンテナー) にあるプロジェクトのサービスが自動的に起動します。

    複数のサーバー設定が利用できる場合は、サーバーとデプロイメントの詳細の入力を求めるデプロイメントダイアログが Business Central に表示されます。

  3. デプロイメントダイアログが表示されたら、以下の値を確認または設定します。

    • Deployment Unit Id / Deployment Unit Alias: KIE Server でサービスを実行しているデプロイメントユニット (KIE コンテナー) の名前およびエイリアスを確認します。通常は、この設定を変更する必要はありません。KIE コンテナーのエイリアスの詳細は、「KIE コンテナーのエイリアス」 を参照してください。
    • Server Configuration: このプロジェクトをデプロイするサーバー設定を選択します。後で、プロジェクトを再ビルドしなくても、設定したその他のサーバーにデプロイできます。
    • Start Deployment Unit?: デプロイメントユニット (KIE コンテナー) を開始するためにこのボックスが選択されていることを確認します。このボックスの選択を解除すると、サービスはサーバーにデプロイされますが、起動されません。

    プロジェクトのデプロイメントに関する詳細を確認するには、画面の上部にあるデプロイメントバナーの View deployment details か、Deploy のドロップダウンメニューをクリックします。このオプションを使用すると、MenuDeployExecution Servers ページに移動します。

2.6. Business Central のデプロイメントユニット

設定した KIE Server 上のインスタンス化された KIE コンテナー、または デプロイメントユニット を介して、プロジェクト内のサービスはランタイム時に使用されます。Business Central にプロジェクトをビルドおよびデプロイすると、設定されたサーバーにデプロイメントユニットが自動的に作成されます。必要に応じて、Business Central にデプロイメントユニットを起動、停止、または削除できます。ビルドされているプロジェクトから追加デプロイメントユニットを作成したり、Business Central に設定した既存または新しい KIE Server のデプロイメントユニットを起動したりすることもできます。

2.6.1. Business Central でのデプロイメントユニットの作成

お使いの Red Hat Process Automation Manager にはすでにデプロイメントユニットが 1 つ以上あるはずですが、ない場合は、Business Central にビルドされているプロジェクトからデプロイメントユニットを作成できます。

前提条件

  • 新しいデプロイメントユニットを作成するプロジェクトが Business Central にビルドされている。

手順

  1. Business Central で MenuDeployExecution servers に移動します。
  2. Server Configurations の下で既存の設定を選択するか、New Server Configuration をクリックして設定を作成します。
  3. Deployment Units の下で Add Deployment Unit をクリックします。
  4. 必要に応じて、Alias フィールドにエイリアスを追加します。
  5. ウィンドウのテーブルで GAV を選択し、GAV の横にある Select を選択して、デプロイメントユニットのデータフィールドを追加します。
  6. Start Deployment Unit? ボックスを選択してサービスを直ちに起動するか、選択を解除して後で起動します。
  7. Finish をクリックします。

    サービスに新しいデプロイメントユニットが作成され、このサーバー設定で指定した KIE Server に配置されました。Start Deployment Unit? を選択した場合は、サービスが起動します。

2.6.2. Business Central のデプロイメントユニットの起動、停止、および削除

デプロイメントユニットを起動したら、デプロイメントユニットのサービスが利用できるようになります。Business Central に KIE Server を 1 つだけ接続する場合、または接続したすべての KIE Server が同じサーバー設定にある場合は、プロジェクトのデプロイ時に、デプロイメントユニットでサービスが自動的に起動します。複数のサーバー設定が利用可能な場合は、デプロイメント時に、サーバーとデプロイメントの詳細を指定して、デプロイメントユニットを起動するように求められます。ただし、必要に応じていつでも手動で Business Central でデプロイメントユニットを起動、停止、または削除して、デプロイしたサービスを管理できます。

手順

  1. Business Central で MenuDeployExecution servers に移動します。
  2. Server Configurations の下で、設定を選択します。
  3. Deployment Units の下で、デプロイメントユニットを選択します。
  4. 右上の StartStop、または Remove をクリックします。実行中のデプロイメントユニットを削除する場合は、停止してから削除します。

2.6.3. KIE コンテナーのエイリアス

KIE コンテナー (デプロイメントユニット) のエイリアスは、KIE Server インスタンスのプロキシーとして、同じコンテナーをデプロイする場合に異なるバージョンを処理しやすくします。単一のエイリアスを異なるバージョンのコンテナーにリンクできます。コンテナーをアップグレードすると、リンクされたエイリアスはコンテナーの新規バージョンを自動的に参照します。KIE コンテナーエイリアスの作成に関する詳細は、「Business Central でのデプロイメントユニットの作成」 を参照してください。

たとえば、新しいバージョンのコンテナーをデプロイするたびにクライアントアプリケーションが変わる場合は、クライアントアプリケーションがコンテナーのエイリアスを参照するようにできます。新しいコンテナーのバージョンがデプロイされると、関連付けられたエイリアスが自動的に更新され、クライアントアプリケーションを変更しなくても、全要求が自動的に新規コンテナーにルーティングされるようになります。

プロセスを 1 つ持ち、以下のプロパティーを使用するプロジェクト例を見ていきます。

  • GroupId: org.jbpm
  • ArtifactId: my-project
  • Version: 1.0
  • containerID: my-project

上記のプロジェクトを更新、ビルド、デプロイする場合に、関連付けられたプロジェクトは KIE Server 内で最新のバージョンに更新され、以下のプロパティーが含まれます。

  • GroupId: org.jbpm
  • ArtifactId: my-project
  • Version: 2.0

プロジェクトの最新バージョンをデプロイする場合、my-project は以前のバージョンを参照しているため、containerIDmy-project2 に更新する必要があります。

注記

すべてのプロジェクトバージョンには、異なる containerID 名が含まれます。関連付けられたクライアントアプリケーションでは、対話するプロジェクトの全バージョンを認識しておく必要があります。

コンテナーエイリアスを使用すると、KIE コンテナーを管理しやすくなります。コンテナーの作成時にコンテナーのエイリアスを明示的に設定することも、関連付けられた ArtifactId 名をもとに暗黙的に設定することもできます。必要に応じて、複数のコンテナーにエイリアスを 1 つ追加できます。コンテナーエイリアスを指定しない場合は、プロジェクトの ArtifactId が、デフォルトでコンテナーエイリアスとして設定されます。

GroupIdArtifactId の名前を含む複数のコンテナーにエイリアスを設定する場合、KIE Server と対話するたびに同じエイリアスを使用できます。

通常、コンテナエイリアスは以下のユースケースで使用します。

  • プロセスバージョンが最新のクライアントアプリケーションで、新しいプロセスインスタンスを起動する
  • 特定のバージョンの 既存のプロセスを操作する
  • プロセス内の 既存のタスクを操作する
  • プロセス定義の イメージやフォームを操作する

たとえば、プロジェクトのバージョン 1.0 をデプロイしたら、POST 要求を以下の KIE Server REST API エンドポイントに送信してプロジェクトのプロセスを開始します。

/http://localhost:8230/kie-server/services/rest/server/containers/my-project/processes/evaluation/instances

送信要求は、org.jbpm:my-project:1.0 から新しいプロセスインスタンスを起動します。ここで、my-project はコンテナーのエイリアスとして定義しています。後に、プロジェクトのバージョン 2.0 をデプロイする場合に、同じ要求を送信すると、新規インスタンスが org.jbpm:my-project:2.0 から起動します。containerID 名を追加せずに、プロセスの最新バージョンをデプロイできます。

2.7. Business Central プロジェクトの GAV 値の編集

GroupIdArtifactId、および Version (GAV) 値は、Maven リポジトリーのプロジェクトを識別します。Business Central と KIE Server が同じファイルシステムにあり、同じ Maven リポジトリーを使用する場合は、新しいバージョンのプロジェクトをビルドするたびに、リポジトリーでプロジェクトが自動的に更新されます。ただし、Business Central と KIE Server が別のファイルシステムにあり、ローカルの Maven リポジトリーをそれぞれ使用している場合は、新しいバージョンのプロジェクトでプロジェクトの GAV 値 (通常はバージョン) を更新し、古いバージョンと新しいバージョンのプロジェクトが別のアーティファクトとして表示されるようにします。

注記

開発目的でのみ、プロジェクトの SettingsGeneral SettingsVersionDevelopment Mode オプションを切り替えて、プロジェクトバージョンに SNAPSHOT のサフィックスを追加できます。このサフィックスで、Maven に対して、Maven ポリシーに従って新しいスナップショットの更新を取得するように指示します。開発モード を使用したり、手動で実稼働環境に SNAPSHOT バージョンのサフィックスを追加したりしないでください。

プロジェクトの Settings 画面に GAV 値を設定できます。

手順

  1. Business Central で、MenuDesignProjects に移動して、プロジェクト名をクリックします。
  2. プロジェクトの Settings タブをクリックします。
  3. 必要に応じて、General SettingsGroup ID フィールド、Artifact IDフィールド、または Version フィールドを修正します。プロジェクトをデプロイし、新しいバージョンを開発中の場合、通常はバージョン番号を変更する必要があります。

    注記

    開発目的でのみ、プロジェクトの SettingsGeneral SettingsVersionDevelopment Mode オプションを切り替えて、プロジェクトバージョンに SNAPSHOT のサフィックスを追加できます。このサフィックスで、Maven に対して、Maven ポリシーに従って新しいスナップショットの更新を取得するように指示します。開発モード を使用したり、手動で実稼働環境に SNAPSHOT バージョンのサフィックスを追加したりしないでください。

  4. Save をクリックして終了します。

2.8. Business Central における重複した GAV の検出

Business Central のすべての Maven リポジトリーで、プロジェクトの GroupIdArtifactId、および Version (GAV) の各値が重複しているかどうかが確認されます。GAV が重複していると、実行された操作が取り消されます。

注記

重複する GAV の検出は、Development Mode のプロジェクトでは無効になっています。Business Central で重複する GAV 検出を有効にするには、プロジェクトの SettingsGeneral SettingsVersion に移動して、Development Mode オプションを OFF (該当する場合) に切り替えます。

重複した GAV の検出は、以下の操作を実行するたびに実行されます。

  • プロジェクトのプロジェクト定義の保存。
  • pom.xml ファイルの保存。
  • プロジェクトのインストール、ビルド、またはデプロイメント。

以下の Maven リポジトリーで重複の GAV が確認されます。

  • pom.xml ファイルの <repositories> 要素および <distributionManagement> 要素で指定されたリポジトリー。
  • Maven の settings.xml 設定ファイルに指定されたリポジトリー。

2.8.1. Business Central における重複した GAV 検出設定の管理

admin ロールを持つ Business Central ユーザーは、プロジェクトで GroupId 値、ArtifactId 値、および Version 値 (GAV) が重複しているかどうかを確認するリポジトリーの一覧を修正できます。

注記

重複する GAV の検出は、Development Mode のプロジェクトでは無効になっています。Business Central で重複する GAV 検出を有効にするには、プロジェクトの SettingsGeneral SettingsVersion に移動して、Development Mode オプションを OFF (該当する場合) に切り替えます。

手順

  1. Business Central で、MenuDesignProjects に移動して、プロジェクト名をクリックします。
  2. プロジェクトの Settings タブをクリックし、Validation をクリックしてリポジトリーの一覧を開きます。
  3. 一覧表示したリポジトリーオプションの中から選択するか選択を解除して、重複した GAV の検出を有効または無効にします。

    今後、重複した GAV の報告は、検証を有効にしたリポジトリーに対してのみ行われます。

    注記

    この機能を無効にするには、システムの起動時に Business Central のorg.guvnor.project.gav.check.disabled システムプロパティーを true に設定します。

    $ ~/EAP_HOME/bin/standalone.sh -c standalone-full.xml
    -Dorg.guvnor.project.gav.check.disabled=true

第3章 Business Central を使用しないプロジェクトデプロイメント

Business Central インターフェースにプロジェクトを開発およびデプロイする代わりに、独立した Maven プロジェクトまたは独自の Java アプリケーションを使用して、Red Hat Process Automation Manager プロジェクトを開発し、KIE コンテナー (デプロイメントユニット) のプロジェクトを、設定した KIE Server にデプロイします。KIE Server REST API を使用して、ビルドおよびデプロイしたサービスおよびプロジェクトバージョンを含む KIE コンテナーを起動、停止、または削除できます。このような柔軟性により、引き続き既存のアプリケーションのワークフローを使用して、Red Hat Process Automation Manager 機能を使用するビジネスアセットを開発できます。

Business Central のプロジェクトは、プロジェクトをビルドしてデプロイする際に自動的にパッケージ化されます。Business Central 以外のプロジェクト (独立した Maven プロジェクト、Java アプリケーションのプロジェクトなど) をビルドしてデプロイする場合は、追加した kmodule.xml ファイルに KIE モジュール記述子設定を追加するか、Java アプリケーションに直接指定する必要があります。

3.1. KIE モジュール記述子ファイルの設定

KIE モジュールは、追加メタデータファイル META-INF/kmodule.xml を持つ Maven プロジェクトまたはモジュールです。Red Hat Process Automation Manager プロジェクトを適切にパッケージングしてデプロイするには kmodule.xml ファイルが必要になります。この kmodule.xml ファイルは、プロジェクトのアセットの KIE ベースおよび KIE セッション設定を定義する KIE モジュール記述子ファイルです。KIE ベースには、Red Hat Process Automation Manager のルール、プロセス、その他のビジネスアセットがすべて含まれるリポジトリーですが、ランタイムデータは含まれません。KIE セッションは、ランタイムデータを保存および実行し、kmodule.xml ファイルに KIE セッションを定義した場合は KIE ベース、または KIE コンテナーから直接作成されます。

Business Central 以外のプロジェクト (独立した Maven プロジェクト、Java アプリケーションのプロジェクトなど) を作成する場合は、追加した kmodule.xml ファイルに KIE モジュール記述子設定を指定するか、Java アプリケーションに直接指定することでプロジェクトをビルドしてデプロイします。

手順

  1. プロジェクトの ~/resources/META-INF ディレクトリーに、最低でも以下の内容を含む kmodule.xml メタデータを作成します。

    <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
    <kmodule xmlns="http://www.drools.org/xsd/kmodule">
    </kmodule>

    プロジェクトの resources パスで見つかったすべてのファイルを含むデフォルトの KIE ベースを 1 つ作成するには、この空の kmodule.xml ファイルで十分です。デフォルトの KIE ベースには、ビルド時にアプリケーションに KIE コンテナーを作成する際に発生するデフォルト KIE セッションも 1 つ含まれます。

    以下は、より高度な kmodule.xml ファイルの例です。

    <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
    <kmodule xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xmlns="http://www.drools.org/xsd/kmodule">
      <configuration>
          <property key="drools.evaluator.supersetOf" value="org.mycompany.SupersetOfEvaluatorDefinition"/>
      </configuration>
      <kbase name="KBase1" default="true" eventProcessingMode="cloud" equalsBehavior="equality" declarativeAgenda="enabled" packages="org.domain.pkg1">
        <ksession name="KSession1_1" type="stateful" default="true" />
        <ksession name="KSession1_2" type="stateful" default="true" beliefSystem="jtms" />
      </kbase>
      <kbase name="KBase2" default="false" eventProcessingMode="stream" equalsBehavior="equality" declarativeAgenda="enabled" packages="org.domain.pkg2, org.domain.pkg3" includes="KBase1">
        <ksession name="KSession2_1" type="stateless" default="true" clockType="realtime">
          <fileLogger file="debugInfo" threaded="true" interval="10" />
          <workItemHandlers>
            <workItemHandler name="name" type="new org.domain.WorkItemHandler()" />
          </workItemHandlers>
          <listeners>
            <ruleRuntimeEventListener type="org.domain.RuleRuntimeListener" />
            <agendaEventListener type="org.domain.FirstAgendaListener" />
            <agendaEventListener type="org.domain.SecondAgendaListener" />
            <processEventListener type="org.domain.ProcessListener" />
          </listeners>
        </ksession>
      </kbase>
    </kmodule>

    この例では、KIE ベースが 2 つ定義されます。ルールアセットの特定の パッケージ は両方 KIE ベースに含まれます。このようにパッケージを指定した場合は、指定したパッケージを反映するディレクトリー構造にルールファイルを整理する必要があります。KIE ベース KBase1 から 2 つの KIE セッションをインスタンス化し、KBase2 から KIE セッションを 1 つインスタンス化します。KBase2 の KIE セッションは ステートレス な KIE セッションですが、これは 1 つ前の KIE セッションで呼び出されたデータ (1 つ前のセッションの状態) が、セッションの呼び出しと呼び出しの間で破棄されることを示しています。また、その KIE セッションには、ファイル (またはコンソール) ロガー、WorkItemHandler、サポートされる 3 種類のリスナー (ruleRuntimeEventListeneragendaEventListener、および processEventListener) も指定されます。<configuration> 要素は、kmodule.xml ファイルをさらにカスタマイズするのに使用できる任意のプロパティーを定義します。

    プロジェクトに kmodule.xml ファイルを手動で追加する代わりに、Java アプリケーションの KieModuleModel インスタンスを使用するか、プログラムで kmodule.xml ファイルを作成し、KIE ベースおよび KIE セッションを定義し、KIE 仮想ファイルシステム KieFileSystem に、プロジェクトのリソースをすべて追加します。

    プログラムを使用して kmodule.xml を作成し、KieFileSystem に追加

    import org.kie.api.KieServices;
    import org.kie.api.builder.model.KieModuleModel;
    import org.kie.api.builder.model.KieBaseModel;
    import org.kie.api.builder.model.KieSessionModel;
    import org.kie.api.builder.KieFileSystem;
    
    KieServices kieServices = KieServices.Factory.get();
    KieModuleModel kieModuleModel = kieServices.newKieModuleModel();
    
    KieBaseModel kieBaseModel1 = kieModuleModel.newKieBaseModel("KBase1")
      .setDefault(true)
      .setEqualsBehavior(EqualityBehaviorOption.EQUALITY)
      .setEventProcessingMode(EventProcessingOption.STREAM);
    
    KieSessionModel ksessionModel1 = kieBaseModel1.newKieSessionModel("KSession1_1")
      .setDefault(true)
      .setType(KieSessionModel.KieSessionType.STATEFUL)
      .setClockType(ClockTypeOption.get("realtime"));
    
    KieFileSystem kfs = kieServices.newKieFileSystem();
    kfs.writeKModuleXML(kieModuleModel.toXML());

  2. 手動またはプログラムで kmodule.xml ファイルをプロジェクトに設定したら、設定を検証する KIE コンテナーから KIE ベースおよび KIE セッションを取得します。

    KieServices kieServices = KieServices.Factory.get();
    KieContainer kContainer = kieServices.getKieClasspathContainer();
    
    KieBase kBase1 = kContainer.getKieBase("KBase1");
    KieSession kieSession1 = kContainer.newKieSession("KSession1_1"),
        kieSession2 = kContainer.newKieSession("KSession1_2");
    
    KieBase kBase2 = kContainer.getKieBase("KBase2");
    StatelessKieSession kieSession3 = kContainer.newStatelessKieSession("KSession2_1");

    kmodule.xml ファイルに、KieBase または KieSessiondefault="true" と設定している場合は、先ほどの kmodule.xml 例のように、名前を渡さずに KIE コンテナーから取得できます。

    KieContainer kContainer = ...
    
    KieBase kBase1 = kContainer.getKieBase();
    KieSession kieSession1 = kContainer.newKieSession(),
        kieSession2 = kContainer.newKieSession();
    
    KieBase kBase2 = kContainer.getKieBase();
    StatelessKieSession kieSession3 = kContainer.newStatelessKieSession();

    Red Hat Process Automation Manager ディストリビューションの以下のシステムプロパティーの値を変更して、デシジョンエンジンにキャッシュする KIE モジュールまたはアーティファクトバージョンの最大数を増減できます。

    • kie.repository.project.cache.size: デシジョンエンジンにキャッシュする最大 KIE モジュール数。デフォルト値は 100 です。
    • kie.repository.project.versions.cache.size: デシジョンエンジンにキャッシュする同一のアーティファクトに対して最大指定可能なバージョン数。デフォルト値は 10 です。

    KIE リポジトリー設定の完全一覧については、Red Hat カスタマーポータル から Red Hat Process Automation Manager 7.10.0 Source Distribution の ZIP ファイルをダウンロードして、~/rhpam-7.10.0-sources/src/drools-$VERSION/drools-compiler/src/main/java/org/drools/compiler/kie/builder/impl/KieRepositoryImpl.java に移動してください。

kmodule.xml ファイルの詳細は、(まだダウンロードしていない場合には) Red Hat カスタマーポータル から Red Hat Process Automation Manager 7.10.0 Source Distribution の ZIP ファイルをダウンロードし、$FILE_HOME/rhpam-$VERSION-sources/kie-api-parent-$VERSION/kie-api/src/main/resources/org/kie/api/ に保存してある XML スキーマ kmodule.xsd を参照してください。

3.1.1. KIE モジュール設定のプロパティー

プロジェクトにおいて、KIE モジュール記述子ファイル (kmodule.xml) の任意の <configuration> 要素は、プロパティーの キー および ペアを定義し、kmodule.xml ファイルをさらにカスタマイズするのに使用できます。

kmodule.xml ファイルの設定プロパティーの例

<kmodule>
  ...
  <configuration>
    <property key="drools.dialect.default" value="java"/>
    ...
  </configuration>
  ...
</kmodule>

以下は、プロジェクトの KIE モジュール記述子ファイル (kmodule.xml) でサポートされる <configuration> プロパティーのキーおよび値です。

drools.dialect.default

デフォルトの Drools 方言を設定します。

サポートされる値: javamvel

<property key="drools.dialect.default"
  value="java"/>
drools.accumulate.function.$FUNCTION

指定した関数名に累積関数を実装するクラスのリンク。デシジョンエンジンにカスタムの累積関数を追加できます。

<property key="drools.accumulate.function.hyperMax"
  value="org.drools.custom.HyperMaxAccumulate"/>
drools.evaluator.$EVALUATION

デシジョンエンジンにカスタムのエバリュエーターを追加できるように、指定したエバリュエーター名にエバリュエーター定義を実装するクラスをリンクします。エバリュエーターは、カスタムオペレーターと類似しています。

<property key="drools.evaluator.soundslike"
  value="org.drools.core.base.evaluators.SoundslikeEvaluatorsDefinition"/>
drools.dump.dir

Red Hat Process Automation Manager の dump/log ディレクトリーにパスを設定します。

<property key="drools.dump.dir"
  value="$DIR_PATH/dump/log"/>
drools.defaultPackageName

プロジェクトのビジネスアセットにデフォルトパッケージを設定します。

<property key="drools.defaultPackageName"
  value="org.domain.pkg1"/>
drools.parser.processStringEscapes

文字列のエスケープ機能を設定します。このプロパティーを false に設定すると、\n 文字が改行文字として解釈されません。

サポートされる値: true (デフォルト)、false

<property key="drools.parser.processStringEscapes"
  value="true"/>
drools.kbuilder.severity.$DUPLICATE

KIE ベースがビルドされたときに報告される重複したルール、プロセス、または関数のインスタンスの重大度を設定します。たとえば、duplicateRuleERROR に設定すると、KIE ベースのビルド時に検出された重複ルールに対してエラーが生成されます。

サポートされるキーサフィックス: duplicateRuleduplicateProcessduplicateFunction

サポートされる値: INFOWARNINGERROR

<property key="drools.kbuilder.severity.duplicateRule"
  value="ERROR"/>
drools.propertySpecific

デシジョンエンジンのプロパティーの反応を設定します。

サポートされる値: DISABLEDALLOWEDALWAYS

<property key="drools.propertySpecific"
  value="ALLOWED"/>
drools.lang.level

DRL 言語レベルを設定します。

サポートされる値: DRL5DRL6DRL6_STRICT (デフォルト)

<property key="drools.lang.level"
  value="DRL_STRICT"/>

3.1.2. KIE モジュールでサポートされる KIE ベース属性

KIE ベースは、プロジェクトの KIE モジュール記述子ファイル (kmodule.xml) を定義するリポジトリーで、Red Hat Process Automation Manager のルール、プロセス、その他のビジネスアセットが含まれます。kmodule.xml ファイルで KIE ベースを定義した場合は、特定の属性および値を指定して、KIE ベース設定をさらにカスタマイズできます。

kmodule.xml ファイルの KIE ベース設定例

<kmodule>
  ...
  <kbase name="KBase2" default="false" eventProcessingMode="stream" equalsBehavior="equality" declarativeAgenda="enabled" packages="org.domain.pkg2, org.domain.pkg3" includes="KBase1" sequential="false">
    ...
  </kbase>
  ...
</kmodule>

以下は、プロジェクトの KIE モジュール記述ファイル (kmodule.xml) でサポートされる kbase 属性および値です。

表3.1 KIE モジュールでサポートされる KIE ベース属性

属性サポートされている値説明

name

すべての名前

KieContainer から KieBase を取得する名前を定義します。この属性は必須です。

includes

KIE モジュールのその他の KIE ベースオブジェクトのコンマ区切り一覧

この KIE ベースに追加するその他の KIE ベースオブジェクトとアーティファクトを定義します。モジュールの pom.xml ファイルに依存関係として宣言している場合は、KIE ベースを複数の KIE モジュールに追加できます。

packages

KIE ベースに追加するパッケージのコンマ区切りの一覧

デフォルト値: all

(ルールやプロセスなど) この KIE ベースに追加するアーティファクトのパッケージを定義します。デフォルトでは、~/resources ディレクトリーのすべてのアーティファクトは KIE ベースに含まれます。この属性は、コンパイルしたアーティファクトの数を制限できます。この属性に指定した一覧に含まれるパッケージだけがコンパイルされます。

default

truefalse

デフォルト値: false

KIE ベースは、モジュールのデフォルトの KIE ベースで、名前を渡さずに KIE コンテナーから作成できます。各モジュールにはデフォルトの KIE ベースを 1 つだけ指定できます。

equalsBehavior

identityequality

デフォルト値: identity

新しいファクトが作業メモリーに挿入された場合の Red Hat Process Automation Manager の動作を定義します。identity に設定した場合は、同じオブジェクトがワーキングメモリーに存在する場合を除いて、常に新しい FactHandle が作成されます。equality に設定時には、挿入した equals() メソッドに従い、新たに挿入したオブジェクトが既存のファクトと異なる場合に限り新しい FactHandle が作成されます。オブジェクトを明示的な ID ではなく、機能の同等性をもとに評価する場合は、equality モードを使用します。

eventProcessingMode

cloudstream

デフォルト値: cloud

イベントが KIE ベースで処理される方法を指定します。このプロパティーを cloud に設定すると、KIE ベースはイベントを通常のファクトとして扱います。stream に設定すると、イベントに対する一時的な推論が可能になります。

declarativeAgenda

disabledenabled

デフォルト値: disabled

宣言型アジェンダが有効かどうかを指定します。

sequential

truefalse

デフォルト値: false

シーケンシャルモードが有効かどうかを判断します。順次モードでは、デシジョンエンジンは、ワーキングメモリーでの変更に関係なく、デシジョンエンジンアジェンダにリスト化された順番でルールを一度評価します。ステートレスの KIE セッションを使用しており、ルールを実行することで、アジェンダで次に出てくるルールに影響を与えないようにするには、このプロパティーを有効にします。

3.1.3. KIE モジュールでサポートされる KIE セッション属性

KIE セッションがランタイムデータを保存および実行し、プロジェクトの KIE モジュール記述子ファイル (kmodule.xml) で KIE セッションを定義した場合は KIE ベース、または KIE コンテナーから直接作成されます。KIE ベースおよび KIE セッションを kmodule.xml ファイルに定義すると、特定の属性および値を指定して、KIE セッション設定をさらにカスタマイズできます。

kmodule.xml ファイルの KIE セッション設定例

<kmodule>
  ...
  <kbase>
    ...
    <ksession name="KSession2_1" type="stateless" default="true" clockType="realtime">
    ...
  </kbase>
  ...
</kmodule>

以下は、プロジェクトの KIE モジュール記述子ファイル (kmodule.xml) でサポートされている ksession 属性および値です。

表3.2 KIE モジュールでサポートされる KIE セッション属性

属性サポートされている値説明

name

すべての名前

KieContainer から KieSession を取得する名前を定義します。この属性は必須です。

type

statefulstateless

デフォルト値: stateful

KIE セッションの呼び出しと呼び出しの間にデータを保持 (stateful) するか、破棄 (stateless) するかを指定します。stateful に設定したセッションでは、ワーキングメモリーを繰り返し使用できますが、stateless に設定したセッションでは、通常、アセットを 1 回だけ実行するために使用されます。stateless セッションは、新しいファクトが追加、更新、または削除され、ルールが実行されるたびに変更するナレッジの状態を保存します。stateless セッションの実行には、ルール実行など、以前のアクションに関する情報はありません。

default

truefalse

デフォルト値: false

KIE セッションをモジュールのデフォルトセッションにし、名前を渡さずに KIE コンテナーから作成できるようにするかどうかを指定します。各モジュールにはデフォルトの KIE セッションを 1 つだけ指定できます。

clockType

realtimepseudo

デフォルト値: realtime

イベントのタイムスタンプを、アプリケーションが制御するシステムクロック、または疑似クロックから割り当てられるかどうかを指定します。このクロックは、一時的なルールをテストするユニットで特に便利です。

beliefSystem

simplejtmsdefeasible

デフォルト値: simple

KIE セッションが使用する信念体系の種類を定義します。信念体系は、ナレッジ (ファクト) から事実を推測します。たとえば、後ほどデシジョンエンジンから削除される別のファクトに基づいて新しいファクトが挿入されると、この体系では、新たに挿入されたファクトも削除する必要があると判断します。

3.2. Red Hat Process Automation Manager プロジェクトの Maven でのパッケージ化およびデプロイ

Business Central 以外の Maven プロジェクトを、設定した KIE Server にデプロイする場合は、プロジェクトの pom.xml ファイルを編集して、プロジェクトを KJAR ファイルとしてパッケージ化し、プロジェクトのアセットに対する KIE ベースおよび KIE セッションの設定が含まれる kmodule.xml ファイルを追加します。

前提条件

  • Red Hat Process Automation Manager ビジネスアセットを含む Maven プロジェクトがある。
  • KIE Server がインストールされており、kie-server ユーザーアクセスが設定されている。インストールオプションは、『Red Hat Process Automation Manager インストールの計画』を参照してください。

手順

  1. Maven プロジェクトの pom.xml ファイルで、パッケージタイプを kjar に設定し、kie-maven-plugin ビルドコンポーネントを追加します。

    <packaging>kjar</packaging>
    ...
    <build>
      <plugins>
        <plugin>
          <groupId>org.kie</groupId>
          <artifactId>kie-maven-plugin</artifactId>
          <version>${rhpam.version}</version>
          <extensions>true</extensions>
        </plugin>
      </plugins>
    </build>

    kjar パッケージングタイプは、kie-maven-plugin コンポーネントをアクティブにして、アーティファクトリソースを検証してプリコンパイルします。<version> は、プロジェクトで現在使用している Red Hat Process Automation Manager の Maven アーティファクトバージョンです (例: 7.48.0.Final-redhat-00004)。これらの設定は、デプロイメント用に Maven プロジェクトを適切にパッケージ化する必要があります。

    注記

    個別の依存関係に対して Red Hat Process Automation Manager <version> を指定するのではなく、Red Hat Business Automation BOM (bill of materials) の依存関係をプロジェクトの pom.xml ファイルに追加することを検討してください。Red Hat Business Automation BOM は、Red Hat Decision Manager と Red Hat Process Automation Manager の両方に適用されます。BOM ファイルを追加すると、提供される Maven リポジトリーから、推移的依存関係の適切なバージョンがプロジェクトに含められます。

    BOM 依存関係の例:

    <dependency>
      <groupId>com.redhat.ba</groupId>
      <artifactId>ba-platform-bom</artifactId>
      <version>7.10.0.redhat-00004</version>
      <scope>import</scope>
      <type>pom</type>
    </dependency>

    Red Hat Business Automation BOM (Bill of Materials) に関する詳細情報は、「What is the mapping between Red Hat Process Automation Manager and the Maven library version?」 を参照してください。

  2. 必要に応じて、プロジェクトに Decision Model and Notation (DMN) アセットが含まれる場合は、pom.xml ファイルに以下の依存関係を追加して、DMN 実行可能モデルを有効にしてください。DMN 実行可能モデルを使用すると、DMN プロジェクトの DMN デシジョンテーブルロジックをより効果的に評価できるようになります。

    <dependency>
      <groupId>org.kie</groupId>
      <artifactId>kie-dmn-core</artifactId>
      <scope>provided</scope>
      <version>${rhpam.version}</version>
    </dependency>
  3. Maven プロジェクトの ~/resources ディレクトリーに、最低でも以下の内容を含む META-INF/kmodule.xml メタデータファイルを作成します。

    <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
    <kmodule xmlns="http://www.drools.org/xsd/kmodule">
    </kmodule>

    この kmodule.xml ファイルは、すべての Red Hat Process Automation Manager プロジェクトに必要な KIE モジュール記述子です。KIE モジュールを使用して、1 つ以上の KIE ベースを定義し、各 KIE ベースに 1 つ以上の KIE セッションを定義します。

    kmodule.xml 設定の詳細は 「KIE モジュール記述子ファイルの設定」 を参照してください。

  4. Maven プロジェクトの関連リソースで、.java クラスを設定して KIE コンテナーおよび KIE セッションを作成して、KIE ベースを読み込みます。

    import org.kie.api.KieServices;
    import org.kie.api.runtime.KieContainer;
    import org.kie.api.runtime.KieSession;
    
    public void testApp() {
    
      // Load the KIE base:
      KieServices ks = KieServices.Factory.get();
      KieContainer kContainer = ks.getKieClasspathContainer();
      KieSession kSession = kContainer.newKieSession();
    
    }

    この例では、KIE コンテナーは、testApp プロジェクトのクラスパスからビルドしたファイルを読み込みます。KieServices API を使用すれば、KIE ビルド設定およびランタイム設定のすべてにアクセスできます。

    プロジェクトの ReleaseIdKieServices API に渡して KIE コンテナーを作成することもできます。ReleaseId は、プロジェクトの pom.xml ファイルの GroupId 値、ArtifactId 値、Version 値 (GAV) から生成します。

    import org.kie.api.KieServices;
    import org.kie.api.builder.ReleaseId;
    import org.kie.api.runtime.KieContainer;
    import org.kie.api.runtime.KieSession;
    import org.drools.compiler.kproject.ReleaseIdImpl;
    
    public void testApp() {
    
      // Identify the project in the local repository:
      ReleaseId rid = new ReleaseIdImpl("com.sample", "my-app", "1.0.0");
    
      // Load the KIE base:
      KieServices ks = KieServices.Factory.get();
      KieContainer kContainer = ks.newKieContainer(rid);
      KieSession kSession = kContainer.newKieSession();
    
    }
  5. コマンドターミナルで Maven プロジェクトディレクトリーに移動し、以下のコマンドを実行してプロジェクトをビルドします。

    mvn clean install

    DMN 実行可能なモデルの場合は、以下のコマンドを実行します。

    mvn clean install -DgenerateDMNModel=YES

    ビルドに失敗したら、コマンドラインのエラーメッセージに記載されている問題に対応し、ビルドに成功するまでファイルの妥当性確認を行います。

    注記

    デフォルトで Maven プロジェクト内のルールアセットが実行可能なルールモデルからビルドされない場合は、以下の依存関係がプロジェクトの pom.xml ファイルに含まれていることを確認して、プロジェクトを再構築してください。

    <dependency>
      <groupId>org.drools</groupId>
      <artifactId>drools-model-compiler</artifactId>
      <version>${rhpam.version}</version>
    </dependency>

    この依存関係は、デフォルトで Red Hat Process Automation Manager のルールアセットが実行可能なルールモデルからビルドされるために必要です。Red Hat Process Automation Manager のコアパッケージに、この依存関係は同梱されていますが、Red Hat Process Automation Manager のアップグレード履歴によっては、この依存関係を手動で追加して、実行可能なルールモデルの動作を有効にする必要がある場合があります。

    実行可能なルールモデルの詳細は、「実行可能ルールモデル」 を参照してください。

  6. プロジェクトをローカルで正常にビルドしてテストした後に、プロジェクトをリモートの Maven リポジトリーにデプロイします。

    mvn deploy

3.3. Red Hat Process Automation Manager プロジェクトの Java アプリケーションでのパッケージ化およびデプロイ

お使いの Java アプリケーションから、設定した KIE Server にプロジェクトをデプロイする場合は、KieModuleModel インスタンスを使用して kmodule.xml ファイルをプログラムで作成して KIE ベースおよび KIE セッションを定義し、プロジェクトのすべてのリソースを、KIE 仮想ファイルシステム KieFileSystem に追加します。

前提条件

  • Red Hat Process Automation Manager ビジネスアセットを含む Java アプリケーションがある。
  • KIE Server がインストールされており、kie-server ユーザーアクセスが設定されている。インストールオプションは、『Red Hat Process Automation Manager インストールの計画』を参照してください。

手順

  1. 必要に応じて、プロジェクトに Decision Model and Notation (DMN) アセットが含まれる場合は、Java プロジェクトの該当のクラスパスに以下の依存関係を追加して、DMN 実行可能モデルを有効にしてください。DMN 実行可能モデルを使用すると、DMN プロジェクトの DMN デシジョンテーブルロジックをより効果的に評価できるようになります。

    <dependency>
      <groupId>org.kie</groupId>
      <artifactId>kie-dmn-core</artifactId>
      <scope>provided</scope>
      <version>${rhpam.version}</version>
    </dependency>

    <version> は、プロジェクトで現在使用している Red Hat Process Automation Manager の Maven アーティファクトバージョンです (例: 7.48.0.Final-redhat-00004)。

    注記

    個別の依存関係に対して Red Hat Process Automation Manager <version> を指定するのではなく、Red Hat Business Automation BOM (bill of materials) の依存関係をプロジェクトの pom.xml ファイルに追加することを検討してください。Red Hat Business Automation BOM は、Red Hat Decision Manager と Red Hat Process Automation Manager の両方に適用されます。BOM ファイルを追加すると、提供される Maven リポジトリーから、推移的依存関係の適切なバージョンがプロジェクトに含められます。

    BOM 依存関係の例:

    <dependency>
      <groupId>com.redhat.ba</groupId>
      <artifactId>ba-platform-bom</artifactId>
      <version>7.10.0.redhat-00004</version>
      <scope>import</scope>
      <type>pom</type>
    </dependency>

    Red Hat Business Automation BOM (Bill of Materials) に関する詳細情報は、「What is the mapping between Red Hat Process Automation Manager and the Maven library version?」 を参照してください。

  2. KieServices API を使用して、必要な KIE ベースおよび KIE セッションを持つ KieModuleModel インスタンスを作成します。KieServices API を使用すれば、KIE ビルド設定およびランタイム設定のすべてにアクセスできます。KieModuleModel インスタンスは、プロジェクトの kmodule.xml ファイルを生成します。

    kmodule.xml 設定の詳細は 「KIE モジュール記述子ファイルの設定」 を参照してください。

  3. KieModuleModel インスタンスを XML に変換し、XML を KieFileSystem に追加します。

    プログラムを使用して kmodule.xml を作成し、KieFileSystem に追加

    import org.kie.api.KieServices;
    import org.kie.api.builder.model.KieModuleModel;
    import org.kie.api.builder.model.KieBaseModel;
    import org.kie.api.builder.model.KieSessionModel;
    import org.kie.api.builder.KieFileSystem;
    
      KieServices kieServices = KieServices.Factory.get();
      KieModuleModel kieModuleModel = kieServices.newKieModuleModel();
    
      KieBaseModel kieBaseModel1 = kieModuleModel.newKieBaseModel("KBase1")
        .setDefault(true)
        .setEqualsBehavior(EqualityBehaviorOption.EQUALITY)
        .setEventProcessingMode(EventProcessingOption.STREAM);
    
      KieSessionModel ksessionModel1 = kieBaseModel1.newKieSessionModel("KSession1")
        .setDefault(true)
        .setType(KieSessionModel.KieSessionType.STATEFUL)
        .setClockType(ClockTypeOption.get("realtime"));
    
      KieFileSystem kfs = kieServices.newKieFileSystem();
      kfs.writeKModuleXML(kieModuleModel.toXML());

  4. プロジェクトで使用する残りの Red Hat Process Automation Manager アセットをすべて KieFileSystem インスタンスに追加します。アーティファクトは、Maven プロジェクトファイル構造に含まれる必要があります。

    import org.kie.api.builder.KieFileSystem;
    
      KieFileSystem kfs = ...
      kfs.write("src/main/resources/KBase1/ruleSet1.drl", stringContainingAValidDRL)
        .write("src/main/resources/dtable.xls",
          kieServices.getResources().newInputStreamResource(dtableFileStream));

    この例では、プロジェクトアセットは、String 変数および Resource インスタンスの両方として追加されます。Resource インスタンスは KieResources ファクトリーを使用して作成され、KieServices インスタンスにより提供されます。KieResources クラスは、InputStream オブジェクト、URL オブジェクト、および File オブジェクト、またはファイルシステムのパスを示す String を、KieFileSystem が管理する Resource インスタンスに変換する factory メソッドを提供します。

    プロジェクトのアーティファクトを KieFileSystem に追加する際に、ResourceType プロパティーを Resource オブジェクトに明示的に割り当てることもできます。

    import org.kie.api.builder.KieFileSystem;
    
      KieFileSystem kfs = ...
      kfs.write("src/main/resources/myDrl.txt",
        kieServices.getResources().newInputStreamResource(drlStream)
          .setResourceType(ResourceType.DRL));
  5. buildAll() メソッドと KieBuilder を併用して KieFileSystem のコンテンツをビルドし、KIE コンテナーを作成してデプロイします。

    import org.kie.api.KieServices;
    import org.kie.api.KieServices.Factory;
    import org.kie.api.builder.KieFileSystem;
    import org.kie.api.builder.KieBuilder;
    import org.kie.api.runtime.KieContainer;
    
      KieServices kieServices = KieServices.Factory.get();
      KieFileSystem kfs = ...
    
      KieBuilder kieBuilder = ks.newKieBuilder( kfs );
      kieBuilder.buildAll()
      assertEquals(0, kieBuilder.getResults().getMessages(Message.Level.ERROR).size());
    
      KieContainer kieContainer = kieServices
        .newKieContainer(kieServices.getRepository().getDefaultReleaseId());

    ERROR ビルドは、プロジェクトのコンパイルに失敗し、KieModule が作成されず、KieRepository シングルトンに何も追加されないことを示しています。WARNING または INFO の結果は、プロジェクトのコンパイルが成功したことと、ビルドプロセスの詳細を示しています。

    注記

    実行可能なルールモデルから Java アプリケーションプロジェクトでルールアセットをビルドするには、プロジェクトの pom.xml ファイルに以下の依存関係があることを確認します。

    <dependency>
      <groupId>org.drools</groupId>
      <artifactId>drools-model-compiler</artifactId>
      <version>${rhpam.version}</version>
    </dependency>

    この依存関係は、Red Hat Process Automation Manager のルールアセットが実行可能なルールモデルからビルドされるために必要です。Red Hat Process Automation Manager のコアパッケージに、この依存関係は同梱されていますが、Red Hat Process Automation Manager のアップグレード履歴によっては、この依存関係を手動で追加して、実行可能なルールモデルの動作を有効にする必要がある場合があります。

    依存関係を確認したあとに、以下のように変更した buildAll() オプションを使用して実行可能なモデルを有効にします。

    kieBuilder.buildAll(ExecutableModelProject.class)

    実行可能なルールモデルの詳細は、「実行可能ルールモデル」 を参照してください。

3.4. 実行可能ルールモデル

Red Hat Process Automation Manager のルールアセットは、標準の kie-maven-plugin を使用して、デフォルトで実行可能なルールモデルからビルドされます。実行可能ルールモデルは埋め込み可能なモデルで、ビルド時に実行するルールセットの Java ベースの表記を提供します。実行可能モデルは、以前の Red Hat Process Automation Manager バージョンの標準アセットパッケージングの代わるもので、より効率的です。KIE コンテナーと KIE ベースの作成をより迅速に実行でき、DRL (Drools Rule Language) ファイルや他の Red Hat Process Automation Manager アセットの一覧のサイズが大きい場合にとくに効果的です。

kie-maven-plugin プラグインを使用しない場合や、必要な drools-model-compiler 依存関係がプロジェクトにない場合、ルールアセットは実行可能モデルなしでビルドされます。

実行可能なルールモデルでは、プロジェクトにとって具体的に以下のような利点があります。

  • コンパイル時間: 従来のパッケージ化された Red Hat Process Automation Manager プロジェクト (KJAR) には、制限や結果を実装する事前生成済みのクラスと合わせて、ルールベースを定義する DRL ファイルのリストやその他の Red Hat Process Automation Manager アーティファクトが含まれています。これらの DRL ファイルは、KJAR が Maven リポジトリーからダウンロードされ、KIE コンテナーにインストールされた時点で、解析してコンパイルする必要があります。特に大規模なルールセットの場合など、このプロセスは時間がかかる可能性があります。実行可能なモデルでは、プロジェクト KJAR 内で、Java クラスをパッケージ化して、プロジェクトルールベースの実行可能なモデルを実装し、はるかに速い方法で KIE コンテナーと KIE ベースを再作成することができます。Maven プロジェクトでは、kie-maven-plugin プラグインを使用してコンパイルプロセス中に DRL ファイルから実行可能なモデルソースを自動的に生成します。
  • ランタイム: 実行可能なモデルでは、制約はすべて、Java lambda 式で定義されます。同じ lambda 式も制約評価に使用するため、mvel ベースの制約をバイトコードに変換するのに、解釈評価用の mvel 式も、Just-In-Time (JIT) プロセスも使用しません。これにより、さらに迅速で効率的なランタイムを構築できます。
  • 開発時間: 実行可能なモデルでは、DRL 形式で直接要素をエンコードしたり、DRL パーサーを対応するように変更したりする必要なく、デシジョンエンジンの新機能で開発および試行できます。
注記

実行可能なルールモデルのクエリー定義に使用できるのは、引数最大 10 個のみです。

実行可能なルールモデルのルール結果内にある変数で使用できるバインド変数は、最大 24 個のみとなっています (同梱されている drools 変数を含む)。たとえば、以下のルールの結果では、バインド変数を 25 個以上使用しているため、コンパイルエラーが発生します。

...
then
  $input.setNo25Count(functions.sumOf(new Object[]{$no1Count_1, $no2Count_1, $no3Count_1, ..., $no25Count_1}).intValue());
  $input.getFirings().add("fired");
  update($input);

3.4.1. Red Hat Process Automation Manager プロジェクトでの実行可能ルールモデルの変更または無効化

Red Hat Process Automation Manager のルールアセットは、標準の kie-maven-plugin を使用して、デフォルトで実行可能なルールモデルからビルドされます。実行可能モデルは、Red Hat Process Automation Manager のこれまでのバージョンで使用した標準アセットパッケージよりもより効率的です。ただし、必要に応じて、実行可能ルールモデルを変更または無効にして、デフォルトのモデルベースの KJAR ではなく、DRL ベースの KJAR として Red Hat Process Automation Manager プロジェクトをビルドできます。

手順

通常の方法で Red Hat Process Automation Manager プロジェクトをビルドします。ただし、プロジェクトの種類に合わせて、別のビルドオプションを用意してください。

  • Maven プロジェクトの場合は、コマンドターミナルで Maven プロジェクトディレクトリーに移動して、以下のコマンドを実行します。

    mvn clean install -DgenerateModel=<VALUE>

    <VALUE> は、3 つの値のいずれかに置き換えます。

    • YES_WITHDRL: (デフォルト) オリジナルプロジェクトの DRL ファイルに対応する実行可能なモデルを生成し、文書化の目的で、生成した KJAR に DRL ファイルを追加します (KIE ベースはいずれの場合でも実行可能なモデルからビルドされます)。
    • YES: オリジナルプロジェクトの DRL ファイルに対応する実行可能なモデルを生成し、生成した KJAR から DRL ファイルを除外します。
    • NO: 実行可能なモデルは生成されません。

    デフォルトの実行可能モデルの動作を無効にするビルドコマンドの例:

    mvn clean install -DgenerateModel=NO
  • プログラムで設定した Java アプリケーションの場合、実行可能なモデルはデフォルトで無効になっています。KIE 仮想ファイルシステム KieFileSystem にルールアセットを追加して、以下の buildAll() メソッドのいずれかと KieBuilder をあわせて使用してください。

    • buildAll() (デフォルト) または buildAll(DrlProject.class): 実行可能なモデルは生成されません。
    • buildAll(ExecutableModelProject.class): 元のプロジェクトにある DRL ファイルに対応する実行可能モデルが生成されます。

    実行可能モデルの動作を有効にするコードの例:

    import org.kie.api.KieServices;
    import org.kie.api.builder.KieFileSystem;
    import org.kie.api.builder.KieBuilder;
    
      KieServices ks = KieServices.Factory.get();
      KieFileSystem kfs = ks.newKieFileSystem()
      kfs.write("src/main/resources/KBase1/ruleSet1.drl", stringContainingAValidDRL)
      .write("src/main/resources/dtable.xls",
        kieServices.getResources().newInputStreamResource(dtableFileStream));
    
      KieBuilder kieBuilder = ks.newKieBuilder( kfs );
      // Enable executable model
      kieBuilder.buildAll(ExecutableModelProject.class)
      assertEquals(0, kieBuilder.getResults().getMessages(Message.Level.ERROR).size());

3.5. KIE スキャナーを使用した KIE コンテナーの監視および更新

Red Hat Process Automation Manager の KIE スキャナーは、Maven リポジトリーで Red Hat Process Automation Manager プロジェクトの新しい SNAPSHOT バージョンを監視してから、プロジェクトの最新バージョンを指定された KIE コンテナーにデプロイします。開発環境に KIE スキャナーを使用して、新規バージョンが利用できるようになった時に、Red Hat Process Automation Manager プロジェクトのデプロイメントをより効率的に管理できます。

重要

実稼働環境では、誤ってまたは予期せずにプロジェクトが更新されてしまわないように、SNAPSHOT のプロジェクトバージョンで、KIE スキャナーを使用しないでください。KIE スキャナーは、SNAPSHOT プロジェクトバージョンを使用する開発環境向けに設計されています。

ビジネスプロセスと KIE スキャナーを併用しないようにしてください。プロセスで KIE スキャナーを使用すると、予期せぬ更新が発生し、プロセスインスタンスの実行と互換性のない変更が加えられた場合に、長時間実行中のプロセスでエラーが発生する可能性があります。

前提条件

  • kie-ci.jar ファイルを Red Hat Process Automation Manager プロジェクトのクラスパスに用意しておく。

手順

  1. プロジェクト内の、該当する .java クラスで、以下のコード例のように、KIE スキャナーを登録して起動します。

    KIE コンテナー向けの KIE スキャナーの登録および起動

    import org.kie.api.KieServices;
    import org.kie.api.builder.ReleaseId;
    import org.kie.api.runtime.KieContainer;
    import org.kie.api.builder.KieScanner;
    
    ...
    
    KieServices kieServices = KieServices.Factory.get();
    ReleaseId releaseId = kieServices
      .newReleaseId("com.sample", "my-app", "1.0-SNAPSHOT");
    KieContainer kContainer = kieServices.newKieContainer(releaseId);
    KieScanner kScanner = kieServices.newKieScanner(kContainer);
    
    // Start KIE scanner for polling the Maven repository every 10 seconds (10000 ms)
    kScanner.start(10000L);

    この例では、KIE スキャナーは一定の間隔で実行されるように設定しています。KIE スキャナーの最小のポーリング間隔は 1 ミリ秒 (ms) で、最大のポーリング間隔はデータ型 long の最大値です。ポーリングの間隔が 0 以下の場合は、java.lang.IllegalArgumentException: pollingInterval must be positive エラーが発生します。また、KIE スキャナーを scanNow() メソッドで呼び出してオンデマンドで実行するように設定することも可能です。

    この例のプロジェクトグループ ID、アーティファクト ID、およびバージョン (GAV) の設定は、com.sample:my-app:1.0-SNAPSHOT で設定されています。プロジェクトバージョンには、-SNAPSHOT のサフィックスを含めて、KIE スキャナーが指定のアーティファクトバージョンの最新ビルドを取得できるようにする必要があります。1.0.1-SNAPSHOT への更新など、スナップショットのプロジェクトバージョン番号を変更する場合は、KIE スキャナー設定の GAV 定義のバージョンも更新する必要があります。KIE スキャナーは、com.sample:my-app:1.0 など、静的バージョンのプロジェクトの更新を取得しません。

  2. Maven リポジトリーの settings.xml ファイルで、updatePolicy 設定を always に指定し、KIE スキャナーが正しく機能するようにします。

    <profile>
      <id>guvnor-m2-repo</id>
      <repositories>
        <repository>
          <id>guvnor-m2-repo</id>
          <name>BA Repository</name>
          <url>http://localhost:8080/business-central/maven2/</url>
          <layout>default</layout>
          <releases>
            <enabled>true</enabled>
            <updatePolicy>always</updatePolicy>
          </releases>
          <snapshots>
            <enabled>true</enabled>
            <updatePolicy>always</updatePolicy>
          </snapshots>
        </repository>
      </repositories>
    </profile>

    KIE スキャナーがポーリングを開始した後に、KIE スキャナーが指定の KIE コンテナーで SNAPSHOT プロジェクトの更新バージョンを検出した場合に、KIE スキャナーは自動的に新しいプロジェクトバージョンをダウンロードして、新規プロジェクトのインクリメンタルビルドをトリガーします。この時点以降、KIE コンテナーから作成された新規の KieBase オブジェクトおよび KieSession オブジェクトで、新規プロジェクトバージョンが使用されるようになります。

    KIE Server API を使用して KIE スキャナーを開始または停止する方法は、『KIE API を使用した Red Hat Process Automation Manager の操作』を参照してください。

3.6. KIE Server でのサービスの起動

Business Central 以外の Maven または Java プロジェクトから Red Hat Process Automation Manager アセットをデプロイした場合は、KIE Server REST API コールを使用して、KIE コンテナー (デプロイメントユニット) およびそのサービスを起動できます。KIE Server REST API を使用して、デプロイメントの種類 (Business Central からのデプロイメントを含む) にかかわらずサービスを起動できますが、Business Central からデプロイしたプロジェクトは自動的に起動するか、Business Central インターフェース内で起動できます。

前提条件

手順

コマンドターミナルで以下の API 要求を実行し、KIE Server の KIE コンテナーにサービスを読み込んで起動します。

$ curl --user "<username>:<password>" -H "Content-Type: application/json" -X PUT -d '{"container-id" : "<containerID>","release-id" : {"group-id" : "<groupID>","artifact-id" : "<artifactID>","version" : "<version>"}}' http://<serverhost>:<serverport>/kie-server/services/rest/server/containers/<containerID>

以下の値を置き換えてください。

  • <username><password>: kie-server ロールを持つユーザーのユーザー名およびパスワード。
  • <containerID>: KIE コンテナー (デプロイメントユニット) の識別子。ランダムの識別子を使用することもできますが、コマンドの URL およびデータの両方で同じものを使用する必要があります。
  • <groupID><artifactID><version>: プロジェクトの GAV 値。
  • <serverhost>: KIE Server のホスト名 (KIE Server と同じホストでコマンドを実行する場合は localhost)。
  • <serverport>: KIE Server のポート番号。

例:

curl --user "rhpamAdmin:password@1" -H "Content-Type: application/json" -X PUT -d '{"container-id" : "kie1","release-id" : {"group-id" : "org.kie.server.testing","artifact-id" : "container-crud-tests1","version" : "2.1.0.GA"}}' http://localhost:39043/kie-server/services/rest/server/containers/kie1

3.7. KIE Server でのサービスの停止および削除

Business Central 以外の Maven または Java プロジェクトから Red Hat Process Automation Manager サービスを起動した場合は、KIE Server REST API コールを使用して、サービスを含む KIE コンテナー (デプロイメントユニット) を停止して削除できます。KIE Server REST API を使用して、デプロイメントの種類 (Business Central からのデプロイメントを含む) にかかわらずサービスを停止できますが、Business Central からのサービスは Business Central インターフェース内で停止できます。

前提条件

手順

コマンドターミナルで、以下の API 要求を実行して、KIE Server のサービスで KIE コンテナーを停止および削除します。

$ curl --user "<username>:<password>" -X DELETE http://<serverhost>:<serverport>/kie-server/services/rest/server/containers/<containerID>

以下の値を置き換えてください。

  • <username><password>: kie-server ロールを持つユーザーのユーザー名およびパスワード。
  • <containerID>: KIE コンテナー (デプロイメントユニット) の識別子。ランダムの識別子を使用することもできますが、コマンドの URL およびデータの両方で同じものを使用する必要があります。
  • <serverhost>: KIE Server のホスト名 (KIE Server と同じホストでコマンドを実行する場合は localhost)。
  • <serverport>: KIE Server のポート番号。

例:

curl --user "rhpamAdmin:password@1" -X DELETE http://localhost:39043/kie-server/services/rest/server/containers/kie1

第4章 関連資料

パート II. Business Central でのプロジェクトの管理

プロセス管理者は、Red Hat Process Automation Manager の Business Central を使用して、1 つまたは複数のブランチで新しいプロジェクト、サンプルプロジェクト、およびインポートしたプロジェクトを管理できます。

前提条件

第5章 Red Hat Process Automation Manager プロジェクト

Red Hat Process Automation Manager プロジェクトには、Red Hat Process Automation Manager で開発し、スペースに割り当てられるビジネスアセットが含まれています (例: MySpaceMyProject)。プロジェクトには、Maven プロジェクトのオブジェクトモデルファイル (pom.xml) などの設定ファイルも含まれますが、設定ファイルには、ビルド、環境、その他のプロジェクト関連情報、KIE モジュール記述子ファイル (kmodule.xml) が含まれます。KIE モジュール記述子ファイルには、プロジェクトのアセットに関する KIE ベースおよび KIE セッションの設定が含まれます。

第6章 新しいプロセスデザイナーへのビジネスプロセスの移行

Business Central のレガシーのプロセスデザイナーは、Red Hat Process Automation Manager 7.10.0 で非推奨になりました。このツールは、今後の Red Hat Process Automation Manager リリースで削除予定です。そのため、レガシーのプロセスデザイナーには新しい機能拡張や機能は追加されません。新しいプロセスデザイナーを使用する場合は、お使いのプロセスを新しいデザイナーに移行し始めます。新しいプロセスデザイナーですべての新規プロセスを作成します。

注記

プロセスエンジンは、今後も継続して KIE Server のレガシーデザイナーで生成されたビジネスプロセスの実行やデプロイメントをサポートします。レガシーのビジネスプロセスが機能しており、交換する予定がない場合は、現時点では新しいデザイナーへの移行は必須ではありません。

新規デザイナーでサポートされているビジネスプロセスが含まれるビジネスプロセスのみを移行できます。Red Hat Process Automation Manager の今後のバージョンに、さらにノードが追加される予定です。

前提条件

  • レガシーのプロセスデザイナーで作成したビジネスプロセスアセットを含む既存のプロジェクトがある。

手順

  1. Business Central で MenuDesignProjects の順にクリックします。
  2. 移行するプロジェクト (例: Mortgage_Process) をクリックします。
  3. OK をクリックしてプロジェクトのアセット一覧を開きます。
  4. プロジェクトの Business Process アセットをクリックして、レガシーのプロセスデザイナーでそのアセットを開きます。
  5. MigrateMigrate Diagram をクリックします。

    図6.1 移行の確認メッセージ

    移行の確認メッセージ
  6. Yes または No を選択して、変更を確定します。このオプションは、レガシーのプロセスデザイナーに変更を加えた場合のみ利用できます。

    図6.2 ダイアグラム変更の保存確認

    ダイアグラム変更の保存確認

移行に成功したら、ビジネスプロセスが新規のビジネスプロセスで開き、ビジネスプロセス名の拡張子が *.bpmn2 から *.bpmn に変わります。

ノードタイプがサポートされていないことが原因で移行に失敗したら、Business Central で以下のエラーメッセージが表示されます。

図6.3 移行失敗のメッセージ

移行失敗のメッセージ

第7章 Business Central の既存プロジェクトの変更

Business Central には、製品と機能に慣れるのに使用できるサンプルプロジェクトが多数あります。サンプルプロジェクトは、さまざまなビジネスシナリオを紹介するために設計され、作成されました。サンプルプロジェクトを変更し、ビジネス固有のニーズを満たすことができます。たとえば、Red Hat Process Automation Manager 7.10 には Mortgage_Process のサンプルプロジェクトが含まれており、このプロジェクトは、事前定義済みのデータオブジェクト、ガイド付きデシジョンテーブル、ガイド付きのルール、フォーム、およびビジネスプロセスで構成されます。このサンプルを編集して、ビジネスプロセスを改良できます。

要件を満たす既存の Business Central のプロジェクトサンプルがない場合は、新規プロジェクトを作成するか、git リポジトリーからプロジェクトをインポートできます。詳細は、9章Git リポジトリーからのプロジェクトのインポート を参照してください。git から他のプロジェクトをインポートできます。たとえば、別の Business Central インスタンスで開発したプロジェクトなどがあります。

第8章 mortgage-process プロジェクトの作成

プロジェクトは、データオブジェクト、ビジネスプロセス、ガイド付きルール、デシジョンテーブル、フォームなど、アセットのコンテナーです。作成するプロジェクトは、Business Central に既存の Mortgage_Process サンプルプロジェクトによく似ています。

手順

  1. Business Central で、MenuDesignProjects に移動します。

    Red Hat Process Automation Manager は以下のイメージのように MySpace と呼ばれるデフォルトスペースを提供します。このデフォルトスペースを使用してサンプルプロジェクトを作成およびテストできます。

    図8.1 デフォルトのスペース

    spaces teams
  2. Add Project をクリックします。
  3. Name フィールドに mortgage-process と入力します。
  4. Configure Advanced Options をクリックして GAV フィールドを以下の値に変更します。

    • Group ID: com.myspace
    • Artifact ID: mortgage-process
    • Version: 1.0.0
  5. Add をクリックします。

プロジェクトの Assets ビューを開きます。

8.1. Mortgage_Process サンプルプロジェクトの変更

Mortgage_Process サンプルプロジェクトは、事前定義済みのデータオブジェクト、ガイド付きデシジョンテーブル、ガイド付きルール、フォーム、およびビジネスプロセスで構成されています。サンプルプロジェクトを利用すれば、Red Hat Process Automation Manager の使い方を簡単に覚えることができます。実際のビジネスシナリオでは、ビジネス要件に適したデータを使用してすべてのアセットを作成します。

Mortgage_Process のサンプルプロジェクトに移動し、事前定義済みアセットを表示します。

手順

  1. Business Central で、MenuDesignProjects に移動します。
  2. 画面の右上隅にある Try Samples の横にある矢印をクリックし、Try Samples を選択します。
  3. Mortgage_Process を選択し、OK をクリックします。プロジェクトの Assets ビューを開きます。
  4. 変更するアセットをクリックします。アセットは、プロジェクト要件に合わせて、すべて編集できます。

8.2. アーキタイプを使用したプロジェクトの作成

アーキタイプとは、Apache Maven リポジトリーにインストールされ、特定のテンプレート構造が含まれるプロジェクトのことです。アーキタイプを使用して、プロジェクトテンプレートのパラメーター化されたバージョンを生成することも可能です。アーキタイプを使用してプロジェクトを作成すると、Red Hat Process Automation Manager インストールに接続されている Git リポジトリーに追加されます。

前提条件

  • Business Central の Settings でアーキタイプを作成して、Archetypes ページに追加しました。アーキタイプの作成に関する詳細は、「Guide to Creating Archetypes」を参照してください。
  • Business Central のスペースでアーキタイプをデフォルトとして設定しました。

アーキタイプの管理に関する詳細は、『Business Central 設定およびプロパティーの設定』を参照してください。

手順

  1. Business Central で、MenuDesignProjects に移動します。
  2. アーキタイプテンプレートから新しいプロジェクトを追加するスペースを選択または作成します。
  3. Add Project をクリックします。
  4. Name フィールドおよび Description フィールドに、プロジェクト名と説明を入力します。
  5. Configure Advanced Options をクリックします。
  6. Based on template チェックボックスを選択します。
  7. 必要に応じてドロップダウンオプションからアーキタイプを選択します。スペースで設定済みのデフォルトのアーキタイプが選択されています。
  8. Add をクリックします。

選択したアーキタイプのテンプレートに基づいて、プロジェクトのアセットビューが表示されます。

第9章 Git リポジトリーからのプロジェクトのインポート

Git は分散バージョン管理システムです。リビジョンをコミットオブジェクトとして実装します。リポジトリーに変更を保存すると、Git リポジトリーに新しいコミットオブジェクトが作成されます。

Business Central は Git を使用してプロジェクトデータ (ルールやプロセスなどのアセットを含む) を格納します。Business Central でプロジェクトを作成すると、Business Central に接続される Git リポジトリーに追加されます。Git リポジトリーにプロジェクトがある場合は、プロジェクトの master ブランチをインポートするか、Business Central スペースを使用して 、他の特定のブランチと master ブランチをあわせて Business Central Git リポジトリーにインポートできます。

前提条件

  • Red Hat Process Automation Manager プロジェクトが外部の Git リポジトリーに存在している。
  • 外部の Git リポジトリーへの読み取りアクセスに必要な認証情報がある。

手順

  1. Business Central で、MenuDesignProjects に移動します。
  2. プロジェクトをインポートするスペースを選択または作成します。デフォルトのスペースは MySpace です。
  3. 画面の右上隅にある Add Project の横にある矢印をクリックし、Import Project を選択します。
  4. Import Project ウィンドウに、インポートするプロジェクトが含まれる Git リポジトリーの URL および認証情報を入力し、Import をクリックします。Import Projects ページが表示されます。
  5. オプション: master と固有のブランチをインポートするには、以下のタスクを実行します。

    1. Import Projects ページで、ブランチ branch icon アイコンをクリックします。
    2. Branches to be imported ウィンドウで、一覧からブランチを選択します。

      注記

      最低でも master ブランチを選択する必要があります。

    3. OK をクリックします。
  6. Import Projects ページで、プロジェクトページがハイライトされていることを確認し、OK をクリックします。

第10章 プロジェクトバージョンの改訂

プロジェクトの新規インスタンスをビルドおよびデプロイする前に、Red Hat Process Automation Manager のプロジェクトバージョン番号を改訂できます。プロジェクトの新規バージョンを作成すると、以前のバージョンを保存して、新規バージョンで問題が発生した場合に、以前のバージョンに戻すことができます。

前提条件

  • KIE Server がデプロイされて Business Central に接続されている。

手順

  1. Business Central で、MenuDesignProjects に移動します。
  2. デプロイするプロジェクト (例: Mortgage_Process) をクリックします。
  3. デプロイ をクリックします。

    • プロジェクト名にコンテナーがない場合は、デフォルト値でコンテナーが自動的に作成されます。
    • 以前のバージョンのプロジェクトがすでにデプロイされている場合は、プロジェクト設定に移動して、プロジェクトバージョンを変更します。終了したら、変更を保存して Deploy をクリックします。これにより、最新の変更が適用された同じプロジェクトの新しいバージョンが、古いバージョンとともにデプロイされます。

      注記

      Build & Install オプションを選択してプロジェクトをビルドし、KJAR ファイルを KIE Server にデプロイせずに設定済みの Maven リポジトリーに公開することもできます。開発環境では、Deploy をクリックすると、ビルドされた KJAR ファイルを KIE Server に、実行中のインスタンス (がある場合はそれ) を停止せずにデプロイできます。または Redeploy をクリックして、ビルドされた KJAR ファイルをデプロイしてすべてのインスタンスを置き換えることもできます。次回、ビルドされた KJAR ファイルをデプロイまたは再デプロイすると、以前のデプロイメントユニット (KIE コンテナー) が同じターゲット KIE Server で自動的に更新されます。実稼働環境では Redeploy オプションは無効になっており、Deploy をクリックして、ビルドされた KJAR ファイルを KIE Server 上の新規デプロイメントユニット (KIE コンテナー) にデプロイすることのみが可能です。

      KIE Server の環境モードを設定するには、org.kie.server.mode システムプロパティーを org.kie.server.mode=development または org.kie.server.mode=production に設定します。Business Central の対応するプロジェクトでのデプロイメント動作を設定するには、プロジェクトの SettingsGeneral SettingsVersion に移動し、Development Mode オプションを選択します。デフォルトでは、KIE Server および Business Central のすべての新規プロジェクトは開発モードになっています。Development Mode をオンにしたプロジェクトをデプロイしたり、実稼働モードになっている KIE Server に手動で SNAPSHOT バージョンのサフィックスを追加したプロジェクトをデプロイしたりすることはできません。

  4. プロジェクトのデプロイメントに関する詳細を確認するには、画面の上部にあるデプロイメントバナーの View deployment details か、Deploy のドロップダウンメニューをクリックします。このオプションを使用すると、MenuDeployExecution Servers ページに移動します。
  5. プロセス定義を確認するには、MenuManageProcess Definitions をクリックし、 btn refresh をクリックします。
  6. Actions 列の dots をクリックして、Start を選択し、プロセスの新規インスタンスを起動します。

第11章 プロジェクトの設定

Red Hat Process Automation Manager 7.10 以降 の Business Central では、さらなるプロジェクト設定カテゴリーが新規プロセスデザイナーに追加されています。

前提条件

  • Business Central プロジェクトが作成されている。

手順

  1. プロジェクトの Settings タブにアクセスするには、Business Central で MenuDesignProjects に移動します。
  2. プロジェクト名をクリックします。
  3. Settings をクリックして、以下のプロジェクト設定を表示または変更します。

    • General Settings: ユーザーが、属性 NameDescriptionGroup IDArtifact IDVersion (GAV) および Development Mode を設定できるようにします。この設定には以下のオプションも含まれます。

      • URL: プロジェクトのクローン作成用に git リポジトリーとして読み取り専用の URL を指定するのに使用します。
      • Disable GAV conflict check: GAV 競合チェックを有効化するか、無効化するかを指定します。この機能を無効にすると、同じ GAV 値を複数のプロジェクトに指定できます。
      • Allow child GAV edition: サブプロジェクトに GAV エディションを設定できます。
    • Dependencies: これを使用して、Group IDArtifact ID、および Version を入力するか、Business Central のリポジトリープロジェクトから、手動で依存関係を追加します。依存関係ごとに、Package white list オプションで All または None を選択します。
    • KIE Bases: 以前は ナレッジベース と呼ばれていましたものの新しい名前。デフォルトとして KIE ベースを指定する必要があります。以下の詳細を指定して KIE ベースを追加します。

      • Name
      • Included KIE bases
      • Package
      • Equal Behavior: Identity または Equality
      • Event Processing Model: Stream または Cloud
      • KIE sessions
    • External Data Objects: ルール作成者が必要とする可能性のあるプロジェクトまたはプロジェクトの依存関係内では、データオブジェクトは明示的に定義されません。外部のデータオブジェクトは、通常 java.util.List など Java ランタイムで指定されます。
    • Validation: 新規プロジェクトまたはモジュールを作成するとき、または Maven リポジトリーにプロジェクトをインストールまたはデプロイするときに、プロジェクトの GAV の一意性を確認するのに使用する Maven リポジトリー。
    • Service Tasks: 以下のサービスタスクをプロジェクトに追加できます。

      • BusinessRuleTask: ビジネスルールタスクを実行します。
      • Decision Task: DMN デシジョンタスクを実行します。
      • Email: メールを送信します。
      • JMSSendTask: JMS メッセージを送信します。
      • Rest: REST 呼び出しを実行します。
      • ServiceTask: サービスタスクを実行します。
      • WebService: Web サービスの呼び出しを実行します。
    • Deployments: デプロイメントは以下のカテゴリーに分類されます。

      • General Settings: Runtime StrategyPersistence Unit NamePersistence ModeAudit Persistence Unit Name、および Audit Mode
      • Marshalling strategies
      • Global
      • Event listeners
      • Required roles
      • Remoteable classes
      • Task event listeners
      • Configuration
      • Environment entries
      • Work item handlers
    • Persistence: 永続化は以下のカテゴリーに分類されます。

      • Persistence Unit
      • Persistence Provider
      • Data Source
      • Properties: 以下のプロパティーの値を設定する場合や、新規プロパティーを作成する場合に使用します。

        • hibernate.dialect
        • hibernate.max_fetch_depth
        • hibernate.hbm2ddl.auto
        • hibernate.show_sql
        • hibernate.id.new_generator_mappings
        • hibernate.transaction.jta.platform
      • Project Persistable Data Objects
    • Branch Management: ブランチ名と割り当てられたユーザーロールをもとにブランチのロールアクセスを指定します。
  4. Save をクリックします。

第12章 Business Central での複数のブランチ

Business Central では複数のブランチの使用をサポートしており、すべてのアセットを含む、既存のブランチをもとに新規ブランチを作成できます。新規プロジェクト、インポートされたプロジェクト、サンプルプロジェクトはすべてデフォルトの master ブランチで開きます。必要な数だけブランチを作成し、master ブランチのオリジナルのプロジェクトに影響を与えずに、複数のブランチ間を切り替えて作業することができます。

Red Hat Process Automation Manager 7.10 には、ブランチの永続化サポートがあります。このサポートにより、Business Central が最後に使用したブランチを記憶し、ログインしなおしたときにそのブランチが開くようになります。

12.1. ブランチの作成

Business Central で新規ブランチを作成して、任意の名前を指定できます。最初は、デフォルトの master ブランチだけが存在します。プロジェクトに新しいブランチを作成するときに、選択したブランチのコピーが作成されます。オリジナルの master ブランチバージョンに影響を与えることなく、新規ブランチのプロジェクトに変更を加えることができます。

手順

  1. Business Central で、MenuDesignProjects に移動します。
  2. Mortgage_Process のサンプルプロジェクトなど、新規ブランチを作成するプロジェクトをクリックします。
  3. masterAdd Branch をクリックします。

    図12.1 新規ブランチの作成メニュー

    新規ブランチの作成メニュー
  4. Name フィールドに testBranch1 と入力して、Add Branch ウィンドウから master を選択します。testBranch1 は、新規ブランチに指定する名前に置き換えます。
  5. Add Branch ウィンドウから、新規ブランチのベースとなるブランチを選択します。既存のブランチであれば、どれでも選択できます。
  6. Add をクリックします。

    図12.2 新規ブランチ追加のウィンドウ

    Adding the new branch testBranch1

新規ブランチの追加後に、そのブランチにリダイレクトされます。このブランチには、master ブランチのプロジェクト内にあったアセットがすべて含まれます。

12.2. ブランチの選択

ブランチ間を切り替えて、プロジェクトアセットに変更を加えて、変更した機能をテストできます。

手順

  1. 現在のブランチ名をクリックして、ドロップダウンリストから任意のプロジェクトブランチを選択します。

    図12.3 ブランチメニューの選択

    ブランチメニューの選択

ブランチの選択後に、対象のプロジェクトと、定義したアセットがすべて含まれるブランチにリダイレクトされます。

12.3. ブランチの削除

master ブランチ以外のブランチはどれでも削除できます。Business Central では、環境が壊れないように、master ブランチを削除できません。以下の手順は、master 以外のブランチで行わないと、機能しません。

手順

  1. 画面の右上隅の dots をクリックして、Delete Branch を選択します。

    図12.4 ブランチの削除

    ブランチの削除
  2. Delete Branch ウィンドウで、削除するブランチの名前を入力します。
  3. Delete Branch をクリックします。ブランチが削除され、プロジェクトブランチが master ブランチに切り替わります。

12.4. プロジェクトのビルドおよびデプロイ

プロジェクトを作成したら、Business Central の指定のブランチでプロジェクトをビルドして、設定した KIE Server にデプロイできます。

手順

  1. Business Central で、MenuDesignProjects に移動して、プロジェクト名をクリックします。
  2. 右上隅の Deploy をクリックしてプロジェクトをビルドし、KIE Server にデプロイします。

    注記

    Build & Install オプションを選択してプロジェクトをビルドし、KJAR ファイルを KIE Server にデプロイせずに設定済みの Maven リポジトリーに公開することもできます。開発環境では、Deploy をクリックすると、ビルドされた KJAR ファイルを KIE Server に、実行中のインスタンス (がある場合はそれ) を停止せずにデプロイできます。または Redeploy をクリックして、ビルドされた KJAR ファイルをデプロイしてすべてのインスタンスを置き換えることもできます。次回、ビルドされた KJAR ファイルをデプロイまたは再デプロイすると、以前のデプロイメントユニット (KIE コンテナー) が同じターゲット KIE Server で自動的に更新されます。実稼働環境では Redeploy オプションは無効になっており、Deploy をクリックして、ビルドされた KJAR ファイルを KIE Server 上の新規デプロイメントユニット (KIE コンテナー) にデプロイすることのみが可能です。

    KIE Server の環境モードを設定するには、org.kie.server.mode システムプロパティーを org.kie.server.mode=development または org.kie.server.mode=production に設定します。Business Central の対応するプロジェクトでのデプロイメント動作を設定するには、プロジェクトの SettingsGeneral SettingsVersion に移動し、Development Mode オプションを選択します。デフォルトでは、KIE Server および Business Central のすべての新規プロジェクトは開発モードになっています。Development Mode をオンにしたプロジェクトをデプロイしたり、実稼働モードになっている KIE Server に手動で SNAPSHOT バージョンのサフィックスを追加したプロジェクトをデプロイしたりすることはできません。

    ビルドに失敗したら、画面下部の Alerts パネルに記載されている問題に対処します。

    プロジェクトのデプロイメントに関する詳細を確認するには、画面の上部にあるデプロイメントバナーの View deployment details か、Deploy のドロップダウンメニューをクリックします。このオプションを使用すると、MenuDeployExecution Servers ページに移動します。

    プロジェクトデプロイメントのオプションに関する詳細は、『Red Hat Process Automation Manager プロジェクトのパッケージ化およびデプロイ』を参照してください。

第13章 Business Central での要求の変更

Business Central プロジェクトに複数のブランチがあり、ブランチに変更を加えて別のブランチにマージする場合に、変更要求を作成できます。ターゲットのブランチ (通常は master ブランチ) を表示するパーミッションがあるユーザーには、この変更要求が表示されます。

13.1. 変更要求の作成

プロジェクトに変更を加えた後 (例: アセットに対する属性追加や削除後など) に、Business Central プロジェクトで変更要求を作成できます。

前提条件

  • Business Central プロジェクトにブランチが複数ある。
  • 別のブランチにマージするブランチに、変更を加えた。

手順

  1. Business Central で、MenuDesignProjects に移動して、マージする変更内容が含まれるスペースとプロジェクトを選択します。
  2. プロジェクトページで、変更が含まれるブランチを選択します。

    図13.1 ブランチメニューの選択

    ブランチメニューの選択
  3. 変更要求を送信するには、以下のいずれかのタスクを実行します。

    • 画面の右上隅の dots をクリックして、Submit Change Request を選択します。
    • Change Requests タブをクリックし、Submit Change Request をクリックします。

      Submit Change Request ウィンドウが表示されます。

  4. 概要と説明を入力し、ターゲットブランチを選択して Submit をクリックします。ターゲットブランチは、変更のマージ先のブランチです。Submit をクリックすると、変更要求ウィンドウが表示されます。

13.2. 変更要求の使用

アクセス権のあるブランチの変更要求を表示できます。変更要求を受け入れるには、管理者権限が必要です。

前提条件

  • Business Central プロジェクトにブランチが複数ある。

手順

  1. Business Central で、MenuDesignProjects に移動して、スペースとプロジェクトを選択します。
  2. プロジェクトページで、正しいブランチを指定していることを確認します。

    ブランチメニューの選択
  3. Change Requests タブをクリックします。保留中の変更要求の一覧が表示されます。
  4. 変更要求をフィルタリングするには、Search ボックスの左側にある OpenClosed、または All を選択します。
  5. 特定の変更要求を検索するには、Search ボックスに ID またはテキストを入力し、拡大鏡をクリックします。
  6. 変更要求の詳細を表示するには、概要リンクをクリックします。変更要求ウィンドウには、タブが 2 つあります。

    1. 変更要求に関する全般情報については、Overview タブを確認してください。
    2. Changed Files タブをクリックし、ファイルを展開して、変更案を確認します。
  7. 右上隅のボタンをクリックします。

    • Squash and Merge をクリックして、全コミットを 1 つのコミットにまとめて、まとめたコミットをターゲットブランチにマージします。
    • 変更をターゲットブランチにマージするには、Merge をクリックします。
    • また、変更を拒否し、ターゲットブランチに変更を加えないようにするには、Reject をクリックします。
    • 拒否も許可もせずに、変更要求を閉じるには、Close をクリックします。変更要求を閉じることができるのは、この要求を送信したユーザーのみです。
    • 変更せずにプロジェクトウィンドウに戻るには、Cancel をクリックします。

パート III. Business Central におけるアセットの管理

プロセス管理者は、Red Hat Process Automation Manager の Business Central を使用して、ルール、ビジネスプロセス、デシジョンテーブルなどのアセットを管理します。

前提条件

第14章 アセットの概要

Business Central で作成されるビジネスルール、プロセス定義ファイル、その他のアセットおよびリソースは、KIE Server がアクセスするアーティファクトリポジトリー (ナレッジストア) に保存されます。

アーティファクトリポジトリーは、ビジネスナレッジを保存するために一元化されたリポジトリーのことです。複数の GIT リポジトリーに接続して、異なる場所にあるさまざまな種類のナレッジおよびアーティファクトを保存し、1 つの環境から GIT リポジトリーに接続します。GIT は分散バージョン管理システムであり、リビジョンをコミットオブジェクトとして実装します。変更をリポジトリーに保存するたびに、GIT リポジトリーに新規コミットオブジェクトが作成されます。同様に、既存リポジトリーをコピーすることもできます。通常、このコピープロセスはクローンと呼ばれ、作成されるリポジトリーはクローンと呼ばれます。すべてのクローンには、ファイルのコレクションの完全な履歴が含まれ、クローンされたリポジトリーには、元のリポジトリーと同じコンテンツが含まれます。

Business Central は、保存したコンテンツを表示して更新できる Web フロントエンドを提供します。アーティファクトリポジトリーアセットにアクセスするには、Business Central で MenuDesignProjects に移動して、プロジェクト名をクリックします。

第15章 アセットの種類

Business Central リポジトリーでバージョン管理されているものはすべてアセットです。プロジェクトには、ルール、パッケージ、ビジネスプロセス、デシジョンテーブル、ファクトモデル、ドメイン固有言語 (DSL)、またはプロジェクト要件に固有のその他のアセットを含めることができます。

次の図では、Red Hat Process Automation Manager 7.10 で利用可能なアセットを紹介します。

types of assets PAM
注記

ケース管理 (プレビュー) およびケース定義のアセットタイプは、ケースプロジェクトでのみ使用できます。

以下のセクションでは、Red Hat Process Automation Manager 7.10 の各アセットを説明します。

  • ビジネスプロセス

    ビジネスプロセスは、ビジネス目標を達成するのに必要なステップを示すダイアグラムです。

  • ケース管理 (プレビュー)

    ケース管理は、Business Process Management (BPM) の拡張機能で、適用可能なビジネスプロセスを管理します。ケース管理は、ルーティンで、予測可能なタスクを対象する BPM の効率指向アプローチとは対照的に、繰り返さず、予測できないプロセスに対する問題解決を提供します。ここでは、プロセスが前もって予測できない、一回限りの状況が管理されます。

    重要

    ビジネスプロセスアプリケーションサンプルには、テクノロジープレビューとして提供されている機能が含まれます。テクノロジープレビュー機能は、Red Hat 製品のサービスレベルアグリーメント (SLA) ではサポートされておらず、機能的に完全ではない可能性があるため、実稼働環境での使用は推奨されません。これらの機能は、今後の製品機能への早期アクセスを提供することで、お客様が機能をテストし、開発プロセス中にフィードバックを提供できるようにしています。

  • ケース定義

    ケースは、Business Central のケース定義プロセスデザイナーを使用して作成されます。ケース作成は、ケース管理に基づいて、各ケースに固有のゴールおよびタスクを設定します。ケースフローは、動的タスクまたはプロセスを追加して、実行時に動的に変更できます。

  • データオブジェクト

    データオブジェクトは、作成するルールアセットの構成要素です。データオブジェクトは、プロジェクトで指定したパッケージに Java オブジェクトとして実装されているカスタムのデータタイプです。たとえば、データフィールドの Name、Address、および Date of Birth を使用して、ローン申請ルールに詳細な個人情報を指定できます。このカスタムのデータタイプは、アセットとデシジョンサービスがどのデータに基づいているかを指定します。

  • デシジョンテーブル (スプレッドシート)

    デシジョンテーブルは、スプレッドシートまたは Red Hat Decision Manager ユーザーインターフェースにガイド付きデシジョンテーブルとして保存されるルールの集まりです。外部の XLS ファイルまたは XLSX ファイルにルールを定義したら、Business Central のプロジェクトに、そのファイルをデシジョンテーブルとしてアップロードします。

    重要

    通常は、デシジョンテーブルのスプレッドシートを 1 つだけアップロードする必要があります。これには、Business Central の 1 つのルールパッケージに必要なすべての RuleTable 定義が含まれます。異なるパッケージに複数のデシジョンテーブルのスプレッドシートをアップロードすることはできますが、同じパッケージに複数のスプレッドシートをアップロードすると、RuleSet 属性または RuleTable 属性が競合するコンパイルエラーが発生する可能性があるため、これは推奨されません。

  • DMN

    Decision Model and Notation (DMN) は、ビジネスデシジョンの設計とデシジョン実装の間のギャップを標準的に埋めていきます。Business Central の DMN デザイナーを使用すると、DMN 意思決定要件ダイアグラム (DRD) を設計し、完全で機能的な DMN 意思決定モデルの意思決定論理を定義できます。

  • DRL ファイル

    ルールファイルは一般的に、.drl 拡張子を持つファイルです。DRL ファイルには、複数のルール、クエリー、関数だけでなく、お使いのルールやクエリーが割り当てて、使用する import、global、属性などのリソース宣言が含まれています。ただし、複数のルールファイルでルールを使用することもできます (その場合は、.rule という拡張子が推奨されますが必須ではありません)。ルールを複数のファイルで使用すると、多くのルールを管理しやすくなります。DRL ファイルは単なるテキストファイルです。

  • DSL 定義

    ドメイン固有言語 (または DSL) は、問題があるドメインに対するルール言語を作成するために使用します。DSL 定義のセットは、DSL「センテンス」から DRL コンストラクトへの変換から構成され、基礎となるすべてのルール言語とデシジョンエンジン機能の使用を可能にします。

  • 列挙

    データの列挙は任意のアセットタイプで、ガイド付きデザイナーのドロップダウンリストを提供するように設定できます。これらは他のアセットと同じように保存および編集され、所属するパッケージに適用されます。

  • フォーム

    フォームは、ビジネスプロセスのユーザーデータを集めるのに使用されます。Business Central は、フォームを自動的に生成するオプションを提供しますが、特定のビジネスプロセス要件を満たすように変更できます。

  • グローバル変数

    グローバル変数を使用すると、ルールに利用できるアプリケーションオブジェクトを作成できます。一般的に、グローバル変数は、ルールが使用するデータまたはサービス (特に、ルール結果で使用されるアプリケーションサービス) を提供したり、ルールからデータ (ルール結果で追加されるログや値など) を返したり、ルールがアプリケーションと対話してコールバックを行ったりするために使用されます。

  • ガイド付きデシジョンテーブル

    デシジョンテーブルは、スプレッドシートまたは Red Hat Decision Manager ユーザーインターフェースにガイド付きデシジョンテーブルとして保存されるルールの集まりです。

  • ガイド付きデシジョンテーブルのグラフ

    ガイド付きデシジョンテーブルのグラフは、1 つのデザイナーに表示される関連するガイド付きデシジョンテーブルの集まりです。このデザイナーを使用して、1 つの場所で関連するさまざまなデシジョンテーブルを視覚化し、使用できます。さらに、条件またはアクションが同じデータ型を、別のテーブルの条件またはアクションとしても使用する場合、テーブルは、テーブルのグラフデザイナーの行に物理的にリンクされます。

    たとえば、1 つのデシジョンテーブルがローンの申請料を決定し、別のテーブルがその申請料を使用してその他のアクションを決定する場合、ガイド付きデシジョンテーブルのグラフでは 2 つのデシジョンテーブルがリングされます。

  • ガイド付きルール

    ルールは、デシジョンエンジンが実行するロジックを提供します。ルールには、名前、属性、ルールの左側にある when ステートメント、およびルールの右側にある then ステートメントが含まれます。

  • ガイド付きルールテンプレート

    ガイド付きルールテンプレートは、Drools Rule Language (DRL) に組み込まれ、プロジェクトのデシジョンサービスの中心となる、複数のルールで再利用可能なルール構造を提供します。

  • パッケージ

    すべてのアセットは Business Central のパッケージに含まれます。パッケージはルールのディレクトリー、および「名前空間」となります。

  • Solver の設定

    Solver 設定は Solver デザイナーにより作成され、KJAR のデプロイ後に Execution Solver またはプレーンな Java コードで実行できます。Business Central に Solver 設定を修正および作成できます。

  • テストシナリオ

    Red Hat Process Automation Manager のテストシナリオでは、ルール、モデル、およびイベントの機能を実稼働環境にデプロイする前に検証できます。テストシナリオでは、ファクトまたはプロジェクトモデルのインスタンスと類似する条件のデータを使用します。このデータは指定のルールセットと照合され、想定された結果が実際の結果と一致するとテストに成功します。想定された結果が実際の結果と一致しないと、テストは失敗します。

  • テストシナリオ (レガシー)

    デフォルトのテストシナリオアセットが開発中であるため、Red Hat Process Automation Manager 7.10 には、レガシーのテストシナリオのサポートが含まれています。

  • 作業アイテムの定義

    作業アイテムの定義は、カスタムタスクの表示方法を定義します。たとえば、タスク名、アイコン、パラメーター、その他の属性などです。

第16章 アセットの作成

Business Central プロジェクトに、ビジネスプロセス、ルール、DRL ファイル、その他のアセットを作成できます。

注記

ビジネスプロセスを移行した場合は元に戻すことができません。

手順

  1. Business Central で、MenuDesignProjects に移動して、プロジェクト名をクリックします。たとえば Evaluation です。
  2. Add Asset をクリックし、アセットの種類を選択します。
  3. Create new asset_type ウィンドウに必要な情報を追加して、OK をクリックします。

    図16.1 アセットの定義

    A screenshot of Create new pop-up dialog
注記

プロジェクトを作成していない場合は、プロジェクトを追加するか、サンプルプロジェクトを使用するか、既存のプロジェクトをインポートします。詳細は、『Business Central におけるプロジェクトの管理』を参照してください。

第17章 アセットの名前変更、コピー、または削除

アセットを作成して定義したら、必要に応じて Project ExplorerRepository View を使用して、アセットのコピー、名前変更、削除、またはアーカイブを行います。

手順

  1. Business Central で、MenuDesignProjects に移動して、プロジェクト名をクリックします。
  2. アセット名をクリックし、左上隅の expand proj explorer をクリックして Project Explorer を展開します。
  3. Project Explorer ツールバーで 4766 をクリックし、Repository View を選択してアセットを構成するディレクトリーとファイルを表示します。
  4. 必要に応じて、一覧にあるアセットのコピー、名前変更、削除、またはアーカイブを行う各アセットの横にあるアイコンを使用します。すべてのアセットに利用できないオプションもあります。

    図17.1 アセットのコピー、名前変更、削除、またはアーカイブ

    アセットの名前変更
  5. アセットのコピー、名前変更、削除には、以下のツールバーボタンを使用します。

    図17.2 ツールバーオプション

    ツール

第18章 アセットのメタデーターとバージョン履歴の管理

Business Central の多くのアセットには、アセットに関連付けられたメタデータおよびバージョン情報があり、プロジェクトでのアセットの識別と整理に利用できます。Business Central のアセットデザイナーで、アセットのメタデータおよびバージョン履歴を管理できます。

手順

  1. Business Central で、MenuDesignProjects に移動して、プロジェクト名をクリックします。
  2. 一覧からアセットを選択して、アセットデザイナーを開きます。
  3. アセットデザイナーウィンドウで Overview を選択します。アセットに Overview タブがない場合は、メタデータがそのアセットに関連付けられていません。

    6593
  4. Version History タブまたは Metadata タブを選択して、バージョンおよびメターデータの詳細を編集および更新します。

    メタデータ
    注記

    または、アセットデザイナーの右上の Latest Version をクリックしても、アセットの作業バージョンを更新できます。

    図18.1 アセットの最新バージョン

    アセットの最新バージョンを取得する
  5. Save をクリックして変更を保存します。

第19章 タグによるアセットのフィルタリング

Project Explorer で、各アセットのメタデータにタグを適用し、その後タグでアセットをまとめることができます。この機能を使用すれば、特定のカテゴリーのアセットをすばやく検索できるようになります。

手順

  1. Business Central で、MenuDesignProjects に移動して、プロジェクト名をクリックします。
  2. アセット名をクリックしてアセットエディターを開きます。
  3. アセットエディターウィンドウで、Overview → Metadata に移動します。
  4. Tags フィールドで、新しいタグの名前を入力し、Add new tag(s) をクリックします。空白文字でタグ名を区切り、複数のタグをアセットに割り当てることができます。

    図19.1 タグの作成

    Matadata ビューでのタグの作成

    割り当てたタグは、ボタンとして Tags フィールドの横に表示されます。

    図19.2 メタデータビューのタグ

    Tags created in Metadata View

    タグボタンのゴミ箱アイコンをクリックしてタグを削除します。

    図19.3 メタデータビューでタグの削除

    Deleting tags in Metadata View
  5. Save をクリックして、メタデータ変更を保存します。
  6. 左上隅の expand proj explorer をクリックして Project Explorer を展開します。
  7. Project Explorer ツールバーで 5461 をクリックし、Enable Tag filtering を選択します。

    図19.4 タグフィルタリングの有効化

    Enable Tag Filtering in Customize View

    これにより、Project Explorer に Filter by Tag ドロップダウンメニューが表示されます。

    図19.5 タグによるフィルター

    Enable Tag Filtering in Customize View

    このフィルターでアセットを並べ替え、選択したメタデータタグを含むすべてのアセットおよびサービスタスクを表示します。

第20章 アセットのロック解除

デフォルトでは、Business Central でアセットを開いて修正すると、アセットは自動的にロックされ、マルチユーザー設定で競合しないように排他的に使用されます。セッションが終了した場合や、アセットを保存または閉じない場合は、ロックが自動的に解除されます。このロック機能により、ユーザーが互いに変更を上書きできないようにします。

ただし、別のユーザーがロックしたファイルの編集が必要な場合は、アセットのロックを強制的に解除できます。

手順

  1. Business Central で、MenuDesignProjects に移動して、プロジェクト名をクリックします。
  2. 一覧からアセットを選択して、アセットデザイナーを開きます。
  3. Overview → Metadata に移動し、Lock Status を表示します。

    図20.1 メタデータのロック解除ビュー

    Unlock Metadata View

    アセットが別のユーザーによってすでに編集されている場合は、以下が Lock status フィールドに表示されます。

    Locked by <user_name>

  4. Force unclock asset をクリックして、ロックを解除します。

    以下の確認ポップアップメッセージが表示されます。

    Are you sure you want to release the lock of this asset? This might cause <user_name> to lose unsaved changes!

  5. Yes をクリックして確定します。

    アセットのロックが解除された状態に戻り、ロックアイコンオプションがアセットの横に表示されます。

パート IV. KIE API を使用した Red Hat Process Automation Manager の操作

ビジネスルールの作成者やシステム管理者は、KIE API を使用して Red Hat Process Automation Manager の KIE Server、KIE コンテナー、およびビジネスアセットを操作できます。KIE コンテナーおよびビジネスアセット (ビジネスルール、プロセス、ソルバーなど) には KIE Server REST API と Java クライアント API を、KIE Server テンプレートとインスタンスには Process Automation Manager コントローラー REST API と Java クライアント API を、Business Central 内のスペースとプロジェクトには Knowledge Store REST API を使用して操作します。

KIE Server および Process Automation Manager コントローラー向け REST API エンドポイント

KIE Server および Process Automation Manager コントローラー向け REST API エンドポイント一覧は本書とは別に発行されており、エンドポイントオプションとデータが最新のものに維持されるように、動的にメンテナンスされています。KIE Server および Process Automation Manager コントローラー REST API で可能になることとその使い方については本書を使用し、特定エンドポイントの詳細については別にメンテナンスされている REST API エンドポイント一覧を参照してください。

KIE Server REST API エンドポイントの完全一覧と説明については、以下の関連資料を参照してください。

  • jBPM ドキュメントページ (静的) の Execution Server REST API
  • http://SERVER:PORT/kie-server/docs (動的。稼働中の KIE Server が必要) ページの KIE Server REST API 用 Swagger UI

Process Automation Manager コントローラー REST API エンドポイントの完全一覧と説明は、以下のリソースを参照してください。

  • jBPM ドキュメントページ (静的) の Controller REST API
  • http://SERVER:PORT/CONTROLLER/docs (動的。稼働中の Process Automation Manager コントローラーが必要) ページの Process Automation Manager コントローラー REST API 用 Swagger UI

前提条件

  • Red Hat Process Automation Manager をインストールして実行している。インストールおよび起動オプションは、『Red Hat Process Automation Manager インストールの計画』を参照してください。
  • 以下のロールを持つユーザーで Red Hat Process Automation Manager へのアクセスがある。

    • kie-server: KIE Server API 機能、および Business Central なしでヘッドレス Process Automation Manager コントローラー API 機能にアクセスするため (該当する場合)。
    • rest-all: ビルトインの Process Automation Manager コントローラーおよび Business Central ナレッジストア用の Business Central API 機能にアクセスするため。
    • admin: Red Hat Process Automation Manager への完全な管理者アクセス用。

      各 KIE API ですべてのユーザーロールが必要なわけではありませんが、これらすべてを取得しておくといずれの KIE API にも問題なくアクセスできるようになります。ユーザーロールについての詳細は、『Red Hat Process Automation Manager インストールの計画』を参照してください。

第21章 KIE コンテナーおよびビジネスアセット用の KIE Server REST API

Red Hat Process Automation Manager は KIE Server REST API を提供し、これを使用することで Business Central ユーザーインターフェースを使用せずに Red Hat Process Automation Manager の KIE コンテナーやビジネスアセット (ビジネスルール、プロセス、ソルバーなど) を操作することができます。この API のサポートにより、Red Hat Process Automation Manager のリソースをより効率的に維持でき、Red Hat Process Automation Manager の統合と開発を最適化できるようになります。

KIE Server REST API を使用すると、以下のアクションが可能になります。

  • KIE コンテナーのデプロイまたは破棄
  • KIE コンテナー情報の取得および更新
  • KIE Server ステータスおよび基本的情報の確認
  • ビジネスアセット情報の取得および更新
  • ビジネスアセット (ルールやプロセスなど) の実行

KIE Server REST API 要求には以下のコンポーネントが必要です。

認証

KIE Server REST API は、ユーザーロール kie-server に HTTP の Basic 認証またはトークンベースの認証を必要とします。お使いの Red Hat Process Automation Manager に設定されているユーザーロールを表示するには、~/$SERVER_HOME/standalone/configuration/application-roles.properties~/application-users.properties に移動します。

ユーザーに kie-server ロールを追加するには、~/$SERVER_HOME/bin に移動して以下のコマンドを実行します。

$ ./add-user.sh -a --user <USERNAME> --password <PASSWORD> --role kie-server

ユーザーロールと Red Hat Process Automation Manager のインストールオプションの詳細は、『Red Hat Process Automation Manager インストールの計画』 を参照してください。

HTTP ヘッダー

KIE Server REST API は、API 要求に以下の HTTP ヘッダーを必要とします。

  • Accept: 要求元のクライアントが受け付けるデータ形式:

    • application/json (JSON)
    • application/xml (XML、JAXB または XSTREAM 用)
  • Content-Type: POST または PUT API 要求データ向けのデータ形式:

    • application/json (JSON)
    • application/xml (XML、JAXB または XSTREAM 用)
  • X-KIE-ContentType: application/xml XSTREAM API 要求および応答に必要なヘッダー:

    • XSTREAM
HTTP メソッド

KIE Server REST API は、API 要求に以下の HTTP メソッドを必要とします。

  • GET: 指定したリソースのエンドポイントから指定した情報を取得する
  • POST: リソースまたはリソースインスタンスを更新する
  • PUT: リソースまたはリソースインスタンスを更新もしくは作成する
  • DELETE: リソースまたはリソースインスタンスを削除する
ベース URL
KIE Server REST API 要求のベース URL は http://SERVER:PORT/kie-server/services/rest/ で、たとえば http://localhost:8080/kie-server/services/rest/ となります。
エンドポイント

特定の KIE コンテナーにおける /server/containers/{containerId} など、KIE Server REST API のエンドポイントは、KIE Server REST API ベース URL に追記する URI で、Red Hat Process Automation Manager の対応するリソースやリソースタイプにアクセスするためのものです。

/server/containers/{containerId} エンドポイントの要求 URL 例

http://localhost:8080/kie-server/services/rest/server/containers/MyContainer

要求パラメーターおよび要求データ

多くの KIE Server REST API 要求では、特定リソースの確認またはフィルタリングを行い、特定のアクションを実行するために、要求 URL パスで特定のパラメーターを必要とします。URL パラメーターは、?<PARAM>=<VALUE>&<PARAM>=<VALUE> の形式でエンドポイントに追記します。

GET 要求 URL のパラメーター例

http://localhost:8080/kie-server/services/rest/server/containers?groupId=com.redhat&artifactId=Project1&version=1.0&status=STARTED

HTTP POSTPUT の要求は、さらに要求のボディもしくはデータのあるファイルが必要になる場合があります。

POST 要求 URL と JSON 要求のボディデータの例

http://localhost:8080/kie-server/services/rest/server/containers/MyContainer/release-id

{
  "release-id": {
    "artifact-id": "Project1",
    "group-id": "com.redhat",
    "version": "1.1"
  }
}

21.1. REST クライアントまたは curl ユーティリティーを使用した KIE Server REST API による要求送信

KIE Server REST API を使用すると、Business Central ユーザーインターフェースを使わずに Red Hat Process Automation Manager の KIE コンテナーやビジネスアセット (ビジネスルール、プロセス、ソルバーなど) を操作することができます。KIE Server REST API 要求は、REST クライアントまたは curl ユーティリティーを使用して送信できます。

前提条件

  • KIE Server をインストールし、実行している。
  • kie-server ユーザーロールで KIE Server にアクセスできる。

手順

  1. [GET] /server/containers など、要求の送信先に適した API endpoint を特定し、KIE Server から KIE コンテナーを取得します。
  2. REST クライアントまたは curl ユーティリティーで、/server/containers への GET 要求に以下のコンポーネントを記入します。ご自分のユースケースに合わせて、要求詳細を調整します。

    REST クライアントの場合:

    • Authentication: kie-server ロールを持つ KIE Server ユーザーのユーザー名とパスワードを入力します。
    • HTTP Headers: 以下のヘッダーを設定します。

      • Accept: application/json
    • HTTP method: GET に設定します。
    • URL: KIE Server REST API ベース URL とエンドポイントを入力します。たとえば、http://localhost:8080/kie-server/services/rest/server/containers となります。

    curl ユーティリティーの場合:

    • -u: kie-server ロールを持つ KIE Server ユーザーのユーザー名とパスワードを入力します。
    • -H: 以下のヘッダーを設定します。

      • accept: application/json
    • -X: GET に設定します。
    • URL: KIE Server REST API ベース URL とエンドポイントを入力します。たとえば、http://localhost:8080/kie-server/services/rest/server/containers となります。
    curl -u 'baAdmin:password@1' -H "accept: application/json" -X GET "http://localhost:8080/kie-server/services/rest/server/containers"
  3. 要求を実行し、KIE Server の応答を確認します。

    サーバー応答の例 (JSON):

    {
      "type": "SUCCESS",
      "msg": "List of created containers",
      "result": {
        "kie-containers": {
          "kie-container": [
            {
              "container-id": "itorders_1.0.0-SNAPSHOT",
              "release-id": {
                "group-id": "itorders",
                "artifact-id": "itorders",
                "version": "1.0.0-SNAPSHOT"
              },
              "resolved-release-id": {
                "group-id": "itorders",
                "artifact-id": "itorders",
                "version": "1.0.0-SNAPSHOT"
              },
              "status": "STARTED",
              "scanner": {
                "status": "DISPOSED",
                "poll-interval": null
              },
              "config-items": [],
              "container-alias": "itorders"
            }
          ]
        }
      }
    }
  4. この例では、プロジェクトの group-idartifact-id、および version (GAV) のデータを応答で返されたデプロイ済み KIE コンテナーのいずれかからコピーするか、書き留めます。
  5. REST クライアントまたは curl ユーティリティーで、/server/containers/{containerId} への PUT 要求を以下のコンポーネントで送信し、コピーしたプロジェクトの GAV データで新規 KIE コンテナーをデプロイします。ご自分のユースケースに合わせて、要求詳細を調整します。

    REST クライアントの場合:

    • Authentication: kie-server ロールを持つ KIE Server ユーザーのユーザー名とパスワードを入力します。
    • HTTP Headers: 以下のヘッダーを設定します。

      • Accept: application/json
      • Content-Type: application/json
    • HTTP method: PUT に設定します。
    • URL: KIE Server REST API ベース URL とエンドポイントを入力します。たとえば、http://localhost:8080/kie-server/services/rest/server/containers/MyContainer となります。
    • 要求のボディ: 新規 KIE コンテナー用の設定アイテムのある JSON 要求のボディを追加します。
    {
      "config-items": [
        {
          "itemName": "RuntimeStrategy",
          "itemValue": "SINGLETON",
          "itemType": "java.lang.String"
        },
        {
          "itemName": "MergeMode",
          "itemValue": "MERGE_COLLECTIONS",
          "itemType": "java.lang.String"
        },
        {
          "itemName": "KBase",
          "itemValue": "",
          "itemType": "java.lang.String"
        },
        {
          "itemName": "KSession",
          "itemValue": "",
          "itemType": "java.lang.String"
        }
      ],
      "release-id": {
        "group-id": "itorders",
        "artifact-id": "itorders",
        "version": "1.0.0-SNAPSHOT"
      },
      "scanner": {
        "poll-interval": "5000",
        "status": "STARTED"
      }
    }

    curl ユーティリティーの場合:

    • -u: kie-server ロールを持つ KIE Server ユーザーのユーザー名とパスワードを入力します。
    • -H: 以下のヘッダーを設定します。

      • accept: application/json
      • content-type: application/json
    • -X: PUT に設定します。
    • URL: KIE Server REST API ベース URL とエンドポイントを入力します。たとえば、http://localhost:8080/kie-server/services/rest/server/containers/MyContainer となります。
    • -d: 新規 KIE コンテナー用の設定アイテムのある JSON 要求のボディまたはファイル (@file.json) を追加します。
    curl -u 'baAdmin:password@1' -H "accept: application/json" -H "content-type: application/json" -X PUT "http://localhost:8080/kie-server/services/rest/server/containers/MyContainer" -d "{ \"config-items\": [ { \"itemName\": \"RuntimeStrategy\", \"itemValue\": \"SINGLETON\", \"itemType\": \"java.lang.String\" }, { \"itemName\": \"MergeMode\", \"itemValue\": \"MERGE_COLLECTIONS\", \"itemType\": \"java.lang.String\" }, { \"itemName\": \"KBase\", \"itemValue\": \"\", \"itemType\": \"java.lang.String\" }, { \"itemName\": \"KSession\", \"itemValue\": \"\", \"itemType\": \"java.lang.String\" } ], \"release-id\": { \"group-id\": \"itorders\", \"artifact-id\": \"itorders\", \"version\": \"1.0.0-SNAPSHOT\" }, \"scanner\": { \"poll-interval\": \"5000\", \"status\": \"STARTED\" }}"
    curl -u 'baAdmin:password@1' -H "accept: application/json" -H "content-type: application/json" -X PUT "http://localhost:8080/kie-server/services/rest/server/containers/MyContainer" -d @my-container-configs.json
  6. 要求を実行し、KIE Server の応答を確認します。

    サーバー応答の例 (JSON):

    {
      "type": "SUCCESS",
      "msg": "Container MyContainer successfully deployed with module itorders:itorders:1.0.0-SNAPSHOT.",
      "result": {
        "kie-container": {
          "container-id": "MyContainer",
          "release-id": {
            "group-id": "itorders",
            "artifact-id": "itorders",
            "version": "1.0.0-SNAPSHOT"
          },
          "resolved-release-id": {
            "group-id": "itorders",
            "artifact-id": "itorders",
            "version": "1.0.0-SNAPSHOT"
          },
          "status": "STARTED",
          "scanner": {
            "status": "STARTED",
            "poll-interval": 5000
          },
          "config-items": [],
          "messages": [
            {
              "severity": "INFO",
              "timestamp": {
                "java.util.Date": 1540584717937
              },
              "content": [
                "Container MyContainer successfully created with module itorders:itorders:1.0.0-SNAPSHOT."
              ]
            }
          ],
          "container-alias": null
        }
      }
    }

    要求エラーが発生した場合は、返されたエラーコードメッセージを確認して、それに応じて要求を調整します。

    プロセスインスタンスの REST API 要求

    複雑なデータオブジェクトをプロセスインスタンスのエンドポイント (/server/containers/{containerId}/processes/{processId}/instances) に送信する REST API 要求の場合は、要求ボディーに、完全修飾クラス名 (com.myspace.Person など) または単純なクラス名 (Person など) を含めるようにしてください。Red Hat Process Automation Manager で、正しいビジネスオブジェクトに要求ボディーをマッピングするには、クラス名が必要です。要求からクラス名を除外すると、KIE Server では、想定するタイプにオブジェクトがアンマーシャルされません。

    プロセスインスタンスの要求ボディー (正)

    {
      "id": 4,
      "lease": {
        "com.myspace.restcall.LeaseModel": {
          "annualRent": 109608,
          "isAutoApproved": false
        }
      }
    }

    プロセスインスタンスの要求ボディー (誤)

    {
      "id": 4,
      "lease": {
        "annualRent": 109608,
        "isAutoApproved": false
      }
    }

21.2. Swagger インターフェースを使用した KIE Server REST API による要求送信

KIE Server REST API は Swagger Web インターフェースをサポートします。スタンドアロンの REST クライアントや curl ユーティリティーの代わりのこれを使用すると、Business Central ユーザーインターフェースを使わずに Red Hat Process Automation Manager の KIE コンテナーやビジネスアセット (ビジネスルールやプロセス、ソルバーなど) を操作することができます。

注記

デフォルトでは、org.kie.swagger.server.ext.disabled=false システムプロパティーが指定されており、KIE Server の Swagger Web インターフェースが有効になっています。KIE Server で Swagger Web インターフェースを無効にするには、このシステムプロパティーを true に設定してください。

前提条件

  • KIE Server をインストールし、実行している。
  • kie-server ユーザーロールで KIE Server にアクセスできる。

手順

  1. Web ブラウザーで http://SERVER:PORT/kie-server/docs を開きます。たとえば、http://localhost:8080/kie-server/docs となります。kie-server ロールを持つ KIE Server ユーザーのユーザー名とパスワードでログインします。
  2. Swagger ページで、要求の送信先となる関連 API エンドポイントを選択します。たとえば、KIE Server and KIE containers[GET] /server/containers で KIE コンテナーを KIE Server から取得します。
  3. Try it out をクリックして、結果のフィルタリングに使用する任意のパラメーターを提供します。
  4. Response content type ドロップダウンメニューで、サーバー応答のフォーマットを選択します (例: JSON フォーマットでは application/json)。
  5. Execute をクリックし、KIE Server の応答を確認します。

    サーバー応答の例 (JSON):

    {
      "type": "SUCCESS",
      "msg": "List of created containers",
      "result": {
        "kie-containers": {
          "kie-container": [
            {
              "container-id": "itorders_1.0.0-SNAPSHOT",
              "release-id": {
                "group-id": "itorders",
                "artifact-id": "itorders",
                "version": "1.0.0-SNAPSHOT"
              },
              "resolved-release-id": {
                "group-id": "itorders",
                "artifact-id": "itorders",
                "version": "1.0.0-SNAPSHOT"
              },
              "status": "STARTED",
              "scanner": {
                "status": "DISPOSED",
                "poll-interval": null
              },
              "config-items": [],
              "container-alias": "itorders"
            }
          ]
        }
      }
    }
  6. この例では、プロジェクトの group-idartifact-id、および version (GAV) のデータを応答で返されたデプロイ済み KIE コンテナーのいずれかからコピーするか、書き留めます。
  7. Swagger ページで KIE Server and KIE containers[PUT] /server/containers/{containerId} エンドポイントに移動し、コピーしたプロジェクト GAV データで新規 KIE コンテナーをデプロイするための別の要求を送信します。ご自分のユースケースに合わせて、要求詳細を調整します。
  8. Try it out をクリックして、以下の要求のコンポーネントを入力します。

    • containerId: 新規 KIE コンテナーの ID を入力します (例: MyContainer)。
    • body: Parameter content type を希望の要求のボディ形式 (JSON の場合は application/json など) に設定し、要求のボディに新規 KIE コンテナーの設定アイテムを追加します。
    {
      "config-items": [
        {
          "itemName": "RuntimeStrategy",
          "itemValue": "SINGLETON",
          "itemType": "java.lang.String"
        },
        {
          "itemName": "MergeMode",
          "itemValue": "MERGE_COLLECTIONS",
          "itemType": "java.lang.String"
        },
        {
          "itemName": "KBase",
          "itemValue": "",
          "itemType": "java.lang.String"
        },
        {
          "itemName": "KSession",
          "itemValue": "",
          "itemType": "java.lang.String"
        }
      ],
      "release-id": {
        "group-id": "itorders",
        "artifact-id": "itorders",
        "version": "1.0.0-SNAPSHOT"
      },
      "scanner": {
        "poll-interval": "5000",
        "status": "STARTED"
      }
    }
  9. Response content type ドロップダウンメニューで、サーバー応答のフォーマットを選択します (例: JSON フォーマットでは application/json)。
  10. Execute をクリックし、KIE Server の応答を確認します。

    サーバー応答の例 (JSON):

    {
      "type": "SUCCESS",
      "msg": "Container MyContainer successfully deployed with module itorders:itorders:1.0.0-SNAPSHOT.",
      "result": {
        "kie-container": {
          "container-id": "MyContainer",
          "release-id": {
            "group-id": "itorders",
            "artifact-id": "itorders",
            "version": "1.0.0-SNAPSHOT"
          },
          "resolved-release-id": {
            "group-id": "itorders",
            "artifact-id": "itorders",
            "version": "1.0.0-SNAPSHOT"
          },
          "status": "STARTED",
          "scanner": {
            "status": "STARTED",
            "poll-interval": 5000
          },
          "config-items": [],
          "messages": [
            {
              "severity": "INFO",
              "timestamp": {
                "java.util.Date": 1540584717937
              },
              "content": [
                "Container MyContainer successfully created with module itorders:itorders:1.0.0-SNAPSHOT."
              ]
            }
          ],
          "container-alias": null
        }
      }
    }

    要求エラーが発生した場合は、返されたエラーコードメッセージを確認して、それに応じて要求を調整します。

    プロセスインスタンスの REST API 要求

    複雑なデータオブジェクトをプロセスインスタンスのエンドポイント (/server/containers/{containerId}/processes/{processId}/instances) に送信する REST API 要求の場合は、要求ボディーに、完全修飾クラス名 (com.myspace.Person など) または単純なクラス名 (Person など) を含めるようにしてください。Red Hat Process Automation Manager で、正しいビジネスオブジェクトに要求ボディーをマッピングするには、クラス名が必要です。要求からクラス名を除外すると、KIE Server では、想定するタイプにオブジェクトがアンマーシャルされません。

    プロセスインスタンスの要求ボディー (正)

    {
      "id": 4,
      "lease": {
        "com.myspace.restcall.LeaseModel": {
          "annualRent": 109608,
          "isAutoApproved": false
        }
      }
    }

    プロセスインスタンスの要求ボディー (誤)

    {
      "id": 4,
      "lease": {
        "annualRent": 109608,
        "isAutoApproved": false
      }
    }

21.3. サポート対象の KIE Server REST API エンドポイント

KIe Server REST API は、Red Hat Process Automation Manager で以下のタイプのリソースにエンドポイントを提供します。

  • KIE Server および KIE コンテナー
  • KIE セッションアセット (ランタイムコマンド用)
  • DMN アセット
  • プラニングソルバー
  • プロセス
  • プロセスイメージ
  • プロセスおよびタスクフォーム
  • タスク
  • ケース
  • ドキュメント
  • ジョブ
  • プロセス、タスク、およびケースのクエリー
  • カスタムクエリー

KIE Server REST API のベース URL は http://SERVER:PORT/kie-server/services/rest/ です。ユーザーロール kie-server では、すべての要求で HTTP の Basic 認証またはトークンベースの認証が必要です。

KIE Server REST API エンドポイントの完全一覧と説明については、以下の関連資料を参照してください。

  • jBPM ドキュメントページ (静的) の Execution Server REST API
  • http://SERVER:PORT/kie-server/docs (動的。稼働中の KIE Server が必要) ページの KIE Server REST API 用 Swagger UI

    注記

    デフォルトでは、org.kie.swagger.server.ext.disabled=false システムプロパティーが指定されており、KIE Server の Swagger Web インターフェースが有効になっています。KIE Server で Swagger Web インターフェースを無効にするには、このシステムプロパティーを true に設定してください。

エンドポイント要件

KIe Server REST API エンドポイントには以下の要件があることに注意してください。

  • プロセスイメージ: API がプロセスイメージにアクセスするには、システムプロパティー <storesvgonsave enabled="true"/>$SERVER_HOME/standalone/deployments/business-central.war/org.kie.workbench.KIEWebapp/profiles/jbpm.xml で Red Hat Process Automation Manager プロジェクト用に設定されている必要があります。このプロパティーが設定されていない場合、または false に設定されている場合は、true に設定してKIE Server を再起動し、関連プロセスを変更して保存します。その後、プロジェクトをビルドしてデプロイします。このプロパティーの設定により SVG イメージが保存されるので、KIE Server REST API が取得できるようになります。
  • カスタムクエリー: KIE Server REST API でのカスタムクエリーのなかには、クエリー結果を具体的なオブジェクトにマッピングするためのクエリー mapper 定義が必要なものもあります。独自のクエリ結果マッパーか、Red Hat Process Automation Manager で提供されているマッパーのいずれかを実装することができます。Red Hat Process Automation Manager のクエリマッパーは、テーブルをエントリーにマッピングする、Hibernate などの他のオブジェクト関係マッピング (ORM) プロバイダーと同様のものです。たとえば、org.jbpm.kie.services.impl.query.mapper.ProcessInstanceQueryMapper を使用することが可能です。これはプロセスインスタンスデータを返すためのカスタムクエリーエンドポイントで ProcessInstances としても登録されています。

    ProcessInstances マッパーパラメーターでの POST エンドポイントの例:

    http://localhost:8080/kie-server/services/rest/server/queries/definitions/jbpmProcessInstances?mapper=ProcessInstances

    Red Hat Process Automation Manager で利用可能なクエリーマッパーの一覧については、Red Hat カスタマーポータル から Red Hat Process Automation Manager 7.10 Source Distribution をダウンロードして展開し、~/jbpm-$VERSION/jbpm-services/jbpm-kie-services/src/main/java/org/jbpm/kie/services/impl/query/mapper に移動します。

第22章 KIE コンテナーおよびビジネスアセット用の KIE Server Java クライアント API

Red Hat Process Automation Manager は KIE Server Java クライアント API を提供し、これを使用することで Java クライアントアプリケーションから REST プロトコルを使用して KIE Server に接続できるようになります。KIE Server REST API の代わりに KIE Server Java クライアント API を使用して、Business Central ユーザーインターフェースを使わずに Red Hat Process Automation Manager の KIE コンテナーやビジネスアセット (ビジネスルール、プロセス、ソルバーなど) を操作することができます。この API のサポートにより、Red Hat Process Automation Manager のリソースをより効率的に維持でき、Red Hat Process Automation Manager の統合と開発を最適化できるようになります。

KIE Server Java クライアント API を使用すると、KIE Server REST API でもサポートされている以下のアクションが実行可能になります。

  • KIE コンテナーのデプロイまたは破棄
  • KIE コンテナー情報の取得および更新
  • KIE Server ステータスおよび基本的情報の確認
  • ビジネスアセット情報の取得および更新
  • ビジネスアセット (ルールやプロセスなど) の実行

KIE Server Java クライアント API 要求には以下のコンポーネントが必要です。

認証

KIE Server Java クライアント API は、ユーザーロール kie-server に HTTP の Basic 認証を必要とします。お使いの Red Hat Process Automation Manager に設定されているユーザーロールを表示するには、~/$SERVER_HOME/standalone/configuration/application-roles.properties~/application-users.properties に移動します。

ユーザーに kie-server ロールを追加するには、~/$SERVER_HOME/bin に移動して以下のコマンドを実行します。

$ ./add-user.sh -a --user <USERNAME> --password <PASSWORD> --role kie-server

ユーザーロールと Red Hat Process Automation Manager のインストールオプションの詳細は、『Red Hat Process Automation Manager インストールの計画』 を参照してください。

プロジェクトの依存関係

KIE Server Java クライアント API には、Java プロジェクト内の適切なクラスパスに、以下の依存関係が必要です。

<!-- For remote execution on KIE Server -->
<dependency>
  <groupId>org.kie.server</groupId>
  <artifactId>kie-server-client</artifactId>
  <version>${rhpam.version}</version>
</dependency>

<!-- For runtime commands -->
<dependency>
  <groupId>org.drools</groupId>
  <artifactId>drools-compiler</artifactId>
  <scope>runtime</scope>
  <version>${rhpam.version}</version>
</dependency>

<!-- For debug logging (optional) -->
<dependency>
  <groupId>ch.qos.logback</groupId>
  <artifactId>logback-classic</artifactId>
  <version>${logback.version}</version>
</dependency>

Red Hat Process Automation Manager 依存関係の <version> は、プロジェクトで現在使用している Red Hat Process Automation Manager の Maven アーティファクトバージョンです (例: 7.48.0.Final-redhat-00004)。

注記

個別の依存関係に対して Red Hat Process Automation Manager <version> を指定するのではなく、Red Hat Business Automation BOM (bill of materials) の依存関係をプロジェクトの pom.xml ファイルに追加することを検討してください。Red Hat Business Automation BOM は、Red Hat Decision Manager と Red Hat Process Automation Manager の両方に適用されます。BOM ファイルを追加すると、提供される Maven リポジトリーから、推移的依存関係の適切なバージョンがプロジェクトに含められます。

BOM 依存関係の例:

<dependency>
  <groupId>com.redhat.ba</groupId>
  <artifactId>ba-platform-bom</artifactId>
  <version>7.10.0.redhat-00004</version>
  <scope>import</scope>
  <type>pom</type>
</dependency>

Red Hat Business Automation BOM (Bill of Materials) についての詳細情報は、「What is the mapping between RHPAM product and maven library version?」 を参照してください。

クライアント要求の設定

KIE Server Java クライアント API による Java クライアント要求はすべて、少なくとも以下のサーバー通信コンポーネントを定義する必要があります。

  • kie-server ユーザーの認証情報
  • KIE Server の場所 (例: http://localhost:8080/kie-server/services/rest/server)
  • API 要求および応答のマーシャリングフォーマット (JSON、JAXB、または XSTREAM)
  • KieServicesConfiguration オブジェクトおよび KieServicesClient オブジェクト (Java クライアント API を使用してサーバー通信を開始するためのエントリーポイントの役割を果たします)
  • REST プロトコルおよびユーザーアクセスを定義する KieServicesFactory オブジェクト
  • 使用される他のクライアントサービス (RuleServicesClientProcessServicesClientQueryServicesClient など)

以下は、これらのコンポーネントを使用した基本的および高度なクライアント設定の例です。

基本的クライアント設定の例

import org.kie.server.api.marshalling.MarshallingFormat;
import org.kie.server.client.KieServicesClient;
import org.kie.server.client.KieServicesConfiguration;
import org.kie.server.client.KieServicesFactory;

public class MyConfigurationObject {

  private static final String URL = "http://localhost:8080/kie-server/services/rest/server";
  private static final String USER = "baAdmin";
  private static final String PASSWORD = "password@1";

  private static final MarshallingFormat FORMAT = MarshallingFormat.JSON;

  private static KieServicesConfiguration conf;
  private static KieServicesClient kieServicesClient;

  public static void initialize() {
    conf = KieServicesFactory.newRestConfiguration(URL, USER, PASSWORD);

    //If you use custom classes, such as Obj.class, add them to the configuration.
    Set<Class<?>> extraClassList = new HashSet<Class<?>>();
    extraClassList.add(Obj.class);
    conf.addExtraClasses(extraClassList);

    conf.setMarshallingFormat(FORMAT);
    kieServicesClient = KieServicesFactory.newKieServicesClient(conf);
  }
}

追加のクライアントサービスを使用した高度なクライアント設定の例

import org.kie.server.api.marshalling.MarshallingFormat;
import org.kie.server.client.CaseServicesClient;
import org.kie.server.client.DMNServicesClient;
import org.kie.server.client.DocumentServicesClient;
import org.kie.server.client.JobServicesClient;
import org.kie.server.client.KieServicesClient;
import org.kie.server.client.KieServicesConfiguration;
import org.kie.server.client.KieServicesFactory;
import org.kie.server.client.ProcessServicesClient;
import org.kie.server.client.QueryServicesClient;
import org.kie.server.client.RuleServicesClient;
import org.kie.server.client.SolverServicesClient;
import org.kie.server.client.UIServicesClient;
import org.kie.server.client.UserTaskServicesClient;
import org.kie.server.api.model.instance.ProcessInstance;
import org.kie.server.api.model.KieContainerResource;
import org.kie.server.api.model.ReleaseId;

public class MyAdvancedConfigurationObject {

    // REST API base URL, credentials, and marshalling format
    private static final String URL = "http://localhost:8080/kie-server/services/rest/server";
    private static final String USER = "baAdmin";
    private static final String PASSWORD = "password@1";;

    private static final MarshallingFormat FORMAT = MarshallingFormat.JSON;

    private static KieServicesConfiguration conf;

    // KIE client for common operations
    private static KieServicesClient kieServicesClient;

    // Rules client
    private static RuleServicesClient ruleClient;

    // Process automation clients
    private static CaseServicesClient caseClient;
    private static DocumentServicesClient documentClient;
    private static JobServicesClient jobClient;
    private static ProcessServicesClient processClient;
    private static QueryServicesClient queryClient;
    private static UIServicesClient uiClient;
    private static UserTaskServicesClient userTaskClient;

    // DMN client
    private static DMNServicesClient dmnClient;

    // Planning client
    private static SolverServicesClient solverClient;

    public static void main(String[] args) {
        initializeKieServerClient();
        initializeDroolsServiceClients();
        initializeJbpmServiceClients();
        initializeSolverServiceClients();
    }

    public static void initializeKieServerClient() {
        conf = KieServicesFactory.newRestConfiguration(URL, USER, PASSWORD);
        conf.setMarshallingFormat(FORMAT);
        kieServicesClient = KieServicesFactory.newKieServicesClient(conf);
    }

    public static void initializeDroolsServiceClients() {
        ruleClient = kieServicesClient.getServicesClient(RuleServicesClient.class);
        dmnClient = kieServicesClient.getServicesClient(DMNServicesClient.class);
    }

    public static void initializeJbpmServiceClients() {
        caseClient = kieServicesClient.getServicesClient(CaseServicesClient.class);
        documentClient = kieServicesClient.getServicesClient(DocumentServicesClient.class);
        jobClient = kieServicesClient.getServicesClient(JobServicesClient.class);
        processClient = kieServicesClient.getServicesClient(ProcessServicesClient.class);
        queryClient = kieServicesClient.getServicesClient(QueryServicesClient.class);
        uiClient = kieServicesClient.getServicesClient(UIServicesClient.class);
        userTaskClient = kieServicesClient.getServicesClient(UserTaskServicesClient.class);
    }

    public static void initializeSolverServiceClients() {
        solverClient = kieServicesClient.getServicesClient(SolverServicesClient.class);
    }
}

22.1. KIE Server Java クライアント API を使用した要求送信

KIE Server Java クライアント API を使用すると、Java クライアントアプリケーションから REST プロトコルを使用して KIE Server に接続できるようになります。KIE Server REST API の代わりに KIE Server Java クライアント API を使用して、Business Central ユーザーインターフェースを使わずに Red Hat Process Automation Manager の KIE コンテナーやビジネスアセット (ビジネスルール、プロセス、ソルバーなど) を操作することができます。

前提条件

  • KIE Server をインストールし、実行している。
  • kie-server ユーザーロールで KIE Server にアクセスできる。
  • Red Hat Process Automation Manager リソースを使った Java プロジェクトがある。

手順

  1. クライアントアプリケーションで、Java プロジェクトの関連クラスパスに以下の依存関係が追加されていることを確認します。

    <!-- For remote execution on KIE Server -->
    <dependency>
      <groupId>org.kie.server</groupId>
      <artifactId>kie-server-client</artifactId>
      <version>${rhpam.version}</version>
    </dependency>
    
    <!-- For runtime commands -->
    <dependency>
      <groupId>org.drools</groupId>
      <artifactId>drools-compiler</artifactId>
      <scope>runtime</scope>
      <version>${rhpam.version}</version>
    </dependency>
    
    <!-- For debug logging (optional) -->
    <dependency>
      <groupId>ch.qos.logback</groupId>
      <artifactId>logback-classic</artifactId>
      <version>${logback.version}</version>
    </dependency>
  2. Red Hat カスタマーポータル から Red Hat Process Automation Manager 7.10.0 Source Distribution をダウンロードし、~/rhpam-7.10.0-sources/src/droolsjbpm-integration-$VERSION/kie-server-parent/kie-server-remote/kie-server-client/src/main/java/org/kie/server/client に移動して KIE Server Java クライアントにアクセスします。
  3. ~/kie/server/client ディレクトリーで、KIE Server の KIE コンテナーや他のアセット用のクライアントサービスにアクセスするために、KieServicesClient などの送信する要求用の関連 Java クライアントを特定します。
  4. クライアントアプリケーションで、API 要求用の .java クラスを作成します。クラスには、KIE Server の場所とユーザー認証情報、KieServicesClient オブジェクト、KieServicesClient クライアントからの createContainerdisposeContainer などの実行するクライアントメソッドを含める必要があります。ご自分のユースケースに合わせて、設定詳細を調整します。

    コンテナーの作成および破棄

    import org.kie.server.api.marshalling.MarshallingFormat;
    import org.kie.server.client.KieServicesClient;
    import org.kie.server.client.KieServicesConfiguration;
    import org.kie.server.client.KieServicesFactory;
    import org.kie.server.api.model.KieContainerResource;
    import org.kie.server.api.model.ServiceResponse;
    
    public class MyConfigurationObject {
    
      private static final String URL = "http://localhost:8080/kie-server/services/rest/server";
      private static final String USER = "baAdmin";
      private static final String PASSWORD = "password@1";
    
      private static final MarshallingFormat FORMAT = MarshallingFormat.JSON;
    
      private static KieServicesConfiguration conf;
      private static KieServicesClient kieServicesClient;
    
      public static void initialize() {
        conf = KieServicesFactory.newRestConfiguration(URL, USER, PASSWORD);
    
      public void disposeAndCreateContainer() {
          System.out.println("== Disposing and creating containers ==");
    
          // Retrieve list of KIE containers
          List<KieContainerResource> kieContainers = kieServicesClient.listContainers().getResult().getContainers();
          if (kieContainers.size() == 0) {
              System.out.println("No containers available...");
              return;
          }
    
          // Dispose KIE container
          KieContainerResource container = kieContainers.get(0);
          String containerId = container.getContainerId();
          ServiceResponse<Void> responseDispose = kieServicesClient.disposeContainer(containerId);
          if (responseDispose.getType() == ResponseType.FAILURE) {
              System.out.println("Error disposing " + containerId + ". Message: ");
              System.out.println(responseDispose.getMsg());
              return;
          }
          System.out.println("Success Disposing container " + containerId);
          System.out.println("Trying to recreate the container...");
    
          // Re-create KIE container
          ServiceResponse<KieContainerResource> createResponse = kieServicesClient.createContainer(containerId, container);
          if(createResponse.getType() == ResponseType.FAILURE) {
              System.out.println("Error creating " + containerId + ". Message: ");
              System.out.println(responseDispose.getMsg());
              return;
          }
          System.out.println("Container recreated with success!");
          }
      }
    }

    org.kie.server.api.model.ServiceResponse<T> オブジェクトを使用してサービス応答を定義します。ここでの T は、返される応答のタイプを表します。ServiceResponse オブジェクトには以下の属性があります。

    • String message: 応答メッセージを返します。
    • ResponseType type: SUCCESS または FAILURE を返します。
    • T result: 要求されたオブジェクトを返します。

    この例では、コンテナーを破棄すると、ServiceResponseVoid 応答を返します。コンテナーを作成すると、ServiceResponseKieContainerResource オブジェクトを返します。

    注記

    クライアントとクラスター環境内の特定の KIE Server コンテナーとの対話は、一意の conversationID でセキュリティーが保たれます。conversationIDX-KIE-ConversationId REST ヘッダーを使用して送信されます。コンテナーを更新する場合は、以前の conversationID の設定を解除します。KieServiesClient.completeConversation() を使用して Java API の conversationID を設定解除します。

  5. 設定済みの .java クラスをプロジェクトディレクトリーから実行して、要求を出し、KIE Server の応答を確認します。

    デバッグのロギングが有効になっている場合は、JSON などの設定済みマーシャリングフォーマットに従って、KIE Server が詳細を返します。

    新規 KIE コンテナーのサーバー応答の例 (ログ):

    10:23:35.194 [main] INFO  o.k.s.a.m.MarshallerFactory - Marshaller extensions init
    10:23:35.396 [main] DEBUG o.k.s.client.balancer.LoadBalancer - Load balancer RoundRobinBalancerStrategy{availableEndpoints=[http://localhost:8080/kie-server/services/rest/server]} selected url 'http://localhost:8080/kie-server/services/rest/server'
    10:23:35.398 [main] DEBUG o.k.s.c.i.AbstractKieServicesClientImpl - About to send GET request to 'http://localhost:8080/kie-server/services/rest/server'
    10:23:35.440 [main] DEBUG o.k.s.c.i.AbstractKieServicesClientImpl - About to deserialize content:
     '{
      "type" : "SUCCESS",
      "msg" : "Kie Server info",
      "result" : {
        "kie-server-info" : {
          "id" : "default-kieserver",
          "version" : "7.11.0.Final-redhat-00003",
          "name" : "default-kieserver",
          "location" : "http://localhost:8080/kie-server/services/rest/server",
          "capabilities" : [ "KieServer", "BRM", "BPM", "CaseMgmt", "BPM-UI", "BRP", "DMN", "Swagger" ],
          "messages" : [ {
            "severity" : "INFO",
            "timestamp" : {
      "java.util.Date" : 1540814906533
    },
            "content" : [ "Server KieServerInfo{serverId='default-kieserver', version='7.11.0.Final-redhat-00003', name='default-kieserver', location='http://localhost:8080/kie-server/services/rest/server', capabilities=[KieServer, BRM, BPM, CaseMgmt, BPM-UI, BRP, DMN, Swagger], messages=null}started successfully at Mon Oct 29 08:08:26 EDT 2018" ]
          } ]
        }
      }
    }'
     into type: 'class org.kie.server.api.model.ServiceResponse'
    10:23:35.653 [main] DEBUG o.k.s.c.impl.KieServicesClientImpl - KieServicesClient connected to: default-kieserver version 7.11.0.Final-redhat-00003
    10:23:35.653 [main] DEBUG o.k.s.c.impl.KieServicesClientImpl - Supported capabilities by the server: [KieServer, BRM, BPM, CaseMgmt, BPM-UI, BRP, DMN, Swagger]
    10:23:35.653 [main] DEBUG o.k.s.c.impl.KieServicesClientImpl - Building services client for server capability KieServer
    10:23:35.653 [main] DEBUG o.k.s.c.impl.KieServicesClientImpl - No builder found for 'KieServer' capability
    10:23:35.654 [main] DEBUG o.k.s.c.impl.KieServicesClientImpl - Building services client for server capability BRM
    10:23:35.654 [main] DEBUG o.k.s.c.impl.KieServicesClientImpl - Builder 'org.kie.server.client.helper.DroolsServicesClientBuilder@6b927fb' for capability 'BRM'
    10:23:35.655 [main] DEBUG o.k.s.c.impl.KieServicesClientImpl - Capability implemented by {interface org.kie.server.client.RuleServicesClient=org.kie.server.client.impl.RuleServicesClientImpl@4a94ee4}
    10:23:35.655 [main] DEBUG o.k.s.c.impl.KieServicesClientImpl - Building services client for server capability BPM
    10:23:35.656 [main] DEBUG o.k.s.c.impl.KieServicesClientImpl - Builder 'org.kie.server.client.helper.JBPMServicesClientBuilder@4cc451f2' for capability 'BPM'
    10:23:35.672 [main] DEBUG o.k.s.c.impl.KieServicesClientImpl - Capability implemented by {interface org.kie.server.client.JobServicesClient=org.kie.server.client.impl.JobServicesClientImpl@1189dd52, interface org.kie.server.client.admin.ProcessAdminServicesClient=org.kie.server.client.admin.impl.ProcessAdminServicesClientImpl@36bc55de, interface org.kie.server.client.DocumentServicesClient=org.kie.server.client.impl.DocumentServicesClientImpl@564fabc8, interface org.kie.server.client.admin.UserTaskAdminServicesClient=org.kie.server.client.admin.impl.UserTaskAdminServicesClientImpl@16d04d3d, interface org.kie.server.client.QueryServicesClient=org.kie.server.client.impl.QueryServicesClientImpl@49ec71f8, interface org.kie.server.client.ProcessServicesClient=org.kie.server.client.impl.ProcessServicesClientImpl@1d2adfbe, interface org.kie.server.client.UserTaskServicesClient=org.kie.server.client.impl.UserTaskServicesClientImpl@36902638}
    10:23:35.672 [main] DEBUG o.k.s.c.impl.KieServicesClientImpl - Building services client for server capability CaseMgmt
    10:23:35.672 [main] DEBUG o.k.s.c.impl.KieServicesClientImpl - Builder 'org.kie.server.client.helper.CaseServicesClientBuilder@223d2c72' for capability 'CaseMgmt'
    10:23:35.676 [main] DEBUG o.k.s.c.impl.KieServicesClientImpl - Capability implemented by {interface org.kie.server.client.admin.CaseAdminServicesClient=org.kie.server.client.admin.impl.CaseAdminServicesClientImpl@2b662a77, interface org.kie.server.client.CaseServicesClient=org.kie.server.client.impl.CaseServicesClientImpl@7f0eb4b4}
    10:23:35.676 [main] DEBUG o.k.s.c.impl.KieServicesClientImpl - Building services client for server capability BPM-UI
    10:23:35.676 [main] DEBUG o.k.s.c.impl.KieServicesClientImpl - Builder 'org.kie.server.client.helper.JBPMUIServicesClientBuilder@5c33f1a9' for capability 'BPM-UI'
    10:23:35.677 [main] DEBUG o.k.s.c.impl.KieServicesClientImpl - Capability implemented by {interface org.kie.server.client.UIServicesClient=org.kie.server.client.impl.UIServicesClientImpl@223191a6}
    10:23:35.678 [main] DEBUG o.k.s.c.impl.KieServicesClientImpl - Building services client for server capability BRP
    10:23:35.678 [main] DEBUG o.k.s.c.impl.KieServicesClientImpl - Builder 'org.kie.server.client.helper.OptaplannerServicesClientBuilder@49139829' for capability 'BRP'
    10:23:35.679 [main] DEBUG o.k.s.c.impl.KieServicesClientImpl - Capability implemented by {interface org.kie.server.client.SolverServicesClient=org.kie.server.client.impl.SolverServicesClientImpl@77fbd92c}
    10:23:35.679 [main] DEBUG o.k.s.c.impl.KieServicesClientImpl - Building services client for server capability DMN
    10:23:35.679 [main] DEBUG o.k.s.c.impl.KieServicesClientImpl - Builder 'org.kie.server.client.helper.DMNServicesClientBuilder@67c27493' for capability 'DMN'
    10:23:35.680 [main] DEBUG o.k.s.c.impl.KieServicesClientImpl - Capability implemented by {interface org.kie.server.client.DMNServicesClient=org.kie.server.client.impl.DMNServicesClientImpl@35e2d654}
    10:23:35.680 [main] DEBUG o.k.s.c.impl.KieServicesClientImpl - Building services client for server capability Swagger
    10:23:35.680 [main] DEBUG o.k.s.c.impl.KieServicesClientImpl - No builder found for 'Swagger' capability
    10:23:35.681 [main] DEBUG o.k.s.client.balancer.LoadBalancer - Load balancer RoundRobinBalancerStrategy{availableEndpoints=[http://localhost:8080/kie-server/services/rest/server]} selected url 'http://localhost:8080/kie-server/services/rest/server'
    10:23:35.701 [main] DEBUG o.k.s.c.i.AbstractKieServicesClientImpl - About to send PUT request to 'http://localhost:8080/kie-server/services/rest/server/containers/employee-rostering3' with payload '{
      "container-id" : null,
      "release-id" : {
        "group-id" : "employeerostering",
        "artifact-id" : "employeerostering",
        "version" : "1.0.0-SNAPSHOT"
      },
      "resolved-release-id" : null,
      "status" : null,
      "scanner" : null,
      "config-items" : [ ],
      "messages" : [ ],
      "container-alias" : null
    }'
    10:23:38.071 [main] DEBUG o.k.s.c.i.AbstractKieServicesClientImpl - About to deserialize content:
     '{
      "type" : "SUCCESS",
      "msg" : "Container employee-rostering3 successfully deployed with module employeerostering:employeerostering:1.0.0-SNAPSHOT.",
      "result" : {
        "kie-container" : {
          "container-id" : "employee-rostering3",
          "release-id" : {
            "group-id" : "employeerostering",
            "artifact-id" : "employeerostering",
            "version" : "1.0.0-SNAPSHOT"
          },
          "resolved-release-id" : {
            "group-id" : "employeerostering",
            "artifact-id" : "employeerostering",
            "version" : "1.0.0-SNAPSHOT"
          },
          "status" : "STARTED",
          "scanner" : {
            "status" : "DISPOSED",
            "poll-interval" : null
          },
          "config-items" : [ ],
          "messages" : [ {
            "severity" : "INFO",
            "timestamp" : {
      "java.util.Date" : 1540909418069
    },
            "content" : [ "Container employee-rostering3 successfully created with module employeerostering:employeerostering:1.0.0-SNAPSHOT." ]
          } ],
          "container-alias" : null
        }
      }
    }'
     into type: 'class org.kie.server.api.model.ServiceResponse'

    エラーが発生した場合は、返されたエラーメッセージを確認して、それに応じて Java 設定を調整します。

22.2. サポート対象の KIE Server Java クライアント

以下は、Red Hat Process Automation Manager の org.kie.server.client パッケージで利用可能な Java クライアントサービスの一部です。これらのサービスを使用して、KIE Server REST API と同様に KIE Server の関連リソースを操作できます。

  • KieServicesClient: 他の KIE Server Java クライアントのエントリーポイントとして使用し、KIE コンテナーを操作します。
  • JobServicesClient: ジョブ要求のスケジュール、キャンセル、再度のキュー入れ、および取得を行うために使用されます。
  • RuleServicesClient: ルール関連の操作を実行するためにサーバーにコマンドを送信するために使用されます (ルールの実行、KIE セッションへのオブジェクト挿入など)。
  • SolverServicesClient: ソルバーステータスや最適解の取得、またはソルバーの破棄など、Red Hat Business Optimizer のすべての操作を実行するために使用されます。
  • ProcessServicesClient: プロセスまたは作業アイテムの開始、シグナル送信、および停止を行うために使用されます。
  • QueryServicesClient: プロセス、プロセスノード、およびプロセス変数のクエリーを行うために使用されます。
  • UserTaskServicesClient: (タスクの起動、要求、キャンセルなど) ユーザータスクに関する全操作を実行し、(プロセスインスタンス ID ごと、ユーザーごとなどの) 指定したフィールドでタスクをクエリーするために使用されます。
  • UIServicesClient: フォーム (XML または JSON) およびプロセスイメージ (SVG) の文字列表現を取得するのに使用されます。
  • ProcessAdminServicesClient: (~/org/kie/server/client/admin にある) プロセスインスタンスを使用するオペレーションにインターフェースを提供します。
  • UserTaskAdminServicesClient: (~/org/kie/server/client/admin にある) ユーザータスクを使用する操作にインターフェースを提供します。

getServicesClient メソッドは、これらのクライアントのいずれかへのアクセスを提供します。

RuleServicesClient rulesClient = kieServicesClient.getServicesClient(RuleServicesClient.class);

利用可能な KIE Server Java クライアントの完全一覧については、Red Hat カスタマーポータル から Red Hat Process Automation Manager 7.10.0 Source Distribution をダウンロードして、~/rhpam-7.10.0-sources/src/droolsjbpm-integration-$VERSION/kie-server-parent/kie-server-remote/kie-server-client/src/main/java/org/kie/server/client に移動してください。

22.3. KIE Server Java クライアント API を使用した要求の例

以下は、KIE Server と基本的な対話を行うための KIE Server Java クライアント API 要求の例です。利用可能な KIE Server Java クライアントの完全一覧については、Red Hat カスタマーポータル から Red Hat Process Automation Manager 7.10.0 Source Distribution をダウンロードして、~/rhpam-7.10.0-sources/src/droolsjbpm-integration-$VERSION/kie-server-parent/kie-server-remote/kie-server-client/src/main/java/org/kie/server/client に移動してください。

KIE Server の機能一覧

org.kie.server.api.model.KieServerInfo オブジェクトを使用すると、サーバー機能を特定できます。KieServicesClient クライアントが適切にサービスクライアントを生成するには、サーバー機能の情報が必要です。このケーパビリティーは KieServicesConfiguration でグローバルに指定することができます。指定しない場合は、KIE Server から自動的に取得します。

KIE Server ケーパビリティーを返す要求の例

public void listCapabilities() {

  KieServerInfo serverInfo = kieServicesClient.getServerInfo().getResult();
  System.out.print("Server capabilities:");

  for (String capability : serverInfo.getCapabilities()) {
    System.out.print(" " + capability);
  }

  System.out.println();
}

KIE Server での KIE コンテナーの一覧

KIE コンテナーは org.kie.server.api.model.KieContainerResource オブジェクトで表されます。リソース一覧は、org.kie.server.api.model.KieContainerResourceList オブジェクトで表されます。

KIE Server から KIE コンテナーを返す要求の例

public void listContainers() {
    KieContainerResourceList containersList = kieServicesClient.listContainers().getResult();
    List<KieContainerResource> kieContainers = containersList.getContainers();
    System.out.println("Available containers: ");
    for (KieContainerResource container : kieContainers) {
        System.out.println("\t" + container.getContainerId() + " (" + container.getReleaseId() + ")");
    }
}

org.kie.server.api.model.KieContainerResourceFilter クラスのインスタンスを使用して KIE コンテナーの結果をフィルタリングすることもできます。これは org.kie.server.client.KieServicesClient.listContainers() メソッドに渡されます。

リリース ID とステータスごとの KIE コンテナーを返す要求の例

public void listContainersWithFilter() {

    // Filter containers by releaseId "org.example:container:1.0.0.Final" and status FAILED
    KieContainerResourceFilter filter = new KieContainerResourceFilter.Builder()
            .releaseId("org.example", "container", "1.0.0.Final")
            .status(KieContainerStatus.FAILED)
            .build();

    // Using previously created KieServicesClient
    KieContainerResourceList containersList = kieServicesClient.listContainers(filter).getResult();
    List<KieContainerResource> kieContainers = containersList.getContainers();

    System.out.println("Available containers: ");

    for (KieContainerResource container : kieContainers) {
        System.out.println("\t" + container.getContainerId() + " (" + container.getReleaseId() + ")");
    }
}

KIE Server での KIE コンテナーの作成および破棄

KieServicesClientcreateContainer メソッドおよび disposeContainer メソッドを使用すると、KIE コンテナーの作成と破棄ができます。この例では、コンテナーを破棄すると、ServiceResponseVoid 応答を返します。コンテナーを作成すると、ServiceResponseKieContainerResource オブジェクトを返します。

KIE コンテナーを破棄して再作成する要求の例

public void disposeAndCreateContainer() {
    System.out.println("== Disposing and creating containers ==");

    // Retrieve list of KIE containers
    List<KieContainerResource> kieContainers = kieServicesClient.listContainers().getResult().getContainers();
    if (kieContainers.size() == 0) {
        System.out.println("No containers available...");
        return;
    }

    // Dispose KIE container
    KieContainerResource container = kieContainers.get(0);
    String containerId = container.getContainerId();
    ServiceResponse<Void> responseDispose = kieServicesClient.disposeContainer(containerId);
    if (responseDispose.getType() == ResponseType.FAILURE) {
        System.out.println("Error disposing " + containerId + ". Message: ");
        System.out.println(responseDispose.getMsg());
        return;
    }
    System.out.println("Success Disposing container " + containerId);
    System.out.println("Trying to recreate the container...");

    // Re-create KIE container
    ServiceResponse<KieContainerResource> createResponse = kieServicesClient.createContainer(containerId, container);
    if(createResponse.getType() == ResponseType.FAILURE) {
        System.out.println("Error creating " + containerId + ". Message: ");
        System.out.println(responseDispose.getMsg());
        return;
    }
    System.out.println("Container recreated with success!");
}

KIE Server でのランタイムコマンドの実行

Red Hat Process Automation Manager はランタイムコマンドをサポートしています。これは、KIE セッションでオブジェクトを挿入したり取り消したり、全ルールを実行するなどのアセット関連の操作のために KIE Server に送信するものです。サポートされるランタイムコマンドの全一覧は、Red Hat Process Automation Manager インスタンスの org.drools.core.command.runtime パッケージにあります。

コマンドの挿入には org.kie.api.command.KieCommands クラスを使用し、KieCommands クラスのインスタンス化には org.kie.api.KieServices.get().getCommands() を使用することもできます。複数のコマンドを追加するには、BatchExecutionCommand ラッパーを使用します。

オブジェクトの挿入および全ルール実行の要求の例

import org.kie.api.command.Command;
import org.kie.api.command.KieCommands;
import org.kie.server.api.model.ServiceResponse;
import org.kie.server.client.RuleServicesClient;
import org.kie.server.client.KieServicesClient;
import org.kie.api.KieServices;

import java.util.Arrays;

...

public void executeCommands() {

  String containerId = "hello";
  System.out.println("== Sending commands to the server ==");
  RuleServicesClient rulesClient = kieServicesClient.getServicesClient(RuleServicesClient.class);
  KieCommands commandsFactory = KieServices.Factory.get().getCommands();

  Command<?> insert = commandsFactory.newInsert("Some String OBJ");
  Command<?> fireAllRules = commandsFactory.newFireAllRules();
  Command<?> batchCommand = commandsFactory.newBatchExecution(Arrays.asList(insert, fireAllRules));

  ServiceResponse<String> executeResponse = rulesClient.executeCommands(containerId, batchCommand);

  if(executeResponse.getType() == ResponseType.SUCCESS) {
    System.out.println("Commands executed with success! Response: ");
    System.out.println(executeResponse.getResult());
  } else {
    System.out.println("Error executing rules. Message: ");
    System.out.println(executeResponse.getMsg());
  }
}

注記

クライアントとクラスター環境内の特定の KIE Server コンテナーとの対話は、一意の conversationID でセキュリティーが保たれます。conversationIDX-KIE-ConversationId REST ヘッダーを使用して送信されます。コンテナーを更新する場合は、以前の conversationID の設定を解除します。KieServiesClient.completeConversation() を使用して Java API の conversationID を設定解除します。

KIE コンテナーで利用可能なビジネスプロセスの一覧

QueryServicesClient クライアントを使用すると、利用可能なプロセス定義を一覧表示できます。QueryServicesClient メソッドはページネーションを使用するため、実行するクエリーの他に現在のページと 1 ページごとの結果数を提供する必要があります。この例では、クエリーはページ 0 から始まり、最初の 1000 件の結果を表示します。

KIE Server でのビジネスプロセス一覧要求の例

public void listProcesses() {
    System.out.println("== Listing Business Processes ==");
    QueryServicesClient queryClient = kieServicesClient.getServicesClient(QueryServicesClient.class);
    List<ProcessDefinition> findProcessesByContainerId = queryClient.findProcessesByContainerId("rewards", 0, 1000);
    for (ProcessDefinition def : findProcessesByContainerId) {
        System.out.println(def.getName() + " - " + def.getId() + " v" + def.getVersion());
    }
}

KIE コンテナーでのビジネスプロセスの開始

ProcessServicesClient クライアントを使用してビジネスプロセスを開始します。プロセスに必要なカスタムクラスは addExtraClasses() メソッドを使用してKieServicesConfiguration オブジェクトに追加してください。

ビジネスプロセスを開始する要求の例

import java.util.HashMap;
import java.util.HashSet;
import java.util.Map;
import java.util.Set;

import javax.xml.bind.JAXBContext;
import javax.xml.bind.JAXBException;
import javax.xml.bind.Marshaller;

import org.kie.server.api.marshalling.MarshallingFormat;
import org.kie.server.client.KieServicesClient;
import org.kie.server.client.KieServicesConfiguration;
import org.kie.server.client.KieServicesFactory;
import org.kie.server.client.ProcessServicesClient;
...

public static void startProcess() {

  //Client configuration setup
  KieServicesConfiguration config = KieServicesFactory.newRestConfiguration(SERVER_URL, LOGIN, PASSWORD);

  //Add custom classes, such as Obj.class, to the configuration
  Set<Class<?>> extraClassList = new HashSet<Class<?>>();
  extraClassList.add(Obj.class);
  config.addExtraClasses(extraClassList);
  config.setMarshallingFormat(MarshallingFormat.JSON);

  // ProcessServicesClient setup
  KieServicesClient client = KieServicesFactory.newKieServicesClient(config);
  ProcessServicesClient processServicesClient = client.getServicesClient(ProcessServicesClient.class);

  // Create an instance of the custom class
  Obj obj = new Obj();
  obj.setOk("ok");

  Map<String, Object> variables = new HashMap<String, Object>();
  variables.put("test", obj);

  // Start the process with custom class
  processServicesClient.startProcess(CONTAINER, processId, variables);
}

カスタムクエリーの実行

QueryServicesClient クライアントの QueryDefinition オブジェクトを使用して、KIE Server でカスタムクエリーを登録および実行します。

KIE Server でのカスタムクエリー登録要求および実行要求の例

// Client setup
KieServicesConfiguration conf = KieServicesFactory.newRestConfiguration(SERVER_URL, LOGIN, PASSWORD);
KieServicesClient client = KieServicesFactory.newKieServicesClient(conf);

// Get the QueryServicesClient
QueryServicesClient queryClient = client.getServicesClient(QueryServicesClient.class);

// Build the query
QueryDefinition queryDefinition = QueryDefinition.builder().name(QUERY_NAME)
        .expression("select * from Task t")
        .source("java:jboss/datasources/ExampleDS")
        .target("TASK").build();

// Specify that two queries cannot have the same name
queryClient.unregisterQuery(QUERY_NAME);

// Register the query
queryClient.registerQuery(queryDefinition);

// Execute the query with parameters: query name, mapping type (to map the fields to an object), page number, page size, and return type
List<TaskInstance> query = queryClient.query(QUERY_NAME, QueryServicesClient.QUERY_MAP_TASK, 0, 100, TaskInstance.class);

// Read the result
for (TaskInstance taskInstance : query) {
    System.out.println(taskInstance);
}

この例では、target がクエリーサービスにデフォルトフィルターを適用するように指示しています。別の方法では、フィルターのパラメーターを手動で設定することもできます。Target クラスは以下の値をサポートしています。

public enum Target {
    PROCESS,
    TASK,
    BA_TASK,
    PO_TASK,
    JOBS,
    CUSTOM;
}

第23章 Red Hat Process Automation Manager での KIE Server および KIE コンテナーコマンド

Red Hat Process Automation Manager は、サーバー情報を取得したり、コンテナーの作成や削除など、サーバー関連またはコンテナー関連の操作のために KIE Server に送信するサーバーコマンドをサポートしています。サポートされる KIE Server 設定コマンドの全一覧は、Red Hat Process Automation Manager インスタンスの org.kie.server.api.commands パッケージにあります。

KIE Server REST API では、org.kie.server.api.commands コマンドを http://SERVER:PORT/kie-server/services/rest/server/config への POST 要求のボディとして使用します。KIE Server REST API の使用に関する詳細情報は、21章KIE コンテナーおよびビジネスアセット用の KIE Server REST API を参照してください。

KIE Server Java クライアント API では、親 KieServicesClient Java クライアントで対応するメソッドを Java アプリケーションで埋め込み API 要求として使用します。KIE Server コマンドはすべて Java クライアント API で提供されるメソッドが実行するため、実際の KIE Server コマンドを Java アプリケーションに埋め込む必要はありません。KIE Server Java クライアント API の使用に関する詳細情報は、22章KIE コンテナーおよびビジネスアセット用の KIE Server Java クライアント API を参照してください。

23.1. KIE Server および KIE コンテナーのコマンドサンプル

以下は、KIE Server で KIE Server REST API または Java クライアント API のサーバー関連もしくはコンテナー関連操作に使用可能な KIE Server コマンドのサンプルです。

  • GetServerInfoCommand
  • GetServerStateCommand
  • CreateContainerCommand
  • GetContainerInfoCommand
  • ListContainersCommand
  • CallContainerCommand
  • DisposeContainerCommand
  • GetScannerInfoCommand
  • UpdateScannerCommand
  • UpdateReleaseIdCommand

サポートされる KIE Server 設定および管理コマンドの全一覧は、Red Hat Process Automation Manager インスタンスの org.kie.server.api.commands パッケージにあります。

KIE Server コマンドは個別に実行するか、バッチ REST API 要求またはバッチ Java API 要求として実行することができます。

KIE コンテナー (JSON) を作成、呼び出し、破棄するバッチ REST API 要求

{
  "commands": [
    {
      "create-container": {
        "container": {
          "status": "STARTED",
          "container-id": "command-script-container",
          "release-id": {
            "version": "1.0",
            "group-id": "com.redhat",
            "artifact-id": "Project1"
          }
        }
      }
    },
    {
      "call-container": {
        "payload": "{\n  \"commands\" : [ {\n    \"fire-all-rules\" : {\n      \"max\" : -1,\n      \"out-identifier\" : null\n    }\n  } ]\n}",
        "container-id": "command-script-container"
      }
    },
    {
      "dispose-container": {
        "container-id": "command-script-container"
      }
    }
  ]
}

KIE コンテナーを取得、破棄、再作成するバッチ Java API 要求

public void disposeAndCreateContainer() {
    System.out.println("== Disposing and creating containers ==");

    // Retrieve list of KIE containers
    List<KieContainerResource> kieContainers = kieServicesClient.listContainers().getResult().getContainers();
    if (kieContainers.size() == 0) {
        System.out.println("No containers available...");
        return;
    }

    // Dispose KIE container
    KieContainerResource container = kieContainers.get(0);
    String containerId = container.getContainerId();
    ServiceResponse<Void> responseDispose = kieServicesClient.disposeContainer(containerId);
    if (responseDispose.getType() == ResponseType.FAILURE) {
        System.out.println("Error disposing " + containerId + ". Message: ");
        System.out.println(responseDispose.getMsg());
        return;
    }
    System.out.println("Success Disposing container " + containerId);
    System.out.println("Trying to recreate the container...");

    // Re-create KIE container
    ServiceResponse<KieContainerResource> createResponse = kieServicesClient.createContainer(containerId, container);
    if(createResponse.getType() == ResponseType.FAILURE) {
        System.out.println("Error creating " + containerId + ". Message: ");
        System.out.println(responseDispose.getMsg());
        return;
    }
    System.out.println("Container recreated with success!");
}

本セクションの各コマンドには、KIE Server REST API 用の REST 要求のボディ例 (JSON) と KIE Server Java クライアント API 用の KieServicesClient Java クライアントからの埋め込みメソッド例が含まれています。

GetServerInfoCommand

KIE Server に関する情報を返します。

REST 要求のボディ (JSON) の例

{
  "commands" : [ {
    "get-server-info" : { }
  } ]
}

Java クライアントメソッドの例

KieServerInfo serverInfo = kieServicesClient.getServerInfo();

サーバーの応答例 (JSON)

{
  "response": [
    {
      "type": "SUCCESS",
      "msg": "Kie Server info",
      "result": {
        "kie-server-info": {
          "id": "default-kieserver",
          "version": "7.11.0.Final-redhat-00001",
          "name": "default-kieserver",
          "location": "http://localhost:8080/kie-server/services/rest/server",
          "capabilities": [
            "KieServer",
            "BRM",
            "BPM",
            "CaseMgmt",
            "BPM-UI",
            "BRP",
            "DMN",
            "Swagger"
          ],
          "messages": [
            {
              "severity": "INFO",
              "timestamp": {
                "java.util.Date": 1538502533321
              },
              "content": [
                "Server KieServerInfo{serverId='default-kieserver', version='7.11.0.Final-redhat-00001', name='default-kieserver', location='http://localhost:8080/kie-server/services/rest/server', capabilities=[KieServer, BRM, BPM, CaseMgmt, BPM-UI, BRP, DMN, Swagger], messages=null}started successfully at Tue Oct 02 13:48:53 EDT 2018"
              ]
            }
          ]
        }
      }
    }
  ]
}

GetServerStateCommand

KIE Server の現在の状態と設定に関する情報を返します。

REST 要求のボディ (JSON) の例

{
  "commands" : [ {
    "get-server-state" : { }
  } ]
}

Java クライアントメソッドの例

KieServerStateInfo serverStateInfo = kieServicesClient.getServerState();

サーバーの応答例 (JSON)

{
  "response": [
    {
      "type": "SUCCESS",
      "msg": "Successfully loaded server state for server id default-kieserver",
      "result": {
        "kie-server-state-info": {
          "controller": [
            "http://localhost:8080/business-central/rest/controller"
          ],
          "config": {
            "config-items": [
              {
                "itemName": "org.kie.server.location",
                "itemValue": "http://localhost:8080/kie-server/services/rest/server",
                "itemType": "java.lang.String"
              },
              {
                "itemName": "org.kie.server.controller.user",
                "itemValue": "controllerUser",
                "itemType": "java.lang.String"
              },
              {
                "itemName": "org.kie.server.controller",
                "itemValue": "http://localhost:8080/business-central/rest/controller",
                "itemType": "java.lang.String"
              }
            ]
          },
          "containers": [
            {
              "container-id": "employee-rostering",
              "release-id": {
                "group-id": "employeerostering",
                "artifact-id": "employeerostering",
                "version": "1.0.0-SNAPSHOT"
              },
              "resolved-release-id": null,
              "status": "STARTED",
              "scanner": {
                "status": "STOPPED",
                "poll-interval": null
              },
              "config-items": [
                {
                  "itemName": "KBase",
                  "itemValue": "",
                  "itemType": "BPM"
                },
                {
                  "itemName": "KSession",
                  "itemValue": "",
                  "itemType": "BPM"
                },
                {
                  "itemName": "MergeMode",
                  "itemValue": "MERGE_COLLECTIONS",
                  "itemType": "BPM"
                },
                {
                  "itemName": "RuntimeStrategy",
                  "itemValue": "SINGLETON",
                  "itemType": "BPM"
                }
              ],
              "messages": [],
              "container-alias": "employeerostering"
            }
          ]
        }
      }
    }
  ]
}

CreateContainerCommand

KIE Server の KIE コンテナーを作成します。

表23.1 コマンドの属性

Name説明要件

container

container-idrelease-id データ (グループ ID、アーティファクト ID、バージョン)、status、および新規 KIE コンテナーの他のコンポーネントを含むマップ。

必須

REST 要求のボディ (JSON) の例

{
  "commands" : [ {
    "create-container" : {
      "container" : {
        "status" : null,
        "messages" : [ ],
        "container-id" : "command-script-container",
        "release-id" : {
          "version" : "1.0",
          "group-id" : "com.redhat",
          "artifact-id" : "Project1"
        },
        "config-items" : [ ]
      }
    }
  } ]
}

Java クライアントメソッドの例

ServiceResponse<KieContainerResource> response = kieServicesClient.createContainer("command-script-container", resource);

サーバーの応答例 (JSON)

{
  "response": [
    {
      "type": "SUCCESS",
      "msg": "Container command-script-container successfully deployed with module com.redhat:Project1:1.0.",
      "result": {
        "kie-container": {
          "container-id": "command-script-container",
          "release-id": {
            "version" : "1.0",
            "group-id" : "com.redhat",
            "artifact-id" : "Project1"
          },
          "resolved-release-id": {
            "version" : "1.0",
            "group-id" : "com.redhat",
            "artifact-id" : "Project1"
          },
          "status": "STARTED",
          "scanner": {
            "status": "DISPOSED",
            "poll-interval": null
          },
          "config-items": [],
          "messages": [
            {
              "severity": "INFO",
              "timestamp": {
                "java.util.Date": 1538762455510
              },
              "content": [
                "Container command-script-container successfully created with module com.redhat:Project1:1.0."
              ]
            }
          ],
          "container-alias": null
        }
      }
    }
  ]
}

GetContainerInfoCommand

KIE Server の指定された KIE コンテナーに関する情報を返します。

表23.2 コマンドの属性

Name説明要件

container-id

KIE コンテナーの ID

必須

REST 要求のボディ (JSON) の例

{
  "commands" : [ {
    "get-container-info" : {
      "container-id" : "command-script-container"
    }
  } ]
}

Java クライアントメソッドの例

ServiceResponse<KieContainerResource> response = kieServicesClient.getContainerInfo("command-script-container");

サーバーの応答例 (JSON)

{
  "response": [
    {
      "type": "SUCCESS",
      "msg": "Info for container command-script-container",
      "result": {
        "kie-container": {
          "container-id": "command-script-container",
          "release-id": {
            "group-id": "com.redhat",
            "artifact-id": "Project1",
            "version": "1.0"
          },
          "resolved-release-id": {
            "group-id": "com.redhat",
            "artifact-id": "Project1",
            "version": "1.0"
          },
          "status": "STARTED",
          "scanner": {
            "status": "DISPOSED",
            "poll-interval": null
          },
          "config-items": [

          ],
          "container-alias": null
        }
      }
    }
  ]
}

ListContainersCommand

KIE Server で作成された KIE コンテナー一覧を返します。

表23.3 コマンドの属性

Name説明要件

kie-container-filter

release-id-filtercontainer-status-filter、および結果のフィルタリングに使用する他の KIE コンテナープロパティーを含むオプションのマップ。

任意

REST 要求のボディ (JSON) の例

{
  "commands" : [ {
    "list-containers" : {
      "kie-container-filter" : {
        "release-id-filter" : { },
        "container-status-filter" : {
          "accepted-status" : ["FAILED"]
        }
      }
    }
  } ]
}

Java クライアントメソッドの例

KieContainerResourceFilter filter = new KieContainerResourceFilter.Builder()
        .status(KieContainerStatus.FAILED)
        .build();

KieContainerResourceList containersList = kieServicesClient.listContainers(filter);

サーバーの応答例 (JSON)

{
  "response": [
    {
      "type": "SUCCESS",
      "msg": "List of created containers",
      "result": {
        "kie-containers": {
          "kie-container": [
            {
              "container-id": "command-script-container",
              "release-id": {
                "group-id": "com.redhat",
                "artifact-id": "Project1",
                "version": "1.0"
              },
              "resolved-release-id": {
                "group-id": "com.redhat",
                "artifact-id": "Project1",
                "version": "1.0"
              },
              "status": "STARTED",
              "scanner": {
                "status": "STARTED",
                "poll-interval": 5000
              },
              "config-items": [
                {
                  "itemName": "RuntimeStrategy",
                  "itemValue": "SINGLETON",
                  "itemType": "java.lang.String"
                },
                {
                  "itemName": "MergeMode",
                  "itemValue": "MERGE_COLLECTIONS",
                  "itemType": "java.lang.String"
                },
                {
                  "itemName": "KBase",
                  "itemValue": "",
                  "itemType": "java.lang.String"
                },
                {
                  "itemName": "KSession",
                  "itemValue": "",
                  "itemType": "java.lang.String"
                }
              ],
              "messages": [
                {
                  "severity": "INFO",
                  "timestamp": {
                    "java.util.Date": 1538504619749
                  },
                  "content": [
                    "Container command-script-container successfully created with module com.redhat:Project1:1.0."
                  ]
                }
              ],
              "container-alias": null
            }
          ]
        }
      }
    }
  ]
}

CallContainerCommand

KIE コンテナーを呼び出し、1 つ以上のランタイムコマンドを実行します。Red Hat Process Automation Manager ランタイムコマンドの情報は、24章Red Hat Process Automation Manager のランタイムコマンド を参照してください。

表23.4 コマンドの属性

Name説明要件

container-id

呼び出される KIE コンテナーの ID

必須

payload

KIE コンテナーで実行される BatchExecutionCommand ラッパー内の 1 つ以上のコマンド

必須

REST 要求のボディ (JSON) の例

{
  "commands" : [ {
    "call-container" : {
      "payload" : "{\n  \"lookup\" : \"defaultKieSession\",\n  \"commands\" : [ {\n    \"fire-all-rules\" : {\n      \"max\" : -1,\n      \"out-identifier\" : null\n    }\n  } ]\n}",
      "container-id" : "command-script-container"
    }
  } ]
}

Java クライアントメソッドの例

List<Command<?>> commands = new ArrayList<Command<?>>();
      BatchExecutionCommand batchExecution1 = commandsFactory.newBatchExecution(commands, "defaultKieSession");
      commands.add(commandsFactory.newFireAllRules());

      ServiceResponse<ExecutionResults> response1 = ruleClient.executeCommandsWithResults("command-script-container", batchExecution1);

サーバーの応答例 (JSON)

{
  "response": [
    {
      "type": "SUCCESS",
      "msg": "Container command-script-container successfully called.",
      "result": "{\n  \"results\" : [ ],\n  \"facts\" : [ ]\n}"
    }
  ]
}

DisposeContainerCommand

KIE Server の指定された KIE コンテナーを破棄します。

表23.5 コマンドの属性

Name説明要件

container-id

破棄される KIE コンテナーの ID

必須

REST 要求のボディ (JSON) の例

{
  "commands" : [ {
    "dispose-container" : {
      "container-id" : "command-script-container"
    }
  } ]
}

Java クライアントメソッドの例

ServiceResponse<Void> response = kieServicesClient.disposeContainer("command-script-container");

サーバーの応答例 (JSON)

{
  "response": [
    {
      "type": "SUCCESS",
      "msg": "Container command-script-container successfully disposed.",
      "result": null
    }
  ]
}

GetScannerInfoCommand

該当する場合は、指定された KIE コンテナー内の自動更新に使用される KIE スキャナーに関する情報を返します。

表23.6 コマンドの属性

Name説明要件

container-id

KIE スキャナーを使用する KIE コンテナーの ID

必須

REST 要求のボディ (JSON) の例

{
  "commands" : [ {
    "get-scanner-info" : {
      "container-id" : "command-script-container"
    }
  } ]
}

Java クライアントメソッドの例

ServiceResponse<KieScannerResource> response = kieServicesClient.getScannerInfo("command-script-container");

サーバーの応答例 (JSON)

{
  "response": [
    {
      "type": "SUCCESS",
      "msg": "Scanner info successfully retrieved",
      "result": {
        "kie-scanner": {
          "status": "DISPOSED",
          "poll-interval": null
        }
      }
    }
  ]
}

UpdateScannerCommand

更新済み KIE コンテナーデプロイメントのポーリングを制御する KIE スキャナーを起動または停止します。

注記

ビジネスプロセスと KIE スキャナーを併用しないようにしてください。プロセスで KIE スキャナーを使用すると、予期せぬ更新が発生し、プロセスインスタンスの実行と互換性のない変更が加えられた場合に、長時間実行中のプロセスでエラーが発生する可能性があります。

表23.7 コマンドの属性

Name説明要件

container-id

KIE スキャナーを使用する KIE コンテナーの ID

必須

status

KIE スキャナーに設定するステータス (STARTEDSTOPPED)

必須

poll-interval

ポーリングの時間 (単位: ミリ秒)

スキャナーの起動時にのみ必須

REST 要求のボディ (JSON) の例

{
  "commands" : [ {
    "update-scanner" : {
      "scanner" : {
        "status" : "STARTED",
        "poll-interval" : 10000
      },
      "container-id" : "command-script-container"
    }
  } ]
}

Java クライアントメソッドの例

KieScannerResource scannerResource = new KieScannerResource();
scannerResource.setPollInterval(10000);
scannerResource.setStatus(KieScannerStatus. STARTED);

ServiceResponse<KieScannerResource> response = kieServicesClient.updateScanner("command-script-container", scannerResource);

サーバーの応答例 (JSON)

{
  "response": [
    {
      "type": "SUCCESS",
      "msg": "Kie scanner successfully created.",
      "result": {
        "kie-scanner": {
          "status": "STARTED",
          "poll-interval": 10000
        }
      }
    }
  ]
}

UpdateReleaseIdCommand

指定した KIE コンテナーのリリース ID データ (グループ ID、アーティファクト ID、バージョン) を更新します。

表23.8 コマンドの属性

Name説明要件

container-id

更新される KIE コンテナーの ID

必須

releaseId

KIE コンテナーに適用される更新済み GAV (グループ ID、アーティファクト ID、バージョン) データ

必須

REST 要求のボディ (JSON) の例

{
  "commands" : [ {
    "update-release-id" : {
      "releaseId" : {
        "version" : "1.1",
        "group-id" : "com.redhat",
        "artifact-id" : "Project1"
      },
      "container-id" : "command-script-container"
    }
  } ]
}

Java クライアントメソッドの例

ServiceResponse<ReleaseId> response = kieServicesClient.updateReleaseId("command-script-container", "com.redhat:Project1:1.1");

サーバーの応答例 (JSON)

{
  "response": [
    {
      "type": "SUCCESS",
      "msg": "Release id successfully updated",
      "result": {
        "release-id": {
          "group-id": "com.redhat",
          "artifact-id": "Project1",
          "version": "1.1"
        }
      }
    }
  ]
}

第24章 Red Hat Process Automation Manager のランタイムコマンド

Red Hat Process Automation Manager はランタイムコマンドをサポートしています。これは、KIE セッションで全ルールを実行したり、オブジェクトを挿入したり取り消したりするなどのアセット関連の操作のために KIE Server に送信するものです。サポートされるランタイムコマンドの全一覧は、Red Hat Process Automation Manager インスタンスの org.drools.core.command.runtime パッケージにあります。

KIE Server REST API では、グローバルの org.drools.core.command.runtime コマンドまたはルール固有の org.drools.core.command.runtime.rule コマンドを http://SERVER:PORT/kie-server/services/rest/server/containers/instances/{containerId} への POST 要求のボディとして使用します。KIE Server REST API の使用に関する詳細情報は、21章KIE コンテナーおよびビジネスアセット用の KIE Server REST API を参照してください。

KIE Server Java クライアント API では、関連する Java クライアントの Java アプリケーションにこれらのコマンドを埋め込むことができます。たとえばルール関連のコマンドでは、RuleServicesClient Java クライアントを埋め込むコマンドに使用します。KIE Server Java クライアント API の使用に関する詳細情報は、22章KIE コンテナーおよびビジネスアセット用の KIE Server Java クライアント API を参照してください。

24.1. Red Hat Process Automation Manager のランタイムコマンドのサンプル

以下は、KIE Server で KIE Server REST API または Java クライアント API のアセット関連演算に使用可能なランタイムコマンドのサンプルです。

  • BatchExecutionCommand
  • InsertObjectCommand
  • RetractCommand
  • ModifyCommand
  • GetObjectCommand
  • GetObjectsCommand
  • InsertElementsCommand
  • FireAllRulesCommand
  • StartProcessCommand
  • SignalEventCommand
  • CompleteWorkItemCommand
  • AbortWorkItemCommand
  • QueryCommand
  • SetGlobalCommand
  • GetGlobalCommand

サポートされるランタイムコマンドの全一覧は、Red Hat Process Automation Manager インスタンスの org.drools.core.command.runtime パッケージにあります。

本セクションの各コマンドには、KIE Server REST API 用の REST 要求のボディ例 (JSON) と KIE Server Java クライアント API 用の Java クライアントの埋め込みコマンド例が含まれています。Java の例では、name (文字列) と age (整数) のフィールドがあるオブジェクト org.drools.compiler.test.Person を使用しています。

BatchExecutionCommand

同時に実行する複数のコマンドが含まれています。

表24.1 コマンドの属性

Name説明要件

commands

実行されるコマンド一覧

必須

lookup

コマンドの実行対象である KIE セッション ID を設定します。ステートレス KIE セッションの場合、この属性は必須です。ステートフル KIE セッションの場合この属性は任意で、指定されていないとデフォルトの KIE セッションが使用されます。

ステートレス KIE セッションでは必須、ステートフル KIE セッションでは任意

注記

KIE セッションの ID は、Red Hat Process Automation Manager プロジェクトの kmodule.xml ファイルに含まれます。Business Central で KIE セッション ID を表示するか追加して、lookup コマンド属性と併用するには、Business Central の関連のプロジェクトに移動し、プロジェクトの SettingsKIE basesKIE sessions に移動します。KIE ベースが存在しない場合は、Add KIE baseKIE sessions の順にクリックして、新規の KIE ベースと KIE セッションを定義します。

JSON リクエストボディの例

{
  "lookup": "ksession1",
  "commands": [ {
      "insert": {
        "object": {
          "org.drools.compiler.test.Person": {
            "name": "john",
            "age": 25
          }
        }
      }
    },
    {
      "fire-all-rules": {
        "max": 10,
        "out-identifier": "firedActivations"
      }
    }
  ]
}

Java コマンドの例

BatchExecutionCommand command = new BatchExecutionCommand();
command.setLookup("ksession1");

InsertObjectCommand insertObjectCommand = new InsertObjectCommand(new Person("john", 25));
FireAllRulesCommand fireAllRulesCommand = new FireAllRulesCommand();

command.getCommands().add(insertObjectCommand);
command.getCommands().add(fireAllRulesCommand);

ksession.execute(command);

サーバーの応答例 (JSON)

{
  "response": [
    {
      "type": "SUCCESS",
      "msg": "Container command-script-container successfully called.",
      "result": {
        "execution-results": {
          "results": [
            {
              "value": 0,
              "key": "firedActivations"
            }
          ],
          "facts": []
        }
      }
    }
  ]
}

InsertObjectCommand

KIE セッションにオブジェクトを挿入します。

表24.2 コマンドの属性

Name説明要件

object

挿入するオブジェクト

必須

out-identifier

オブジェクト挿入から作成され、実行結果に追加される FactHandle の ID

任意

return-object

実行結果にオブジェクトを返す必要があるかどうかを決定するブール値 (デフォルト値: true)

任意

entry-point

挿入のエントリーポイント

任意

JSON リクエストボディの例

{
  "commands": [ {
      "insert": {
        "entry-point": "my stream",
        "object": {
          "org.drools.compiler.test.Person": {
            "age": 25,
            "name": "john"
          }
        },
        "out-identifier": "john",
        "return-object": false
      }
    }
  ]
}

Java コマンドの例

Command insertObjectCommand =
  CommandFactory.newInsert(new Person("john", 25), "john", false, null);

ksession.execute(insertObjectCommand);

サーバーの応答例 (JSON)

{
  "response": [
    {
      "type": "SUCCESS",
      "msg": "Container command-script-container successfully called.",
      "result": {
        "execution-results": {
          "results": [],
          "facts": [
            {
              "value": {
                "org.drools.core.common.DefaultFactHandle": {
                  "external-form": "0:4:436792766:-2127720265:4:DEFAULT:NON_TRAIT:java.util.LinkedHashMap"
                }
              },
              "key": "john"
            }
          ]
        }
      }
    }
  ]
}

RetractCommand

KIE セッションからオブジェクトを取り消します。

表24.3 コマンドの属性

Name説明要件

fact-handle

取り消すオブジェクトに関連付けられた FactHandle

必須

JSON リクエストボディの例

{
  "commands": [ {
      "retract": {
        "fact-handle": "0:4:436792766:-2127720265:4:DEFAULT:NON_TRAIT:java.util.LinkedHashMap"
      }
    }
  ]
}

Java コマンドの使用例: FactHandleFromString

RetractCommand retractCommand = new RetractCommand();
retractCommand.setFactHandleFromString("123:234:345:456:567");

Java コマンドの使用例: 挿入されたオブジェクトから FactHandle の使用

RetractCommand retractCommand = new RetractCommand(factHandle);

サーバーの応答例 (JSON)

{
  "response": [
    {
      "type": "SUCCESS",
      "msg": "Container employee-rostering successfully called.",
      "result": {
        "execution-results": {
          "results": [],
          "facts": []
        }
      }
    }
  ]
}

ModifyCommand

KIE セッションに以前に挿入されたオブジェクトを修正します。

表24.4 コマンドの属性

Name説明要件

fact-handle

修正するオブジェクトに関連付けられた FactHandle

必須

setters

オブジェクト修正のセッター一覧

必須

JSON リクエストボディの例

{
  "commands": [ {
      "modify": {
        "fact-handle": "0:4:436792766:-2127720265:4:DEFAULT:NON_TRAIT:java.util.LinkedHashMap",
        "setters": {
          "accessor": "age",
          "value": 25
        }
      }
    }
  ]
}

Java コマンドの例

ModifyCommand modifyCommand = new ModifyCommand(factHandle);

List<Setter> setters = new ArrayList<Setter>();
setters.add(new SetterImpl("age", "25"));

modifyCommand.setSetters(setters);

サーバーの応答例 (JSON)

{
  "response": [
    {
      "type": "SUCCESS",
      "msg": "Container employee-rostering successfully called.",
      "result": {
        "execution-results": {
          "results": [],
          "facts": []
        }
      }
    }
  ]
}

GetObjectCommand

KIE セッションからオブジェクトを取得します。

表24.5 コマンドの属性

Name説明要件

fact-handle

取得するオブジェクトに関連付けられた FactHandle

必須

out-identifier

オブジェクト挿入から作成され、実行結果に追加される FactHandle の ID

任意

JSON リクエストボディの例

{
  "commands": [ {
      "get-object": {
        "fact-handle": "0:4:436792766:-2127720265:4:DEFAULT:NON_TRAIT:java.util.LinkedHashMap",
        "out-identifier": "john"
      }
    }
  ]
}

Java コマンドの例

GetObjectCommand getObjectCommand = new GetObjectCommand();
getObjectCommand.setFactHandleFromString("123:234:345:456:567");
getObjectCommand.setOutIdentifier("john");

サーバーの応答例 (JSON)

{
  "response": [
    {
      "type": "SUCCESS",
      "msg": "Container command-script-container successfully called.",
      "result": {
        "execution-results": {
          "results": [
            {
              "value": null,
              "key": "john"
            }
          ],
          "facts": []
        }
      }
    }
  ]
}

GetObjectsCommand

KIE セッションからすべてのオブジェクトをコレクションとして取得します。

表24.6 コマンドの属性

Name説明要件

object-filter

KIE セッションから返されるオブジェクト用のフィルター

任意

out-identifier

実行結果に使用する識別子

任意

JSON リクエストボディの例

{
  "commands": [ {
      "get-objects": {
        "out-identifier": "objects"
      }
    }
  ]
}

Java コマンドの例

GetObjectsCommand getObjectsCommand = new GetObjectsCommand();
getObjectsCommand.setOutIdentifier("objects");

サーバーの応答例 (JSON)

{
  "response": [
    {
      "type": "SUCCESS",
      "msg": "Container command-script-container successfully called.",
      "result": {
        "execution-results": {
          "results": [
            {
              "value": [
                {
                  "org.apache.xerces.dom.ElementNSImpl": "<?xml version=\"1.0\" encoding=\"UTF-16\"?>\n<object xmlns:xsi=\"http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance\" xsi:type=\"person\"><age>25</age><name>john</name>\n <\/object>"
                },
                {
                  "org.drools.compiler.test.Person": {
                    "name": "john",
                    "age": 25
                  }
                }
              ],
              "key": "objects"
            }
          ],
          "facts": []
        }
      }
    }
  ]
}

InsertElementsCommand

KIE セッションにオブジェクト一覧を挿入します。

表24.7 コマンドの属性

Name説明要件

objects

KIE セッションに挿入するオブジェクト一覧

必須

out-identifier

オブジェクト挿入から作成され、実行結果に追加される FactHandle の ID

任意

return-object

実行結果にオブジェクトを返す必要があるかどうかを決定するブール値。デフォルト値は true です。

任意

entry-point

挿入のエントリーポイント

任意

JSON リクエストボディの例

{
  "commands": [ {
    "insert-elements": {
        "objects": [
            {
                "containedObject": {
                    "@class": "org.drools.compiler.test.Person",
                    "age": 25,
                    "name": "john"
                }
            },
            {
                "containedObject": {
                    "@class": "Person",
                    "age": 35,
                    "name": "sarah"
                }
            }
        ]
    }
  }
]
}

Java コマンドの例

List<Object> objects = new ArrayList<Object>();
objects.add(new Person("john", 25));
objects.add(new Person("sarah", 35));

Command insertElementsCommand = CommandFactory.newInsertElements(objects);

サーバーの応答例 (JSON)

{
  "response": [
    {
      "type": "SUCCESS",
      "msg": "Container command-script-container successfully called.",
      "result": {
        "execution-results": {
          "results": [],
          "facts": [
            {
              "value": {
                "org.drools.core.common.DefaultFactHandle": {
                  "external-form": "0:4:436792766:-2127720265:4:DEFAULT:NON_TRAIT:java.util.LinkedHashMap"
                }
              },
              "key": "john"
            },
            {
              "value": {
                "org.drools.core.common.DefaultFactHandle": {
                  "external-form": "0:4:436792766:-2127720266:4:DEFAULT:NON_TRAIT:java.util.LinkedHashMap"
                }
              },
              "key": "sarah"
            }
          ]
        }
      }
    }
  ]
}

FireAllRulesCommand

KIE セッションですべてのルールを実行します。

表24.8 コマンドの属性

Name説明要件

max

実行するルールの最大数。デフォルト値は -1 で、実行に制限を課しません。

任意

out-identifier

実行結果で、使用されたルール数の取得に使用される ID。

任意

agenda-filter

ルール実行に使用するアジェンダフィルター。

任意

JSON リクエストボディの例

{
  "commands" : [ {
    "fire-all-rules": {
        "max": 10,
        "out-identifier": "firedActivations"
    }
  } ]
}

Java コマンドの例

FireAllRulesCommand fireAllRulesCommand = new FireAllRulesCommand();
fireAllRulesCommand.setMax(10);
fireAllRulesCommand.setOutIdentifier("firedActivations");

サーバーの応答例 (JSON)

{
  "response": [
    {
      "type": "SUCCESS",
      "msg": "Container command-script-container successfully called.",
      "result": {
        "execution-results": {
          "results": [
            {
              "value": 0,
              "key": "firedActivations"
            }
          ],
          "facts": []
        }
      }
    }
  ]
}

StartProcessCommand

プロセス ID を使用してプロセスを開始します。パラメーターと初期データを渡して挿入することもできます。

表24.9 コマンドの属性

Name説明要件

processId

開始するプロセスの ID

必須

parameters

プロセスのスタートアップでパラメーターを渡す Map <String,Object> 引数

任意

data

プロセスのスタートアップ前に KIE セッションに挿入するオブジェクト一覧

任意

JSON リクエストボディの例

{
  "commands": [
    {
      "start-process": {
        "processId": "myProject.myProcess",
        "data": null,
        "parameter": [],
        "out-identifier": null
      }
    }
  ]
}

Java コマンドの例

StartProcessCommand startProcessCommand = new StartProcessCommand();
startProcessCommand.setProcessId("org.drools.task.processOne");

サーバーの応答例 (JSON)

{
  "type": "SUCCESS",
  "msg": "Container stateful-session successfully called.",
  "result": {
    "execution-results": {
      "results": [],
      "facts": []
    }
  }
}

SignalEventCommand

KIE セッションに単一イベントを送信します。

表24.10 コマンドの属性

Name説明要件

event-type

着信イベントのタイプ

必須

process-instance-id

通知されるプロセスインスタンスの ID

任意

event

着信イベントのデータ

任意

JSON リクエストボディの例

{
  "commands": [
    {
      "signal-event": {
        "process-instance-id": 1001,
        "correlation-key": null,
        "event-type": "start",
        "event": {
          "org.kie.server.testing.Person": {
            "fullname": "john",
            "age": 25
          }
        }
      }
    }
  ]
}

Java コマンドの例

SignalEventCommand signalEventCommand = new SignalEventCommand();
signalEventCommand.setProcessInstanceId(1001);
signalEventCommand.setEventType("start");
signalEventCommand.setEvent(new Person("john", 25));

サーバーの応答例 (JSON)

{
  "type": "SUCCESS",
  "msg": "Container stateful-session successfully called.",
  "result": {
    "execution-results": {
      "results": [],
      "facts": []
    }
  }
}

CompleteWorkItemCommand

KIE セッションでワークアイテムを完了します。

表24.11 コマンドの属性

Name説明要件

workItemId

完了するワークアイテムの ID

必須

results

ワークアイテムの結果

任意

JSON リクエストボディの例

{
  "commands": [ {
    "complete-work-item": {
        "id": 1001
    }
  }
]
}

Java コマンドの例

CompleteWorkItemCommand completeWorkItemCommand = new CompleteWorkItemCommand();
completeWorkItemCommand.setWorkItemId(1001);

サーバーの応答例 (JSON)

{
  "response": [
    {
      "type": "SUCCESS",
      "msg": "Container employee-rostering successfully called.",
      "result": {
        "execution-results": {
          "results": [],
          "facts": []
        }
      }
    }
  ]
}

AbortWorkItemCommand

ksession.getWorkItemManager().abortWorkItem(workItemId) と同じ方法で KIE セッションのワークアイテムを中止します。

表24.12 コマンドの属性

Name説明要件

workItemId

中止するワークアイテムの ID

必須

JSON リクエストボディの例

{
  "commands": [ {
      "abort-work-item": {
        "id": 1001
      }
    }
  ]
}

Java コマンドの例

AbortWorkItemCommand abortWorkItemCommand = new AbortWorkItemCommand();
abortWorkItemCommand.setWorkItemId(1001);

サーバーの応答例 (JSON)

{
  "response": [
    {
      "type": "SUCCESS",
      "msg": "Container employee-rostering successfully called.",
      "result": {
        "execution-results": {
          "results": [],
          "facts": []
        }
      }
    }
  ]
}

QueryCommand

KIE ベースで定義されたクエリーを実行します。

表24.13 コマンドの属性

Name説明要件

name

クエリー名。

必須

out-identifier

クエリー結果の ID。クエリー結果を実行結果に追加する際に、この ID を使用します。

任意

arguments

クエリーパラメーターとして渡されるオブジェクト一覧。

任意

JSON リクエストボディの例

{
  "commands": [
    {
      "query": {
        "name": "persons",
        "arguments": [],
        "out-identifier": "persons"
      }
    }
  ]
}

Java コマンドの例

QueryCommand queryCommand = new QueryCommand();
queryCommand.setName("persons");
queryCommand.setOutIdentifier("persons");

サーバーの応答例 (JSON)

{
  "type": "SUCCESS",
  "msg": "Container stateful-session successfully called.",
  "result": {
    "execution-results": {
      "results": [
        {
          "value": {
            "org.drools.core.runtime.rule.impl.FlatQueryResults": {
              "idFactHandleMaps": {
                "type": "LIST",
                "componentType": null,
                "element": [
                  {
                    "type": "MAP",
                    "componentType": null,
                    "element": [
                      {
                        "value": {
                          "org.drools.core.common.DisconnectedFactHandle": {
                            "id": 1,
                            "identityHashCode": 1809949690,
                            "objectHashCode": 1809949690,
                            "recency": 1,
                            "object": {
                              "org.kie.server.testing.Person": {
                                "fullname": "John Doe",
                                "age": 47
                              }
                            },
                            "entryPointId": "DEFAULT",
                            "traitType": "NON_TRAIT",
                            "external-form": "0:1:1809949690:1809949690:1:DEFAULT:NON_TRAIT:org.kie.server.testing.Person"
                          }
                        },
                        "key": "$person"
                      }
                    ]
                  }
                ]
              },
              "idResultMaps": {
                "type": "LIST",
                "componentType": null,
                "element": [
                  {
                    "type": "MAP",
                    "componentType": null,
                    "element": [
                      {
                        "value": {
                          "org.kie.server.testing.Person": {
                            "fullname": "John Doe",
                            "age": 47
                          }
                        },
                        "key": "$person"
                      }
                    ]
                  }
                ]
              },
              "identifiers": {
                "type": "SET",
                "componentType": null,
                "element": [
                  "$person"
                ]
              }
            }
          },
          "key": "persons"
        }
      ],
      "facts": []
    }
  }
}

SetGlobalCommand

オブジェクトをグローバルステートに設定します。

表24.14 コマンドの属性

Name説明要件

identifier

KIE ベースで定義されるグローバル変数の ID

必須

object

グローバル変数に設定されるオブジェクト

任意

out

設定したグローバル変数を実行結果から除外するブール値

任意

out-identifier

グローバル実行結果の ID

任意

JSON リクエストボディの例

{
  "commands": [
    {
      "set-global": {
        "identifier": "helper",
        "object": {
          "org.kie.server.testing.Person": {
            "fullname": "kyle",
            "age": 30
          }
        },
        "out-identifier": "output"
      }
    }
  ]
}

Java コマンドの例

SetGlobalCommand setGlobalCommand = new SetGlobalCommand();
setGlobalCommand.setIdentifier("helper");
setGlobalCommand.setObject(new Person("kyle", 30));
setGlobalCommand.setOut(true);
setGlobalCommand.setOutIdentifier("output");

サーバーの応答例 (JSON)

{
  "type": "SUCCESS",
  "msg": "Container stateful-session successfully called.",
  "result": {
    "execution-results": {
      "results": [
        {
          "value": {
            "org.kie.server.testing.Person": {
              "fullname": "kyle",
              "age": 30
            }
          },
          "key": "output"
        }
      ],
      "facts": []
    }
  }
}

GetGlobalCommand

以前に定義したグローバルオブジェクトを取得します。

表24.15 コマンドの属性

Name説明要件

identifier

KIE ベースで定義されるグローバル変数の ID

必須

out-identifier

実行結果で使用される ID

任意

JSON リクエストボディの例

{
  "commands": [ {
      "get-global": {
        "identifier": "helper",
        "out-identifier": "helperOutput"
      }
    }
  ]
}

Java コマンドの例

GetGlobalCommand getGlobalCommand = new GetGlobalCommand();
getGlobalCommand.setIdentifier("helper");
getGlobalCommand.setOutIdentifier("helperOutput");

サーバーの応答例 (JSON)

{
  "response": [
    {
      "type": "SUCCESS",
      "msg": "Container command-script-container successfully called.",
      "result": {
        "execution-results": {
          "results": [
            {
              "value": null,
              "key": "helperOutput"
            }
          ],
          "facts": []
        }
      }
    }
  ]
}

第25章 KIE Server テンプレートおよびインスタンス用の Process Automation Manager コントローラー REST API

Red Hat Process Automation Manager は Process Automation Manager コントローラー REST API を提供し、これを使用することで Business Central ユーザーインターフェースを使用せずに KIE Server の テンプレート (設定) や KIE Server インスタンス (リモートサーバー)、関連する KIE コンテナー (デプロイメントユニット) を操作することができます。この API のサポートにより、Red Hat Process Automation Manager サーバーおよびリソースをより効率的に維持でき、Red Hat Process Automation Manager の統合と開発を最適化できるようになります。

Process Automation Manager コントローラー REST API を使用すると、以下のアクションが可能になります。

  • KIE Server テンプレート、インスタンス、および関連する KIE コンテナーに関する情報の取得
  • KIE Server テンプレートおよびインスタンスに関連付けられた KIE コンテナーの更新、起動、または停止
  • KIE Server テンプレートの作成、更新、または削除
  • KIE Server インスタンスの作成、更新、または削除

Process Automation Manager コントローラー REST API への要求には、以下のコンポーネントが必要です。

認証

Process Automation Manager コントローラー REST API は、コントローラーのタイプによって、以下のユーザーロールに HTTP の Basic 認証またはトークンベースの認証を必要とします。

  • Business Central をインストールしていて、ビルトインの Process Automation Manager コントローラーを使用する場合は、rest-all のユーザーロール。
  • ヘッドレス Process Automation Manager コントローラーを Business Central とは別にインストールしている場合は、kie-server のユーザーロール。

お使いの Red Hat Process Automation Manager に設定されているユーザーロールを表示するには、~/$SERVER_HOME/standalone/configuration/application-roles.properties~/application-users.properties に移動します。

ユーザーに kie-server ロールか rest-all ロール、もしくはそれら両方を追加するには、~/$SERVER_HOME/bin に移動し、ロールを指定して以下のコマンドを実行します。

$ ./add-user.sh -a --user <USERNAME> --password <PASSWORD> --role kie-server,rest-all

Process Automation Manager コントローラーのアクセスで kie-server または rest-all ユーザーを設定するには、~/$SERVER_HOME/standalone/configuration/standalone-full.xml に移動し、(該当する場合は) org.kie.server プロパティーのコメントを解除して、コントローラーユーザーログイン認証情報とコントローラーの位置を (必要に応じて) 追加します。

<property name="org.kie.server.location" value="http://localhost:8080/kie-server/services/rest/server"/>
<property name="org.kie.server.controller" value="http://localhost:8080/business-central/rest/controller"/>
<property name="org.kie.server.controller.user" value="baAdmin"/>
<property name="org.kie.server.controller.pwd" value="password@1"/>
<property name="org.kie.server.id" value="default-kieserver"/>

ユーザーロールと Red Hat Process Automation Manager のインストールオプションの詳細は、『Red Hat Process Automation Manager インストールの計画』 を参照してください。

HTTP ヘッダー

Process Automation Manager コントローラー REST API は、API 要求に以下の HTTP ヘッダーを必要とします。

  • Accept: 要求元のクライアントが受け付けるデータ形式:

    • application/json (JSON)
    • application/xml (XML、JAXB 用)
  • Content-Type: POST または PUT API 要求データ向けのデータ形式:

    • application/json (JSON)
    • application/xml (XML、JAXB 用)
HTTP メソッド

Process Automation Manager コントローラー REST API は、API 要求に以下の HTTP メソッドをサポートします。

  • GET: 指定したリソースのエンドポイントから指定した情報を取得する
  • POST: リソースまたはリソースインスタンスを更新する
  • PUT: リソースまたはリソースインスタンスを作成する
  • DELETE: リソースまたはリソースインスタンスを削除する
ベース URL
Process Automation Manager コントローラー REST API リクエストのベース URL は http://SERVER:PORT/CONTROLLER/rest/ で、Business Central のビルトイン Process Automation Manager コントローラーを使用している場合は http://localhost:8080/business-central/rest/ のようになります。
エンドポイント

指定した KIE Server テンプレートにおける /controller/management/servers/{serverTemplateId} などの Process Automation Manager コントローラー REST API のエンドポイントは、Process Automation Manager コントローラー REST API のベース URL に追記する URI で、Red Hat Process Automation Manager の対応するサーバーリソースやサーバーリソースのタイプにアクセスするためのものです。

/spaces/{serverTemplateId} エンドポイントの要求 URL 例

http://localhost:8080/business-central/rest/controller/management/servers/default-kieserver

要求パラメーターおよび要求データ

Process Automation Manager コントローラー REST API 要求のなかには、特定リソースを特定またはフィルタリングし、特定のアクションを実行するために、要求 URL パスで特定のパラメーターを必要とします。URL パラメーターは、?<PARAM>=<VALUE>&<PARAM>=<VALUE> の形式でエンドポイントに追記します。

DELETE 要求 URL のパラメーター例

http://localhost:8080/business-central/rest/controller/server/new-kieserver-instance?location=http://localhost:8080/kie-server/services/rest/server

HTTP POSTPUT の要求は、さらに要求のボディもしくはデータのあるファイルが必要になる場合があります。

PUT 要求 URL と JSON 要求のボディデータの例

http://localhost:8080/business-central/rest/controller/management/servers/new-kieserver

{
  "server-id": "new-kieserver",
  "server-name": "new-kieserver",
  "container-specs": [],
  "server-config": {},
  "capabilities": [
    "RULE",
    "PROCESS",
    "PLANNING"
  ]
}

25.1. REST クライアントまたは curl ユーティリティーを使用した Process Automation Manager コントローラー REST API による要求送信

Process Automation Manager コントローラーは REST API を提供し、これを使用することで Business Central ユーザーインターフェースを使わずに KIE Server のテンプレート (設定) や KIE Server インスタンス (リモートサーバー)、関連する KIE コンテナー (デプロイメントユニット) を操作することができます。Process Automation Manager コントローラー REST API リクエストは、REST クライアントや curl ユーティリティーを使って送信することができます。

前提条件

  • KIE Server をインストールし、実行している。
  • Process Automation Manager コントローラーまたはヘッドレス Process Automation Manager コントローラーがインストールされ、実行中である。
  • Business Central をインストールしている場合は Process Automation Manager コントローラーにアクセスする rest-all ユーザーロールがある。もしくは、Business Central とは別にインストールされたヘッドレス Process Automation Manager コントローラーにアクセスする kie-server ユーザーロールがある。

手順

  1. 要求の送信先となる関連する API エンドポイント を特定します。Process Automation Manager コントローラーから KIE Server テンプレートを取得する [GET] /controller/management/servers などです。
  2. REST クライアントまたは curl ユーティリティーで、controller/management/servers への GET 要求に以下のコンポーネントを記入します。ご自分のユースケースに合わせて、要求詳細を調整します。

    REST クライアントの場合:

    • Authentication: rest-all ロールのある Process Automation Manager コントローラーユーザーまたは kie-server ロールを持つヘッドレス Process Automation Manager コントローラーユーザーのユーザー名とパスワードを入力します。
    • HTTP Headers: 以下のヘッダーを設定します。

      • Accept: application/json
    • HTTP method: GET に設定します。
    • URL: Process Automation Manager コントローラー REST API ベース URL とエンドポイントを入力します。たとえば、http://localhost:8080/business-central/rest/controller/management/servers となります。

    curl ユーティリティーの場合:

    • -u: rest-all ロールのある Process Automation Manager コントローラーユーザーまたは kie-server ロールを持つヘッドレス Process Automation Manager コントローラーユーザーのユーザー名およびパスワードを入力します。
    • -H: 以下のヘッダーを設定します。

      • accept: application/json
    • -X: GET に設定します。
    • URL: Process Automation Manager コントローラー REST API ベース URL とエンドポイントを入力します。たとえば、http://localhost:8080/business-central/rest/controller/management/servers となります。
    curl -u 'baAdmin:password@1' -H "accept: application/json" -X GET "http://localhost:8080/business-central/rest/controller/management/servers"
  3. 要求を実行し、Process Automation Manager コントローラーの応答を確認します。

    サーバー応答の例 (JSON):

    {
      "server-template": [
        {
          "server-id": "default-kieserver",
          "server-name": "default-kieserver",
          "container-specs": [
            {
              "container-id": "employeerostering_1.0.0-SNAPSHOT",
              "container-name": "employeerostering",
              "server-template-key": {
                "server-id": "default-kieserver",
                "server-name": "default-kieserver"
              },
              "release-id": {
                "group-id": "employeerostering",
                "artifact-id": "employeerostering",
                "version": "1.0.0-SNAPSHOT"
              },
              "configuration": {
                "RULE": {
                  "org.kie.server.controller.api.model.spec.RuleConfig": {
                    "pollInterval": null,
                    "scannerStatus": "STOPPED"
                  }
                },
                "PROCESS": {
                  "org.kie.server.controller.api.model.spec.ProcessConfig": {
                    "runtimeStrategy": "SINGLETON",
                    "kbase": "",
                    "ksession": "",
                    "mergeMode": "MERGE_COLLECTIONS"
                  }
                }
              },
              "status": "STARTED"
            },
            {
              "container-id": "mortgage-process_1.0.0-SNAPSHOT",
              "container-name": "mortgage-process",
              "server-template-key": {
                "server-id": "default-kieserver",
                "server-name": "default-kieserver"
              },
              "release-id": {
                "group-id": "mortgage-process",
                "artifact-id": "mortgage-process",
                "version": "1.0.0-SNAPSHOT"
              },
              "configuration": {
                "RULE": {
                  "org.kie.server.controller.api.model.spec.RuleConfig": {
                    "pollInterval": null,
                    "scannerStatus": "STOPPED"
                  }
                },
                "PROCESS": {
                  "org.kie.server.controller.api.model.spec.ProcessConfig": {
                    "runtimeStrategy": "PER_PROCESS_INSTANCE",
                    "kbase": "",
                    "ksession": "",
                    "mergeMode": "MERGE_COLLECTIONS"
                  }
                }
              },
              "status": "STARTED"
            }
          ],
          "server-config": {},
          "server-instances": [
            {
              "server-instance-id": "default-kieserver-instance@localhost:8080",
              "server-name": "default-kieserver-instance@localhost:8080",
              "server-template-id": "default-kieserver",
              "server-url": "http://localhost:8080/kie-server/services/rest/server"
            }
          ],
          "capabilities": [
            "RULE",
            "PROCESS",
            "PLANNING"
          ]
        }
      ]
    }
  4. REST クライアントまたは curl ユーティリティーで、/controller/management/servers/{serverTemplateId} への PUT 要求を以下のコンポーネントで送信し、新規の KIE Server テンプレートを作成します。ご自分のユースケースに合わせて、要求詳細を調整します。

    REST クライアントの場合:

    • Authentication: rest-all ロールのある Process Automation Manager コントローラーユーザーまたは kie-server ロールを持つヘッドレス Process Automation Manager コントローラーユーザーのユーザー名とパスワードを入力します。
    • HTTP Headers: 以下のヘッダーを設定します。

      • Accept: application/json
      • Content-Type: application/json
    • HTTP method: PUT に設定します。
    • URL: Process Automation Manager コントローラー REST API ベース URL およびエンドポイントを入力します。たとえば、http://localhost:8080/business-central/rest/controller/management/servers/new-kieserver となります。
    • 要求のボディ: 新規 KIE Server テンプレート用の設定を含めて JSON 要求のボディを追加します。
    {
      "server-id": "new-kieserver",
      "server-name": "new-kieserver",
      "container-specs": [],
      "server-config": {},
      "capabilities": [
        "RULE",
        "PROCESS",
        "PLANNING"
      ]
    }

    curl ユーティリティーの場合:

    • -u: rest-all ロールのある Process Automation Manager コントローラーユーザーまたは kie-server ロールを持つヘッドレス Process Automation Manager コントローラーユーザーのユーザー名およびパスワードを入力します。
    • -H: 以下のヘッダーを設定します。

      • accept: application/json
      • content-type: application/json
    • -X: PUT に設定します。
    • URL: Process Automation Manager コントローラー REST API ベース URL およびエンドポイントを入力します。たとえば、http://localhost:8080/business-central/rest/controller/management/servers/new-kieserver となります。
    • -d: 新規 KIE Server テンプレート用の設定を含めて JSON 要求のボディまたはファイル (@file.json) を追加します。
    curl -u 'baAdmin:password@1' -H "accept: application/json" -H "content-type: application/json" -X PUT "http://localhost:8080/business-central/rest/controller/management/servers/new-kieserver" -d "{ \"server-id\": \"new-kieserver\", \"server-name\": \"new-kieserver\", \"container-specs\": [], \"server-config\": {}, \"capabilities\": [ \"RULE\", \"PROCESS\", \"PLANNING\" ]}"
    curl -u 'baAdmin:password@1' -H "accept: application/json" -H "content-type: application/json" -X PUT "http://localhost:8080/business-central/rest/controller/management/servers/new-kieserver" -d @my-server-template-configs.json
  5. 要求を実行し、Process Automation Manager コントローラーの応答が正常であることを確認します。

    要求エラーが発生した場合は、返されたエラーコードメッセージを確認して、それに応じて要求を調整します。

25.2. Swagger インターフェースを使用した Process Automation Manager コントローラー REST API による要求送信

Process Automation Manager コントローラー REST API は Swagger Web インターフェースをサポートしています。スタンドアロンの REST クライアントや curl ユーティリティーの代わりのこれを使用すると、Business Central ユーザーインターフェースを使わずに KIE Server の テンプレート、インスタンス、関連する KIE コンテナーを Red Hat Process Automation Manager で操作することができます。

注記

デフォルトでは、org.kie.workbench.swagger.disabled=false のシステムプロパティーが指定されており、Process Automation Manager の Swagger Web インターフェースが有効になっています。Process Automation Manager で Swagger Web インターフェースを無効にするには、このシステムプロパティーを true に設定してください。

前提条件

  • Process Automation Manager コントローラーがインストールされ、実行中である。
  • Business Central をインストールしている場合は Process Automation Manager コントローラーにアクセスする rest-all ユーザーロールがある。もしくは、Business Central とは別にインストールされたヘッドレス Process Automation Manager コントローラーにアクセスする kie-server ユーザーロールがある。

手順

  1. Web ブラウザーで http://SERVER:PORT/CONTROLLER/docs に移動します。たとえば、http://localhost:8080/business-central/docs などです。rest-all ロールのある Process Automation Manager コントローラーユーザー、または kie-server ロールを持つヘッドレス Process Automation Manager コントローラーユーザーのユーザー名とパスワードでログインします。

    注記

    Business Central に組み込まれている Process Automation Manager コントローラーを使用している場合、Process Automation Manager コントローラーに関連付けられている Swagger ページは、Business Central REST サービスでは「Business Central API」として特定されます。Business Central なしでヘッドレス Process Automation Manager コントローラーを使用している場合は、ヘッドレス Process Automation Manager コントローラーに関連付けられている Swagger ページは、「Controller API」と特定されます。いずれの場合も、Process Automation Manager コントローラー REST API エンドポイントは、同じです。

  2. Swagger ページで、要求の送信先となる関連 API エンドポイントを選択します。たとえば、Controller :: KIE Server templates and KIE containers[GET] /controller/management/servers で KIE Server テンプレートを Process Automation Manager コントローラーから取得します。
  3. 該当する場合は Try it out をクリックして、結果のフィルタリングに使用する任意のパラメーターを提供します。
  4. Response content type ドロップダウンメニューで、サーバー応答のフォーマットを選択します (例: JSON フォーマットでは application/json)。
  5. Execute をクリックし、KIE Server の応答を確認します。

    サーバー応答の例 (JSON):

    {
      "server-template": [
        {
          "server-id": "default-kieserver",
          "server-name": "default-kieserver",
          "container-specs": [
            {
              "container-id": "employeerostering_1.0.0-SNAPSHOT",
              "container-name": "employeerostering",
              "server-template-key": {
                "server-id": "default-kieserver",
                "server-name": "default-kieserver"
              },
              "release-id": {
                "group-id": "employeerostering",
                "artifact-id": "employeerostering",
                "version": "1.0.0-SNAPSHOT"
              },
              "configuration": {
                "RULE": {
                  "org.kie.server.controller.api.model.spec.RuleConfig": {
                    "pollInterval": null,
                    "scannerStatus": "STOPPED"
                  }
                },
                "PROCESS": {
                  "org.kie.server.controller.api.model.spec.ProcessConfig": {
                    "runtimeStrategy": "SINGLETON",
                    "kbase": "",
                    "ksession": "",
                    "mergeMode": "MERGE_COLLECTIONS"
                  }
                }
              },
              "status": "STARTED"
            },
            {
              "container-id": "mortgage-process_1.0.0-SNAPSHOT",
              "container-name": "mortgage-process",
              "server-template-key": {
                "server-id": "default-kieserver",
                "server-name": "default-kieserver"
              },
              "release-id": {
                "group-id": "mortgage-process",
                "artifact-id": "mortgage-process",
                "version": "1.0.0-SNAPSHOT"
              },
              "configuration": {
                "RULE": {
                  "org.kie.server.controller.api.model.spec.RuleConfig": {
                    "pollInterval": null,
                    "scannerStatus": "STOPPED"
                  }
                },
                "PROCESS": {
                  "org.kie.server.controller.api.model.spec.ProcessConfig": {
                    "runtimeStrategy": "PER_PROCESS_INSTANCE",
                    "kbase": "",
                    "ksession": "",
                    "mergeMode": "MERGE_COLLECTIONS"
                  }
                }
              },
              "status": "STARTED"
            }
          ],
          "server-config": {},
          "server-instances": [
            {
              "server-instance-id": "default-kieserver-instance@localhost:8080",
              "server-name": "default-kieserver-instance@localhost:8080",
              "server-template-id": "default-kieserver",
              "server-url": "http://localhost:8080/kie-server/services/rest/server"
            }
          ],
          "capabilities": [
            "RULE",
            "PROCESS",
            "PLANNING"
          ]
        }
      ]
    }
  6. Swagger ページで Controller :: KIE Server templates and KIE containers[GET] /controller/management/servers/{serverTemplateId} エンドポイントに移動し、新たな KIE Server テンプレートを作成するための別の要求を送信します。ご自分のユースケースに合わせて、要求詳細を調整します。
  7. Try it out をクリックして、以下の要求のコンポーネントを入力します。

    • serverTemplateId: 新規 KIE Server テンプレートの ID を入力します (例: new-kieserver)。
    • body: Parameter content type を任意の要求のボディ形式 (JSON の場合は application/json など) に設定し、要求のボディに新規 KIE Server テンプレートの設定を追加します。
    {
      "server-id": "new-kieserver",
      "server-name": "new-kieserver",
      "container-specs": [],
      "server-config": {},
      "capabilities": [
        "RULE",
        "PROCESS",
        "PLANNING"
      ]
    }
  8. Response content type ドロップダウンメニューで、サーバー応答のフォーマットを選択します (例: JSON フォーマットでは application/json)。
  9. Execute をクリックし、Process Automation Manager コントローラーの応答が正常であることを確認します。

    要求エラーが発生した場合は、返されたエラーコードメッセージを確認して、それに応じて要求を調整します。

25.3. サポート対象の Process Automation Manager コントローラー REST API エンドポイント

Process Automation Manager コントローラー REST API はエンドポイントを提供し、これを使用することで KIE Server の テンプレート (設定) や KIE Server インスタンス (リモートサーバー)、関連する KIE コンテナー (デプロイメントユニット) を操作することができます。Process Automation Manager コントローラー REST API のベース URL は、http://SERVER:PORT/CONTROLLER/rest/ です。Business Central がインストール済みでビルトインの Process Automation Manager コントローラーを使用する場合の rest-all ユーザーロール、もしくは Business Central とは別にヘッドレス Process Automation Manager コントローラーをインストール済みの場合の kie-server ユーザーロールでは、すべてのリクエストでは HTTP Basic 認証もしくはトークンベースの認証が必要です。

Process Automation Manager コントローラー REST API エンドポイントの完全一覧と説明は、以下のリソースを参照してください。

  • jBPM ドキュメントページ (静的) の Controller REST API
  • http://SERVER:PORT/CONTROLLER/docs (動的。稼働中の Process Automation Manager コントローラーが必要) ページの Process Automation Manager コントローラー REST API 用 Swagger UI

    注記

    デフォルトでは、org.kie.workbench.swagger.disabled=false のシステムプロパティーが指定されており、Process Automation Manager の Swagger Web インターフェースが有効になっています。Process Automation Manager で Swagger Web インターフェースを無効にするには、このシステムプロパティーを true に設定してください。

    Business Central に組み込まれている Process Automation Manager コントローラーを使用している場合、Process Automation Manager コントローラーに関連付けられている Swagger ページは、Business Central REST サービスでは「Business Central API」として特定されます。Business Central なしでヘッドレス Process Automation Manager コントローラーを使用している場合は、ヘッドレス Process Automation Manager コントローラーに関連付けられている Swagger ページは、「Controller API」と特定されます。いずれの場合も、Process Automation Manager コントローラー REST API エンドポイントは、同じです。

第26章 KIE Server テンプレートおよびインスタンス用の Process Automation Manager コントローラー Java クライアント API

Red Hat Process Automation Manager は Process Automation Manager コントローラー Java クライアント API を提供し、これを使用することで Java クライアントアプリケーションから REST もしくは WebSocket プロトコルを使用して Process Automation Manager コントローラーに接続できるようになります。Process Automation Manager コントローラー REST API の代わりに Process Automation Manager コントローラー Java クライアント API を使用して、Business Central ユーザーインターフェースを使わずに Red Hat Process Automation Manager で KIE Server テンプレート (設定)、KIE Server のインスタンス (リモートサーバー)、関連する KIE コンテナー (デプロイメントユニット) を操作することができます。この API のサポートにより、Red Hat Process Automation Manager サーバーおよびリソースをより効率的に維持でき、Red Hat Process Automation Manager の統合と開発を最適化できるようになります。

Process Automation Manager コントローラー Java クライアント API を使用すると、Process Automation Manager コントローラー REST API でもサポートされている以下のアクションが実行可能になります。

  • KIE Server テンプレート、インスタンス、および関連する KIE コンテナーに関する情報の取得
  • KIE Server テンプレートおよびインスタンスに関連付けられた KIE コンテナーの更新、起動、または停止
  • KIE Server テンプレートの作成、更新、または削除
  • KIE Server インスタンスの作成、更新、または削除

Process Automation Manager コントローラー Java クライアント API 要求には以下のコンポーネントが必要です。

認証

Process Automation Manager コントローラー Java クライアント API は、コントローラーのタイプによって、以下のユーザーロールに HTTP の Basic 認証を必要とします。

  • Business Central をインストールしていて、ビルトインの Process Automation Manager コントローラーを使用する場合は、rest-all のユーザーロール。
  • ヘッドレス Process Automation Manager コントローラーを Business Central とは別にインストールしている場合は、kie-server のユーザーロール。

お使いの Red Hat Process Automation Manager に設定されているユーザーロールを表示するには、~/$SERVER_HOME/standalone/configuration/application-roles.properties~/application-users.properties に移動します。

ユーザーに kie-server ロールか rest-all ロール、もしくはそれら両方を追加するには (Keystore がすでに設定されていると仮定)、~/$SERVER_HOME/bin に移動し、ロールを指定して以下のコマンドを実行します。

$ ./add-user.sh -a --user <USERNAME> --password <PASSWORD> --role kie-server,rest-all

キーストアが設定されていない場合は、以下のコマンドを実行してキーストアを作成します。

$ keytool -importpassword -keystore $SERVER_HOME/standalone/configuration/kie_keystore.jceks -keypass <SECRETKEYPASSWORD> -alias kieserver -storepass <SECRETSTOREPASSWORD> -storetype JCEKS

また、~/$SERVER_HOME/standalone/configuration/standalone-full.xml に以下のプロパティーを追加します。

    <property name="kie.keystore.keyStoreURL" value="file:///data/jboss/rhpam780/standalone/configuration/kie_keystore.jceks"/>
    <property name="kie.keystore.keyStorePwd" value="<SECRETSTOREPASSWORD>"/>
    <property name="kie.keystore.key.server.alias" value="kieserver"/>
    <property name="kie.keystore.key.server.pwd" value="<SECRETKEYPASSWORD>"/>
    <property name="kie.keystore.key.ctrl.alias" value="kieserver"/>
    <property name="kie.keystore.key.ctrl.pwd" value="<SECRETKEYPASSWORD>"/>

Process Automation Manager コントローラーのアクセスで kie-server または rest-all ユーザーを設定するには、~/$SERVER_HOME/standalone/configuration/standalone-full.xml に移動し、(該当する場合は) org.kie.server プロパティーのコメントを解除して、コントローラーユーザーログイン認証情報とコントローラーの位置を (必要に応じて) 追加します。

<property name="org.kie.server.location" value="http://localhost:8080/kie-server/services/rest/server"/>
<property name="org.kie.server.controller" value="http://localhost:8080/business-central/rest/controller"/>
<property name="org.kie.server.controller.user" value="<USERNAME>"/>
<property name="org.kie.server.id" value="default-kieserver"/>

ユーザーロールと Red Hat Process Automation Manager のインストールオプションの詳細は、『Red Hat Process Automation Manager インストールの計画』 を参照してください。

プロジェクトの依存関係

Process Automation Manager コントローラー Java クライアント API は、Java プロジェクトの関連するクラスパスで、以下の依存関係を必要とします。

<!-- For remote execution on controller -->
<dependency>
  <groupId>org.kie.server</groupId>
  <artifactId>kie-server-controller-client</artifactId>
  <version>${rhpam.version}</version>
</dependency>

<!-- For REST client -->
<dependency>
  <groupId>org.jboss.resteasy</groupId>
  <artifactId>resteasy-client</artifactId>
  <version>${resteasy.version}</version>
</dependency>

<!-- For WebSocket client -->
<dependency>
  <groupId>io.undertow</groupId>
  <artifactId>undertow-websockets-jsr</artifactId>
  <version>${undertow.version}</version>
</dependency>

<!-- For debug logging (optional) -->
<dependency>
  <groupId>ch.qos.logback</groupId>
  <artifactId>logback-classic</artifactId>
  <version>${logback.version}</version>
</dependency>

Red Hat Process Automation Manager 依存関係の <version> は、プロジェクトで現在使用している Red Hat Process Automation Manager の Maven アーティファクトバージョンです (例: 7.48.0.Final-redhat-00004)。

注記

個別の依存関係に対して Red Hat Process Automation Manager <version> を指定するのではなく、Red Hat Business Automation BOM (bill of materials) の依存関係をプロジェクトの pom.xml ファイルに追加することを検討してください。Red Hat Business Automation BOM は、Red Hat Decision Manager と Red Hat Process Automation Manager の両方に適用されます。BOM ファイルを追加すると、提供される Maven リポジトリーから、推移的依存関係の適切なバージョンがプロジェクトに含められます。

BOM 依存関係の例:

<dependency>
  <groupId>com.redhat.ba</groupId>
  <artifactId>ba-platform-bom</artifactId>
  <version>7.10.0.redhat-00004</version>
  <scope>import</scope>
  <type>pom</type>
</dependency>

Red Hat Business Automation BOM (Bill of Materials) についての詳細情報は、「What is the mapping between RHPAM product and maven library version?」 を参照してください。

クライアント要求の設定

Process Automation Manager コントローラー Java クライアント API による Java クライアント要求はすべて、少なくとも以下のコントローラー通信コンポーネントを定義する必要があります。

  • Business Central をインストールしている場合は rest-all ユーザーの認証情報、またはヘッドレス Process Automation Manager コントローラーを Business Central とは別にインストールしている場合は kie-server のユーザーの認証情報。
  • REST もしくは WebSocket プロトコル用 Process Automation Manager コントローラーの場所。

    • REST URL の例: http://localhost:8080/business-central/rest/controller
    • WebSocket URL の例: ws://localhost:8080/headless-controller/websocket/controller
  • API 要求および応答のマーシャリングフォーマット (JSON または JAXB)
  • KieServerControllerClient オブジェクト。これは、Java クライアント API を使用してサーバー通信を開始するためのエントリーポイントの役割を果たします。
  • REST プロトコルまたは WebSocket プロトコルおよびユーザーアクセスを定義する KieServerControllerClientFactory
  • 使用される Process Automation Manager コントローラークライアントサービス (listServerTemplatesgetServerTemplategetServerInstances など)。

以下は、これらのコンポーネントを使用した REST および WebSocket クライアントの設定例です。

REST によるクライアント設定例

import org.kie.server.api.marshalling.MarshallingFormat;
import org.kie.server.controller.api.model.spec.ServerTemplateList;
import org.kie.server.controller.client.KieServerControllerClient;
import org.kie.server.controller.client.KieServerControllerClientFactory;

public class ListServerTemplatesExample {

    private static final String URL = "http://localhost:8080/business-central/rest/controller";
    private static final String USER = "baAdmin";
    private static final String PASSWORD = "password@1";

    private static final MarshallingFormat FORMAT = MarshallingFormat.JSON;

    public static void main(String[] args) {
        KieServerControllerClient client = KieServerControllerClientFactory.newRestClient(URL,
                                                                                          USER,
                                                                                          PASSWORD);

        final ServerTemplateList serverTemplateList = client.listServerTemplates();
        System.out.println(String.format("Found %s server template(s) at controller url: %s",
                                         serverTemplateList.getServerTemplates().length,
                                         URL));
    }
}

WebSocket によるクライアント設定例

import org.kie.server.api.marshalling.MarshallingFormat;
import org.kie.server.controller.api.model.spec.ServerTemplateList;
import org.kie.server.controller.client.KieServerControllerClient;
import org.kie.server.controller.client.KieServerControllerClientFactory;

public class ListServerTemplatesExample {

    private static final String URL = "ws://localhost:8080/my-controller/websocket/controller";
    private static final String USER = "baAdmin";
    private static final String PASSWORD = "password@1";

    private static final MarshallingFormat FORMAT = MarshallingFormat.JSON;

    public static void main(String[] args) {
        KieServerControllerClient client = KieServerControllerClientFactory.newWebSocketClient(URL,
                                                                                               USER,
                                                                                               PASSWORD);

        final ServerTemplateList serverTemplateList = client.listServerTemplates();
        System.out.println(String.format("Found %s server template(s) at controller url: %s",
                                         serverTemplateList.getServerTemplates().length,
                                         URL));
    }
}

26.1. Process Automation Manager コントローラー Java クライアント API を使用した要求送信

Process Automation Manager コントローラー Java クライアント API を使用すると、Java クライアントアプリケーションから REST もしくは WebSocket プロトコルを使用して Process Automation Manager コントローラー に接続できるようになります。Process Automation Manager コントローラー REST API の代わりに Process Automation Manager コントローラー Java クライアント API を使用して、Business Central ユーザーインターフェースを使わずに Red Hat Process Automation Manager で KIE Server テンプレート (設定)、KIE Server のインスタンス (リモートサーバー)、関連する KIE コンテナー (デプロイメントユニット) を操作することができます。

前提条件

  • KIE Server をインストールし、実行している。
  • Process Automation Manager コントローラーまたはヘッドレス Process Automation Manager コントローラーがインストールされ、実行中である。
  • Business Central をインストールしている場合は Process Automation Manager コントローラーにアクセスする rest-all ユーザーロールがある。もしくは、Business Central とは別にインストールされたヘッドレス Process Automation Manager コントローラーにアクセスする kie-server ユーザーロールがある。
  • Red Hat Process Automation Manager リソースを使った Java プロジェクトがある。

手順

  1. クライアントアプリケーションで、Java プロジェクトの関連クラスパスに以下の依存関係が追加されていることを確認します。

    <!-- For remote execution on controller -->
    <dependency>
      <groupId>org.kie.server</groupId>
      <artifactId>kie-server-controller-client</artifactId>
      <version>${rhpam.version}</version>
    </dependency>
    
    <!-- For REST client -->
    <dependency>
      <groupId>org.jboss.resteasy</groupId>
      <artifactId>resteasy-client</artifactId>
      <version>${resteasy.version}</version>
    </dependency>
    
    <!-- For WebSocket client -->
    <dependency>
      <groupId>io.undertow</groupId>
      <artifactId>undertow-websockets-jsr</artifactId>
      <version>${undertow.version}</version>
    </dependency>
    
    <!-- For debug logging (optional) -->
    <dependency>
      <groupId>ch.qos.logback</groupId>
      <artifactId>logback-classic</artifactId>
      <version>${logback.version}</version>
    </dependency>
  2. Red Hat カスタマーポータル から Red Hat Process Automation Manager 7.10.0 Source Distribution をダウンロードし、~/rhpam-7.10.0-sources/src/droolsjbpm-integration-$VERSION/kie-server-parent/kie-server-controller/kie-server-controller-client/src/main/java/org/kie/server/controller/client に移動して Process Automation Manager コントローラー Java クライアントにアクセスします。
  3. ~/kie/server/controller/client ディレクトリーで、KIE Server テンプレートや KIE コンテナーが REST プロトコルでクライアントサービスにアクセスするために、RestKieServerControllerClient 実装などの送信する要求用の関連 Java クライアントを特定します。
  4. クライアントアプリケーションで、API 要求用の .java クラスを作成します。クラスには、Process Automation Manager コントローラーの場所とユーザー認証情報、KieServerControllerClient オブジェクト、実行するクライアントメソッド (RestKieServerControllerClient 実装からの createServerTemplatecreateContainer など) を含める必要があります。ご自分のユースケースに合わせて、設定詳細を調整します。

    KIE Server テンプレートおよび KIE コンテナーの作成と対話

    import java.util.Arrays;
    import java.util.HashMap;
    import java.util.Map;
    
    import org.kie.server.api.marshalling.MarshallingFormat;
    import org.kie.server.api.model.KieContainerStatus;
    import org.kie.server.api.model.KieScannerStatus;
    import org.kie.server.api.model.ReleaseId;
    import org.kie.server.controller.api.model.spec.*;
    import org.kie.server.controller.client.KieServerControllerClient;
    import org.kie.server.controller.client.KieServerControllerClientFactory;
    
    public class RestTemplateContainerExample {
    
      private static final String URL = "http://localhost:8080/business-central/rest/controller";
      private static final String USER = "baAdmin";
      private static final String PASSWORD = "password@1";
    
        private static KieServerControllerClient client;
    
        public static void main(String[] args) {
            KieServerControllerClient client = KieServerControllerClientFactory.newRestClient(URL,
                                                                                              USER,
                                                                                              PASSWORD,
                                                                                              MarshallingFormat.JSON);
            // Create server template and KIE container, start and stop KIE container, and delete server template
            ServerTemplate serverTemplate = createServerTemplate();
            ContainerSpec container = createContainer(serverTemplate);
            client.startContainer(container);
            client.stopContainer(container);
            client.deleteServerTemplate(serverTemplate.getId());
        }
    
        // Re-create and configure server template
        protected static ServerTemplate createServerTemplate() {
            ServerTemplate serverTemplate = new ServerTemplate();
            serverTemplate.setId("example-client-id");
            serverTemplate.setName("example-client-name");
            serverTemplate.setCapabilities(Arrays.asList(Capability.PROCESS.name(),
                                                         Capability.RULE.name(),
                                                         Capability.PLANNING.name()));
    
            client.saveServerTemplate(serverTemplate);
    
            return serverTemplate;
        }
    
        // Re-create and configure KIE containers
        protected static ContainerSpec createContainer(ServerTemplate serverTemplate){
            Map<Capability, ContainerConfig> containerConfigMap = new HashMap();
    
            ProcessConfig processConfig = new ProcessConfig("PER_PROCESS_INSTANCE", "kieBase", "kieSession", "MERGE_COLLECTION");
            containerConfigMap.put(Capability.PROCESS, processConfig);
    
            RuleConfig ruleConfig = new RuleConfig(500l, KieScannerStatus.SCANNING);
            containerConfigMap.put(Capability.RULE, ruleConfig);
    
            ReleaseId releaseId = new ReleaseId("org.kie.server.testing", "stateless-session-kjar", "1.0.0-SNAPSHOT");
    
            ContainerSpec containerSpec = new ContainerSpec("example-container-id", "example-client-name", serverTemplate, releaseId, KieContainerStatus.STOPPED, containerConfigMap);
            client.saveContainerSpec(serverTemplate.getId(), containerSpec);
    
            return containerSpec;
        }
    }

  5. 設定済み .java クラスをプロジェクトディレクトリーから実行して要求を実行し、Process Automation Manager コントローラーの応答を確認します。

    デバッグのロギングが有効になっている場合は、JSON などの設定済みマーシャリングフォーマットに従って、KIE Server が詳細を返します。エラーが発生した場合は、返されたエラーメッセージを確認して、それに応じて Java 設定を調整します。

26.2. サポート対象の Process Automation Manager コントローラー Java クライアント

以下は、Red Hat Process Automation Manager ディストリビューションの org.kie.server.controller.client パッケージで利用可能な Java クライアントサービスの一部です。これらのサービスを使用して、Process Automation Manager コントローラー REST API と同様に Process Automation Manager コントローラーの関連リソースを操作できます。

  • KieServerControllerClient: Process Automation Manager コントローラーとの通信のエントリーポイントとして使用します。
  • RestKieServerControllerClient: REST プロトコルでの KIE Server テンプレートと KIE コンテナーとの対話に使用される実装 (~/org/kie/server/controller/client/rest に格納)。
  • WebSocketKieServerControllerClient: WebSocket プロトコルでの KIE Server テンプレートと KIE コンテナーとの対話に使用される実装 (~/org/kie/server/controller/client/websocket に格納)。

利用可能な Process Automation Manager コントローラーの Java クライアントの完全一覧については、Red Hat カスタマーポータル から Red Hat Process Automation Manager 7.10.0 Source Distribution をダウンロードし、~/rhpam-7.10.0-sources/src/droolsjbpm-integration-$VERSION/kie-server-parent/kie-server-controller/kie-server-controller-client/src/main/java/org/kie/server/controller/client に移動します。

26.3. Process Automation Manager コントローラー Java クライアント API を使った要求例

以下は、Process Automation Manager コントローラーと基本的な対話を行う Process Automation Manager コントローラーの Java クライアント API 要求例です。利用可能な Process Automation Manager コントローラーの Java クライアントの完全一覧については、Red Hat カスタマーポータル から Red Hat Process Automation Manager 7.10.0 Source Distribution をダウンロードし、~/rhpam-7.10.0-sources/src/droolsjbpm-integration-$VERSION/kie-server-parent/kie-server-controller/kie-server-controller-client/src/main/java/org/kie/server/controller/client に移動します。

KIE Server テンプレートおよび KIE コンテナーの作成と対話

REST または WebSocket の Process Automation Manager コントローラークライアントで ServerTemplate サービスおよび ContainerSpec サービスを使用すると、KIE Server テンプレートと KIE コンテナーの作成、破棄、更新が可能で、さらに KIE コンテナーの起動と停止もできます。以下に例を示します。

KIE Server テンプレートおよび KIE コンテナーによる作成と対話要求の例

import java.util.Arrays;
import java.util.HashMap;
import java.util.Map;

import org.kie.server.api.marshalling.MarshallingFormat;
import org.kie.server.api.model.KieContainerStatus;
import org.kie.server.api.model.KieScannerStatus;
import org.kie.server.api.model.ReleaseId;
import org.kie.server.controller.api.model.spec.*;
import org.kie.server.controller.client.KieServerControllerClient;
import org.kie.server.controller.client.KieServerControllerClientFactory;

public class RestTemplateContainerExample {

  private static final String URL = "http://localhost:8080/business-central/rest/controller";
  private static final String USER = "baAdmin";
  private static final String PASSWORD = "password@1";

    private static KieServerControllerClient client;

    public static void main(String[] args) {
        KieServerControllerClient client = KieServerControllerClientFactory.newRestClient(URL,
                                                                                          USER,
                                                                                          PASSWORD,
                                                                                          MarshallingFormat.JSON);
        // Create server template and KIE container, start and stop KIE container, and delete server template
        ServerTemplate serverTemplate = createServerTemplate();
        ContainerSpec container = createContainer(serverTemplate);
        client.startContainer(container);
        client.stopContainer(container);
        client.deleteServerTemplate(serverTemplate.getId());
    }

    // Re-create and configure server template
    protected static ServerTemplate createServerTemplate() {
        ServerTemplate serverTemplate = new ServerTemplate();
        serverTemplate.setId("example-client-id");
        serverTemplate.setName("example-client-name");
        serverTemplate.setCapabilities(Arrays.asList(Capability.PROCESS.name(),
                                                     Capability.RULE.name(),
                                                     Capability.PLANNING.name()));

        client.saveServerTemplate(serverTemplate);

        return serverTemplate;
    }

    // Re-create and configure KIE containers
    protected static ContainerSpec createContainer(ServerTemplate serverTemplate){
        Map<Capability, ContainerConfig> containerConfigMap = new HashMap();

        ProcessConfig processConfig = new ProcessConfig("PER_PROCESS_INSTANCE", "kieBase", "kieSession", "MERGE_COLLECTION");
        containerConfigMap.put(Capability.PROCESS, processConfig);

        RuleConfig ruleConfig = new RuleConfig(500l, KieScannerStatus.SCANNING);
        containerConfigMap.put(Capability.RULE, ruleConfig);

        ReleaseId releaseId = new ReleaseId("org.kie.server.testing", "stateless-session-kjar", "1.0.0-SNAPSHOT");

        ContainerSpec containerSpec = new ContainerSpec("example-container-id", "example-client-name", serverTemplate, releaseId, KieContainerStatus.STOPPED, containerConfigMap);
        client.saveContainerSpec(serverTemplate.getId(), containerSpec);

        return containerSpec;
    }
}

KIE Server テンプレートの一覧および接続タイムアウトの指定 (REST)

Process Automation Manager コントローラー Java クライアント API リクエストに REST プロトコルを使用すると、独自の javax.ws.rs.core.Configuration 仕様で接続タイムアウトなどの基本的な REST クライアント API を変更することができます。

サーバーテンプレートを返し、接続タイムアウトを指定する REST 要求の例

import java.util.concurrent.TimeUnit;
import javax.ws.rs.core.Configuration;
import org.jboss.resteasy.client.jaxrs.ResteasyClientBuilder;

import org.kie.server.api.marshalling.MarshallingFormat;
import org.kie.server.controller.api.model.spec.ServerTemplateList;
import org.kie.server.controller.client.KieServerControllerClient;
import org.kie.server.controller.client.KieServerControllerClientFactory;

public class RESTTimeoutExample {

  private static final String URL = "http://localhost:8080/business-central/rest/controller";
  private static final String USER = "baAdmin";
  private static final String PASSWORD = "password@1";

  public static void main(String[] args) {

      // Specify connection timeout
      final Configuration configuration =
              new ResteasyClientBuilder()
                      .establishConnectionTimeout(10,
                                                    TimeUnit.SECONDS)
                      .socketTimeout(60,
                                       TimeUnit.SECONDS)
                        .getConfiguration();
        KieServerControllerClient client = KieServerControllerClientFactory.newRestClient(URL,
                                                                                          USER,
                                                                                          PASSWORD,
                                                                                          MarshallingFormat.JSON,
                                                                                          configuration);

        // Retrieve list of server templates
        final ServerTemplateList serverTemplateList = client.listServerTemplates();
        System.out.println(String.format("Found %s server template(s) at controller url: %s",
                                         serverTemplateList.getServerTemplates().length,
                                         URL));
    }
}

KIE Server テンプレートの一覧およびイベント通知の指定 (WebSocket)

Process Automation Manager コントローラー Java クライアント API リクエストに WebSocket プロトコルを使用すると、クライアント API の接続先である特定の Process Automation Manager コントローラーで発生した変更に基づいてイベントが通知されるようにすることができます。たとえば、KIE Server テンプレートもしくはインスタンスが接続する、または Process Automation Manager コントローラー内で更新されると、通知を受け取ることができます。

サーバーテンプレートを返し、イベント通知を指定する WebSocket 要求の例

import org.kie.server.api.marshalling.MarshallingFormat;
import org.kie.server.controller.api.model.events.*;
import org.kie.server.controller.api.model.spec.ServerTemplateList;
import org.kie.server.controller.client.KieServerControllerClient;
import org.kie.server.controller.client.KieServerControllerClientFactory;
import org.kie.server.controller.client.event.EventHandler;

public class WebSocketEventsExample {

    private static final String URL = "ws://localhost:8080/my-controller/websocket/controller";
    private static final String USER = "baAdmin";
    private static final String PASSWORD = "password@1";

    public static void main(String[] args) {
        KieServerControllerClient client = KieServerControllerClientFactory.newWebSocketClient(URL,
                                                                                               USER,
                                                                                               PASSWORD,
                                                                                               MarshallingFormat.JSON,
                                                                                               new TestEventHandler());

        // Retrieve list of server templates
        final ServerTemplateList serverTemplateList = client.listServerTemplates();
        System.out.println(String.format("Found %s server template(s) at controller url: %s",
                                         serverTemplateList.getServerTemplates().length,
                                         URL));
        try {
            Thread.sleep(60 * 1000);
        } catch (Exception e) {
            e.printStackTrace();
        }
    }

    // Set up event notifications
    static class TestEventHandler implements EventHandler {

        @Override
        public void onServerInstanceConnected(ServerInstanceConnected serverInstanceConnected) {
            System.out.println("serverInstanceConnected = " + serverInstanceConnected);
        }

        @Override
        public void onServerInstanceDeleted(ServerInstanceDeleted serverInstanceDeleted) {
            System.out.println("serverInstanceDeleted = " + serverInstanceDeleted);
        }

        @Override
        public void onServerInstanceDisconnected(ServerInstanceDisconnected serverInstanceDisconnected) {
            System.out.println("serverInstanceDisconnected = " + serverInstanceDisconnected);
        }

        @Override
        public void onServerTemplateDeleted(ServerTemplateDeleted serverTemplateDeleted) {
            System.out.println("serverTemplateDeleted = " + serverTemplateDeleted);
        }

        @Override
        public void onServerTemplateUpdated(ServerTemplateUpdated serverTemplateUpdated) {
            System.out.println("serverTemplateUpdated = " + serverTemplateUpdated);
        }

        @Override
        public void onServerInstanceUpdated(ServerInstanceUpdated serverInstanceUpdated) {
            System.out.println("serverInstanceUpdated = " + serverInstanceUpdated);
        }

        @Override
        public void onContainerSpecUpdated(ContainerSpecUpdated containerSpecUpdated) {
            System.out.println("onContainerSpecUpdated = " + containerSpecUpdated);
        }
    }
}

第27章 Business Central Process 向けの BPMN プロセス Fluent API

Red Hat Process Automation Manager は、ファクトリーを使用してビジネスプロセスを作成できる BPMN プロセスの Fluent API を提供します。また、プロセスの Fluent API を使用して作成したビジネスプロセスを手動で検証することもできます。プロセスの Fluent API は org.kie.api.fluent パッケージで定義されます。

したがって、BPMN2 XML 標準を使用する代わりに、プロセスの Fluent API を使用して数行でビジネスプロセスを作成することができます。

27.1. BPMN プロセスの Fluent API を使用した要求の例

以下の例は、ビジネスプロセスとの基本的な対話に対する BPMN プロセスの Fluent API 要求を示しています。その他の例については、Red Hat カスタマーポータル から Red Hat Process Automation Manager 7.10.0 Source Distribution をダウンロードし、~/rhpam-7.10.0-sources/src/droolsjbpm-knowledge-$VERSION/kie-api/src/main/java/org/kie/api/fluent に移動します。

Business Central のビジネスプロセスの作成および操作

以下の例は、スクリプトタスク、例外ハンドラー、および変数を使用した基本的なビジネスプロセスを示しています。

Business Central のビジネスプロセスを作成して操作する要求の例

Process process =
                // Create process builder
                factory.processBuilder(processId)
                       // package and name
                       .packageName("org.jbpm")
                       .name("My process")
                       // start node
                       .startNode(1).name("Start").done()
                       // Add variable of type string
                       .variable(var("pepe", String.class))
                       // Add exception handler
                       .exceptionHandler(IllegalArgumentException.class, Dialect.JAVA, "System.out.println(\"Exception\");")
                       // script node in Java language that prints "action"
                       .actionNode(2).name("Action")
                       .action(Dialect.JAVA,
                               "System.out.println(\"Action\");").done()
                       // end node
                       .endNode(3).name("End").done()
                       // connections
                       .connection(1,
                                   2)
                       .connection(2,
                                   3)
                       .build();

この例では、ProcessBuilderFactory 参照を取得し、processBuilder(String processId) メソッドを使用すると、指定されたプロセス ID に関連する ProcessBuilder インスタンスが作成されます。ProcessBuilder インスタンスでは、Fluent API を使用して作成されたプロセスの定義を構築できます。

ビジネスプロセスは、以下の 3 つのコンポーネントで構成されています。

  • ヘッダー: プロセス、インポート、変数の名前などのグローバル要素で構成されるヘッダーセクション。

    この例では、ヘッダーにはプロセスの名前およびバージョンとパッケージ名が含まれます。

  • ノード: プロセスの一部である異なるすべてのノードを含むノードセクション。

    上記の例では、startNode() メソッド、actionNode() メソッド、および endNode() メソッドを呼び出すことで、ノードがプロセスに追加されます。これらのメソッドは、ノードのプロパティーを設定できる特定の NodeBuilder を返します。コードが特定のノードの設定が完了すると、done() メソッドは NodeContainerBuilder を返し、必要に応じてノードを追加します。

  • 接続: connection セクションはノードをリンクし、フローチャートを作成します。

    上記の例では、すべてのノードを追加すると、ノード間の接続を作成して接続する必要があります。ノードをリンクする connection() メソッドを呼び出すことができます。

最後に、build() メソッドを呼び出して、生成されたプロセス定義を取得できます。また、build() メソッドはプロセス定義を検証し、プロセス定義が有効でない場合は例外が発生します。

27.2. ビジネスプロセスを実行する要求の例

有効なプロセス定義インスタンスを作成したら、パブリック KIE API と内部 KIE API の組み合わせを使用してこれを実行できます。プロセスを実行するには、KieBase の作成に使用する Resource を作成します。KieBase を使用して、プロセスを実行するために KieSession を作成できます。

以下の例は ProcessBuilderFactory.toBytes プロセスを使用して ByteArrayResource リソースを作成します。

プロセスを実行する要求の例

// Build resource from Process
KieResources resources = ServiceRegistry.getInstance().get(KieResources.class);
Resource res = resources
                        .newByteArrayResource(factory.toBytes(process))
                        ​.setSourcePath("/tmp/processFactory.bpmn2"); // source path or target path must be set to be added into kbase
​// Build kie base from this resource using KIE API
​KieServices ks = KieServices.Factory.get();
​KieRepository kr = ks.getRepository();
​KieFileSystem kfs = ks.newKieFileSystem();
​kfs.write(res);
​KieBuilder kb = ks.newKieBuilder(kfs);
​kb.buildAll(); // kieModule is automatically deployed to KieRepository if successfully built.
​KieContainer kContainer = ks.newKieContainer(kr.getDefaultReleaseId());
​KieBase kbase = kContainer.getKieBase();
​// Create kie session using KieBase
​KieSessionConfiguration conf = ...;
​Environment env = ....;
​KieSession ksession = kbase.newKieSession(conf,env);
​// execute process using same process Id that is used to obtain ProcessBuilder instance
​ksession.startProcess(processId)

第28章 Business Central スペースおよびプロジェクト用のナレッジストア REST API

Red Hat Process Automation Manager はナレッジストア REST API を提供し、これを使用することで Business Central ユーザーインターフェースを使わずに Red Hat Process Automation Manager のプロジェクトやスペースを操作することができます。ナレッジストアは、Red Hat Process Automation Manager のアセット用のアーティファクトリポジトリーです。この API のサポートにより、Business Central プロジェクトとスペースの活用と、それらのメンテナンスの自動化が可能になります。

ナレッジストア REST API を使用すると、以下のアクションが可能になります。

  • 全プロジェクトおよびスペースに関する情報の取得
  • プロジェクトおよびスペースの作成、更新、削除
  • プロジェクトのビルド、デプロイ、およびテスト
  • 以前のナレッジストア REST API 要求または jobs についての情報の取得

ナレッジストア REST API 要求には以下のコンポーネントが必要です。

認証

ナレッジストア REST API は、ユーザーロール rest-all に HTTP の Basic 認証またはトークンベースの認証を必要とします。お使いの Red Hat Process Automation Manager に設定されているユーザーロールを表示するには、~/$SERVER_HOME/standalone/configuration/application-roles.properties~/application-users.properties に移動します。

ユーザーに rest-all ロールを追加するには、~/$SERVER_HOME/bin に移動して以下のコマンドを実行します。

$ ./add-user.sh -a --user <USERNAME> --password <PASSWORD> --role rest-all

ユーザーロールと Red Hat Process Automation Manager のインストールオプションの詳細は、『Red Hat Process Automation Manager インストールの計画』 を参照してください。

HTTP ヘッダー

ナレッジストア REST API は、API 要求に以下の HTTP ヘッダーを必要とします。

  • Accept: 要求元のクライアントが受け付けるデータ形式:

    • application/json (JSON)
  • Content-Type: POST または PUT API 要求データ向けのデータ形式:

    • application/json (JSON)
HTTP メソッド

ナレッジストア REST API は、API 要求に以下の HTTP メソッドを必要とします。

  • GET: 指定したリソースのエンドポイントから指定した情報を取得する
  • POST: リソースを作成または更新する
  • PUT: リソースを更新する
  • DELETE: リソースを削除する
ベース URL

ナレッジストア REST API リクエストのベース URL は http://SERVER:PORT/business-central/rest/ で、たとえば http://localhost:8080/business-central/rest/ となります。

注記

ナレッジストアの REST API のベース URL と Business Central にビルトインの Process Automation Manager コントローラーのものは、両方とも Business Central REST サービスの一部とみなされるため同じになります。

エンドポイント

特定のスペースにおける /spaces/{spaceName} など、ナレッジストア REST API のエンドポイントは、ナレッジストア REST API ベース URL に追記する URI で、Red Hat Process Automation Manager の対応するリソースやリソースタイプにアクセスするためのものです。

/spaces/{spaceName} エンドポイントの要求 URL 例

http://localhost:8080/business-central/rest/spaces/MySpace

要求データ

ナレッジストア REST API の HTTP POST 要求は、データに JSON 要求ボディが必要になる場合があります。

POST 要求 URL と JSON 要求のボディデータの例

http://localhost:8080/business-central/rest/spaces/MySpace/projects

{
  "name": "Employee_Rostering",
  "groupId": "employeerostering",
  "version": "1.0.0-SNAPSHOT",
  "description": "Employee rostering problem optimisation using Planner. Assigns employees to shifts based on their skill."
}

28.1. REST クライアントまたは curl ユーティリティーを使用した ナレッジストア REST API による要求送信

ナレッジストア REST API を使用すると、Business Central ユーザーインターフェイスを使用せずに Red Hat Process Automation Manager のプロジェクトやスペースを操作することができます。ナレッジストア REST API 要求は、REST クライアントまたは curl ユーティリティーを使用して送信できます。

前提条件

  • Business Central をインストールし、実行している。
  • rest-all ユーザーロールで Process Server にアクセスできる。

手順

  1. 要求の送信先となる関連する API エンドポイント を特定します。Business Central からスペースを取得する [GET] /spaces などです。
  2. REST クライアントまたは curl ユーティリティーで、/spaces への GET 要求に以下のコンポーネントを入力します。ご自分のユースケースに合わせて、要求詳細を調整します。

    REST クライアントの場合:

    • Authentication: rest-all ロールを持つ Business Central ユーザーのユーザー名とパスワードを入力します。
    • HTTP Headers: 以下のヘッダーを設定します。

      • Accept: application/json
    • HTTP method: GET に設定します。
    • URL: Process Server REST API ベース URL とエンドポイントを入力します。たとえば、http://localhost:8080/business-central/rest/spaces となります。

    curl ユーティリティーの場合:

    • -u: rest-all ロールを持つ Business Central ユーザーのユーザー名とパスワードを入力します。
    • -H: 以下のヘッダーを設定します。

      • Accept: application/json
    • -X: GET に設定します。
    • URL: Process Server REST API ベース URL とエンドポイントを入力します。たとえば、http://localhost:8080/business-central/rest/spaces となります。
    curl -u 'baAdmin:password@1' -H "Accept: application/json" -X GET "http://localhost:8080/business-central/rest/spaces"
  3. 要求を実行し、KIE Server の応答を確認します。

    サーバー応答の例 (JSON):

    [
      {
        "name": "MySpace",
        "description": null,
        "projects": [
          {
            "name": "Employee_Rostering",
            "spaceName": "MySpace",
            "groupId": "employeerostering",
            "version": "1.0.0-SNAPSHOT",
            "description": "Employee rostering problem optimisation using Planner. Assigns employees to shifts based on their skill.",
            "publicURIs": [
              {
                "protocol": "git",
                "uri": "git://localhost:9418/MySpace/example-Employee_Rostering"
              },
              {
                "protocol": "ssh",
                "uri": "ssh://localhost:8001/MySpace/example-Employee_Rostering"
              }
            ]
          },
          {
            "name": "Mortgage_Process",
            "spaceName": "MySpace",
            "groupId": "mortgage-process",
            "version": "1.0.0-SNAPSHOT",
            "description": "Getting started loan approval process in BPMN2, decision table, business rules, and forms.",
            "publicURIs": [
              {
                "protocol": "git",
                "uri": "git://localhost:9418/MySpace/example-Mortgage_Process"
              },
              {
                "protocol": "ssh",
                "uri": "ssh://localhost:8001/MySpace/example-Mortgage_Process"
              }
            ]
          }
        ],
        "owner": "admin",
        "defaultGroupId": "com.myspace"
      },
      {
        "name": "MySpace2",
        "description": null,
        "projects": [
          {
            "name": "IT_Orders",
            "spaceName": "MySpace",
            "groupId": "itorders",
            "version": "1.0.0-SNAPSHOT",
            "description": "Case Management IT Orders project",
            "publicURIs": [
              {
                "protocol": "git",
                "uri": "git://localhost:9418/MySpace/example-IT_Orders-1"
              },
              {
                "protocol": "ssh",
                "uri": "ssh://localhost:8001/MySpace/example-IT_Orders-1"
              }
            ]
          }
        ],
        "owner": "admin",
        "defaultGroupId": "com.myspace"
      }
    ]
  4. REST クライアントまたは curl ユーティリティーで、/spaces/{spaceName}/projects への POST 要求を以下のコンポーネントで送信し、スペース内でプロジェクトを作成します。ご自分のユースケースに合わせて、要求詳細を調整します。

    REST クライアントの場合:

    • Authentication: rest-all ロールを持つ Business Central ユーザーのユーザー名とパスワードを入力します。
    • HTTP Headers: 以下のヘッダーを設定します。

      • Accept: application/json
      • Content-Type: application/json
    • HTTP method: POST に設定します。
    • URL: Process Server REST API ベース URL とエンドポイントを入力します。たとえば、http://localhost:8080/business-central/rest/spaces/MySpace/projects となります。
    • 要求のボディ: 新規プロジェクト用の ID データのある JSON 要求ボディを追加します。
    {
      "name": "Employee_Rostering",
      "groupId": "employeerostering",
      "version": "1.0.0-SNAPSHOT",
      "description": "Employee rostering problem optimisation using Planner. Assigns employees to shifts based on their skill."
    }

    curl ユーティリティーの場合:

    • -u: rest-all ロールを持つ Business Central ユーザーのユーザー名とパスワードを入力します。
    • -H: 以下のヘッダーを設定します。

      • Accept: application/json
      • Content-Type: application/json
    • -X: POST に設定します。
    • URL: Process Server REST API ベース URL とエンドポイントを入力します。たとえば、http://localhost:8080/business-central/rest/spaces/MySpace/projects となります。
    • -d: 新規プロジェクト用の ID データのある JSON 要求のボディまたはファイル (@file.json) を追加します。
    curl -u 'baAdmin:password@1' -H "Accept: application/json" -H "Content-Type: application/json" -X POST "http://localhost:8080/business-central/rest/spaces/MySpace/projects" -d "{ \"name\": \"Employee_Rostering\", \"groupId\": \"employeerostering\", \"version\": \"1.0.0-SNAPSHOT\", \"description\": \"Employee rostering problem optimisation using Planner. Assigns employees to shifts based on their skill.\"}"
    curl -u 'baAdmin:password@1' -H "Accept: application/json" -H "Content-Type: application/json" -X POST "http://localhost:8080/business-central/rest/spaces/MySpace/projects" -d @my-project.json
  5. 要求を実行し、KIE Server の応答を確認します。

    サーバー応答の例 (JSON):

    {
      "jobId": "1541017411591-6",
      "status": "APPROVED",
      "spaceName": "MySpace",
      "projectName": "Employee_Rostering",
      "projectGroupId": "employeerostering",
      "projectVersion": "1.0.0-SNAPSHOT",
      "description": "Employee rostering problem optimisation using Planner. Assigns employees to shifts based on their skill."
    }

    要求エラーが発生した場合は、返されたエラーコードメッセージを確認して、それに応じて要求を調整します。

28.2. サポートされるナレッジストア REST API エンドポイント

ナレッジストア REST API は、Red Hat Process Automation Manager 内のスペースおよびプロジェクトを管理し、以前の内 REST API リクエストまたは jobs に関する情報を取得するエンドポイントを提供します。

28.2.1. スペース

ナレッジストア REST API は Business Central のスペースを管理するための以下のエンドポイントをサポートします。ナレッジストア REST API のベース URL は http://SERVER:PORT/business-central/rest/ です。ユーザーロール rest-all では、すべての要求で HTTP の Basic 認証またはトークンベースの認証が必要です。

[GET] /spaces

Business Central のすべてのスペースを返します。

サーバーの応答例 (JSON)

[
  {
    "name": "MySpace",
    "description": null,
    "projects": [
      {
        "name": "Employee_Rostering",
        "spaceName": "MySpace",
        "groupId": "employeerostering",
        "version": "1.0.0-SNAPSHOT",
        "description": "Employee rostering problem optimisation using Planner. Assigns employees to shifts based on their skill.",
        "publicURIs": [
          {
            "protocol": "git",
            "uri": "git://localhost:9418/MySpace/example-Employee_Rostering"
          },
          {
            "protocol": "ssh",
            "uri": "ssh://localhost:8001/MySpace/example-Employee_Rostering"
          }
        ]
      },
      {
        "name": "Mortgage_Process",
        "spaceName": "MySpace",
        "groupId": "mortgage-process",
        "version": "1.0.0-SNAPSHOT",
        "description": "Getting started loan approval process in BPMN2, decision table, business rules, and forms.",
        "publicURIs": [
          {
            "protocol": "git",
            "uri": "git://localhost:9418/MySpace/example-Mortgage_Process"
          },
          {
            "protocol": "ssh",
            "uri": "ssh://localhost:8001/MySpace/example-Mortgage_Process"
          }
        ]
      }
    ],
    "owner": "admin",
    "defaultGroupId": "com.myspace"
  },
  {
    "name": "MySpace2",
    "description": null,
    "projects": [
      {
        "name": "IT_Orders",
        "spaceName": "MySpace",
        "groupId": "itorders",
        "version": "1.0.0-SNAPSHOT",
        "description": "Case Management IT Orders project",
        "publicURIs": [
          {
            "protocol": "git",
            "uri": "git://localhost:9418/MySpace/example-IT_Orders-1"
          },
          {
            "protocol": "ssh",
            "uri": "ssh://localhost:8001/MySpace/example-IT_Orders-1"
          }
        ]
      }
    ],
    "owner": "admin",
    "defaultGroupId": "com.myspace"
  }
]

[GET] /spaces/{spaceName}

指定したスペースに関する情報を返します。

表28.1 要求パラメーター

Name説明タイプ要件

spaceName

取得するスペースの名前

文字列

必須

サーバーの応答例 (JSON)

{
  "name": "MySpace",
  "description": null,
  "projects": [
    {
      "name": "Mortgage_Process",
      "spaceName": "MySpace",
      "groupId": "mortgage-process",
      "version": "1.0.0-SNAPSHOT",
      "description": "Getting started loan approval process in BPMN2, decision table, business rules, and forms.",
      "publicURIs": [
        {
          "protocol": "git",
          "uri": "git://localhost:9418/MySpace/example-Mortgage_Process"
        },
        {
          "protocol": "ssh",
          "uri": "ssh://localhost:8001/MySpace/example-Mortgage_Process"
        }
      ]
    },
    {
      "name": "Employee_Rostering",
      "spaceName": "MySpace",
      "groupId": "employeerostering",
      "version": "1.0.0-SNAPSHOT",
      "description": "Employee rostering problem optimisation using Planner. Assigns employees to shifts based on their skill.",
      "publicURIs": [
        {
          "protocol": "git",
          "uri": "git://localhost:9418/MySpace/example-Employee_Rostering"
        },
        {
          "protocol": "ssh",
          "uri": "ssh://localhost:8001/MySpace/example-Employee_Rostering"
        }
      ]
    },
    {
      "name": "Evaluation_Process",
      "spaceName": "MySpace",
      "groupId": "evaluation",
      "version": "1.0.0-SNAPSHOT",
      "description": "Getting started Business Process for evaluating employees",
      "publicURIs": [
        {
          "protocol": "git",
          "uri": "git://localhost:9418/MySpace/example-Evaluation_Process"
        },
        {
          "protocol": "ssh",
          "uri": "ssh://localhost:8001/MySpace/example-Evaluation_Process"
        }
      ]
    },
    {
      "name": "IT_Orders",
      "spaceName": "MySpace",
      "groupId": "itorders",
      "version": "1.0.0-SNAPSHOT",
      "description": "Case Management IT Orders project",
      "publicURIs": [
        {
          "protocol": "git",
          "uri": "git://localhost:9418/MySpace/example-IT_Orders"
        },
        {
          "protocol": "ssh",
          "uri": "ssh://localhost:8001/MySpace/example-IT_Orders"
        }
      ]
    }
  ],
  "owner": "admin",
  "defaultGroupId": "com.myspace"
}

[POST] /spaces

Business Central でスペースを作成します。

表28.2 要求パラメーター

Name説明タイプ要件

ボディ

新規スペースの namedescriptionownerdefaultGroupId、およびその他のコンポーネント

要求ボディ

必須

要求ボディ (JSON) 例

{
  "name": "NewSpace",
  "description": "My new space.",
  "owner": "admin",
  "defaultGroupId": "com.newspace"
}

サーバーの応答例 (JSON)

{
  "jobId": "1541016978154-3",
  "status": "APPROVED",
  "spaceName": "NewSpace",
  "owner": "admin",
  "defaultGroupId": "com.newspace",
  "description": "My new space."
}

[PUT] /spaces

Business Central のスペースの descriptionowner、および defaultGroupId を更新します。

要求ボディ (JSON) 例

{
  "name": "MySpace",
  "description": "This is updated description",
  "owner": "admin",
  "defaultGroupId": "com.updatedGroupId"
}

サーバーの応答例 (JSON)

{
  "jobId": "1592214574454-1",
  "status": "APPROVED",
  "spaceName": "MySpace",
  "owner": "admin",
  "defaultGroupId": "com.updatedGroupId",
  "description": "This is updated description"
}

[DELETE] /spaces/{spaceName}

Business Central から指定したスペースを削除します。

表28.3 要求パラメーター

Name説明タイプ要件

spaceName

削除するスペースの名前

文字列

必須

サーバーの応答例 (JSON)

{
  "jobId": "1541127032997-8",
  "status": "APPROVED",
  "spaceName": "MySpace",
  "owner": "admin",
  "description": "My deleted space.",
  "repositories": null
}

28.2.2. プロジェクト

ナレッジストア REST API は Business Central のプロジェクトを管理、ビルド、デプロイするための以下のエンドポイントをサポートします。ナレッジストア REST API のベース URL は http://SERVER:PORT/business-central/rest/ です。ユーザーロール rest-all では、すべての要求で HTTP の Basic 認証またはトークンベースの認証が必要です。

[GET] /spaces/{spaceName}/projects

指定したスペースにあるプロジェクトを返します。

表28.4 要求パラメーター

Name説明タイプ要件

spaceName

取得するプロジェクトのスペース名

文字列

必須

サーバーの応答例 (JSON)

[
  {
    "name": "Mortgage_Process",
    "spaceName": "MySpace",
    "groupId": "mortgage-process",
    "version": "1.0.0-SNAPSHOT",
    "description": "Getting started loan approval process in BPMN2, decision table, business rules, and forms.",
    "publicURIs": [
      {
        "protocol": "git",
        "uri": "git://localhost:9418/MySpace/example-Mortgage_Process"
      },
      {
        "protocol": "ssh",
        "uri": "ssh://localhost:8001/MySpace/example-Mortgage_Process"
      }
    ]
  },
  {
    "name": "Employee_Rostering",
    "spaceName": "MySpace",
    "groupId": "employeerostering",
    "version": "1.0.0-SNAPSHOT",
    "description": "Employee rostering problem optimisation using Planner. Assigns employees to shifts based on their skill.",
    "publicURIs": [
      {
        "protocol": "git",
        "uri": "git://localhost:9418/MySpace/example-Employee_Rostering"
      },
      {
        "protocol": "ssh",
        "uri": "ssh://localhost:8001/MySpace/example-Employee_Rostering"
      }
    ]
  },
  {
    "name": "Evaluation_Process",
    "spaceName": "MySpace",
    "groupId": "evaluation",
    "version": "1.0.0-SNAPSHOT",
    "description": "Getting started Business Process for evaluating employees",
    "publicURIs": [
      {
        "protocol": "git",
        "uri": "git://localhost:9418/MySpace/example-Evaluation_Process"
      },
      {
        "protocol": "ssh",
        "uri": "ssh://localhost:8001/MySpace/example-Evaluation_Process"
      }
    ]
  },
  {
    "name": "IT_Orders",
    "spaceName": "MySpace",
    "groupId": "itorders",
    "version": "1.0.0-SNAPSHOT",
    "description": "Case Management IT Orders project",
    "publicURIs": [
      {
        "protocol": "git",
        "uri": "git://localhost:9418/MySpace/example-IT_Orders"
      },
      {
        "protocol": "ssh",
        "uri": "ssh://localhost:8001/MySpace/example-IT_Orders"
      }
    ]
  }
]

[GET] /spaces/{spaceName}/projects/{projectName}

指定したスペースにある指定したプロジェクト関する情報を返します。

表28.5 要求パラメーター

Name説明タイプ要件

spaceName

プロジェクトのあるスペースの名前

文字列

必須

projectName

取得するプロジェクトの名前

文字列

必須

サーバーの応答例 (JSON)

{
  "name": "Employee_Rostering",
  "spaceName": "MySpace",
  "groupId": "employeerostering",
  "version": "1.0.0-SNAPSHOT",
  "description": "Employee rostering problem optimisation using Planner. Assigns employees to shifts based on their skill.",
  "publicURIs": [
    {
      "protocol": "git",
      "uri": "git://localhost:9418/MySpace/example-Employee_Rostering"
    },
    {
      "protocol": "ssh",
      "uri": "ssh://localhost:8001/MySpace/example-Employee_Rostering"
    }
  ]
}

[POST] /spaces/{spaceName}/projects

指定したスペースにプロジェクトを作成します。

表28.6 要求パラメーター

Name説明タイプ要件

spaceName

新規プロジェクトが作成されるスペースの名前

文字列

必須

ボディ

新規プロジェクトの namegroupIdversiondescription、およびその他のコンポーネント

要求ボディ

必須

要求ボディ (JSON) 例

{
  "name": "Employee_Rostering",
  "groupId": "employeerostering",
  "version": "1.0.0-SNAPSHOT",
  "description": "Employee rostering problem optimisation using Planner. Assigns employees to shifts based on their skill."
}

サーバーの応答例 (JSON)

{
  "jobId": "1541017411591-6",
  "status": "APPROVED",
  "spaceName": "MySpace",
  "projectName": "Employee_Rostering",
  "projectGroupId": "employeerostering",
  "projectVersion": "1.0.0-SNAPSHOT",
  "description": "Employee rostering problem optimisation using Planner. Assigns employees to shifts based on their skill."
}

[DELETE] /spaces/{spaceName}/projects/{projectName}

指定したスペースから指定したプロジェクトを削除します。

表28.7 要求パラメーター

Name説明タイプ要件

spaceName

プロジェクトのあるスペースの名前

文字列

必須

projectName

削除するプロジェクトの名前

文字列

必須

サーバーの応答例 (JSON)

{
  "jobId": "1541128617727-10",
  "status": "APPROVED",
  "projectName": "Employee_Rostering",
  "spaceName": "MySpace"
}

[POST] /spaces/{spaceName}/git/clone

指定した Git アドレスから指定したスペースにプロジェクトのクローンを作成します。

表28.8 要求パラメーター

Name説明タイプ要件

spaceName

プロジェクトのクローンを作成するスペース名

文字列

必須

ボディ

クローンするプロジェクトの namedescription、Git リポジトリーの userNamepassword、および gitURL

要求ボディ

必須

要求ボディ (JSON) 例

{
  "name": "Employee_Rostering",
  "description": "Employee rostering problem optimisation using Planner. Assigns employees to shifts based on their skill.",
  "userName": "baAdmin",
  "password": "password@1",
  "gitURL": "git://localhost:9418/MySpace/example-Employee_Rostering"
}

サーバーの応答例 (JSON)

{
  "jobId": "1541129488547-13",
  "status": "APPROVED",
  "cloneProjectRequest": {
    "name": "Employee_Rostering",
    "description": "Employee rostering problem optimisation using Planner. Assigns employees to shifts based on their skill.",
    "userName": "baAdmin",
    "password": "password@1",
    "gitURL": "git://localhost:9418/MySpace/example-Employee_Rostering"
  },
  "spaceName": "MySpace2"
}

[POST] /spaces/{spaceName}/projects/{projectName}/maven/compile

指定したスペースで指定したプロジェクトをコンパイルします (mvn compile と同等)。

表28.9 要求パラメーター

Name説明タイプ要件

spaceName

プロジェクトのあるスペースの名前

文字列

必須

projectName

コンパイルするプロジェクトの名前

文字列

必須

サーバーの応答例 (JSON)

{
  "jobId": "1541128617727-10",
  "status": "APPROVED",
  "projectName": "Employee_Rostering",
  "spaceName": "MySpace"
}

[POST] /spaces/{spaceName}/projects/{projectName}/maven/test

指定したスペースで指定したプロジェクトをテストします (mvn test と同等)。

表28.10 要求パラメーター

Name説明タイプ要件

spaceName

プロジェクトのあるスペースの名前

文字列

必須

projectName

テストするプロジェクトの名前

文字列

必須

サーバーの応答例 (JSON)

{
  "jobId": "1541132591595-19",
  "status": "APPROVED",
  "projectName": "Employee_Rostering",
  "spaceName": "MySpace"
}

[POST] /spaces/{spaceName}/projects/{projectName}/maven/install

指定したスペースで指定したプロジェクトをインストールします (mvn install と同等)。

表28.11 要求パラメーター

Name説明タイプ要件

spaceName

プロジェクトのあるスペースの名前

文字列

必須

projectName

インストールするプロジェクトの名前

文字列

必須

サーバーの応答例 (JSON)

{
  "jobId": "1541132668987-20",
  "status": "APPROVED",
  "projectName": "Employee_Rostering",
  "spaceName": "MySpace"
}

[POST] /spaces/{spaceName}/projects/{projectName}/maven/deploy

指定したスペースで指定したプロジェクトをデプロイします (mvn deploy と同等)。

表28.12 要求パラメーター

Name説明タイプ要件

spaceName

プロジェクトのあるスペースの名前

文字列

必須

projectName

デプロイするプロジェクトの名前

文字列

必須

サーバーの応答例 (JSON)

{
  "jobId": "1541132816435-21",
  "status": "APPROVED",
  "projectName": "Employee_Rostering",
  "spaceName": "MySpace"
}

28.2.3. ジョブ (API 要求)

ナレッジストア REST API の POSTDELETE 要求はすべて、返される要求詳細のほかに、各要求に関連付けられたジョブ ID を返します。ジョブ ID を使用すると、要求ステータスを確認したり、送信された要求を削除することができます。

ナレッジストア REST API 要求もしくは ジョブ には、以下のステータスがあります。

表28.13 ジョブステータス (API 要求ステータス)

ステータス説明

ACCEPTED

ジョブが受け入れられ、処理中である。

BAD_REQUEST

要求に無効なコンテンツが含まれ、受け入れられなかった。

RESOURCE_NOT_EXIST

要求されたリソース (パス) が存在しない。

DUPLICATE_RESOURCE

リソースがすでに存在する。

SERVER_ERROR

KIE Server でエラーが発生した。

SUCCESS

要求が正常に完了した。

FAIL

要求が失敗した。

APPROVED

要求が承認された。

DENIED

要求が拒否された。

GONE

以下のいずれかの理由で要求のジョブ ID が見つからなかった。

  • 要求が明示的に削除された。
  • 要求が完了してステータスキャッシュから削除されている。キャッシュが最大容量に達すると、要求はステータスキャッシュから削除されます。
  • 要求が元々存在しなかった。

ナレッジストア REST API は、送信済み API 要求の取得または削除用の以下のエンドポイントをサポートします。ナレッジストア REST API のベース URL は http://SERVER:PORT/business-central/rest/ です。ユーザーロール rest-all では、すべての要求で HTTP の Basic 認証またはトークンベースの認証が必要です。

[GET] /jobs/{jobId}

指定されたジョブのステータスを返します (以前に送信された API 要求)。

表28.14 要求パラメーター

Name説明タイプ要件

jobId

取得するジョブの ID (例: 1541010216919-1)

文字列

必須

サーバーの応答例 (JSON)

{
  "status": "SUCCESS",
  "jobId": "1541010216919-1",
  "result": null,
  "lastModified": 1541010218352,
  "detailedResult": [
    "level:INFO, path:null, text:Build of module 'Mortgage_Process' (requested by system) completed.\n Build: SUCCESSFUL"
  ]
}

[DELETE] /jobs/{jobId}

指定したジョブ (以前に送信された API 要求) を削除します。ジョブがまだ処理されていない場合、この要求はジョブをジョブキューから削除します。実行中のジョブがキャンセルされたり停止されたりすることはありません。

表28.15 要求パラメーター

Name説明タイプ要件

jobId

削除するジョブの ID (例: 1541010216919-1)

文字列

必須

サーバーの応答例 (JSON)

{
  "status": "GONE",
  "jobId": "1541010216919-1",
  "result": null,
  "lastModified": 1541132054916,
  "detailedResult": [
    "level:INFO, path:null, text:Build of module 'Mortgage_Process' (requested by system) completed.\n Build: SUCCESSFUL"
  ]
}

28.2.4. ブランチ

ナレッジストア REST API は Business Central のブランチを管理するための以下のエンドポイントをサポートします。ナレッジストア REST API のベース URL は http://SERVER:PORT/business-central/rest/ です。ユーザーロール rest-all では、すべての要求で HTTP の Basic 認証またはトークンベースの認証が必要です。

[GET] /spaces/{spaceName}/projects/{projectName}/branches

指定のプロジェクトおよびスペースにあるブランチをすべて返します。

表28.16 要求パラメーター

Name説明タイプ要件

spaceName

取得するプロジェクトのスペース名

文字列

必須

projectName

ブランチを取得するためのプロジェクト名

文字列

必須

サーバーの応答例 (JSON)

[
  {
    "name":"master"
  }
]

[POST] /spaces/{spaceName}/projects/{projectName}/branches

指定のプロジェクトおよびスペースに、指定したブランチを追加します。

表28.17 要求パラメーター

Name説明タイプ要件

spaceName

プロジェクトのあるスペースの名前

文字列

必須

projectName

新しくブランチを作成する必要があるプロジェクトの名前

文字列

必須

ボディ

プロジェクトの newBranchNamebaseBranchName

要求ボディ

必須

要求ボディ (JSON) 例

{
   "newBranchName":  "branch01",
   "baseBranchName": "master"
}

サーバーの応答例 (JSON)

{
    "jobId":          "1576175811141-3",
    "status":         "APPROVED",
    "spaceName":      "Space123",
    "projectName":    "ProjABC",
    "newBranchName":  "b1",
    "baseBranchName": "master",
    "userIdentifier": "bc"
}

[DELETE] /spaces/{spaceName}/projects/{projectName}/branches/{branchName}

指定のプロジェクトおよびスペースから、指定したブランチを削除します。

表28.18 要求パラメーター

Name説明タイプ要件

spaceName

プロジェクトのあるスペースの名前

文字列

必須

projectName

ブランチが配置されているプロジェクトの名前

文字列

必須

branchName

削除するブランチの名前

文字列

必須

サーバーの応答例 (JSON)

{
    "jobId":          "1576175811421-5",
    "status":         "APPROVED",
    "spaceName":      "Space123",
    "projectName":    "ProjABC",
    "branchName":     "b1",
    "userIdentifier": "bc"
}

[POST] /spaces/{spaceName}/projects/{projectName}/branches/{branchName}/maven/compile

指定のプロジェクトおよびスペースで、指定したブランチをコンパイルします。branchName が指定されていない場合、要求は Master ブランチに適用されます。

表28.19 要求パラメーター

Name説明タイプ要件

spaceName

プロジェクトのあるスペースの名前

文字列

必須

projectName

ブランチが配置されているプロジェクトの名前

文字列

必須

branchName

コンパイルするブランチの名前

文字列

必須

サーバーの応答例 (JSON)

{
    "jobId":       "1576175811233-4",
    "status":      "APPROVED",
    "spaceName":   "Space123",
    "projectName": "ProjABC",
    "branchName":  "b1",
}

[POST] /spaces/{spaceName}/projects/{projectName}/branches/{branchName}/maven/install

指定のプロジェクトおよびスペースに、指定したブランチをインストールします。branchName が指定されていない場合、要求は Master ブランチに適用されます。

表28.20 要求パラメーター

Name説明タイプ要件

spaceName

プロジェクトのあるスペースの名前

文字列

必須

projectName

ブランチが配置されているプロジェクトの名前

文字列

必須

branchName

インストールするブランチの名前

文字列

必須

サーバーの応答例 (JSON)

{
    "jobId":       "1576175811233-4",
    "status":      "APPROVED",
    "spaceName":   "Space123",
    "projectName": "ProjABC",
    "branchName":  "b1",
}

[POST] /spaces/{spaceName}/projects/{projectName}/branches/{branchName}/maven/test

指定のプロジェクトおよびスペースで、指定したブランチをテストします。branchName が指定されていない場合、要求は Master ブランチに適用されます。

表28.21 要求パラメーター

Name説明タイプ要件

spaceName

プロジェクトが配置されているスペースの名前

文字列

必須

projectName

ブランチが配置されているプロジェクトの名前

文字列

必須

branchName

テストするブランチの名前

文字列

必須

サーバーの応答例 (JSON)

{
    "jobId":       "1576175811233-4",
    "status":      "APPROVED",
    "spaceName":   "Space123",
    "projectName": "ProjABC",
    "branchName":  "b1",
}

[POST] /spaces/{spaceName}/projects/{projectName}/branches/{branchName}/maven/deploy

指定のプロジェクトおよびスペースで、指定したブランチをデプロイします。branchName が指定されていない場合、要求は Master ブランチに適用されます。

表28.22 要求パラメーター

Name説明タイプ要件

spaceName

プロジェクトのあるスペースの名前

文字列

必須

projectName

ブランチが配置されているプロジェクトの名前

文字列

必須

branchName

デプロイするブランチの名前

文字列

必須

サーバーの応答例 (JSON)

{
    "jobId":       "1576175811233-4",
    "status":      "APPROVED",
    "spaceName":   "Space123",
    "projectName": "ProjABC",
    "branchName":  "b1",
}

第29章 Business Central のグループ、ロール、およびユーザーの Security Management REST API

Red Hat Process Automation Manager は、Business Central ユーザーインターフェースを使用せずに Red Hat Process Automation Manager でグループ、ロール、およびユーザーを管理する時に使用可能な Security Management REST API を提供します。この API のサポートにより、Business Central グループ、ロール、ユーザー、および付与したパーミッションの管理の容易化、自動化が可能です。

Security Management REST API を使用すると、以下のアクションが可能になります。

  • すべてのグループ、ロール、ユーザー、およびそれぞれに付与された権限に関する情報を取得する
  • グループとユーザーを作成、更新、または削除する
  • グループ、ロール、およびユーザーに付与された権限を更新する
  • ユーザーに割り当てられたグループとロールに関する情報を取得する

Security Management REST API 要求には以下のコンポーネントが必要です。

認証

Security Management REST API は、ユーザーロール admin に HTTP の Basic 認証またはトークンベースの認証を必要とします。お使いの Red Hat Process Automation Manager に設定されているユーザーロールを表示するには、~/$SERVER_HOME/standalone/configuration/application-roles.properties~/application-users.properties に移動します。

ユーザーに admin ロールを追加するには、~/$SERVER_HOME/bin に移動して以下のコマンドを実行します。

$ ./add-user.sh -a --user <USERNAME> --password <PASSWORD> --role admin

ユーザーロールと Red Hat Process Automation Manager のインストールオプションの詳細は、『Red Hat Process Automation Manager インストールの計画』 を参照してください。

HTTP ヘッダー

Security Management REST API は、API 要求に以下の HTTP ヘッダーを必要とします。

  • Accept: 要求元のクライアントが受け付けるデータ形式:

    • application/json (JSON)
  • Content-Type: POST または PUT API 要求データ向けのデータ形式:

    • application/json (JSON)
HTTP メソッド

Security Management REST API は、API 要求に以下の HTTP メソッドを必要とします。

  • GET: 指定したリソースのエンドポイントから指定した情報を取得する
  • POST: リソースを作成または更新する
  • DELETE: リソースを削除する
ベース URL

Security Management REST API 要求のベース URL は http://SERVER:PORT/business-central/rest/ で、たとえば http://localhost:8080/business-central/rest/ となります。

注記

Business Central に組み込まれた Security Management、ナレッジストア、Process Automation Manager コントローラーの REST API ベース URL は、Business Central REST サービスとみなされるため、すべて同じです。

エンドポイント

特定のユーザーの /users/{userName} など、Security Management REST API のエンドポイントは、Security Management REST API ベース URL に追記する URI で、Red Hat Process Automation Manager 内で、対応するリソースやリソースタイプにアクセスする際に使用します。

/users/{userName} エンドポイントの要求 URL 例

http://localhost:8080/business-central/rest/users/newUser

要求データ

Security Management REST API の HTTP POST 要求は、データに JSON 要求のボディが必要になる場合があります。

POST 要求 URL と JSON 要求のボディデータの例

http://localhost:8080/business-central/rest/users/newUser/groups

[
  "newGroup"
]

29.1. REST クライアントまたは curl ユーティリティーを使用した Security Management REST API による要求送信

Security Management REST API を使用すると、Business Central ユーザーインターフェースを使わずに Red Hat Process Automation Manager のグループ、ロール、およびユーザーを操作することができます。Security Management REST API 要求は、REST クライアントまたは curl ユーティリティーを使用して送信できます。

前提条件

  • Business Central をインストールし、実行している。
  • admin ユーザーロールで Business Central にアクセスできる。

手順

  1. [GET] /groups など、要求の送信先に適した API エンドポイント を特定し、Business Central からグループを取得します。
  2. REST クライアントまたは curl ユーティリティーで、/groups への GET 要求に以下のコンポーネントを記入します。ご自分のユースケースに合わせて、要求詳細を調整します。

    REST クライアントの場合:

    • Authentication: admin ロールを持つ Business Central ユーザーのユーザー名とパスワードを入力します。
    • HTTP Headers: 以下のヘッダーを設定します。

      • Accept: application/json
    • HTTP method: GET に設定します。
    • URL: Security Management REST API ベース URL とエンドポイントを入力します。たとえば、http://localhost:8080/business-central/rest/groups となります。

    curl ユーティリティーの場合:

    • -u: admin ロールを持つ Business Central ユーザーのユーザー名とパスワードを入力します。
    • -H: 以下のヘッダーを設定します。

      • Accept: application/json
    • -X: GET に設定します。
    • URL: Security Management REST API ベース URL とエンドポイントを入力します。たとえば、http://localhost:8080/business-central/rest/groups となります。
    curl -u 'baAdmin:password@1' -H "Accept: application/json" -X GET "http://localhost:8080/business-central/rest/groups"
  3. 要求を実行し、KIE Server の応答を確認します。

    サーバー応答の例 (JSON):

    [
      	{
    		"group1"
    	},
    	{
    		"group2"
    	}
    ]
  4. REST クライアントまたは curl ユーティリティーで、/users/{userName}/groups への POST 要求を以下のコンポーネントで送信し、ユーザーに割り当てられたグループを更新します。ご自分のユースケースに合わせて、要求詳細を調整します。

    REST クライアントの場合:

    • Authentication: admin ロールを持つ Business Central ユーザーのユーザー名とパスワードを入力します。
    • HTTP Headers: 以下のヘッダーを設定します。

      • Accept: application/json
      • Content-Type: application/json
    • HTTP method: POST に設定します。
    • URL: Security Management REST API ベース URL とエンドポイントを入力します。たとえば、http://localhost:8080/business-central/rest/users/newUser/groups となります。
    • 要求のボディ: 新規グループ用の ID データを含む JSON 要求のボディを追加します。
    [
      "newGroup"
    ]

    curl ユーティリティーの場合:

    • -u: admin ロールを持つ Business Central ユーザーのユーザー名とパスワードを入力します。
    • -H: 以下のヘッダーを設定します。

      • Accept: application/json
      • Content-Type: application/json
    • -X: POST に設定します。
    • URL: Security Management REST API ベース URL とエンドポイントを入力します。たとえば、http://localhost:8080/business-central/rest/users/newUser/groups となります。
    • -d: 新規グループ用の ID データを含む JSON 要求のボディまたはファイル (@file.json) を追加します。
    curl -u 'baAdmin:password@1' -H "Accept: application/json" -H "Content-Type: application/json" -X POST "http://localhost:8080/business-central/rest/users/newUser/groups" -d "["newGroup"]"
    curl -u 'baAdmin:password@1' -H "Accept: application/json" -H "Content-Type: application/json" -X POST "http://localhost:8080/business-central/rest/users/newUser/groups" -d @user-groups.json
  5. 要求を実行し、KIE Server の応答を確認します。

    サーバー応答の例 (JSON):

    {
      "status": "OK",
      "message": "Groups [newGroup] are assigned successfully to user wbadmin"
    }

    要求エラーが発生した場合は、返されたエラーコードメッセージを確認して、それに応じて要求を調整します。

29.2. サポート対象の Security Management REST API エンドポイント

Security Management REST API は、Business Central でグループ、ロール、ユーザー、およびパーミッションを管理するためのエンドポイントを提供します。これには、管理者が Business Central の Security Management ページでも実行できるセキュリティーおよびパーミッション管理タスクが含まれます。

29.2.1. Groups

Security Management REST API は Business Central のグループを管理するための以下のエンドポイントをサポートします。Security Management REST API のベース URL は http://SERVER:PORT/business-central/rest/ です。ユーザーロール admin では、すべての要求で HTTP Basic 認証またはトークンベースの認証が必要です。

[GET] /groups

Business Central のすべてのグループを返します。

サーバーの応答例 (JSON)

[
  	{
		"group1"
	},
	{
		"group2"
	}
]

[POST] /groups

Business Central でグループを作成します。グループには、少なくともユーザーを 1 つ割り当てる必要があります。

表29.1 要求パラメーター

Name説明タイプ要件

ボディ

新しいグループに割り当てられたグループとユーザーの名前

要求ボディ

必須

要求ボディ (JSON) 例

{
  "name": "groupName",
  "users": [
    "userNames"
  ]
}

サーバーの応答例 (JSON)

{
  "status": "OK",
  "message": "Group newGroup is created successfully."
}

[DELETE] /groups/{groupName}

Business Central から指定のグループを削除します。

表29.2 要求パラメーター

Name説明タイプ要件

groupName

削除するグループの名前

文字列

必須

サーバーの応答例 (JSON)

{
  "status": "OK",
  "message": "Group newGroup is deleted successfully."
}

29.2.2. ロール

Security Management REST API は Business Central のロールを管理するための以下のエンドポイントをサポートします。Security Management REST API のベース URL は http://SERVER:PORT/business-central/rest/ です。ユーザーロール admin では、すべての要求で HTTP Basic 認証またはトークンベースの認証が必要です。

[GET] /roles

Business Central のすべてのロールを返します。

サーバーの応答例 (JSON)

[
  {
    "name": "process-admin"
  },
  {
    "name": "manager"
  },
  {
    "name": "admin"
  }
]

29.2.3. ユーザー

Security Management REST API は Business Central のユーザーを管理するための以下のエンドポイントをサポートします。Security Management REST API のベース URL は http://SERVER:PORT/business-central/rest/ です。ユーザーロール admin では、すべての要求で HTTP Basic 認証またはトークンベースの認証が必要です。

[GET] /users

Business Central のすべてのユーザを返します。

サーバーの応答例 (JSON)

[
    "newUser",
    "user1",
    "user2",
]

[GET] /users/{userName}/groups

指定のユーザーに割り当てられている全グループを返します。

表29.3 要求パラメーター

Name説明タイプ要件

userName

割り当てられたグループを取得するユーザーの名前

文字列

必須

サーバーの応答例 (JSON)

[
  	{
		"group1"
	},
	{
		"group2"
	}
]

[GET] /users/{userName}/roles

指定のユーザーに割り当てられている全ロールを返します。

表29.4 要求パラメーター

Name説明タイプ要件

userName

割り当てられたロールを取得するユーザーの名前

文字列

必須

サーバーの応答例 (JSON)

[
  {
    "name": "process-admin"
  },
  {
    "name": "manager"
  },
  {
    "name": "admin"
  }
]

[POST] /users

ロールとグループを指定して、指定のユーザーを作成します。

要求ボディ (JSON) 例

{
  "name": "newUser",
  "roles": [
    "admin",
    "developer"
  ],
  "groups": [
    "group1",
    "group2"
  ]
}

サーバーの応答例 (JSON)

{
  "status": "OK",
  "message": "User newUser is created successfully."
}

[Post] /users/{userName}/changePassword

指定のユーザーのパスワードを変更します。

表29.5 要求パラメーター

Name説明タイプ要件

userName

パスワードを変更するユーザーの名前

文字列

必須

要求のコマンド例

curl -u 'baAdmin:password@1' -H "Accept: application/json" -H "Content-Type: application/json" -X POST "http://localhost:8080/business-central/rest/users/newUser/changePassword" -d newpassword

サーバーの応答例 (JSON)

{
  "status": "OK",
  "message": "Password for newUser has been updated successfully."
}

[DELETE] /users/{userName}

Business Central から指定のユーザーを削除します。

表29.6 要求パラメーター

Name説明タイプ要件

userName

削除するユーザーの名前

文字列

必須

サーバーの応答例 (JSON)

{
  "status": "OK",
  "message": "User newUser is deleted successfully."
}

[POST] /users/{userName}/groups

指定のユーザーに割り当てられている既存のグループを、新規グループで上書きします。

表29.7 要求パラメーター

Name説明タイプ要件

userName

グループを更新するユーザーの名前

文字列

必須

要求ボディ (JSON) 例

[
  "newGroup"
]

サーバーの応答例 (JSON)

{
  "status": "OK",
  "message": "Groups [newGroup] are assigned successfully to user wbadmin"
}

[POST] /users/{userName}/roles

指定のユーザーに割り当てられている既存のロールを、新規ロールで上書きします。

表29.8 要求パラメーター

Name説明タイプ要件

userName

ロールを更新するユーザーの名前

文字列

必須

要求ボディ (JSON) 例

[
  "admin"
]

サーバーの応答例 (JSON)

{
  "status": "OK",
  "message": "Roles [admin] are assigned successfully to user wbadmin"
}

29.2.4. パーミッション

Security Management REST API は Business Central のグループ、ロール、およびユーザーに割り当てられたパーミッションを管理するための以下のエンドポイントをサポートします。Security Management REST API のベース URL は http://SERVER:PORT/business-central/rest/ です。ユーザーロール admin では、すべての要求で HTTP Basic 認証またはトークンベースの認証が必要です。

[GET] /groups/{groupName}/permissions

指定のグループに付与されている全パーミッションを返します。

表29.9 要求パラメーター

Name説明タイプ要件

groupName

パーミッションを取得するグループの名前

文字列

必須

サーバーの応答例 (JSON)

{
	"homePage": "HomePerspective",
	"priority": -10,
	"project": {
		"read": {
			"access": false,
			"exceptions": []
		},

	},
	"spaces": {
		"read": {
			"access": true,
			"exceptions": [
				"MySpace"
			]
		},
	},
	"editor": {
		"read": {
			"access": false,
			"exceptions": [
				"GuidedDecisionTreeEditorPresenter"
			]
		},
		"create": null,
		"update": null,
		"delete": null,
		"build": null
	},
	"pages": {
		"read": {
			"access": true,
			"exceptions": []
		},
		"build": null
	},
	"workbench": {
		"editDataObject": false,
		"plannerAvailable": false,
		"editGlobalPreferences": false,
		"editProfilePreferences": false,
		"accessDataTransfer": false,
		"jarDownload": true,
		"editGuidedDecisionTableColumns": true
	}
}

[GET] /roles/{roleName}/permissions

指定のロールに付与されている全パーミッションを返します。

表29.10 要求パラメーター

Name説明タイプ要件

roleName

パーミッションを取得するロールの名前

文字列

必須

サーバーの応答例 (JSON)

{
	"homePage": "HomePerspective",
	"priority": -10,
	"project": {
		"read": {
			"access": false,
			"exceptions": []
		},

	},
	"spaces": {
		"read": {
			"access": true,
			"exceptions": [
				"MySpace"
			]
		},
	},
	"editor": {
		"read": {
			"access": false,
			"exceptions": [
				"GuidedDecisionTreeEditorPresenter"
			]
		},
		"create": null,
		"update": null,
		"delete": null,
		"build": null
	},
	"pages": {
		"read": {
			"access": true,
			"exceptions": []
		},
		"build": null
	},
	"workbench": {
		"editDataObject": false,
		"plannerAvailable": false,
		"editGlobalPreferences": false,
		"editProfilePreferences": false,
		"accessDataTransfer": false,
		"jarDownload": true,
		"editGuidedDecisionTableColumns": true
	}
}

[GET] /users/{userName}/permissions

指定のユーザーに付与されている全パーミッションを返します。

表29.11 要求パラメーター

Name説明タイプ要件

userName

パーミッションを取得するユーザーの名前

文字列

必須

サーバーの応答例 (JSON)

{
	"homePage": null,
	"priority": null,
	"project": {
		"read": {
			"access": false,
			"exceptions": []
		},

	},
	"spaces": {
		"read": {
			"access": true,
			"exceptions": [
				"MySpace"
			]
		},
	},
	"editor": {
		"read": {
			"access": false,
			"exceptions": [
				"GuidedDecisionTreeEditorPresenter"
			]
		},
		"create": null,
		"update": null,
		"delete": null,
		"build": null
	},
	"pages": {
		"read": {
			"access": true,
			"exceptions": []
		},
		"build": null
	},
	"workbench": {
		"editDataObject": false,
		"plannerAvailable": false,
		"editGlobalPreferences": false,
		"editProfilePreferences": false,
		"accessDataTransfer": false,
		"jarDownload": true,
		"editGuidedDecisionTableColumns": true
	}
}

[Post] /groups/{groupName}/permissions

指定したグループのパーミッションを更新します。

表29.12 要求パラメーター

Name説明タイプ要件

groupName

パーミッションを更新するグループの名前

文字列

必須

要求ボディ (JSON) 例

{
  "homepage": "HomePerspective",
  "priority": 10,
  "pages": {
    "create": true,
    "read": false,
    "delete": false,
    "update": false,
    "exceptions": [
      {
        "name": "HomePerspective",
        "permissions": {
          "read": true
        }
      }
    ]
  },
  "project": {
    "create": true,
    "read": true,
    "delete": false,
    "update": false,
    "Build": false
  },
  "spaces": {
    "create": true,
    "read": true,
    "delete": false,
    "update": false
  },
  "editor": {
    "read": true
  },
  "workbench": {
    "editDataObject": true,
    "plannerAvailable": true,
    "editGlobalPreferences": true,
    "editProfilePreferences": true,
    "accessDataTransfer": true,
    "jarDownload": true,
    "editGuidedDecisionTableColumns": true
  }
}

サーバーの応答例 (JSON)

{
  "status": "OK",
  "message": "Group newGroup permissions are updated successfully."
}

[Post] /roles/{roleName}/permissions

指定のロールのパーミッションを更新します。

表29.13 要求パラメーター

Name説明タイプ要件

roleName

パーミッションを更新するロールの名前

文字列

必須

要求ボディ (JSON) 例

{
	"homepage": "HomePerspective",
	"priority": 10,
	"pages": {
		"create": true,
		"read": false,
		"delete": false,
		"update": false,
		"exceptions": [{
			"name": "HomePerspective",
			"permissions": {
				"read": true
			}
		}]
	},
	"project": {
		"create": true,
		"read": true,
		"delete": false,
		"update": false,
		"Build": false
	},
	"spaces": {
		"create": true,
		"read": true,
		"delete": false,
		"update": false
	},
	"editor": {
		"read": true
	},
	"workbench": {
		"editDataObject": true,
		"plannerAvailable": true,
		"editGlobalPreferences": true,
		"editProfilePreferences": true,
		"accessDataTransfer": true,
		"jarDownload": true,
		"editGuidedDecisionTableColumns": true
	}
}

サーバーの応答例 (JSON)

{
  "status": "OK",
  "message": "Role newRole permissions are updated successfully."
}

29.2.4.1. Business Central でサポートされているパーミッション

Red Hat Process Automation Manager で使用できるパーミッションは次のとおりです。管理者はこれらのパーミッションを使用して、Business Central のグループ、ロール、またはユーザーに特定のアクションを許可します。

優先順位

優先順位は、複数のロールまたはグループを割り当てられたユーザーの優先度を定義する整数です。新規グループの優先順位のデフォルト値は -100 です。Business Central で優先順位として整数値を設定できます。優先順位は、以下のルールを使用して解決されます。

表29.14 優先順位値のテーブル

整数値優先順位

-5 未満

非常に低い

-5 から 0

0 相当

普通

0 から 5

6 以上

非常に高い

ホームページ
ホームページは、ユーザーのデフォルトのランディングページを示します。
ワークベンチ

ワークベンチは、以下の定義済みのパーミッションで構成されます。

{
  "editDataObject": true,
  "plannerAvailable": true,
  "editGlobalPreferences": true,
  "editProfilePreferences": true,
  "accessDataTransfer": true,
  "jarDownload": true,
  "editGuidedDecisionTableColumns": true
}
ページ、エディター、スペース、およびプロジェクト

以下は、リソースタイプに基にしたパーミッションで使用可能な値です。

  • PAGES: read,create,update,delete
  • EDITOR: read
  • SPACES: read,create,update,delete
  • PROJECT: read,create,update,delete,build

以下のコードを使用して、パーミッション PagesEditorSpaces、および Projects に例外を追加できます。

{
  "pages": {
    "read": false,
    "exceptions": [
      {
        "resourceName": "ProcessInstances",
        "permissions": {
          "read": false
        }
      },
      {
        "resourceName": "ProcessDefinitions",
        "permissions": {
          "read": false
        }
      }
    ]
  }
}

name 属性は、例外として追加するリソースの IDです。以下の REST API エンドポイントを使用して、使用可能な ID 一覧を取得します。REST API ベースの URL は http://SERVER:PORT/business-central/rest/ です。

  • [GET] /perspectives: Business Central での全ページのパースペクティブ名を返します。
  • [GET] /editors: Business Central の全エディターを返します。
  • [GET] /spaces: Business Central の全スペースを返します。
  • [GET] /spaces/{spaceName}/projects: 指定のスペースのプロジェクトを返します。

ページのサーバー応答の例 (JSON)

"pages": {
	"create": true,
	"read": false,
	"exceptions": [
    {
		"name": "HomePerspective",
		"permissions": {
			"read": true
		}
	}
]
}

第30章 KIE セッションやタスクサービス向けの EJB API

Red Hat Process Automation Manager には、組み込みのユースケースで使用してリモートで、アプリケーションから KieSession オブジェクトおよび TaskService オブジェクトにアクセスできるように Enterprise JavaBeans (EJB) API が含まれています。EJB API を使用すると、Red Hat Process Automation Manager のプロセスエンジンと、リモートのカスタマーアプリケーションの間で、密接にトランザクションを統合できます。

KIE Server には EJB のサポートはありませんが、KIE Server をリモートの REST または JMS で操作するように、プロセスエンジンのリモートプロトコルとして EJB を使用できます。

EJB インターフェースの実装は、フレームワークや、コンテナーに依存しない単一の API で、フレームワーク固有のコードと併用できます。EJB サービスは、Red Hat Process Automation Manager の org.jbpm.services.api パッケージおよび org.jbpm.services.ejb パッケージで公開されます。この実装は、RuleService クラスをサポートしませんが、ProcessService クラスは InsertCommandFireAllRulesCommand など、さまざまなルール関連のコマンドを使用できる execute メソッドを公開します。

注記

コンテキストと依存関係の挿入 (CDI: Contexts and Dependency Injection) も、Red Hat Process Automation Manager の org.jbpm.services.cdi パッケージでサポートされます。ただし、EJB の統合で競合を回避するために、EJB と CDI は併用しないでください。

30.1. サポート対象の EJB サービス

Red Hat Process Automation Manager で利用可能な Enterprise JavaBeans (EJB) サービスの完全一覧については、Red Hat カスタマーポータル から Red Hat Process Automation Manager 7.10.0 Maven Repository をダウンロードして、~/jboss-rhba-7.10.0.GA-maven-repository/maven-repository/org/jbpm/jbpm-services-ejb-* に移動してください。

jBPM サービスに対して EJB インターフェースを提供するアーティファクトは、次のパッケージに含まれています。

  • org.jbpm.services.ejb.api: EJB インターフェースの jBPM サービス API の拡張を含みます。
  • org.jbpm.services.ejb.impl: コアサービス実装の上の階層にある EJB ラッパーを含みます。
  • org.jbpm.services.ejb.client: EJB リモートクライアント実装を含みます。Red Hat JBoss EAP でのみサポートされます。

org.jbpm.services.ejb.api パッケージには、リモート EJB クライアントで使用可能な、以下のサービスインターフェースが含まれます。

  • DefinitionServiceEJBRemote: このインターフェースを使用して、プロセス (ID、名前、バージョン)、プロセス変数 (変数と型)、定義済みの再利用可能なサブプロセス、ドメイン固有のサービス、ユーザータスク、およびユーザータスクの入出力に関する情報を収集します。
  • DeploymentServiceEJBRemote: このインターフェースを使用してデプロイメントとデプロイメント解除を開始します。このインターフェースには、deploy メソッド、undeploy メソッド、getRuntimeManager メソッド、getDeployedUnits メソッド、isDeployed メソッド、activate メソッド、deactivate メソッド、および getDeployedUnit メソッドが含まれます。DeploymentUnit のインスタンスで deploy メソッドを呼び出すと、RuntimeManager インスタンスをビルドして、ユニットをランタイムエンジンにデプロイします。デプロイメントに成功すると、DeployedUnit のインスタンスが作成され、将来の使用のためにキャッシュされます。(これらの方法を使用するには、Maven リポジトリーでプロジェクトのアーティファクトをインストールする必要があります。)
  • ProcessServiceEJBRemote: このインターフェースを使用して、1 つまたは複数のプロセスおよびワークアイテムのライフサイクルを制御します。
  • RuntimeDataServiceEJBRemote: このインターフェースを使用して、プロセスインスタンス、プロセス定義、ノードインスタンスの情報、変数情報など、ランタイム関連のデータを取得します。このインターフェースには、所有者、ステータス、および時間をもとにタスク情報を収集する便利な方法が複数含まれています。
  • UserTaskServiceEJBRemote: このインターフェースを使用して、ユーザータスクのライフサイクルを制御します。このインターフェースには、activatestartstopexecute など、ユーザータスクを操作する便利なメソッドが複数含まれます。
  • QueryServiceEJBRemote: このインターフェースを使用して、詳細なクエリーに対応します。
  • ProcessInstanceMigrationServiceEJBRemote: このインターフェースを使用して、プロセス定義の新規バージョンがデプロイされると、プロセスインスタンスを移行します。

同じ KIE Server で EJB アプリケーションおよび Business Central を実行する場合は、org.jbpm.deploy.sync.int システムプロパティーを設定して、指定の間隔で EJB と Business Central 間の情報を同期できます。サービスが同期を完了したら、REST 操作を使用して更新された情報にアクセスできます。

注記

Red Hat Process Automation Manager の EJB サービスは、組み込みユースケース向けに設計されています。EJB アプリケーションと Business Central を同じ KIE Server で実行する場合は、EJB アプリケーションのクラスパスに kie-services パッケージも追加する必要があります。

30.2. EJB サービスの WAR ファイルのデプロイ

Enterprise JavaBeans (EJB) インターフェースを使用して、Red Hat Process Automation Manager ディストリビューションの一部として使用する EJB サービスの WAR ファイルを作成して、デプロイできます。

手順

  1. 次の例のような起動 Java クラスを使用して、ヒューマンタスクのコールバックを登録します。

    @Singleton
    @Startup
    public class StartupBean {
    
      @PostConstruct
      public void init()
      { System.setProperty("org.jbpm.ht.callback", "jaas"); }
    
    }
  2. EJB プロジェクトをビルドして、プロジェクト設定に合わせて WAR ファイルを生成します。
  3. 生成されたファイルを Red Hat Process Automation Manager が実行している Red Hat JBoss EAP インスタンスにデプロイします。

    ランタイムセッションに、Singleton ストラテジーは使用しないようにしてください。Singleton ストラテジーを使用すると、アプリケーションが下層のファイルシステムから同じ ksession インスタンスを複数回読み込み、楽観ロックの例外が発生する可能性があります。

    Red Hat Process Automation Manager が実行中のインスタンスと分離して、Red Hat JBoss EAP インスタンスに EJB WAR ファイルをデプロイする場合は、リモート EJB を呼び出して、セキュリティーコンテキストを伝搬するように、アプリケーションまたはアプリケーションサーバーを設定します。

    Hibernate を使用して Red Hat Process Automation Manager のデータベーススキーマを作成する場合は、Business Central の persistence.xml ファイルを更新して、hibernate.hbm2ddl.auto プロパティーの値を create ではなく、update に設定します。

  4. 以下の例のように、基本的な Web アプリケーションを作成し、EJB サービスを挿入して、デプロイメントをローカルでテストします。

    @EJB(lookup = "ejb:/sample-war-ejb-app/ProcessServiceEJBImpl!org.jbpm.services.ejb.api.ProcessServiceEJBRemote")
    private ProcessServiceEJBRemote processService;
    
    @EJB(lookup = "ejb:/sample-war-ejb-app/UserTaskServiceEJBImpl!org.jbpm.services.ejb.api.UserTaskServiceEJBRemote")
    private UserTaskServiceEJBRemote userTaskService;
    
    @EJB(lookup = "ejb:/sample-war-ejb-app/RuntimeDataServiceEJBImpl!org.jbpm.services.ejb.api.RuntimeDataServiceEJBRemote")
    private RuntimeDataServiceEJBRemote runtimeDataService;

Red Hat JBoss EAP での EJB アプリケーションの開発およびデプロイに関する詳細は、『EJB アプリケーションの開発』を参照してください。

第31章 関連資料

付録A バージョン情報

本ドキュメントの最終更新日: 2021 年 2 月 17 日

付録B お問い合わせ先

Red Hat Process Automation Manager のドキュメントチーム: brms-docs@redhat.com

法律上の通知

Copyright © 2021 Red Hat, Inc.
The text of and illustrations in this document are licensed by Red Hat under a Creative Commons Attribution–Share Alike 3.0 Unported license ("CC-BY-SA"). An explanation of CC-BY-SA is available at http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0/. In accordance with CC-BY-SA, if you distribute this document or an adaptation of it, you must provide the URL for the original version.
Red Hat, as the licensor of this document, waives the right to enforce, and agrees not to assert, Section 4d of CC-BY-SA to the fullest extent permitted by applicable law.
Red Hat, Red Hat Enterprise Linux, the Shadowman logo, the Red Hat logo, JBoss, OpenShift, Fedora, the Infinity logo, and RHCE are trademarks of Red Hat, Inc., registered in the United States and other countries.
Linux® is the registered trademark of Linus Torvalds in the United States and other countries.
Java® is a registered trademark of Oracle and/or its affiliates.
XFS® is a trademark of Silicon Graphics International Corp. or its subsidiaries in the United States and/or other countries.
MySQL® is a registered trademark of MySQL AB in the United States, the European Union and other countries.
Node.js® is an official trademark of Joyent. Red Hat is not formally related to or endorsed by the official Joyent Node.js open source or commercial project.
The OpenStack® Word Mark and OpenStack logo are either registered trademarks/service marks or trademarks/service marks of the OpenStack Foundation, in the United States and other countries and are used with the OpenStack Foundation's permission. We are not affiliated with, endorsed or sponsored by the OpenStack Foundation, or the OpenStack community.
All other trademarks are the property of their respective owners.