Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

第8章 director ベースのアップグレードのトラブルシューティング

本項では、両シナリオのトラブルシューティングのためのアドバイスを記載します。

8.1. アンダークラウドのアップグレード

アンダークラウドのアップグレードコマンド (openstack undercloud upgrade) が失敗した場合には、以下のアドバイスに従って、アップグレードの進捗の妨げとなっている問題を特定してください。

  • openstack undercloud upgrade コマンドは、実行中に進捗ログを出力します。アップグレードのプロセス中にエラーが発生した場合には、エラーの発生時にこのコマンドは停止します。この情報を使用して、アップグレードの進捗を妨げている問題を特定してください。
  • openstack undercloud upgrade コマンドは、Puppet を実行してアンダークラウドサービスを設定します。これにより、以下のディレクトリーで便利な Puppet のレポートが生成されます。

    • /var/lib/puppet/state/last_run_report.yaml: 最後の Puppet レポートは、アンダークラウド向けに生成されます。このファイルは、問題のある Puppet のアクションの原因を表示します。
    • /var/lib/puppet/state/last_run_summary.yaml: last_run_report.yaml ファイルのサマリー
    • /var/lib/puppet/reports: アンダークラウドの全 Puppet レポート

      この情報を使用して、アップグレードプロセスを妨げている問題を特定します。

  • エラーが発生しているサービスがあるかどうかを確認します。

    $ sudo systemctl -t service

    エラーが発生しているサービスがある場合は、対応するログを確認します。たとえば、openstack-ironic-api でエラーが発生している場合には、以下のコマンドを使用してこのサービスのログを確認します。

    $ sudo journalctl -xe -u openstack-ironic-api
    $ sudo tail -n 50 /var/log/ironic/ironic-api.log

アンダークラウドのアップグレードを妨げていた問題を修正した後に、アップグレードのコマンドを再度実行します。

$ openstack undercloud upgrade

アップグレードのコマンドをもう 1 度開始して、アンダークラウドを設定します。

8.2. オーバークラウドのアップグレード

オーバークラウドのアップグレードプロセスで障害が発生した場合には、以下のアドバイスに従ってアップグレードプロセスを妨げている問題を特定します。

  • Heat スタックの一覧を確認して、UPDATE_FAILED のステータスがあるスタックを特定します。以下のコマンドで、そのようなスタックを特定します。

    $ heat stack-list --show-nested | awk -F "|" '{ print $3,$4 }' | grep "UPDATE_FAILED" | column -t

    エラーの発生したスタックとそのスタックのテンプレートを表示して、スタックが失敗した原因を究明します。

    $ heat stack-show overcloud-Controller-qyoy54dyhrll-1-gtwy5bgta3np
    $ heat template-show overcloud-Controller-qyoy54dyhrll-1-gtwy5bgta3np
  • 全コントローラーノード上で Pacemaker が正しく実行されていることを確認します。必要な場合は、コントローラーノードにログインして、コントローラークラスターを再起動します。

    $ sudo pcs cluster start

オーバークラウドのアップグレードを妨げていた問題を修正した後に、アップグレードを試みて失敗したステップの openstack overcloud deploy コマンドを再度実行します。アップグレードプロセスで、major-upgrade-pacemaker-init.yaml を指定して実行する最初の openstack overcloud deploy コマンドの例を以下に示します。

$ openstack overcloud deploy --templates \
  -e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/network-isolation.yaml \
  -e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/net-single-nic-with-vlans.yaml  \
  -e network_env.yaml \
  -e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/major-upgrade-pacemaker-init.yaml

openstack overcloud deploy は、オーバークラウドのスタックの更新を再試行します。