Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

第1章 はじめに

本書は、Red Hat OpenStack Platform のパートナーが OpenStack Platform 環境のインストールやデプロイメントライフサイクルの管理に使用するツールとして、Red Hat OpenStack Platform director を使用してソリューションを統合する作業を支援するために作成されました。director を使用して統合することで、パートナーの技術をシームレスに導入することができます。リソースの最適化、デプロイメントにかかる時間の短縮、ライフサイクル管理コストの削減など、幅広い利点を見出すことができます。

今後、OpenStack Platform director を使用した統合は、既存のエンタープライズ管理システムおよびプロセスとの充実した統合を提供するための強固な対策の 1 つとなります。director の機能は将来、Red Hat の製品ポートフォリオ内の CloudForms などのツールによって統合/使用されるようになり、サービスデプロイメント管理のより多くのプロセスをグラフィカルユーザーインターフェースで実行できるようになる見通しです。

1.1. パートナーのソリューション統合に関する概要

本書は、パートナーがソフトウェアおよびハードウェアソリューションを Red Hat OpenStack Platform に統合するのを支援することを目的としています。この作業は、director でオーバークラウドの一部として設定する方法で行います。手順は、複数のセクションで構成されるワークフロー形式で記載しており、各セクションでは特定の統合タスクの実行方法について説明します。

  • アーキテクチャー: オーバークラウドの作成や設定を実行する際に director が使用するテクノロジーの一部を検証します。
  • オーバークラウドイメージ: director はオーバークラウド内の各ノードに、ノード種別の基盤として、ベースのイメージを書き込みます。このセクションでは、デプロイメント前にこれらのイメージを修正してドライバーやソフトウェアを追加できるようにする方法を説明します。これは、アップストリームに寄与する前にドライバーや設定をテストする際などに役立ちます。
  • 設定: director は、主に Puppet モジュールを使用して、オーバークラウド上の各サービスを設定します。このセクションでは、Puppet モジュールがどのように機能し、オーバークラウドの設定にこの Puppet モジュールがどのように使用されるかを説明します。
  • オーケストレーション: director は、Heat テンプレートセットを使用して、オーバークラウドを作成、設定します。これには、オーバークラウド設定の動作を変更するためのカスタムの環境ファイルや Heat テンプレートなども含まれる場合があります。このセクションでは、そのようなテンプレートを作成してオーバークラウドのカスタムの設定を有効化する方法について重点的に解説します。この操作には、本セクションの 1 つ前の章で説明している Puppet 設定の追加も必要です。
  • 統合ポイント: director がデプロイするイメージには、必須の OpenStack のコンポーネントと設定用の Puppet モジュールセットが含まれます。このセクションでは、コンポーネントドライバーや Puppet モジュールを貢献するためのいくつかのアップストリームプロジェクトについて説明します。アップストリームに貢献されたコンポーネントやモジュールは、Red Hat が検証を行って、今後の Red Hat OpenStack Platform ディストリビューションに追加することができます。
  • 実例: この章では、前の章で得た知識の集大成として、実際の認定済みベンダーが現在 director を使用してオーバークラウドにプロジェクトを統合している方法を実習します。ネットワークおよびストレージの実践的な例もいくつか記載しています。このセクションは、同じようなベンダーが自社製品を Red Hat OpenStack Platform のエコシステムに統合するのに役立ちます。

1.2. パートナーのソリューション統合の要件

director を使用して有意義な統合作業を完了させるには、複数の前提条件を満たす必要があります。これらの要件は、技術的な統合に限定されず、さまざまなレベルのパートナーソリューションの文書化も含まれます。これは、統合全体について完全な知識を共有して、Red Hat のエンジニアリングチーム、パートナーのマネージャー、サポート要員が効率的に作業をサポートできるようにすることが目的です。

最初の要件は、Red Hat OpenStack Platform ソリューションの認定に関連します。パートナーのソリューションを Red Hat OpenStack Platform director を使用して統合するには、まず Red Hat OpenStack Platform で認定される必要があります。