Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

4.5. Object Storage サービスのインストールの検証

Object Storage サービスのインストールおよび設定後には、そのインストールや設定を検証する必要があります。以下の手順は、プロキシーサービスをホストするサーバーまたは、keystonerc_admin ファイルをコピーして python-swiftclient パッケージをインストールするマシン上で実行する必要があります。

手順4.7 Object Storage サービスのインストールの検証

  1. プロキシーサーバーノード上でデバッグレベルのロギングを有効化します。
    # openstack-config --set /etc/swift/proxy-server.conf DEFAULT log_level debug
  2. rsyslog サービスおよび openstack-swift-proxy サービスを再起動します。
    # systemctl restart rsyslog.service
    # systemctl restart openstack-swift-proxy.service
  3. Keystone に管理ユーザーとしてアクセスするためのシェルを設定します。
    # source ~/keystonerc_admin
  4. プロキシーサーバーに接続できることを確認します。
    [(keystone_admin)]# swift list
     Message from syslogd@example-swift-01 at Jun 14 02:46:00 ...
     135 proxy-server Server reports support for api versions: v3.0, v2.0
  5. Object Storage サービスノードへファイルをアップロードします。
    [(keystone_admin)]# head -c 1024 /dev/urandom > data1.file ; swift upload c1 data1.file
    [(keystone_admin)]# head -c 1024 /dev/urandom > data2.file ; swift upload c1 data2.file      
    [(keystone_admin)]# head -c 1024 /dev/urandom > data3.file ; swift upload c1 data3.file
  6. Object Storage サービスのクラスターに格納されているオブジェクトを一覧表示します。
    [(keystone_admin)]# swift list
    [(keystone_admin)]# swift list c1
    data1.file
    data2.file
    data3.file