Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

6.6. Block Storage サービスのインストールの検証

6.6.1. Block Storage サービスのインストールのローカルでの検証

ローカルでボリュームを作成/削除して、ブロックストレージのインストールが完了し、使用の準備ができていることを確認します。root ユーザーまたは keystonerc_admin ファイルにアクセス権があるユーザーとしてログインして、Block Storage API サービスをホストするサーバーに対して、このテストを実行します。続行する前に、keystonerc_admin ファイルをこのシステムにコピーします。

手順6.10 Block Storage サービスのインストールのローカルでの検証

  1. 管理者ユーザーの識別と認証に使用する環境変数を読み込みます。
    # source ~/keystonerc_admin
  2. このコマンドの出力としてエラーが何も返されないことを確認してください。
    # cinder list
  3. ボリュームを作成します。
    # cinder create SIZE
    SIZE は、作成するボリュームのサイズを指定するギガバイト (GB) 単位の値に置き換えます。
  4. ボリュームを削除します。
    # cinder delete ID
    ID は、ボリュームの作成時に返された識別子に置き換えます。

6.6.2. Block Storage サービスのインストールのリモートでの検証

リモートのマシンを使用してボリュームを作成/削除して、ブロックストレージのインストールが完了し、使用の準備ができていることを確認します。root ユーザーまたは keystonerc_admin ファイルにアクセス権があるユーザーとしてログインして、Block Storage API サービスをホストするサーバー以外のサーバーに対して、このテストを実行します。続行する前に、keystonerc_admin ファイルをこのシステムにコピーします。

手順6.11 Block Storage サービスのインストールのリモートでの検証

  1. python-cinderclient パッケージをインストールします。
    # yum install -y python-cinderclient
  2. 管理者ユーザーの識別と認証に使用する環境変数を読み込みます。
    # source ~/keystonerc_admin
  3. このコマンドの出力としてエラーが何も返されないことを確認してください。
    # cinder list
  4. ボリュームを作成します。
    # cinder create SIZE
    SIZE は、作成するボリュームのサイズを指定するギガバイト (GB) 単位の値に置き換えます。
  5. ボリュームを削除します。
    # cinder delete ID
    ID は、ボリュームの作成時に返された識別子に置き換えます。