Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

5.6. Image サービスインストールの検証

本項では、ディスクイメージを Image サービスにアップロードする際に必要な手順を説明します。このイメージは、OpenStack の環境で仮想マシンを起動するためのベースとして使用することができます。

5.6.1. テストディスクイメージの取得

Image サービスへのイメージのインポートをテストする際に使用可能なディスクイメージを Red Hat からダウンロードします。新規イメージは、Red Hat Enterprise Linux 7 の各マイナーリリースで提供され、Red Hat Enterprise Linux の 製品のダウンロード から入手することができます。

手順5.12 テストディスクイメージのダウンロード

  1. https://access.redhat.com に進み、自分のアカウント情報を使用して Red Hat カスタマーポータルにログインします。
  2. メニューバーで ダウンロード をクリックします。
  3. A-Z をクリックして、製品のダウンロードをアルファベット順に並べ替えます。
  4. Red Hat Enterprise Linux をクリックして 製品のダウンロード ページにアクセスします。
  5. KVM Guest Image のダウンロードリンクをクリックします。

5.6.2. ディスクイメージのアップロード

Image サービスに保管されているイメージをベースにインスタンスを起動するには、Image サービスに 1 つまたは複数のイメージをあらかじめアップロードしておく必要があります。OpenStack 環境での使用に適したイメージにアクセスできる必要があります。

重要

Linux ベースの仮想マシンイメージはすべて、Image サービスにアップロードする前に virt-sysprep コマンドを実行しておくことを推奨します。virt-sysprep コマンドは、仮想環境で使用するための準備として、仮想イメージを再初期化します。デフォルトの操作には、SSH キーの削除、永続的な MAC アドレスの削除、ユーザーアカウントの削除などが含まれます。
virt-sysprep コマンドは、Red Hat Enterprise Linux libguestfs-tools パッケージによって提供されます。パッケージをインストールしてディスクイメージを再度初期化します。
# yum install -y libguestfs-tools
# virt-sysprep --add FILE
特定の操作の有効化/無効化についての説明は、virt-sysprep の man ページを参照してください。

手順5.13 Image サービスへのディスクイメージのアップロード

  1. 設定済みユーザー (管理者アカウントは必要なし) として keystone にアクセスするシェルを設定します。
    # source ~/keystonerc_userName
  2. ディスクイメージをインポートします。
    [(keystone_userName)]# glance image-create --name "NAME" \
            --is-public IS_PUBLIC \
            --disk-format DISK_FORMAT \
            --container-format CONTAINER_FORMAT \
            --file IMAGE
    以下の値を置き換えてください。
    • NAME は、ディスクイメージにより参照されるユーザー名に置き換えます。
    • IS_PUBLICtrue または false に置き換えます。
      • true: 全ユーザーがイメージを表示/使用することができます。
      • false: 管理者のみがイメージを表示/使用することができます。
    • DISK_FORMAT には、ディスクイメージの形式を指定します。有効な値には、akiamiariisoqcow2rawvdivhdvmdk が含まれます。仮想マシンディスクイメージの形式が不明な場合には、qemu-img info コマンドを使用してその形式の特定を試みます。
    • CONTAINER_FORMAT には、イメージのコンテナーの形式を指定します。イメージに関連した追加のメタデータが含まれる ovfami などのファイル形式でイメージがパッケージされていない限りは、コンテナーの形式は bare となります。
    • IMAGE は (アップロード用の) イメージファイルへのローカルパスに置き換えます。アップロードするイメージがローカルではアクセスできないが、リモートの URL でアクセスできる場合には、--file パラメーターの代わりに --location パラメーターで URL を指定します。イメージをオブジェクトストアにコピーするには --copy-from 引数も指定する必要があります。この引数を指定しない場合は、毎回必要に応じてリモートからイメージへアクセスされます。
    glance image-create の構文についての詳しい情報は、help ページを参照してください。
    [(keystone_userName)]# glance help image-create
    上記のコマンドの出力からイメージの一意名をメモしてください。
  3. イメージが正常にアップロードされていることを確認します。
     [(keystone_userName)]# glance image-show IMAGE_ID
    +------------------+--------------------------------------+
    | Property         | Value                                |
    +------------------+--------------------------------------+
    | checksum         | 2f81976cae15c16ef0010c51e3a6c163     |
    | container_format | bare                                 |
    | created_at       | 2013-01-25T14:45:48                  |
    | deleted          | False                                |
    | disk_format      | qcow2                                |
    | id               | 0ce782c6-0d3e-41df-8fd5-39cd80b31cd9 |
    | is_public        | True                                 |
    | min_disk         | 0                                    |
    | min_ram          | 0                                    |
    | name             | RHEL 6.6                             |
    | owner            | b1414433c021436f97e9e1e4c214a710     |
    | protected        | False                                |
    | size             | 25165824                             |
    | status           | active                               |
    | updated_at       | 2013-01-25T14:45:50                  |
    +------------------+--------------------------------------+
    IMAGE_ID は、イメージの一意名に置き換えます。
ディスクイメージは、OpenStack 環境で仮想マシンインスタンスを起動するためのベースとして使用することができるようになりました。