Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

2.4. ネットワークタイムプロトコルサーバー (NTP)

OpenStack 環境の各システムでネットワークタイムプロトコル (NTP) を使用して全システムを同期します。まず、コントローラーノードで NTP を設定して、組織内で一般的に使用されている同じ外部の NTP サーバーが設定されているようにします。次に、OpenStack 環境の残りのシステムをコントローラーノードからの同期情報を取得するように設定します。

重要

さまざまなソースから同期して、異なるネットワークを介してルーティングする、外部の NTP サーバーを使用します。
OpenStack 環境に複数のコントローラーノードがある場合には、少しのずれでも他のシステムに問題が発生する可能性があるため、クロックの同期に細心の注意を払う必要があります。またこのような環境では、コントローラーノードの 1 つが利用できなくなった場合のために、システムが複数のコントローラーノードから同期情報を取得するように設定しておくと役立ちます。
NTP の設定方法については Red Hat Enterprise Linux 7 の『システム管理者のガイド』を参照してください。