Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

15.3. Shared File System サービス用のアイデンティティーレコードの作成

必要なパッケージをインストールした後に、Shared File System サービスに必要な Identity のレコードを作成します。Identity サービスのホストまたは keystonerc_admin ファイルをコピーした先のマシン上で、以下の手順を実行してください。

注記

keystonerc_admin ファイルに関する詳しい情報は 「管理者アカウントおよび Identity サービスエンドポイントの作成」 を参照してください。

手順15.1 Shared File System サービス用のアイデンティティーレコードの作成

  1. Identity サービスに管理ユーザーとしてアクセスするためのシェルを設定します。
    # source ~/keystonerc_admin
  2. manila サービスユーザーを作成します。
    [(keystone_admin)]# openstack user create --password MANILAPASS --email manila@localhost manila
    MANILAPASS は、Shared File System サービスが Identity サービスとの認証を行う際に使用するセキュアなパスワードに置き換えます。
  3. admin ロールを manila ユーザーに追加します。
    [(keystone_admin)]# openstack role add --project services --user manila admin
  4. manila サービスエンティティーを作成します。
    [(keystone_admin)]# openstack service create --name manila --description "OpenStack Shared Filesystems" share
  5. manila エンドポイントエントリーを作成します。
    [(keystone_admin)]# openstack endpoint create \
    --publicurl 'http://MANILAIP:8786/v1/%(tenant_id)s' \
    --internalurl 'http://MANILAIP:8786/v1/%(tenant_id)s' \
    --adminurl 'http://MANILAIP:8786/v1/%(tenant_id)s' \
    --region RegionOne \
    manila
    MANILAIP は、コントローラーノードの IP に置き換えます。