Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

7.5. プラグインエージェントの設定

お使いの環境で使用するプラグインに関連づけるエージェントを設定します。ML2 プラグインまたは Open vSwitch プラグインを使用する場合は、Open vSwitch エージェントを設定します。Linux Bridge プラグインを使用する場合は、Linux Bridge エージェントを設定します。

7.5.1. Open vSwitch プラグインエージェントの設定

設定の前に ML2 plug-in または Open vSwitch プラグインをインストールして有効化する必要があります。ML2 プラグインについては、「ML2 プラグインの有効化」を、Open vSwitch プラグインについては「Open vSwitch プラグインの有効化」を参照してください。
Open vSwitch プラグインには、対応するエージェントがあります。Open vSwitch プラグインを使用している場合には、パケットを処理する環境内の全ノードにエージェントをインストールして設定する必要があります。これには、専用の DHCP および L3 エージェントをホストするシステムおよび全コンピュートノードが含まれます。

注記

VXLAN および GRE に対する Open vSwitch の TCP segmentation offload (TSO) および Generic Segmentation Offload (GSO) サポートは、デフォルトで有効化されています。

手順7.14 Open vSwitch プラグインエージェントの設定

  1. openvswitch サービスを起動します。
    # systemctl start openvswitch.service
  2. openvswitch サービスがブート時に起動するように設定します。
    # systemctl enable openvswitch.service
  3. Open vSwitch エージェントを実行する各ホストには、プライベートのネットワークトラフィックに使用される br-int という名前の Open vSwitch ブリッジも必要です。このブリッジは自動的に作成されます。

    警告

    br-int ブリッジは、このエージェントが正しく機能するために必要です。br-int ブリッジは、作成後に、削除したり変更したりしないでください。
  4. bridge_mappings 設定キーの値を、物理ネットワークとそれらに関連付けられたネットワークブリッジ (コンマ区切りリスト) に設定します。
    # openstack-config --set /etc/neutron/plugins/ml2/openvswitch_agent.ini \
       ovs bridge_mappings PHYSNET:BRIDGE
    PHYSNET は物理ネットワークの名前に、BRIDGE はネットワークブリッジの名前に置き換えます。
  5. neutron-openvswitch-agent サービスを起動します。
    # systemctl start neutron-openvswitch-agent.service
  6. neutron-openvswitch-agent サービスがブート時に起動するように設定します。
    # systemctl enable neutron-openvswitch-agent.service
  7. neutron-ovs-cleanup サービスがブート時に起動するように設定します。このサービスを使用することで、OpenStack Networking エージェントが tap デバイスの作成と管理を完全に制御できるようにします。
    # systemctl enable neutron-ovs-cleanup.service

7.5.2. Linux Bridge プラグインエージェントの設定

設定の前に Linux Bridge プラグインをインストールして有効化する必要があります。「Linux Bridge プラグインの有効化」 を参照してください。
Linux Bridge プラグインには、対応するエージェントがあります。Linux Bridge プラグインを使用している場合には、パケットを処理する環境内の全ノードにエージェントをインストールして設定する必要があります。これには、専用の DHCP および L3 エージェントをホストするシステムおよび全コンピュートノードが含まれます。

手順7.15 Linux Bridge プラグインエージェントの設定

  1. physical_interface_mappings 設定キーの値を、テナントネットワークに割り当てることができる物理ネットワークおよびそれらに関連付けられた VLAN の範囲 (コンマ区切りリスト) に設定します。
    # openstack-config --set /etc/neutron/plugin.ini \
       LINUX_BRIDGE physical_interface_mappings PHYSNET:VLAN_START:VLAN_END
    以下の値を置き換えてください。
    • PHYSNET は、物理ネットワーク名に置き換えます。
    • VLAN_START は、VLAN 範囲の開始 ID に置き換えます。
    • VLAN_END は、VLAN 範囲の終了 ID に置き換えます。
  2. neutron-linuxbridge-agent サービスを開始します。
    # systemctl start neutron-linuxbridge-agent.service
  3. neutron-linuxbridge-agent サービスをブート時に起動するように設定します。
    # systemctl enable neutron-linuxbridge-agent.service