Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

15.4. 基本的な Shared File System サービスの設定

Shared File System サービスのパッケージを手動でインストールする場合には、サービスの設定ファイル (/etc/manila/manila.conf) には何も設定が指定されていません。必要に応じて各設定をアンコメントしたり、追加/設定したりする必要があります。
以下のコードスニペットは、Shared File System サービスのデプロイに必要な基本設定です。この内容を /etc/manila/manila.conf にコピーしてください。コピーする際には、必要な変数を置き換えてください。
[DEFAULT]

osapi_share_listen=0.0.0.0
sql_connection=mysql://manila:MANILADBPASS@CONTROLLERIP/manila # 1 2
api_paste_config=/etc/manila/api-paste.ini
state_path=/var/lib/manila
sql_idle_timeout=3600
storage_availability_zone=nova
rootwrap_config=/etc/manila/rootwrap.conf
auth_strategy=keystone
nova_catalog_info=compute:nova:publicURL
nova_catalog_admin_info=compute:nova:adminURL
nova_api_insecure=False
nova_admin_username=nova
nova_admin_password=NOVAADMINPASS # 3
nova_admin_tenant_name=services
nova_admin_auth_url=http://localhost:5000/v2.0
network_api_class=manila.network.neutron.neutron_network_plugin.NeutronNetworkPlugin
debug=False
verbose=True
log_dir=/var/log/manila
use_syslog=False
rpc_backend=manila.openstack.common.rpc.impl_kombu
control_exchange=openstack
amqp_durable_queues=False

[oslo_messaging_rabbit]
rabbit_ha_queues=False
rabbit_userid=guest
rabbit_password=guest
rabbit_port=5672
rabbit_use_ssl=False
rabbit_virtual_host=/
rabbit_host=CONTROLLERIP # 4
rabbit_hosts=CONTROLLERIP:5672 # 5

[oslo_concurrency]
lock_path=/tmp/manila/manila_locks
以下の値を置き換えてください。

1

MANILADBPASS は、「Shared File System サービスのデータベースの作成」 で使用した Shared File System サービスのデータベースパスワードに置き換えます。

2 4 5

CONTROLLERIP は、コントローラーノードの IP アドレスに置き換えます。

3

NOVAADMINPASS は、Compute サービスの管理者パスワードに置き換えます。これは、/etc/neutron/neutron.confnova_admin_password と同じです。

注記

director を使用して OpenStack をデプロイした場合には、このパスワードは、アンダークラウドの /home/stack/tripleo-overcloud-passwords ファイルでも確認できます。
本リリースの時点では、Shared File System サービスの設定の一部はまだ /etc/manila/api-paste.ini で定義されている場合もあります。以下のコードスニペットを使用して、このファイルを更新してください。
[filter:keystonecontext]
paste.filter_factory = manila.api.middleware.auth:ManilaKeystoneContext.factory

[filter:authtoken]
paste.filter_factory = keystoneclient.middleware.auth_token:filter_factory
service_protocol = http
service_host = localhost
service_port = 5000
auth_host = localhost
auth_port = 35357
auth_protocol = http
admin_tenant_name = services
admin_user = manila
admin_password = MANILAPASS # 1
signing_dir = /var/lib/manila
auth_uri=http://CONTROLLERIP:5000/v2.0 # 2
identity_uri=http://CONTROLLERIP:35357 # 3

1

MANILAPASS は (「Shared File System サービス用のアイデンティティーレコードの作成」 で使用した) manila サーバーのユーザーパスワードに置き換えます。

2 3

CONTROLLERIP は、コントローラーノードの IP アドレスに置き換えます。