Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

13.3. Telemetry Alarming サービスの設定

Telemetry Alarming サービスを設定してから個別のデーモンを起動する必要があります。

13.3.1. Telemetry Alarming サービスのデータベース接続の設定

Telemetry Alarming サービスが使用するデータベース接続の URL は、/etc/aodh/aodh.conf ファイルで定義されます。以下のコマンドを実行して、URL を設置してください。
# openstack-config --set /etc/aodh/aodh.conf \
database connection mysql+pymysql://aodh:AODH_PASSWORD@IP/aodh
AODH_PASSWORD は Telemetry Alarming サービスのパスワードに、IP はデータベースサービスをホストするサーバーの IP アドレスまたはホスト名に置き換えます。

13.3.2. Telemetry Alarming サービスのアイデンティティーレコードの作成

Telemetry Alarming サービスで必要な Identity サービスを作成して設定します。これらのエントリーは、Telemetry Alarming サービスによって提供されるボリューム機能を検索してアクセスを試みる他の OpenStack サービスを補助します。

手順13.2 Telemetry Alarming サービス用のアイデンティティーレコードの作成

  1. Identity サービスに管理ユーザーとしてアクセスするためのシェルを設定します。
    # source ~/keystonerc_admin
  2. aodh ユーザーを作成します。
    [(keystone_admin)]# openstack user create --password AODH_PASSWORD aodh
    +----------+----------------------------------+
    | Field    | Value                            |
    +----------+----------------------------------+
    | email    | None                             |
    | enabled  | True                             |
    | id       | f55915b5ca2d451d8b4109251976a4bc |
    | name     | aodh                             |
    | username | aodh                             |
    +----------+----------------------------------+
    AODH_PASSWORD は Telemetry Alarming サービスのパスワードに置き換えます。
  3. admin ロールのメンバーとして、aodh ユーザーを services プロジェクトに追加します。
    [(keystone_admin)]# openstack role add --project services --user aodh admin
    +-----------+----------------------------------+
    | Field     | Value                            |
    +-----------+----------------------------------+
    | domain_id | None                             |
    | id        | 63aa6177a61b44aca25dd88a917353bc |
    | name      | admin                            |
    +-----------+----------------------------------+
  4. aodh サービスエントリーを作成します。
    [(keystone_admin)]# openstack service create --name aodh \
    --description "Telemetry Alarming Service" \
    alarming
    +-------------+----------------------------------+
    | Field       | Value                            |
    +-------------+----------------------------------+
    | description | Telemetry Alarming Service       |
    | enabled     | True                             |
    | id          | 67bb52266ae84c1f88877bbb4bf5d587 |
    | name        | aodh                             |
    | type        | alarming                         |
    +-------------+----------------------------------+
  5. Telemetry Alarming サービスのエンドポイントを作成します。
    [(keystone_admin)]# openstack endpoint create \
    --publicurl "http://IP:8042" \
    --adminurl "http://IP:8042" \
    --internalurl "http://IP:8042" \
    --region RegionOne \
    alarming
    +--------------+----------------------------------+
    | Field        | Value                            |
    +--------------+----------------------------------+
    | adminurl     | http://IP:8042                   |
    | id           | ac2735777336400baa38e2d408d26392 |
    | internalurl  | http://IP:8042                   |
    | publicurl    | http://IP:8042                   |
    | region       | RegionOne                        |
    | service_id   | 67bb52266ae84c1f88877bbb4bf5d587 |
    | service_name | aodh                             |
    | service_type | alarming                         |
    +--------------+----------------------------------+
    IP は、Telemetry Alarming サーバーの IP アドレスまたはホスト名に置き換えます。

13.3.3. Telemetry Alarming サービスのトラフィックを許可するためのファイアウォール設定

Telemetry Alarming サービスは、ポート 8042 で接続を受信します。このサービスノードのファイアウォールは、このポートのネットワークトラフィックを許可するように設定する必要があります。以下の手順に記載するステップはすべて、Telemetry Alarming サービスをホストするサーバーに root ユーザーとしてログインして実行する必要があります。

手順13.3 Telemetry Alarming サービスのトラフィックを許可するためのファイアウォール設定

  1. テキストエディターで /etc/sysconfig/iptables ファイルを開きます。
  2. このファイルに、ポート 8042 で TCP トラフィックを許可する INPUT ルールを追加します。新規ルールは、トラフィックを REJECT する INPUT ルールよりも前に記載する必要があります。
    -A INPUT -p tcp -m multiport --dports 8042 -j ACCEPT
  3. /etc/sysconfig/iptables ファイルへの変更を保存します。
  4. iptables サービスを再起動して、変更を有効にします。
    # systemctl restart iptables.service

13.3.4. Telemetry Alarming サービスの認証の設定

Telemetry Alarming サービスが認証に Identity サービスを使用するように設定します。以下の手順に記載するステップはすべて、Telemetry Alarming サービスをホストする各サーバーに root ユーザーとしてログインして実行する必要があります。

手順13.4 Telemetry Alarming サービス が Identity サービスを使用して認証を行うための設定

  1. サービス認証を設定します。
    # openstack-config --set /etc/aodh/aodh.conf \
    service_credentials auth_type password
    # openstack-config --set /etc/aodh/aodh.conf \
    service_credentials auth_url = http://CONTROLLER:5000/v3
    # openstack-config --set /etc/aodh/aodh.conf \
    service_credentials interface internalURL
    # openstack-config --set /etc/aodh/aodh.conf \
    service_credentials password AODH_PASSWORD
    # openstack-config --set /etc/aodh/aodh.conf \
    service_credentials project_domain_name default
    # openstack-config --set /etc/aodh/aodh.conf \
    service_credentials project_name service
    # openstack-config --set /etc/aodh/aodh.conf \
    service_credentials region_name RegionOne
    # openstack-config --set /etc/aodh/aodh.conf \
    service_credentials user_domain_name default
    # openstack-config --set /etc/aodh/aodh.conf \
    service_credentials username aodh
    CONTROLLER は Identity サーバーのホスト名または IP アドレスに、AODH_PASSWORD は Telemetry Alarming サービスのパスワードに置き換えます。
  2. Identity サービスへのアクセスを設定します。
    # openstack-config --set /etc/aodh/aodh.conf \
    DEFAULT auth_strategy keystone
    # openstack-config --set /etc/aodh/aodh.conf \
    keystone_authtoken auth_type password
    # openstack-config --set /etc/aodh/aodh.conf \
    keystone_authtoken auth_uri http://CONTROLLER:5000
    # openstack-config --set /etc/aodh/aodh.conf \
    keystone_authtoken auth_url http://CONTROLLER:35357
    # openstack-config --set /etc/aodh/aodh.conf \
    keystone_authtoken memcached_servers CONTROLLER:11211
    # openstack-config --set /etc/aodh/aodh.conf \
    keystone_authtoken password AODH_PASSWORD
    # openstack-config --set /etc/aodh/aodh.conf \
    keystone_authtoken project_domain_name default
    # openstack-config --set /etc/aodh/aodh.conf \
    keystone_authtoken project_name service
    # openstack-config --set /etc/aodh/aodh.conf \
    keystone_authtoken user_domain_name default
    # openstack-config --set /etc/aodh/aodh.conf \
    keystone_authtoken username aodh
    こちらでも、CONTROLLER は Identity サーバーのホスト名または IP アドレスに、AODH_PASSWORD は Telemetry Alarming サービスのパスワードに置き換えます。

13.3.5. Telemetry Alarming サービスのための RabbitMQ メッセージブローカーの設定

RabbitMQ メッセージキューへのアクセスを設定します。
# openstack-config --set /etc/aodh/aodh.conf \
DEFAULT rpc_backend rabbit
# openstack-config --set /etc/aodh/aodh.conf \
oslo_messaging_rabbit rabbit_host CONTROLLER
# openstack-config --set /etc/aodh/aodh.conf \
oslo_messaging_rabbit rabbit_userid USER
# openstack-config --set /etc/aodh/aodh.conf \
oslo_messaging_rabbit rabbit_password RABBITMQ_PASSWORD
CONTROLLER は、RabbitMQ ブローカーのホスト名または IP アドレスに、USER は RabbitMQ ユーザー ID に、RABBITMQ_PASSWORD は RabbitMQ パスワードに置き換えます。