Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

1.2. インストールの前提条件のチェックリスト

以下の表には、Red Hat OpenStack Platform 環境を正常にインストールするための前提条件をまとめています。チェックリストの項目は、インストールを開始する前に認識または確認しておく必要のある最小条件です。
「値/確認済み」の列は、適切な値を記入したり、確認済みの項目に「チェック」を付けたりするのに使用することができます。

注記

Red Hat OpenStack Platform の初期インストール後に単独のコンポーネントをインストールする場合には、次のパーミッションがあることを確認してください。
  • ホストマシンへの root アクセス (コンポーネントをインストールしたり、ファイアウォールの更新などのその他の管理者タスクを実行したりするため)
  • Identity サービスへの管理者アクセス
  • データベースへの管理者アクセス (データベースおよびユーザーの両方を追加する機能)

表1.1 OpenStack インストール: 一般

項目説明値/確認済み
ハードウェア要件
ハードウェア要件を確認する必要があります。
はい | いいえ
オペレーティングシステム
Red Hat Enterprise Linux 7.1 Server
はい | いいえ
Red Hat サブスクリプション
お使いのシステムで以下の更新を取得する資格を提供するサブスクリプションが必要です。
  • コンテンツ配信ネットワークまたは Red Hat Network Satellite サーバーなど同等のソースからのパッケージの更新
  • Red Hat Enterprise Linux 7.1 Server と Red Hat OpenStack Platform の両方のソフトウェア更新
はい | いいえ
全インストール先マシンへの管理者アクセス本ガイドに記載する手順はほぼすべて、root ユーザーとして実行しなければならないため、root アクセスが必要です。はい | いいえ
Red Hat サブスクリプションのユーザー名とパスワード
Red Hat サブスクリプションのユーザー名とパスワードが必要です。
  • 名前:
  • パスワード:
マシンのアドレス
OpenStack のコンポーネントおよび補足のソフトウェアをインストールする先のサーバーの IP アドレスまたはホスト名を知っておく必要があります。
以下のサービスのホストアドレスを指定します。
  • Identity サービス
  • OpenStack Networking
  • Block Storage サービス
  • Compute サービス
  • Image サービス
  • Object Storage サービス
  • Dashboard サービス
  • データベースサーバー

表1.2 OpenStack Identity サービス

項目説明
ホストアクセス
Identity サービスをホストするシステムは以下のコンポーネントへのアクセス権が必要です。
  • コンテンツ配信サービスまたは同等のサービス
  • OpenStack の全ホストがアドレス指定可能なネットワークインターフェース
  • データベースサーバーへのネットワークアクセス
  • LDAP を使用する場合には、そのディレクトリーサーバーへのネットワークアクセス
システムが以下のコンポーネントへアクセスできるかどうかを確認します。
  • はい | いいえ
  • はい | いいえ
  • はい | いいえ
  • はい | いいえ
SSL 証明書
外部の SSL 証明書を使用する場合には、データベースと証明書の場所およびそれらへのアクセスが必要です。
はい | いいえ
LDAP 情報LDAP を使用する場合には、新規ディレクトリーサーバーのスキーマを設定するために管理者アクセスが必要です。はい | いいえ
接続Identity サービスをホストするシステムは、他の全 OpenStack サービスに接続されている必要があります。はい | いいえ

表1.3 OpenStack Object Storage サービス

項目説明
ファイルシステム
Red Hat は現在、オブジェクトストレージ用に XFS および ext4 のファイルシステムをサポートしています。これらのいずれかのファイルシステムが利用可能である必要があります。
  • XFS
  • ext4
マウントポイント
/srv/node マウントポイントが使用可能である必要があります。
はい | いいえ
接続Object Storage サービスをホストするシステムが Identity サービスに接続されている必要があります。はい | いいえ

表1.4 OpenStack Image サービス

項目説明
バックエンド
Image サービスは多数のストレージバックエンドをサポートします。次のオプションのいずれかを選択する必要があります。
  • ファイル (ローカルディレクトリー)
  • Object Storage サービス
ストレージ種別:
接続Image サービスをホストするサーバーは、Identity サービス、Dashboard サービス、および Compute サービスに接続されている必要があります。また、このサーバーは Object Storage をバックエンドとして使用する場合には、Object Storage サービスにアクセスできる必要があります。はい | いいえ

表1.5 OpenStack Block Storage サービス

項目説明
バックエンド
Block Storage サービスは、多数のストレージバックエンドをサポートします。以下のいずれかに決定する必要があります。
  • Red Hat Ceph
  • LVM/iSCSI
  • ThinLVM
  • NFS
  • NetApp
  • Dell EqualLogic
  • Dell Storage Center
ストレージ種別:
接続Block Storage サービスをホストするサーバーは Identity サービス、Dashboard サービス、および Compute サービスに接続されている必要があります。はい | いいえ

表1.6 OpenStack Networking

項目説明
プラグインエージェント
標準の OpenStack Networking コンポーネントに加えて、さまざまなネットワークメカニズムを実装するプラグインエージェントの幅広い選択肢が利用可能です。
以下の中から、ネットワークに適用する項目を決定してインストールする必要があります。
該当するプラグインに丸印を付けてください。
  • Open vSwitch
  • Cisco UCS/Nexus
  • Linux Bridge
  • VMware NSX ネットワーク仮想化プラットフォーム
  • Ryu OpenFlow Controller
  • NEC OpenFlow
  • Big Switch Controller Plugin
  • Cloudbase Hyper-V
  • MidoNet
  • Brocade Neutron Plugin
  • PLUMgrid
接続OpenStack Networking をホストするサーバーは Identity サービス、Dashboard サービス、および Compute サービスに接続されている必要があります。はい | いいえ

表1.7 OpenStack Compute サービス

項目説明
ハードウェア仮想化サポート
Compute サービスには、ハードウェア仮想化サポートが必要です。
はい | いいえ
VNC クライアント
Compute サービスは、Web ブラウザーを介したインスタンスへの Virtual Network Computing (VNC) コンソールアクセスをサポートしています。このサポートをユーザーに提供するかどうかを決める必要があります。
はい | いいえ
リソース: CPU とメモリー
OpenStack は、コンピュートノード上における CPU およびメモリーリソースのオーバーコミットをサポートしています。
  • デフォルトの CPU オーバーコミット率 16 とは、物理コア 1 つにつき 最大 16 の仮想コアをノードに割り当てることができるという意味です。
  • デフォルトのオーバーコミット率 1.5 とは、インスタンスのメモリー使用量合計が、物理メモリーの空き容量の 1.5 倍未満の場合には、インスタンスを物理ノードに割り当てることができるという意味です。
以下の値を決定します。
  • CPU の設定:
  • メモリーの設定:
リソース: ホスト
リソースをホスト用に確保して、一定の容量のメモリーやディスクリソースがそのホスト上の別のリソースに自動的に割り当てられないようにすることができます。
以下の値を決定します。
  • ホストのディスク (デフォルト 0 MB):
  • ホストのメモリー (デフォルト 512 MB):
libvirt のバージョン仮想インターフェースの結線を設定するには、使用する libvirt のバージョンを知っておく必要があります。バージョン:
接続Compute サービスをホストするサーバーは、他の全 OpenStack サービスに接続されている必要があります。はい | いいえ

表1.8 OpenStack Dashboard サービス

項目説明
ホストのソフトウェア
Dashboard サービスをホストするシステムは、以下のパッケージがインストール済みである必要があります。
  • httpd
  • mod_wsgi
  • mod_ssl
はい | いいえ
接続
Dashboard サービスをホストするシステムは、他の全 OpenStack サービスに接続されている必要があります。
はい | いいえ