Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

9.4. Orchestration テンプレートを使用したスタックのデプロイ

Orchestration エンジンサービスは、テンプレート (.template ファイルで定義) を使用してインスタンス、IP アドレス、ボリューム、およびその他のタイプのスタックを起動します。heat ユーティリティーは、スタックの作成/設定/起動を可能にするコマンドラインインターフェースです。

注記

openstack-heat-templates パッケージには、Orchestration のコア機能のテストに使用することができるサンプルテンプレートが含まれています。また、テンプレート関連のスクリプトと変換ツールも同梱されています。このパッケージをインストールするには、以下のコマンドを実行してください。
# yum install -y openstack-heat-templates
一部の Orchestration テンプレートは、openstack-heat-api-cfn サービスへのアクセスが必要なインスタンスを起動します。このようなインスタンスは、openstack-heat-api-cloudwatch サービスおよび openstack-heat-api-cfn サービスとの通信が可能である必要があります。これらのサービスが使用する IP アドレスおよびポートは、/etc/heat/heat.conf ファイルで heat_metadata_server_url および heat_watch_server_url として設定されている値です。
これらのサービスへのアクセスを許可するには、openstack-heat-api-cloudwatch (8003)、openstack-heat-api-cfn (8000)、openstack-api (8004) が使用するポートを開放する必要があります。

手順9.8 Orchestration テンプレートを使用したスタックのデプロイ

  1. テキストエディターで /etc/sysconfig/iptables ファイルを開きます。
  2. 800380008004 のポートの TCP トラフィックを許可する以下の INPUT ルールを追加します。
    -A INPUT -i BR -p tcp --dport 8003 -j ACCEPT
    -A INPUT -i BR -p tcp --dport 8000 -j ACCEPT
    -A INPUT -p tcp -m multiport --dports 8004 -j ACCEPT
    BR は、Orchestration テンプレートから起動したインスタンスが使用するブリッジのインターフェースに置き換えます。nova-network を使用しない場合、または Orcestration サービスおよび nova-compute が同じサーバーでホストされない場合には、INPUT ルールに -i BR パラメーターを含めないでください。
  3. /etc/sysconfig/iptables ファイルへの変更を保存します。
  4. iptables サービスを再起動して、ファイアウォールの変更を有効にします。
    # systemctl restart iptables.service
  5. アプリケーションを起動します。
    # heat stack-create STACKNAME \
       --template-file=PATH_TEMPLATE \
    	--parameters="PARAMETERS"
    以下の値を置き換えてください。
    • STACKNAME は、そのスタックに割り当てる名前に置き換えます。この名前は、heat stack-list コマンドを実行する際に表示されます。
    • PATH_TEMPLATE は、.template ファイルへのパスに置き換えます。
    • PARAMETERS は、使用するスタック作成パラメーターのセミコロン区切りリストです。サポートされているパラメーターは、テンプレートファイル自体で定義されています。