Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

3.7. サービステナントの作成

テナントごとにクォータ制御を使用してリソース数を制限することができます。

注記

クォータに関する詳細は、Red Hat OpenStack Platform 『管理ガイド』の「プロジェクトの管理」セクションを参照してください。このガイドは以下のリンクから入手することができます。
ユーザーごとに、テナントが 1 つ割り当てられます。一般ユーザーの場合には、テナントは通常、そのユーザーのグループ、プロジェクト、または組織を示します。サービスユーザー (サービスの代わりに Identity サービスにアクセスするエンティティー) の場合には、テナントはサービスの地理的地域を示します。環境内でサービスが分散されている場合は、通常サービスが実行中のエンドポイントごとに、サービステナントが 1 つ作成されます (Identity サービスおよび Dashboard サービスを除く)。環境内のサービスが単一ノードにデプロイされる場合には、管理の目的でサービステナントを複数作成することも可能ですが、必要とされるサービステナント数は 1 つだけです。
本ガイドに記載のサービス設定例は、全サービスが単一のノードにデプロイされていることを前提としているため、必要なテナントは 1 つのみです。このような例ではすべて services テナントを使用します。

注記

管理者、一般ユーザー、サービスユーザーはすべてテナントを必要とするため、通常は各グループ用に少なくとも 3 テナントを作成します。管理ユーザー、一般ユーザー、およびテナントの作成方法については、「管理者アカウントおよび Identity サービスエンドポイントの作成」および「一般ユーザーアカウントの作成」を参照してください。

手順3.10 サービステナントの作成

  1. Keystone に管理ユーザーとしてアクセスするためのシェルを設定します。
    # source ~/keystonerc_admin
  2. services テナントを作成します。
    [(keystone_admin)]# openstack project create --description "Services Tenant" services   
    +-------------+----------------------------------+
    | Field       | Value                            |
    +-------------+----------------------------------+
    | description | Services Tenant                  |
    | enabled     | True                             |
    | id          | 42e1efb4bd5e49a49cb2b346078d6325 |
    | name        | services                         |
    +-------------+----------------------------------+

注記

Identity サービスの全テナントとそれらの ID の一覧を取得するには、次のコマンドを実行します。
[(keystone_admin)]# openstack project list
+----------------------------------+----------+
| ID                               | Name     |
+----------------------------------+----------+
| 42e1efb4bd5e49a49cb2b346078d6325 | services |
| 65d8216d98c64399b8f44929b634bc3f | admin    |
| 99c674e3fead4237ace2a0d86dab76e4 | test     |
+----------------------------------+----------+