Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

7.3. DHCP エージェントの設定

DHCP エージェントを設定します。以下の手順に記載するステップはすべて、OpenStack Networking をホストするサーバーに root ユーザーとしてログインして実行する必要があります。

手順7.12 DHCP エージェントの設定

  1. DHCP エージェントが認証に Identity サービスを使用するように設定します。
    1. 認証ストラテジーを keystone に設定します。
      # openstack-config --set /etc/neutron/dhcp_agent.ini \
         DEFAULT auth_strategy keystone
    2. DHCP エージェントが使用する必要のある Identity サービスのホストを設定します。
      # openstack-config --set /etc/neutron/dhcp_agent.ini \
         keystone_authtoken auth_host IP
      IP は、Identity サービスをホストするシステムの IP アドレスまたはホスト名に置き換えます。
    3. DHCP エージェントが正しいテナントとして認証を行うように設定します。
      # openstack-config --set /etc/neutron/dhcp_agent.ini \
         keystone_authtoken admin_tenant_name services
      services は、OpenStack Networking を使用するために作成したテナントの名前に置き換えます。本ガイドの例では、services を使用しています。
    4. DHCP エージェントが neutron の管理ユーザーアカウントを使用して認証を行うように設定します。
      # openstack-config --set /etc/neutron/dhcp_agent.ini \
         keystone_authtoken admin_user neutron
    5. DHCP エージェントが neutron の管理ユーザーアカウントのパスワードを使用して認証を行うように設定します。
      # openstack-config --set /etc/neutron/dhcp_agent.ini \
         keystone_authtoken admin_password PASSWORD
      PASSWORD は、neutron ユーザーの作成時に設定したパスワードに置き換えます。
  2. 使用する OpenStack Networking プラグインに応じて、/etc/neutron/dhcp_agent.ini ファイルでインターフェースドライバーを設定します。ML2 を使用する場合は、いずれかのドライバーを選択します。環境で使用するプラグインに適したコマンドを使用してください。
    • Open vSwitch インターフェースドライバー

      # openstack-config --set /etc/neutron/dhcp_agent.ini \
         DEFAULT interface_driver neutron.agent.linux.interface.OVSInterfaceDriver
    • Linux Bridge インターフェースドライバー

      # openstack-config --set /etc/neutron/dhcp_agent.ini \
         DEFAULT interface_driver \
         neutron.agent.linux.interface.BridgeInterfaceDriver
  3. neutron-dhcp-agent サービスを起動して、ブート時に起動するように設定します。
    # systemctl start neutron-dhcp-agent.service
    # systemctl enable neutron-dhcp-agent.service