Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

12.10. 監視対象サービスの設定

Telemetry サービスは、Image サービス、OpenStack Networking、Object Storage サービス、および Block Storage サービスの各サービスを監視することも可能です。この機能を有効にするには、各サービスがコレクターサービスにサンプルを送信するように設定する必要があります。これらのサービスを設定する前には、このサービスをホストするノードに python-ceilometer および python-ceilometerclient のパッケージをあらかじめインストールする必要があります。
# yum install python-ceilometer python-ceilometerclient

注記

サービスを Telemetry サービスの監視対象に設定した後には、各サービスを再起動します。
Image サービス (glance)
# openstack-config --set /etc/glance/glance-api.conf \
   DEFAULT notifier_strategy NOTIFYMETHOD
NOTIFYMETHOD は通知キュー rabbit (rabbitmq キューを使用する場合) または qpid (qpid メッセージキューを使用する場合) に置き換えます。
Block Storage サービス (cinder)
# openstack-config --set /etc/cinder/cinder.conf \	
   DEFAULT notification_driver messagingv2
# openstack-config --set /etc/cinder/cinder.conf \	
   DEFAULT rpc_backend cinder.openstack.common.rpc.impl_kombu
# openstack-config --set /etc/cinder/cinder.conf \	
   DEFAULT control_exchange cinder
Object Storage サービス (swift)
Telemetry サービスは、Telemetry に必要なアイデンティティーレコードの設定時に作成した ResellerAdmin ロールを使用して Object Storage サービス (swift) からサンプルを収集します。また、Object Storage サービスが ceilometer からのトラフィックを処理するように設定する必要があります。
  1. テキストエディターで /etc/swift/proxy-server.conf ファイルを開いて以下の行を追加します。
    [filter:ceilometer]
    use = egg:ceilometer#swift
    
    [pipeline:main]
    pipeline = healthcheck cache authtoken keystoneauth ceilometer proxy-server
  2. swift ユーザーを ceilometer グループに追加します。
    # usermod -a -G ceilometer swift
  3. Object Storage サービスが /var/log/ceilometer/swift-proxy-server.log にログを出力できるようにします。
    # touch /var/log/ceilometer/swift-proxy-server.log
    # chown ceilometer:ceilometer /var/log/ceilometer/swift-proxy-server.log
    # chmod 664 /var/log/ceilometer/swift-proxy-server.log
OpenStack Networking (neutron)
Telemetry は IP アドレスの範囲を区別するためのラベルの使用をサポートしています。OpenStack Networking と Telemetry との 統合を有効化します。
# openstack-config --set /etc/neutron/neutron.conf \	
   DEFAULT notification_driver messagingv2