Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

12.8. Telemetry サービスのための RabbitMQ メッセージブローカーの設定

RabbitMQ はデフォルト (かつ推奨の) メッセージブローカーです。RabbitMQ メッセージングサービスは、rabbitmq-server パッケージにより提供されます。以下の手順で記載する全ステップは、Telemetry サービスをホストするシステムに root ユーザーとしてログインして実行する必要があります。

手順12.6 Telemetry サービスが RabbitMQ メッセージブローカーを使用するための設定

  1. RPC バックエンドとして RabbitMQ を設定します。
    # openstack-config --set /etc/ceilometer/ceilometer.conf \
       DEFAULT rpc_backend rabbit
  2. Telemetry サービスが RabbitMQ ホストに接続するように設定します。
    # openstack-config --set /etc/ceilometer/ceilometer.conf \
       DEFAULT rabbit_host RABBITMQ_HOST
    RABBITMQ_HOST は、メッセージブローカーの IP アドレスまたはホスト名に置き換えます。
  3. メッセージブローカーのポートを 5672 に設定します。
    # openstack-config --set /etc/ceilometer/ceilometer.conf \
       DEFAULT rabbit_port 5672
  4. RabbitMQ の設定時に Telemetry サービス用に作成した RabbitMQ ユーザー名とパスワードを設定します。
    # openstack-config --set /etc/ceilometer/ceilometer.conf \
       DEFAULT rabbit_userid ceilometer
    # openstack-config --set /etc/ceilometer/ceilometer.conf \
       DEFAULT rabbit_password CEILOMETER_PASS
    ceilometer および CEILOMETER_PASS は、Telemetry サービス用に作成したRabbitMQ ユーザー名とパスワードに置き換えます。
  5. RabbitMQ の起動時に、ceilometer ユーザーに全リソースに対するパーミッションが付与されます。このアクセスは、特別に仮想ホスト / を介して行われます。Telemetry サービスがこの仮想ホストに接続されるように設定します。
    # openstack-config --set /etc/ceilometer/ceilometer.conf \
       DEFAULT rabbit_virtual_host /