Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

第1章 Image サービス

本章では、Red Hat OpenStack Platform でイメージとストレージを管理するための手順を説明します。

仮想マシンのイメージとは、起動可能なオペレーティングシステムがインストールされた仮想ディスクを含むファイルです。仮想マシンのイメージは、複数の形式をサポートしています。以下は、Red Hat OpenStack Platform で利用可能な形式です。

  • RAW: 非構造化のディスクイメージ形式
  • QCOW2: QEMU エミュレーターでサポートされているディスク形式
  • ISO: ディスク上のデータをセクター単位でコピーし、バイナリーファイルに格納した形式
  • AKI: Amazon Kernel Image
  • AMI: Amazon Machine Image
  • ARI: Amazon RAMDisk Image
  • VDI: VirtualBox の仮想マシンモニターおよび QEMU エミュレーターでサポートされているディスク形式
  • VHD: VMware、VirtualBox などの仮想マシンモニターで使用されている一般的なディスク形式
  • VMDK: 数多くの一般的な仮想マシンモニターでサポートされているディスク形式

通常、仮想マシンイメージの形式に ISO は考慮されませんが、ISO にはオペレーティングシステムがインストール済みのブート可能なファイルシステムが含まれているので、他の形式の仮想マシンイメージファイルと同様に扱うことができます。

公式の Red Hat Enterprise Linux クラウドイメージをダウンロードするには、お使いのアカウントに有効な Red Hat Enterprise Linux サブスクリプションが必要です。

カスタマーポータルにログインしていない場合には、Red Hat アカウントの認証情報を入力するように求められます。

1.1. Image サービスについての理解

Image サービスでは、以下のような注目すべき機能を提供しています。

  • イメージの署名および検証: デプロイ担当者がイメージに署名して、その署名と公開鍵の証明書をイメージのプロパティーとして保存できるようにすることで、イメージの整合性と信頼性を保護します。

    この機能を活用すると、以下が可能になります。

    • 秘密鍵を使用してイメージに署名し、そのイメージ、署名、公開鍵の証明書 (検証メタデータ) への参照をアップロードすることができます。Image サービスは、署名が有効かどうかを検証します。
    • Compute サービスでのイメージ作成し、Compute サービスがそのイメージに署名し、イメージや検証メタデータをアップロードすることができます。Image サービスは、この場合も、署名が有効であるかどうかを検証します。
    • Compute サービスで署名済みのイメージを要求することができます。Image サービスは、イメージと検証メタデータを提供します。これにより、Compute サービスはイメージを起動する前に検証することができます。
  • イメージの変換: イメージのインポート中にタスク API を呼び出して、イメージを変換します。

    インポートのワークフローの一環として、プラグインがイメージの変換機能を提供します。このプラグインは、デプロイ担当者の設定に基づいて、アクティブ化/非アクティブ化することができます。そのため、デプロイ担当者は、デプロイメントに希望のイメージ形式を指定する必要があります。

    内部では、Image サービスが特定の形式でイメージのビットを受信します。これらのビットは、一時的な場所に保管されます。次にプラグインが起動されて、イメージを対象のフォーマットに変換し、最終的な保管場所に移動します。タスクが終了すると、一時的な場所は削除されます。このため、Image サービスでは最初にアップロードした形式は保持されません。

    注記

    フォーマットの変換は、イメージ (元のコピー) を インポート するとトリガーされます。イメージの アップロード 時には実行されません。以下に例を示します。

    $ glance --os-image-api-version 2 task-create --type import --input '{"import_from_format": "qcow2", "import_from": "http://127.0.0.1:8000/test.qcow2", "image_properties": {"disk_format": "qcow2", "container_format": "bare"}}'
  • イメージのイントロスペクション: すべてのイメージフォーマットには、イメージ自体の中に埋め込まれたメタデータセットがあります。

    たとえば、ストリーム最適化 VMDK には、以下のようなパラメーターが含まれます。

    $ head -20 so-disk.vmdk
    
    # Disk DescriptorFile
    version=1
    CID=d5a0bce5
    parentCID=ffffffff
    createType="streamOptimized"
    
    # Extent description
    RDONLY 209714 SPARSE "generated-stream.vmdk"
    
    # The Disk Data Base
    #DDB
    
    ddb.adapterType = "buslogic"
    ddb.geometry.cylinders = "102"
    ddb.geometry.heads = "64"
    ddb.geometry.sectors = "32"
    ddb.virtualHWVersion = "4"

    この vmdk をイントロスペクションすることにより、disk_typestreamOptimized で、 adapter_typebuslogic であることを簡単に確認することができます。このように Image サービス内のメタデータを抽出することにより、管理者は、上書きする必要がなければ、それらのメタデータについて注意を払う必要はありません。これらのメタデータパラメーターは、イメージのコンシューマーに役立ちます。Compute では、streamOptimized ディスクをインスタンス化するワークフローは、flat ディスクをインスタンス化するワークフローとは完全に異なります。この新機能により、メタデータの抽出が可能となります。イメージのイントロスペクションは、イメージのインポート中に、タスク API を呼び出すことによって実行できます。

1.2. イメージの管理

OpenStack Image サービス (glance) は、ディスクおよびサーバーイメージの検出、登録、および配信のサービスを提供します。サーバーイメージのコピーやスナップショットを作成して直ちに保管する機能を提供します。保管したイメージは、テンプレートとして使用し、新規サーバーを迅速に稼働させるのに使用することができます。これはサーバーのオペレーティングシステムをインストールして追加のサービスを個別に設定するよりも一貫性の高い方法です。

1.2.1. イメージの作成

本項では、Red Hat Enterprise Linux 7、Red Hat Enterprise Linux 6 または Windows の ISO ファイルを使用して、QCOW2 形式の OpenStack 互換イメージを手動で作成する手順について説明します。

1.2.1.1. Red Hat OpenStack Platform における KVM ゲストイメージの使用

すでに準備済みの RHEL KVM ゲスト QCOW2 イメージを使用することができます。

これらのイメージは、cloud-init を使用して設定されます。適切に機能させるには、ec2 互換のメタデータサービスを利用して SSH キーをプロビジョニングする必要があります。

準備済みの Windows KVM ゲスト QCOW2 イメージはありません。

注記

KVM ゲストイメージでは、以下の点に注意してください。

  • KVM ゲストイメージでは root アカウントが無効になっていますが、cloud-user という名前の特別なユーザーに sudo アクセスが許可されています。
  • このイメージには root パスワードは設定されていません。

root パスワードは、/etc/shadow で 2 番目のフィールドに !! と記載することによりロックされます。

OpenStack インスタンスでは、OpenStack Dashboard またはコマンドラインから ssh キーペアを生成し、その鍵の組み合わせを使用して、インスタンスに対して root として SSH 公開認証を実行することを推奨します。

インスタンスの起動時には、この公開鍵がインスタンスに挿入されるので、キーペア作成時にダウンロードされた秘密鍵を使用して認証を行うことができます。

キーペアを使用しない場合には、「インスタンスへの admin パスワードの挿入」の手順に従って admin パスワードを設定してください。

Red Hat Enterprise Linux または Windows のカスタムイメージを作成する場合は、「Red Hat Enterprise Linux 7 イメージの作成」、「Red Hat Enterprise Linux 6 イメージの作成」、または「Windows イメージの作成」を参照してください。

1.2.1.2. Red Hat Enterprise Linux または Windows のカスタムイメージの作成

前提条件

  • イメージを作成する Linux ホストマシン。これは、Linux パッケージをインストール/実行することのできる任意のマシンです。
  • libvirt、virt-manager (yum groupinstall -y @virtualization のコマンドを実行)。ゲストオペレーティングシステムを作成するのに必要な全パッケージがインストールされます。
  • Libguestfs ツール (「yum install -y libguestfs-tools-c」のコマンドを実行してください)。仮想マシンイメージにアクセスして変更を行うためのツールセットがインストールされます。
  • Red Hat Enterprise Linux 7 または 6 ISO ファイル (RHEL 7.2 Binary DVD または RHEL 6.8 Binary DVD を参照)、Windows ISO ファイル。Windows ISO ファイルがない場合には、Microsoft TechNet Evaluation Center に移動して評価版イメージをダウンロードしてください。
  • テキストエディター (kickstart ファイルを編集する必要がある場合 - RHEL のみ)
注記

以下の手順では、プロンプトに [root@host]# と表示されているコマンドはすべて、お使いのホストマシンで実行する必要があります。

1.2.1.2.1. Red Hat Enterprise Linux 7 イメージの作成

本項では、Red Hat Enterprise Linux 7 の ISO ファイルを使用して、QCOW2 形式の OpenStack 互換イメージを手動で作成する手順について説明します。

  1. 以下に示したように virt-install でインストールを開始します。

    [root@host]# qemu-img create -f qcow2 rhel7.qcow2 8G
    [root@host]# virt-install --virt-type kvm --name rhel7 --ram 2048 \
    --cdrom /tmp/rhel-server-7.2-x86_64-dvd.iso \
    --disk rhel7.qcow2,format=qcow2 \
    --network=bridge:virbr0 --graphics vnc,listen=0.0.0.0 \
    --noautoconsole --os-type=linux --os-variant=rhel7

    このコマンドによりインスタンスが起動し、インストールプロセスが開始します。

    注記

    インスタンスが自動的に起動しない場合には、以下のコマンドを実行して、コンソールを確認します。

    [root@host]# virt-viewer rhel7
  2. 以下の手順に従って、仮想マシンを設定します。

    1. インストーラーの初期起動メニューで、Install Red Hat Enterprise Linux 7.X のオプションを選択します。 RHEL7 Install1
    2. 適切な 言語 および キーボード オプションを選択します。
    3. インストールに使用するデバイスタイプを尋ねるプロンプトが表示されたら、自動検出したインストールメディア を選択します。 RHEL7 Install5
    4. インストール先を尋ねるプロンプトが表示されたら、ローカルの標準ディスク を選択します。 RHEL7 Install6 その他のストレージタイプオプションには、自動構成のパーティション構成 を選択します。
    5. ソフトウェアのオプションには、 最小限のインストール を選択します。
    6. ネットワークとホスト名の設定では、イーサネットに eth0 を選択し、デバイスの ホスト名 を指定します。デフォルトのホスト名は localhost.localdomain です。
    7. root パスワードを選択します。 RHEL7 Install9 インストールプロセスが完了すると、完了しました! の画面が表示されます。
  3. インストールが完了した後には、インスタンスを再起動して、root ユーザーとしてログインします。
  4. /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0 ファイルを編集して、以下の値のみが記載されている状態にします。

    TYPE=Ethernet
    DEVICE=eth0
    ONBOOT=yes
    BOOTPROTO=dhcp
    NM_CONTROLLED=no
  5. マシンを再起動します。
  6. コンテンツ配信ネットワークにマシンを登録します。詳細は『手動インストール手順』「必要なチャンネルのサブスクライブ」を参照してください。
  7. システムを更新します。

    # yum -y update
  8. cloud-init パッケージをインストールします。

    # yum install -y cloud-utils-growpart cloud-init
  9. /etc/cloud/cloud.cfg 設定ファイルを編集して、cloud_init_modules の下に以下を追加します。

    - resolv-conf

    resolv-conf オプションは、インスタンスの初回起動時に resolv.conf を自動的に設定します。このファイルには、nameserversdomain、その他のオプションなどのインスタンスに関連した情報が記載されています。

  10. /etc/sysconfig/network に以下の行を追加し、EC2 メタデータサービスへのアクセスで問題が発生するのを回避します。

    NOZEROCONF=yes
  11. コンソールメッセージが Dashboard の ログ タブおよび nova console-log の出力に表示されるようにするには、以下のブートオプションを /etc/default/grub ファイルに追記します。

    GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="console=tty0 console=ttyS0,115200n8"

    以下のコマンドを実行します。

    # grub2-mkconfig -o /boot/grub2/grub.cfg

    以下のような出力が表示されます。

    Generating grub configuration file ...
    Found linux image: /boot/vmlinuz-3.10.0-229.7.2.el7.x86_64
    Found initrd image: /boot/initramfs-3.10.0-229.7.2.el7.x86_64.img
    Found linux image: /boot/vmlinuz-3.10.0-121.el7.x86_64
    Found initrd image: /boot/initramfs-3.10.0-121.el7.x86_64.img
    Found linux image: /boot/vmlinuz-0-rescue-b82a3044fb384a3f9aeacf883474428b
    Found initrd image: /boot/initramfs-0-rescue-b82a3044fb384a3f9aeacf883474428b.img
    done
  12. 仮想マシンの登録を解除して、作成されるイメージをベースにクローン作成される全インスタンスに同じサブスクリプション情報が含まれないようにします。

    # subscription-manager repos --disable=*
    # subscription-manager unregister
    # yum clean all
  13. インスタンスの電源をオフにします。

    # poweroff
  14. virt-sysprep コマンドでイメージのリセットおよびクリーニングをして、問題なくインスタンスの作成に使用できるようにします。

    [root@host]# virt-sysprep -d rhel7
  15. virt-sparsify コマンドを使用してイメージのサイズを縮小します。このコマンドにより、ディスクイメージ内の空き容量は、ホスト内の空き容量に戻ります。

    [root@host]# virt-sparsify --compress /tmp/rhel7.qcow2 rhel7-cloud.qcow2

    このコマンドを実行すると、その場所に rhel7-cloud.qcow2 ファイルが作成されます。

rhel7-cloud.qcow2 イメージファイルを Image サービスにアップロードする準備が整いました。Dashboard を使用して OpenStack デプロイメントにこのイメージをアップロードする方法については、「イメージのアップロード」を参照してください。

1.2.1.2.2. Red Hat Enterprise Linux 6 イメージの作成

本項では、Red Hat Enterprise Linux 6 の ISO ファイルを使用して、QCOW2 形式の OpenStack 互換イメージを手動で作成する手順について説明します。

  1. virt-install でインストールを開始します。

    [root@host]# qemu-img create -f qcow2 rhel6.qcow2 4G
    [root@host]# virt-install --connect=qemu:///system --network=bridge:virbr0 \
    --name=rhel6 --os-type linux --os-variant rhel6 \
    --disk path=rhel6.qcow2,format=qcow2,size=10,cache=none \
    --ram 4096 --vcpus=2 --check-cpu --accelerate \
    --hvm --cdrom=rhel-server-6.8-x86_64-dvd.iso

    このコマンドによりインスタンスが起動し、インストールプロセスが開始します。

    注記

    インスタンスが自動的に起動しない場合には、以下のコマンドを実行して、コンソールを確認します。

    [root@host]# virt-viewer rhel6
  2. 仮想マシンを以下のように設定します。

    1. インストーラーの初期起動メニューで、Install or upgrade an existing system のオプションを選択します。 RHEL6 Install1 インストールのプロンプトに従って順に進みます。デフォルト値を受け入れます。

      インストーラーは、ディスクの有無を確認して、インストール前にインストールメディアのテストを行うかどうかを決定するように促します。テストを実行するには OK を、テストを行わずに続行するには Skip を選択します。

    2. 適切な 言語 および キーボード オプションを選択します。
    3. インストールに使用するデバイスタイプを尋ねるプロンプトが表示されたら、基本ストレージデバイス を選択します。 RHEL6 Install3
    4. デバイスの ホスト名 を指定します。デフォルトのホスト名は localhost.localdomain です。
    5. タイムゾーンroot パスワードを指定します。
    6. ディスクの空き容量に応じて、インストールのタイプを選択します。 RHEL6 Install4
    7. SSH サーバーをインストールする 基本サーバー インストールを選択します。 RHEL6 Install5
    8. インストールプロセスが完了し、おめでとうございます。Red Hat Enterprise Linux のインストールが完了しました。 の画面が表示されます。
  3. インスタンスを再起動して、root ユーザーとしてログインします。
  4. /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0 ファイルを編集して、以下の値のみが記載されている状態にします。

    TYPE=Ethernet
    DEVICE=eth0
    ONBOOT=yes
    BOOTPROTO=dhcp
    NM_CONTROLLED=no
  5. マシンを再起動します。
  6. コンテンツ配信ネットワークにマシンを登録します。詳細は『OpenStack のデプロイメント: 実習環境 (手動設定)』「ソフトウェアリポジトリの設定」を参照してください。
  7. システムを更新します。

    # yum -y update
  8. cloud-init パッケージをインストールします。

    # yum install -y cloud-utils-growpart cloud-init
  9. /etc/cloud/cloud.cfg 設定ファイルを編集して、cloud_init_modules の下に以下を追加します。

    - resolv-conf

    resolv-conf オプションは、インスタンスの初回起動時に resolv.conf 設定ファイルを自動的に設定します。このファイルには、nameserversdomain、その他のオプションなどのインスタンスに関連した情報が記載されています。

  10. ネットワークの問題が発生するのを防ぐために、以下のように /etc/udev/rules.d/75-persistent-net-generator.rules ファイルを作成します。

    # echo "#" > /etc/udev/rules.d/75-persistent-net-generator.rules

    これにより、/etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules ファイルが作成されるのを防ぎます。/etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules が作成されてしまうと、スナップショットからのブート時にネットワークが適切に機能しなくなる可能性があります (ネットワークインターフェースが「eth0」ではなく「eth1」として作成され、IP アドレスが割り当てられません)。

  11. /etc/sysconfig/network に以下の行を追加し、EC2 メタデータサービスへのアクセスで問題が発生するのを回避します。

    NOZEROCONF=yes
  12. コンソールメッセージが Dashboard の ログ タブおよび nova console-log の出力に表示されるようにするには、以下のブートオプションを /etc/grub.conf ファイルに追記します。

    console=tty0 console=ttyS0,115200n8
  13. 仮想マシンの登録を解除して、作成されるイメージをベースにクローン作成される全インスタンスに同じサブスクリプション情報が含まれないようにします。

    # subscription-manager repos --disable=*
    # subscription-manager unregister
    # yum clean all
  14. インスタンスの電源をオフにします。

    # poweroff
  15. virt-sysprep コマンドでイメージのリセットおよびクリーニングをして、問題なくインスタンスの作成に使用できるようにします。

    [root@host]# virt-sysprep -d rhel6
  16. virt-sparsify コマンドを使用してイメージのサイズを縮小します。このコマンドにより、ディスクイメージ内の空き容量は、ホスト内の空き容量に戻ります。

    [root@host]# virt-sparsify --compress rhel6.qcow2 rhel6-cloud.qcow2

    このコマンドを実行すると、その場所に新しい rhel6-cloud.qcow2 ファイルが作成されます。

    注記

    インスタンスに適用されているフレーバーのディスクスペースに応じて、イメージをベースとするインスタンスのパーティションを手動でリサイズする必要があります。

rhel6-cloud.qcow2 イメージファイルを Image サービスにアップロードする準備が整いました。Dashboard を使用して OpenStack デプロイメントにこのイメージをアップロードする方法については、「イメージのアップロード」を参照してください。

1.2.1.2.3. Windows イメージの作成

本項では、Windows の ISO ファイルを使用して、QCOW2 形式の OpenStack 互換イメージを手動で作成する手順について説明します。

  1. 以下に示したように virt-install でインストールを開始します。

    [root@host]# virt-install --name=name \
    --disk size=size \
    --cdrom=path \
    --os-type=windows \
    --network=bridge:virbr0 \
    --graphics spice \
    --ram=RAM

    以下のように virt-install パラメーターの値を置き換えます。

    • name: Windows ゲストに指定する必要のある名前
    • size: ディスクのサイズ (GB)
    • path: Windows のインストール ISO ファイルへのパス
    • RAM: 要求するメモリー容量 (MB)

      注記

      --os-type=windows パラメーターにより、Windows ゲストのクロックが正しく設定され、Hyper-V エンライトメント機能が有効化されるようになります。

      デフォルトでは、virt-install/var/lib/libvirt/images/name.qcow2 としてゲストイメージを保存します。ゲストイメージを別の場所に保存するには、以下のように --disk のオプションを変更してください。

      --disk path=filename,size=size

      filename は、ゲストイメージを保存する必要のあるファイル名 (およびオプションでそのパス) に置き換えてください。たとえば、path=win8.qcow2,size=8 は現在の作業ディレクトリーに win8.qcow2 という名前の 8 GB のファイルを作成します。

      ヒント

      ゲストが自動的に起動しない場合には、以下のコマンドを実行して、コンソールを確認します。

      [root@host]# virt-viewer name
  2. Windows システムのインストールは、本書の対象範囲外となります。Windows のインストール方法に関する説明は、適切な Microsoft のドキュメントを参照してください。
  3. 新規インストールした Windows システムで仮想化ハードウェアを使用できるようにするには、Windows システムに virtio ドライバー をインストールする必要がある場合があります。これには、まずホストシステムで virtio-win パッケージをインストールします。このパッケージには virtio ISO イメージが含まれており、そのイメージを CD-ROM ドライブとして Windows ゲストにアタッチします。virtio-win パッケージのインストール、ゲストへの virtio ISO イメージの追加、virtio ドライバーのインストールに関する方法は、『仮想化の導入および管理ガイド』「9.1 章 KVM WINDOWS VIRTIO ドライバーのインストール」を参照してください。
  4. Windows システムで Cloudbase-Init をダウンロード、実行して、設定を完了します。Cloudbase-Init のインストールの最後に、Run SysprepShutdown チェックボックスを選択します。Sysprep ツールは、特定の Microsoft サービスで使用する OS ID を生成して、ゲストを一意にします。

    重要

    Red Hat は Cloudbase-Init に関するテクニカルサポートは提供しません。問題が発生した場合には、contact Cloudbase Solutions からお問い合わせください。

Windows システムがシャットダウンしたら、name.qcow2 イメージファイルを Image サービスにアップロードすることができます。Dashboard またはコマンドラインを使用して OpenStack デプロイメントにこのイメージをアップロードする方法については、「イメージのアップロード」を参照してください。

1.2.2. イメージのアップロード

  1. Dashboard で プロジェクト > コンピュート > イメージ を選択します。
  2. イメージの作成 をクリックします。
  3. 各フィールドに値を入力し、完了したら イメージの作成 をクリックします。

表1.1 イメージのオプション

フィールド説明

名前

イメージの名前。そのプロジェクト内で一意な名前にする必要があります。

説明

イメージを識別するための簡単な説明

イメージソース

イメージソース: イメージの場所 または イメージファイル。ここで選択したオプションに応じて次のフィールドが表示されます。

イメージの場所またはイメージファイル

  • イメージの場所の URL を指定するには、イメージの場所 オプションを選択します。
  • ローカルディスクからイメージをアップロードするには、イメージファイル オプションを選択します。

形式

イメージの形式 (例: qcow2)

アーキテクチャー

イメージのアーキテクチャー。たとえば 32 ビットのアーキテクチャーには i686、64 ビットのアーキテクチャーには x86_64 を使用します。

最小ディスク (GB)

イメージのブートに必要な最小のディスクサイズ。このフィールドに値が指定されていない場合には、デフォルト値は 0 です (最小値なし)。

最小メモリー (MB)

イメージのブートに必要な最小のメモリーサイズ。このフィールドに値が指定されていない場合には、デフォルト値は 0 です (最小値なし)。

パブリック

このチェックボックスを選択した場合には、プロジェクトにアクセスできる全ユーザーにイメージが公開されます。

保護

このチェックボックスを選択した場合には、特定のパーミッションのあるユーザーのみがこのイメージを削除できるようになります。

イメージが正常にアップロードされたら、イメージのステータスは、イメージが使用可能であることを示す active に変わります。Image サービスは、アップロードの所要時間が、アップロードの開始時に使用した Identity サービストークンのライフタイムよりも長くかかる大容量のイメージも処理することができる点に注意してください。これは、アップロードが完了してイメージのステータスが更新される際に、新しいトークンを取得して使用できるように、Identity サービスは最初に Identity サービスとのトラストを作成するためです。

注記

glance image-create コマンドに プロパティー のオプションを指定して実行する方法でイメージをアップロードすることもできます。コマンドラインで操作を行った方が、より多くの値を使用することができます。完全なリストは、「イメージの設定パラメーター」を参照してください。

1.2.3. イメージの更新

  1. Dashboard で プロジェクト > コンピュート > イメージ を選択します。
  2. ドロップダウンリストから イメージの編集 をクリックします。

    注記

    イメージの編集 オプションは、admin ユーザーとしてログインした場合にのみ使用することができます。demo ユーザーとしてログインした場合には、インスタンスの起動 または ボリュームの作成 のオプションを使用することができます。

  3. フィールドを更新して、終了したら イメージの更新 をクリックします。次の値を更新することができます (名前、説明、カーネル ID、RAM ディスク ID、アーキテクチャー、形式、最小ディスク、最小メモリー、パブリック、保護)。
  4. ドロップダウンメニューをクリックして メタデータの更新 オプションを選択します。
  5. 左のコラムから右のコラムに項目を追加して、メタデータを指定します。左のコラムには、Image サービスのメタデータカタログからのメタデータの定義が含まれています。その他 を選択して、任意のキーを使用してメタデータを追加し、完了したら 保存 をクリックします。
注記

glance image-update コマンドに property オプションを指定して実行する方法でイメージを更新することもできます。コマンドラインで操作を行った方が、より多くの値を使用することができます。完全なリストは、「イメージの設定パラメーター」を参照してください。

1.2.4. イメージの削除

  1. Dashboard で プロジェクト > コンピュート > イメージ を選択します。
  2. 削除するイメージを選択し、イメージの削除 ボタンをクリックします。

1.2.4.1. 削除するイメージデータの完全削除

イメージが削除された後でも、イメージに関する情報は、OpenStack Image サービスのデータベースに保持されます。そのため、データベースは時間が経過するにつれ拡大し、使用に時間がかかり、アップグレードが困難になります。

削除したイメージに関する情報を削除するには、glance-manage db purge コマンドを使用します。デフォルトでは、削除されるデータベースのエントリーは、30 日 (以上) 前に削除したイメージを参照する場合ですが、パラメーターとして、別の期間 (日数) を指定することができます。たとえば、60 日よりも前に削除したイメージに関する情報を削除するには、以下のコマンドを実行します。

$ glance-manage db purge 60