付録A Bare Metal Provisioning ドライバー

Bare Metal Provisioning は、多数のドライバーを使用するように設定することができます。各ドライバーは、プロビジョニングメソッドと電源管理タイプで構成されます。一部のドライバーには追加の設定が必要です。本項で説明する各ドライバーは、プロビジョニングに PXE を使用します。ドライバーは電源管理タイプ別にリストされます。ドライバー (1 つまたは複数) を Bare Metal Provisioning 用に有効化する方法については、「Bare Metal Provisioning ドライバーの設定」を参照してください。

A.1. Intelligent Platform Management Interface (IPMI)

IPMI は、電源管理やサーバーのモニタリングを含む帯域外 (OOB) リモート管理機能を提供するインターフェースです。この電源管理タイプを使用するには、全 Bare Metal Provisioning ノードで IPMI が共有ベアメタルプロビジョニングネットワークに接続されている必要があります。pxe_ipmitool ドライバーを有効化し、ノードの driver_info に以下の情報を設定します。

  • ipmi_address: IPMI NIC の IP アドレス
  • ipmi_username: IPMI のユーザー名
  • ipmi_password: IPMI のパスワード

A.2. Dell Remote Access Controller (DRAC)

DRAC は、電源管理やサーバーのモニタリングを含む帯域外 (OOB) リモート管理機能を提供するインターフェースです。この電源管理タイプを使用するには、全 Bare Metal Provisioning ノードで DRAC が共有ベアメタルプロビジョニングネットワークに接続されている必要があります。pxe_drac ドライバーを有効化し、ノードの driver_info に以下の情報を設定します。

  • drac_address: DRAC NIC の IP アドレス
  • drac_username: DRAC のユーザー名
  • drac_password: DRAC のパスワード

A.3. Integrated Remote Management Controller (iRMC)

富士通の iRMC は、電源管理やサーバーのモニタリングを含む帯域外 (OOB) リモート管理機能を提供するインターフェースです。Bare Metal Provisioning ノードでこの電源管理タイプを使用するには、このノードに、共有ベアメタルプロビジョニングネットワークに接続された iRMC インターフェースが 1 つ必要です。pxe_irmc ドライバーを有効化し、ノードの driver_info に以下の情報を設定します。

  • irmc_address: iRMC インターフェースの NIC の IP アドレス
  • irmc_username: iRMC のユーザー名
  • irmc_password: iRMC のパスワード

IPMI を使用してブートモードを設定するか、SCCI を使用してセンサーデータを取得するには、追加で以下のステップを完了する必要があります。

  1. ironic.conf でセンサーメソッドを有効にします。

    # openstack-config --set /etc/ironic/ironic.conf \
       irmc sensor_method METHOD

    METHODscci または ipmitool に置き換えます。

  2. SCCI を有効にした場合は、python-scciclient パッケージをインストールします。

    # yum install python-scciclient
  3. Bare Metal Provisioning コンダクターサービスを再起動します。

    # systemctl restart openstack-ironic-conductor.service
注記

iRMC ドライバーを使用するには、 iRMC S4 以降が必要です。

A.4. Integrated Lights-Out (iLO)

iLO は、電源管理やサーバーのモニタリングを含む帯域外 (OOB) リモート管理機能を提供するインターフェースです。この電源管理タイプを使用するには、全 Bare Metal Provisioning ノードで、インターフェースが共有ベアメタルプロビジョニングネットワークに接続された iLO インターフェースが 1 つ必要です。pxe_ilo ドライバーを有効化し、ノードの driver_info に以下の情報を設定します。

  • ilo_address: iLO インターフェースの NIC の IP アドレス
  • ilo_username: iLO のユーザー名
  • ilo_password: iLO のパスワード

python-proliantutils パッケージもインストールして、Bare Metal Provisioning コンダクターサービスを再起動する必要があります。

# yum install python-proliantutils
# systemctl restart openstack-ironic-conductor.service
注記

イントロスペクションを正常に実行するには、HP ノードが 2015 のファームウェアバージョンである必要があります。

A.5. SSH と virsh

Bare Metal Provisioning は、libvirt を実行するホストにアクセスして、仮想マシンをノードとして使用することができます。virsh はノードの電源管理機能を制御します。

重要

この SSH ドライバーは、検証および評価のみを目的としており、Red Hat OpenStack Platform のエンタープライズ環境には推奨されません。

この電源管理タイプを使用するには、Bare Metal Provisioning は仮想ノードを設定するホスト上の libvirt 環境に完全にアクセス可能なアカウントに SSH でアクセスできる必要があります。pxe_ssh ドライバーを有効にして、ノードの driver_info で以下の情報を設定します。

  • ssh_virt_type: このオプションは virsh に設定します。
  • ssh_address: virsh ホストの IP アドレス
  • ssh_username: SSH ユーザー名
  • ssh_key_contents: Bare Metal Provisioning コンダクターノード上の SSH 秘密鍵の内容。対応する公開鍵が virsh ホストにコピーされている必要があります。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。