5.10. Red Hat OpenStack Platform プロジェクトへの外部ユーザーアクセス権の付与

grp-openstack グループからの特定認証ユーザーに OpenStack リソースへのアクセス権限を付与するには、これらのユーザーに Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) プロジェクトへの直接アクセス権限を付与できます。グループにアクセス権を付与する代わりに、個々のユーザーにアクセス権を付与する場合は、このプロセスを使用します。

前提条件

  • 外部サービスの管理者が以下の手順を完了していることを確認してください。

    • RHOSP ユーザーを grp-openstack グループに追加する。
    • OpenStack Identity ドメインを作成する。この手順では、LAB ドメインを使用。
  • RHOSP プロジェクトの作成や選択を行う。以下の手順では、openstack project create --domain default --description "Demo Project" demo コマンドで作成した demo という名前のプロジェクトを使用。

手順

  1. OpenStack Identity ドメインからユーザーのリストを取得します。

    # openstack user list --domain LAB
     +------------------------------------------------------------------+----------------+
    | ID                                                               | Name           |
    +------------------------------------------------------------------+----------------+
    | 1f24ec1f11aeb90520079c29f70afa060d22e2ce92b2eba7784c841ac418091e | user1          |
    | 12c062faddc5f8b065434d9ff6fce03eb9259537c93b411224588686e9a38bf1 | user2          |
    | afaf48031eb54c3e44e4cb0353f5b612084033ff70f63c22873d181fdae2e73c | user3          |
    | e47fc21dcf0d9716d2663766023e2d8dc15a6d9b01453854a898cabb2396826e | user4          |
    +------------------------------------------------------------------+----------------+
  2. ロールのリストを取得します。

    # openstack role list

    コマンド出力は、統合する外部のユーザー管理サービスによって異なります。

    • Active Directory Domain Service (AD DS):

      +----------------------------------+-----------------+
      | ID                               | Name            |
      +----------------------------------+-----------------+
      | 01d92614cd224a589bdf3b171afc5488 | admin           |
      | 034e4620ed3d45969dfe8992af001514 | member          |
      | 0aa377a807df4149b0a8c69b9560b106 | ResellerAdmin   |
      | 9369f2bf754443f199c6d6b96479b1fa | heat_stack_user |
      | cfea5760d9c948e7b362abc1d06e557f | reader          |
      | d5cb454559e44b47aaa8821df4e11af1 | swiftoperator   |
      | ef3d3f510a474d6c860b4098ad658a29 | service         |
      +----------------------------------+-----------------+
    • Red Hat Identity Manager (IdM):

      +----------------------------------+---------------+
      | ID                               | Name          |
      +----------------------------------+---------------+
      | 0969957bce5e4f678ca6cef00e1abf8a | ResellerAdmin |
      | 1fcb3c9b50aa46ee8196aaaecc2b76b7 | admin         |
      | 9fe2ff9ee4384b1894a90878d3e92bab | _member_      |
      | d3570730eb4b4780a7fed97eba197e1b | SwiftOperator |
      +----------------------------------+---------------+
  3. リスト表示されたロールの 1 つまたは複数にユーザーを追加して、RHOSP プロジェクトへのアクセス権を付与します。たとえば、user1demo プロジェクトの一般ユーザーに指定するには、統合する外部サービスに応じて、ユーザーを member または _member_ ロールに追加します。

    • Active Directory Domain Service (AD DS):

      # openstack role add --project demo --user 1f24ec1f11aeb90520079c29f70afa060d22e2ce92b2eba7784c841ac418091e member
    • Red Hat Identity Manager (IdM):

      # openstack role add --project demo --user 1f24ec1f11aeb90520079c29f70afa060d22e2ce92b2eba7784c841ac418091e _member_
  4. user1demo プロジェクトの管理ユーザーにするには、admin ロールに追加します。

    # openstack role add --project demo --user 1f24ec1f11aeb90520079c29f70afa060d22e2ce92b2eba7784c841ac418091e admin

結果

user1 ユーザーは、外部ユーザー名とパスワードを入力し、Domain フィールドに LAB を入力して Dashboard にログインすることができます。

domain
注記

ユーザーに Error: Unable to retrieve container list. というエラーメッセージが表示され、コンテナーの管理が可能であることが想定されている場合には、SwiftOperator ロールに追加する必要があります。