2.4. 仮想化されたアンダークラウドノードのサポート

Red Hat は、以下のプラットフォームでのみ仮想アンダークラウドをサポートします。

プラットフォーム備考

Kernel-based Virtual Machine (KVM)

Red Hat OpenStack Platform、Red Hat Virtualization、および Red Hat Enterprise Linux with KVM の認定ゲストオペレーティングシステム に記載されているように、Red Hat Enterprise Linux によってホストされます。

Microsoft Hyper-V

Red Hat Customer Portal Certification Catalogue に記載の Hyper-V のバージョンでホストされている。

VMware ESX および ESXi

Red Hat Customer Portal Certification Catalogue に記載の ESX および ESXi のバージョンでホストされている。

重要

ハイパーバイザーが Red Hat Enterprise Linux 9.2 ゲストをサポートしていることを確認します。

仮想マシンの要件

仮想アンダークラウドのリソース要件は、ベアメタルのアンダークラウドの要件と似ています。ネットワークモデル、ゲスト CPU 機能、ストレージのバックエンド、ストレージのフォーマット、キャッシュモードなどプロビジョニングの際には、さまざまなチューニングオプションを検討してください。

ネットワークの考慮事項

電源管理
アンダークラウド仮想マシン (VM) は、オーバークラウドノードの電源管理デバイスにアクセスする必要があります。これには、ノードの登録の際に、pm_addr パラメーターに IP アドレスを設定してください。
プロビジョニングネットワーク
プロビジョニングネットワーク (ctlplane) に使用する NIC には、オーバークラウドのベアメタルノードの NIC に対する DHCP 要求をブロードキャストして、対応する機能が必要です。仮想マシンの NIC をベアメタル NIC と同じネットワークに接続するブリッジを作成します。
不明なアドレスからのトラフィックを許可する

ハイパーバイザーがアンダークラウドをブロックして、不明なアドレスからトラフィックが送信されないように、仮想アンダークラウドハイパーバイザー (VMware ESX または ESXi) を設定する必要があります。

  • IPv4 ctlplane ネットワーク: 偽造送信を許可します。
  • IPv6 ctlplane ネットワーク: 偽造送信、MAC アドレスの変更、無差別モード操作を許可します。

    VMware ESX または ESXi を設定する方法の詳細については、VMware ドキュメント Web サイトの vSphere 標準スイッチのセキュリティー保護 を参照してください。

これらの設定を適用したら、director 仮想マシンの電源を一旦オフにしてから再投入する必要があります。仮想マシンを再起動するだけでは不十分です。