4.10. デフォルトのアンダークラウドディレクトリーの内容

RHOSP 17 では、すべての設定ファイルが 1 つのディレクトリーにあります。ディレクトリーの名前は、使用した openstack コマンドとスタックの名前を組み合わせたものです。ディレクトリーにはデフォルトの場所がありますが、--working-dir オプションを使用してデフォルトの場所を変更できます。このオプションは、デプロイメントで使用されるファイルの読み取りまたは作成を行う任意の tripleoclient コマンドで使用できます。

デフォルトのロケーションコマンド

$HOME/tripleo-deploy/undercloud

tripleo deploy に基づく undercloud install

$HOME/tripleo-deploy/<stack>

tripleo deploy、<stack> はデフォルトでは standalone です

$HOME/overcloud-deploy/<stack>

overcloud deploy、<stack> はデフォルトではオーバークラウドです

次の表は、~/tripleo-deploy/undercloud ディレクトリーに含まれるファイルとディレクトリーの詳細を示しています。

表4.1 アンダークラウドディレクトリーの内容

ディレクトリー説明

heat-launcher

一時的な Heat 設定とデータベースのバックアップを含む一時的な Heat 作業ディレクトリー。

install-undercloud.log

アンダークラウドのインストールおよびアップグレードのログ。

tripleo-ansible-inventory.yaml

オーバークラウドの Ansible インベントリー。

tripleo-config-generated-env-files

生成された環境ファイルが含まれます。

tripleo-undercloud-outputs.yaml

保存されたアンダークラウド出力が含まれます。

tripleo-undercloud-passwords.yaml

アンダークラウドのパスワードが含まれます。

undercloud-install-*.tar.bzip2

作業ディレクトリーの tarball (例: undercloud-install-20220823210316.tar.bzip2)