5.3. オーバークラウドのストレージ

オーバークラウド環境のバックエンドストレージとして Red Hat Ceph Storage ノードを使用できます。以下のタイプのストレージに Ceph ノードを使用するようにオーバークラウドを設定できます。

イメージ
Image サービス (glance) は、仮想マシンインスタンスの作成に使用されるイメージを管理します。イメージは不変のバイナリー BLOB です。Image サービスを使用して、イメージを Ceph Block Device に保存できます。サポートされているイメージ形式の詳細は、イメージの作成と管理Image サービス (glance) を参照してください。
Volumes
Block Storage サービス (cinder) は、インスタンスの永続ストレージボリュームを管理します。Block Storage サービスボリュームはブロックデバイスです。ボリュームを使用してインスタンスを起動したり、実行中のインスタンスにボリュームをアタッチしたりできます。Block Storage サービスを使用して、イメージの Copy-on-Write クローンで仮想マシンをブートすることができます。
オブジェクト
Ceph Object Gateway (RGW) は、オーバークラウドストレージのバックエンドが Red Hat Ceph Storage である場合、Ceph クラスターにデフォルトのオーバークラウドオブジェクトストレージを提供します。オーバークラウドに Red Hat Ceph Storage がない場合、オーバークラウドは Object Storage サービス (swift) を使用して Object Storage を提供します。オーバークラウドノードを Object Storage サービス専用にすることができます。これは、オーバークラウド環境でコントローラーノードをスケーリングまたは置き換える必要があるが、高可用性クラスター外にオブジェクトストレージを保持する必要がある場合に便利です。
ファイルシステム
Shared File Systems サービス (manila) は、共有ファイルシステムを管理します。Shared File Systems サービスを使用して、Ceph Storage ノード上のデータを使用して、CephFS ファイルシステムによってバックアップされた共有を管理できます。
インスタンスディスク
インスタンスを起動すると、インスタンスディスクはハイパーバイザーのインスタンスディレクトリーにファイルとして保存されます。デフォルトのファイルの場所は /var/lib/nova/instances です。

Ceph Storage についての詳しい情報は、Red Hat Ceph Storage アーキテクチャーガイド を参照してください。

5.3.1. オーバークラウドストレージの設定に関する考慮事項

ストレージ設定を計画するときは、次の問題を考慮してください。

インスタンスのセキュリティーとパフォーマンス
バックエンドの Block Storage ボリュームを使用するインスタンスで LVM を使用すると、パフォーマンス、ボリュームの可視性と可用性、およびデータの破損に関する問題が発生します。LVM フィルターを使用して問題を軽減します。詳細は、永続ストレージの設定オーバークラウドノードでの LVM2 フィルターの有効化 および Red Hat ナレッジベースのソリューション Using LVM on a cinder volume exposes the data to the compute host を参照してください。
ローカルディスクのパーティションサイズ

デプロイメントのストレージと保持の要件を考慮して、次のデフォルトのディスクパーティションサイズが要件を満たしているかどうかを判断します。

パーティションデフォルトのサイズ

/

8GB

/tmp

1 GB

/var/log

10 GB

/var/log/audit

2 GB

/home

1 GB

/var

ノードのロールに応じて:

  • Object Storage ノード: 残りのディスクサイズの 10%。
  • コントローラーノード: 残りのディスクサイズの 90%。
  • Object Storage 以外のノード: 他のすべてのパーティションが割り当てられた後に、ディスクの残りのサイズが割り当てられます。

/srv/

Object Storage ノードの場合: 他のすべてのパーティションが割り当てられた後に、ディスクの残りのサイズが割り当てられます。

パーティションに割り当てられたディスクサイズを変更するには、overcloud-baremetal-deploy.yaml ノード定義ファイルの ansible_playbooks 定義内の role_growvols_args 追加の Ansible 変数を更新します。詳細は、Object Storage サービスのディスクパーティション全体の設定 を参照してください。