第10章 オーバークラウドノードのスケーリング

オーバークラウドの作成後にノードを追加または削除する場合は、オーバークラウドを更新する必要があります。

注記

オーバークラウドノードのスケールアウトまたは削除を開始する前に、ベアメタルノードがメンテナンスモードに設定されていないことを確認します。

以下の表を使用して、各ノード種別のスケーリングに対するサポートを判断してください。

表10.1 各ノード種別のスケーリングサポート

ノード種別スケールアップスケールダウン備考

Controller

非対応

非対応

11章Controller ノードの置き換え に記載の手順を使用して、Controller ノードを置き換えることができます。

Compute

対応

対応

 

Ceph Storage ノード

対応

非対応

オーバークラウドを最初に作成する際に Ceph Storage ノードを 1 つ以上設定する必要があります。

Object Storage ノード

対応

対応

 
重要

オーバークラウドをスケーリングする前に、空き領域が少なくとも 10 GB あることを確認してください。この空き領域は、イメージの変換やノードのプロビジョニングプロセスのキャッシュに使用されます。

10.1. オーバークラウドへのノード追加

オーバークラウドにノードを追加できます。

注記

Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) の新規インストールには、セキュリティーエラータやバグ修正などの特定の更新が含まれていません。その結果、Red Hat Customer Portal または Red Hat Satellite Server を使用する接続環境をスケールアップすると、RPM 更新は新しいノードに適用されません。最新の更新をオーバークラウドノードに適用するには、以下のいずれかを実行する必要があります。

  • スケールアウト操作後にノードのオーバークラウド更新を完了します。
  • virt-customize ツールを使用して、スケールアウト操作の前にパッケージをベースのオーバークラウドイメージに変更します。詳細は、Red Hat ナレッジベースで Modifying the Red Hat Linux OpenStack Platform Overcloud Image with virt-customize のソリューションを参照してください。

手順

  1. 登録する新規ノードの詳細を記載した新しい JSON ファイル (newnodes.json) を作成します。

    {
      "nodes":[
        {
            "mac":[
                "dd:dd:dd:dd:dd:dd"
            ],
            "cpu":"4",
            "memory":"6144",
            "disk":"40",
            "arch":"x86_64",
            "pm_type":"ipmi",
            "pm_user":"admin",
            "pm_password":"p@55w0rd!",
            "pm_addr":"192.02.24.207"
        },
        {
            "mac":[
                "ee:ee:ee:ee:ee:ee"
            ],
            "cpu":"4",
            "memory":"6144",
            "disk":"40",
            "arch":"x86_64",
            "pm_type":"ipmi",
            "pm_user":"admin",
            "pm_password":"p@55w0rd!",
            "pm_addr":"192.02.24.208"
        }
      ]
    }
  2. アンダークラウドホストに stack ユーザーとしてログインします。
  3. stackrc アンダークラウド認証情報ファイルを入手します。

    $ source ~/stackrc
  4. 新しいノードを登録します。

    $ openstack overcloud node import newnodes.json
  5. 新しいノードごとにイントロスペクションプロセスを開始します。

    $ openstack overcloud node introspect \
     --provide <node_1> [<node_2>] [<node_n>]
    • --provide オプションを使用して、イントロスペクション後に指定されたすべてのノードを available 状態にリセットします。
    • <node_1><node_2>、および <node_n> までの全ノードを、イントロスペクトする各ノードの UUID に置き換えます。
  6. 新しいノードごとにイメージのプロパティーを設定します。

    $ openstack overcloud node configure <node>