第3章 director インストールの準備

director をインストールおよび設定するには、アンダークラウドを Red Hat Customer Portal または Red Hat Satellite サーバーに登録し、director パッケージをインストールし、インストール中にコンテナーイメージを取得するために director のコンテナーイメージソースを設定するなどの準備作業を完了する必要があります。

3.1. アンダークラウドの準備

director をインストールする前に、ホストマシンでいくつかの基本設定を完了する必要があります。

手順

  1. お使いのアンダークラウドに root ユーザーとしてログインします。
  2. stack ユーザーを作成します。

    [root@director ~]# useradd stack
  3. ユーザーのパスワードを設定します。

    [root@director ~]# passwd stack
  4. sudo を使用する場合にパスワードを要求されないようにします。

    [root@director ~]# echo "stack ALL=(root) NOPASSWD:ALL" | tee -a /etc/sudoers.d/stack
    [root@director ~]# chmod 0440 /etc/sudoers.d/stack
  5. 新規作成した stack ユーザーに切り替えます。

    [root@director ~]# su - stack
    [stack@director ~]$
  6. システムイメージおよび heat テンプレート用のディレクトリーを作成します。

    [stack@director ~]$ mkdir ~/images
    [stack@director ~]$ mkdir ~/templates

    director はシステムのイメージと heat テンプレートを使用して、オーバークラウド環境を構築します。ローカルファイルシステムの管理を容易にするために、Red Hat ではこれらのディレクトリーを作成することを推奨します。

  7. アンダークラウドのベースおよび完全なホスト名を確認します。

    [stack@director ~]$ hostname
    [stack@director ~]$ hostname -f

    上記のコマンドのいずれかで正しい完全修飾ホスト名が出力されない、またはエラーが表示される場合には、hostnamectl でホスト名を設定します。

    [stack@director ~]$ sudo hostnamectl set-hostname undercloud.example.com
  8. アンダークラウドホストの完全修飾ドメイン名 (FQDN) を解決できる DNS サーバーを使用していない場合は、/etc/hosts を編集してシステムホスト名のエントリーを追加します。/etc/hosts の IP アドレスは、アンダークラウドのパブリック API に使用する予定のアドレスと一致する必要があります。たとえば、システムの FQDN に undercloud.example.com が使用され、IP アドレスに 10.0.0.1 を使用する場合には、/etc/hosts ファイルに以下の行を追加します。

    10.0.0.1  undercloud.example.com undercloud
  9. Red Hat OpenStack Platform director をオーバークラウドまたはその認証プロバイダーとは別のドメインに配置する予定の場合には、追加のドメインを /etc/resolv.conf に加える必要があります。

    search overcloud.com idp.overcloud.com
    重要

    RHOSP 環境でポートの名前を内部的に解決するには、DNS のポートエクステンションの DNS ドメイン (dns_domain_ports) を有効にする必要があります。NeutronDnsDomain のデフォルト値 (openstacklocal) を使用する場合、ネットワークサービスは DNS のポート名を内部的に解決しません。詳細は、Red Hat OpenStack Platform ネットワークの設定DNS がポートに割り当てる名前を指定する を参照してください。