第5章 オーバークラウドのプランニング

以下の項で、Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) 環境のさまざまな要素をプランニングする際のガイドラインを説明します。これには、ノードロールの定義、ネットワークトポロジーのプランニング、ストレージなどが含まれます。

重要

デプロイ後は、オーバークラウドノードの名前を変更しないでください。デプロイメント後にノードの名前を変更すると、インスタンスの管理に問題が生じます。

5.1. ノードロール

director には、オーバークラウドを作成するために、以下に示すデフォルトノード種別が含まれます。

Controller

環境を制御するための主要なサービスを提供します。これには、Dashboard (horizon)、認証 (keystone)、イメージストレージ (glance)、ネットワーク (neutron)、オーケストレーション (heat)、高可用性サービスが含まれます。高可用性に対応した実稼働レベルの環境の場合は、Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) 環境に Controller ノードが 3 台必要です。

注記

1 台の Controller ノードで設定される環境は、実稼働用ではなくテスト目的にのみ使用してください。2 台の Controller ノードまたは 4 台以上の Controller ノードで設定される環境はサポートされません。

Compute
ハイパーバイザーとして機能し、環境内で仮想マシンを実行するのに必要な処理機能を持つ物理サーバー。基本的な RHOSP 環境には少なくとも 1 つの Compute ノードが必要です。
Ceph Storage
Red Hat Ceph Storage を提供するホスト。Ceph Storage ホストはクラスターに追加され、クラスターをスケーリングします。このデプロイメントロールはオプションです。
Swift Storage
OpenStack Object Storage (swift) サービスに外部オブジェクトストレージを提供するホスト。このデプロイメントロールはオプションです。

以下の表には、オーバークラウドの設定例と各シナリオで使用するノード種別の定義をまとめています。

表5.1 各種シナリオに使用するノードデプロイメントロール

 ControllerComputeCeph StorageSwift StorageTotal

小規模のオーバークラウド

3

1

-

-

4

中規模のオーバークラウド

3

3

-

-

6

追加のオブジェクトストレージがある中規模のオーバークラウド

3

3

-

3

9

Ceph Storage クラスターがある中規模のオーバークラウド

3

3

3

-

9

さらに、個別のサービスをカスタムのロールに分割するかどうかを検討します。コンポーザブルロールアーキテクチャーの詳細は、Red Hat OpenStack Platform デプロイメントのカスタマイズ ガイドの コンポーザブルサービスとカスタムロール を参照してください。

表5.2 概念検証用デプロイメントに使用するノードデプロイメントロール

 アンダークラウドControllerComputeCeph StorageTotal

概念実証

1

1

1

1

4

警告

Red Hat OpenStack Platform は、Day 2 操作中、稼働状態にある Ceph Storage クラスターを維持します。そのため、MON ノードまたはストレージノードの数が 3 未満のデプロイメントでは、一部のDay 2 操作 (Ceph Storage クラスターのアップグレードまたはマイナー更新等) を行うことができません。単一の Controller ノードまたは単一の Ceph Storage ノードを使用している場合は、Day 2 操作に失敗します。