第1章 director の概要

Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) director は、完全な RHOSP 環境のインストールおよび管理を行うためのツールセットです。director は、主に OpenStack プロジェクト TripleO をベースとしています。director を使用すると、RHOSP ノードとして使用するベアメタルシステムをプロビジョニングおよび制御可能な、完全に機能するスリムで堅牢な RHOSP 環境をインストールできます。

director は、アンダークラウドとオーバークラウドという 2 つの主要な概念を採用しています。まずアンダークラウドをインストールし、続いてアンダークラウドをツールとして使用して、オーバークラウドをインストールおよび設定します。

Basic Layout of undercloud and overcloud

1.1. アンダークラウドを理解する

アンダークラウドは、Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) director ツールセットを含む主要管理ノードです。これは、RHOSP 環境を形成する RHOSP ノード (オーバークラウド) をプロビジョニングおよび管理するためのコンポーネントを含む、単一システムの RHOSP インストールです。アンダークラウドを設定するコンポーネントは、さまざまな機能を持ちます。

RHOSP サービス

アンダークラウドは、RHOSP サービスのコンポーネントをベースのツールセットとして使用します。各サービスは、アンダークラウドの個別のコンテナー内で動作します。

  • Identity サービス (keystone): director サービスの認証と認可を提供する
  • Bare Metal Provisioning サービス (ironic)と Compute サービス(nova): ベアメタルノードを管理する
  • Networking サービス(neutron) および Open vSwitch: ベアメタルノードのネットワークを制御する
  • Orchestration サービス (heat): director がオーバークラウドイメージをディスクに書き込んだ後のノードのオーケストレーションを提供する
環境のプランニング
アンダークラウドには、特定のノードロールを作成して割り当てるのに使用できるプランニング機能が含まれます。アンダークラウドには、Compute、Controller、さまざまな Storage ロールなど、特定のノードに割り当てることのできるデフォルトのノードロールセットが含まれます。また、カスタムロールを設定することもできます。さらに、各ノードロールにどの RHOSP サービスを含めるかを選択できます。これにより、新しいノードタイプをモデル化したり、特定のコンポーネントを独自のホストに分離したりする方法が提供されます。
ベアメタルシステムの制御
アンダークラウドは、各ノードの帯域外管理インターフェイス (通常 Intelligent Platform Management Interface (IPMI)) を使用して電源管理制御を行い、PXE ベースのサービスを使用してハードウェア属性を検出し、各ノードに RHOSP をインストールします。この機能を使用して、ベアメタルシステムを RHOSP ノードとしてプロビジョニングできます。電源管理ドライバーのすべてのリストについては、電源管理ドライバー を参照してください。
オーケストレーション
アンダークラウドには、環境のプランのセットに対応する YAML テンプレートセットが含まれます。アンダークラウドはこれらのプランをインポートし、その指示に従って結果として RHOSP 環境を作成します。このプランに含まれるフックを使用して、環境作成プロセスの特定のポイントとして、カスタマイズを組み込むこともできます。