第4章 アンダークラウドへの director のインストール

Director を設定してインストールするには、undercloud.conf ファイルに適切なパラメーターを設定し、undercloud installation コマンドを実行します。director をインストールしたら、ノードのプロビジョニング中に director がベアメタルノードへの書き込みに使用するオーバークラウドイメージをインポートします。

4.1. アンダークラウドの設定

director をインストールする前に、アンダークラウドを設定する必要があります。アンダークラウドは、director が stack ユーザーのホームディレクトリーから読み取る undercloud.conf ファイルで設定します。

手順

  1. アンダークラウドに stack ユーザーとしてログインします。
  2. サンプルの undercloud.conf ファイルを stack ユーザーのホームディレクトリーにコピーします。

    [stack@director ~]$ cp \
      /usr/share/python-tripleoclient/undercloud.conf.sample \
      ~/undercloud.conf
  3. デプロイメントの undercloud.conf ファイル内のパラメーターの値を変更します。アンダークラウドの設定に使用できるパラメーターの詳細は、 アンダークラウド設定パラメーター を参照してください。

    注記

    パラメーターを省略したり、コメントアウトした場合には、director はデフォルト値を使用します。

  4. undercloud.conf ファイルを保存します。