16.3. ボリュームの接続

ブロックストレージデバイスを消去する方法は複数あります。従来の方法として、lvm_type を thin に設定し、続いて volume_clear パラメーターを使用します。または、ボリュームの暗号化機能があれば、ボリュームの暗号化キーが削除される場合にボリュームのワイプは必要ありません。

注記

以前のバージョンでは、lvm_type=default は wipe を示すために使用されていました。この手法は依然として機能しますが、secure delete の設定に lvm_type=default は推奨されません。

volume_clear パラメーターは、zero または shred のいずれかを引数として受け入れることができます。zero は、デバイスにゼロのパスを 1 つ書き込みます。shred 操作は、事前に決定したビットパターンの 3 つを書き込みます。