5.9. Red Hat OpenStack Platform の IdM サーバーをレプリカに置き換える

既存の IPA サーバーをレプリカに置き換える場合は、必要なパラメーターを更新する必要があります。そうしないと、クラスターの設定を更新する際、オーバークラウドのデプロイメントが失敗します。

手順

  1. 各オーバークラウドノードで /etc/ipa/default.conf 設定ファイルを編集して、server および xmlrpc_uri パラメーターに IdM サーバーの完全修飾ドメイン名 (FQDN) が含まれるようにします。

    #File modified by ipa-client-install
    
    [global]
    basedn = dc=redhat,dc=local
    realm = REDHAT.LOCAL
    domain = redhat.local
    server = freeipa-0.redhat.local
    host = undercloud-0.redhat.local
    xmlrpc_uri = https://freeipa-0.redhat.local/ipa/xml
    enable_ra = True
  2. アンダークラウドで /home/stack/templates/tls-parameters.yaml 環境ファイルを編集し、IPA_SERVER_HOSTNAME パラメーターが /etc/ipa/default.confxmlrpc_uri および server パラメーターに示されている FQDN に一致するようにします。すべてのパラメーターが環境に一致していることを確認します。

    export IPA_DOMAIN=bigcorp.com
    export IPA_REALM=BIGCORP.COM
    export IPA_ADMIN_USER=$IPA_USER
    export IPA_ADMIN_PASSWORD=$IPA_PASSWORD
    export IPA_SERVER_HOSTNAME=ipa.bigcorp.com
    export UNDERCLOUD_FQDN=undercloud.example.com
    export USER=stack
    export CLOUD_DOMAIN=example.com