7.3. DNS エンドポイントの設定

DNS ホスト名を使用して SSL/TLS でオーバークラウドにアクセスする場合には、/usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/predictable-placement/custom-domain.yaml ファイルを /home/stack/templates ディレクトリーにコピーします。

注記

この環境ファイルが初回のデプロイメントに含まれていない場合は、TLS-everywhere のアーキテクチャーで再デプロイすることはできません。

すべてのフィールドのホスト名およびドメイン名を設定し、必要に応じてカスタムネットワークのパラメーターを追加します。

CloudDomain
ホストの DNS ドメイン
CloudName
オーバークラウドエンドポイントの DNS ホスト名
CloudNameCtlplane
プロビジョニングネットワークエンドポイントの DNS 名
CloudNameInternal
Internal API エンドポイントの DNS 名
CloudNameStorage
ストレージエンドポイントの DNS 名
CloudNameStorageManagement
ストレージ管理エンドポイントの DNS 名

手順

  • 次のパラメーターのいずれかを使用して、使用する DNS サーバーを追加します。

    • DEFAULT/undercloud_nameservers
    • %SUBNET_SECTION%/dns_nameservers
ヒント

CloudName{network.name} 定義を使用して、仮想 IP を使用するコンポーザブルネットワーク上の API エンドポイントの DNS 名を設定できます。

詳細は、director を使用した Red Hat OpenStack Platform のインストールと管理コンポーザブルネットワークの追加 を参照してください。