4.5. 外部 ID プロバイダーによる認証

外部認証プロバイダー (IdP) を使用して OpenStack サービスプロバイダー (SP) に対して認証することができます。SP は、OpenStack クラウドによって提供されるサービスです。

別の IdP を使用する場合、外部認証のクレデンシャルは、他の OpenStack サービスによって使用されるデータベースからは分離されます。このように分離することで、保存された認証情報が侵害されるリスクが軽減されます。

各外部 IdP には、OpenStack Identity サービス (keystone) ドメインへの 1 対 1 のマッピングがあります。Red Hat OpenStack Platform では複数のドメインを共存させることができます。

外部認証は、追加の ID を作成することなく、既存の認証情報を使用して Red Hat OpenStack Platform のリソースにアクセスする方法を提供します。認証情報は、ユーザーの IdP によって維持されます。

ID 管理には、Red Hat Identity Management (IdM) や Microsoft Active Directory Domain Services (AD DS) などの IdP を使用できます。この設定では、OpenStack Identity サービスには LDAP ユーザーデータベースへの読み取り専用アクセス権があります。ユーザーまたはグループのロールに基づく API アクセスの管理は、keystone によって実行されます。ロールは、OpenStack Identity サービスを使用して LDAP アカウントに割り当てられます。

4.5.1. LDAP 統合の仕組み

以下の図では、keystone は暗号化された LDAPS 接続を使用して Active Directory Domain Controller に接続します。ユーザーが horizon にログインすると、keystone は指定したユーザー認証情報を受け取り、Active Directory に渡します。

ad 統合 keystone v3