第3章 RHOSP 環境のドキュメント化

システムのコンポーネント、ネットワーク、サービス、およびソフトウェアを文書化することは、セキュリティー上の懸念事項、攻撃ベクトル、およびセキュリティーゾーンの橋渡しとなりうるポイントを特定する上で重要です。Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) デプロイメントに関する文書には、以下の情報が含まれている必要があります。

  • RHOSP の本番環境、開発環境、テスト環境におけるシステムコンポーネント、ネットワーク、サービス、ソフトウェアの説明。
  • 仮想マシンや仮想ディスクボリュームなどの一時リソースのインベントリー。

3.1. システムロールの文書化

Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) デプロイメントの各ノードは、クラウドのインフラストラクチャーに貢献したり、クラウドのリソースを提供したりと、特定ロールを果たしています。

インフラストラクチャーに貢献するノードは、メッセージキューイングサービス、ストレージ管理、モニタリング、ネットワークなど、クラウドの運用やプロビジョニングをサポートするために必要なクラウド関連サービスを実行します。インフラストラクチャーロールの例としては、以下のようなものがあります。

  • Controller
  • Networker
  • Database
  • Telemetry

クラウドリソースを提供するノードは、お客様のクラウド上で動作するインスタンスのために、コンピュートやストレージの容量を提供します。リソースロールの例としては、以下のようなものがあります。

  • CephStorage
  • Compute
  • ComputeOvsDpdk
  • ObjectStorage

お客様の環境で使用されているシステムロールを文書化します。これらのロールは、RHOSP のデプロイに使用されるテンプレート内で識別できます。たとえば、お客様の環境で使用されている各ロールの NIC 設定ファイルがあります。

手順

  1. デプロイメント用の既存のテンプレートに、現在使用されているロールを指定するファイルがあるかどうかを確認します。お客様の環境で使用されている各ロールの NIC 設定ファイルがあります。次の例では、RHOSP 環境に ComputeHCI ロール、Compute ロール、および Controller ロールが含まれています。

    $ cd ~/templates
    $ tree
    .
    ├── environments
    │   └── network-environment.yaml
    ├── hci.yaml
    ├── network
    │   └── config
    │       └── multiple-nics
    │           ├── computehci.yaml
    │           ├── compute.yaml
    │           └── controller.yaml
    ├── network_data.yaml
    ├── plan-environment.yaml
    └── roles_data_hci.yaml
  2. RHOSP 環境の各ロールは、相互に関連する多くのサービスを実行します。各ロールが使用するサービスを記録するには、roles ファイルを調べる必要があります。

    1. テンプレート用に roles ファイルが生成されている場合は、~/templates ディレクトリーにあります。

      $ cd ~/templates
      $ find . -name *role*
      > ./templates/roles_data_hci.yaml
    2. お使いのテンプレートに roles ファイルが生成されていない場合は、現在使用しているロールに生成し、ドキュメント作成のために検査することができます。

      $ openstack overcloud roles generate \
      > --roles-path /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/roles \
      > -o roles_data.yaml Controller Compute