アンダークラウドおよびコントロールプレーンノードのバックアップと復元

Red Hat OpenStack Platform 17.1

アンダークラウドおよびオーバークラウドコントロールプレーンノードのバックアップの作成と復元

概要

このガイドでは、Red Hat Openstack Platform (RHOSP) をバックアップおよびリストアする方法について説明します。このガイドでは、バックアップと復元の問題のトラブルシューティング方法についても説明します。RHOSP を更新またはアップグレードする場合は、バックアップを作成する必要があります。RHOSP のバックアップを作成するには、次のツールのいずれかを使用できます。
  • スナップショットおよび Revert ツール。スナップショットの作成時に、RHOSP クラスターの元のディスクの状態を保存します。更新またはアップグレードの結果に応じて、スナップショットを削除または元に戻すことができます。
  • Relax-and-Recover (ReaR) ツール。ReaR ツールを使用して環境をバックアップする場合は、アンダークラウドノードとコントロールプレーンノードのバックアップイメージを作成します。アップグレードまたは更新中にエラーが発生した場合に、これらのバックアップを使用して、アンダークラウドノードとコントロールプレーンノードを以前の状態に復元することができます。また、ReaR ツールを使用して環境のバックアップを定期的に作成し、問題が発生した場合にダウンタイムを最小限に抑えることができます。