Service Telemetry Framework リリースノート 1.5

Red Hat OpenStack Platform 17.0

Service Telemetry Framework 1.5 のリリースについて

OpenStack Documentation Team

Red Hat Customer Content Services

概要

このドキュメントでは、Service Telemetry Framework の本リリースにおける主な機能、機能拡張、および既知の問題を概説します。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。まずは、マスター (master)、スレーブ (slave)、ブラックリスト (blacklist)、ホワイトリスト (whitelist) の 4 つの用語の置き換えから始めます。この取り組みは膨大な作業を要するため、今後の複数のリリースで段階的に用語の置き換えを実施して参ります。詳細は、Red Hat CTO である Chris Wright のメッセージ をご覧ください。

第1章 Service Telemetry Framework リリースの概要

本リリースでは、Service Telemetry Framework (STF) に新機能を追加し、STF に特有の問題を解決しました。

STF は他の Red Hat 製品のコンポーネントを使用しています。これらのコンポーネントのサポートに関する具体的な情報は、https://access.redhat.com/site/support/policy/updates/openstack/platform/ および https://access.redhat.com/support/policy/updates/openshift/ を参照してください。

STF 1.5 は、デプロイメントプラットフォームとして OpenShift Container Platform バージョン 4.10 および 4.12 と互換性があります。

1.1. 製品サポート

Red Hat カスタマーポータルでは、Service Telemetry Framework のインストールと設定をガイドするリソースを提供しています。カスタマーポータルでは、以下の種類のドキュメントをご利用いただけます。

  • 製品ドキュメント
  • ナレッジベースのアーティクルおよびソリューション
  • テクニカルブリーフ
  • サポートケース管理

    カスタマーポータルには https://access.redhat.com/ からアクセスしてください。

第2章 Service Telemetry Framework のリリース情報

この Service Telemetry Framework (STF) リリースのサポート期間中にリリースされた更新に関する注意事項は、各更新に関連するアドバイザリーテキストに記載されています。

2.1. Service Telemetry Framework 1.5.0

このリリースノートでは、Service Telemetry Framework (STF) の本リリースをインストールする際に考慮すべき拡張機能および削除された機能を説明しています。

本リリースには、以下のアドバイザリーが含まれています。

RHEA-2022:8735-01
Service Telemetry Framework 1.5.0 - コンテナーイメージ用のコンポーネントのリリース

2.1.1. リリースノート

このセクションでは、推奨事項や STF の重要な変更点など、リリースに関する重要な情報をまとめています。お使いのシステムに最大限の効果をもたらすために、以下の情報を考慮する必要があります。

BZ#2121457
STF 1.5.0 は OpenShift Container Platform 4.10 をサポートします。これまでの STF のリリースは、延長サポートの終了が近づいている OpenShift Container Platform 4.8 に限定されていました。OpenShift Container Platform 4.10 は、2022 年 11 月までのフルサポートと 2023 年 9 月までのメンテナンスサポートを備えた延長更新サポート (EUS) リリースです。詳細は、Red Hat OpenShift Container Platform ライフサイクルポリシー を参照してください。

2.1.2. 非推奨の機能

本項には、サポートされなくなった機能、または今後のリリースでサポートされなくなる予定の機能について記載します。

BZ#2153825
sg-core アプリケーションプラグイン elasticsearch は、STF 1.5 で非推奨になりました。
BZ#2152901
prometheus-webhook-snmp の使用は、STF 1.5 で非推奨になりました。

2.1.3. 削除された機能

BZ#2150029
STF と Gnocchi を一緒に使用する方法を説明する STF ドキュメントのセクションが削除されました。Gnocchi の使用は、自動スケーリングでの使用に限定されています。

2.2. Service Telemetry Framework 1.5.1

このリリースノートでは、Service Telemetry Framework (STF) の本リリースをインストールする際に考慮すべき拡張機能および削除された機能を説明しています。

本リリースには、以下のアドバイザリーが含まれています。

RHSA-2023:1529-04
Service Telemetry Framework 1.5.1 - コンテナーイメージ用のコンポーネントのリリース

2.2.1. リリースノート

このセクションでは、推奨事項や STF の重要な変更点など、リリースに関する重要な情報をまとめています。お使いのシステムに最大限の効果をもたらすために、以下の情報を考慮する必要があります。

BZ#2176537
STF 1.5.1 は OpenShift Container Platform 4.10 および 4.12 をサポートします。これまでの STF のリリースは、延長サポートの終了が近づいている OpenShift Container Platform 4.8 に限定されていました。OpenShift Container Platform 4.12 は、現在完全にサポートされている Extended Update Support (EUS) リリースです。2024 年 7 月までメンテナンスサポートが提供されます。詳細は、Red Hat OpenShift Container Platform ライフサイクルポリシー を参照してください。
BZ#2173856
イベントストレージが無効になっていると、Grafana のイベントデータソースが使用できないという問題があります。イベントストレージのデフォルト設定は無効になっています。データソースはアノテーションを使用しており、デフォルトでは使用できないため、仮想マシンダッシュボードには、欠落しているデータソースに関する警告が表示されます。回避策 (ある場合): 仮想マシンダッシュボードで使用可能なスイッチを使用して、アノテーションを無効にし、STF のデフォルトのデプロイメントオプションと一致させることができます。

2.2.2. 機能強化

本リリースの STF では、以下の点が強化されています。

BZ#2092544
CA の追加の証明書有効期限設定と、QDR および Elasticsearch のエンドポイント証明書を使用して、証明書の更新設定をより詳細に制御できます。
STF-559
STF の追加の SNMP トラップ配信制御を使用して、トラップ配信ターゲット、ポート、コミュニティー、デフォルトトラップ OID、デフォルトトラップ重大度、およびトラップ OID 接頭辞を設定できるようになりました。
BZ#2159464
この機能は golang 1.18 で再構築され、サポートされている golang バージョンにとどまり、将来のメンテナンスアクティビティーに役立ちます。

2.3. Service Telemetry Framework 1.5.2

このリリースノートでは、Service Telemetry Framework (STF) の本リリースをインストールする際に考慮すべき拡張機能および削除された機能を説明しています。

本リリースには、以下のアドバイザリーが含まれています。

RHEA-2023:3785
Service Telemetry Framework 1.5.2 のリリース

2.3.1. バグ修正

これらのバグは本リリースの STF で修正されています。

BZ#2211897

以前は、OperatorHub.io Operators CatalogSource から Prometheus Operator をインストールしていましたが、これが Red Hat OpenShift Container Platform でのクラスター内モニタリングを妨げていました。

これを修正するために、STF のインストール中に Community Operators CatalogSource の Prometheus Operator を使用するようになりました。OperatorHub.io Operators CatalogSource から Community Operators CatalogSource に移行する方法の詳細は、ナレッジベースの記事 Migrating Service Telemetry Framework to Prometheus Operator from community-operators を参照してください。

2.3.2. 機能強化

本リリースの STF では、以下の点が強化されています。

BZ#2138179
STF で RHOSP 16.2 を監視するために、director Operator を使用して Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) をデプロイできるようになりました。

2.3.3. 削除された機能

本リリースの STF では、以下の機能が削除されています。

BZ#2189670
一時ストレージに関するドキュメントが削除されました。実稼働環境では必ず永続ストレージを使用してください。

2.4. ドキュメントの変更

このセクションでは、Service Telemetry Framework (STF) 1.5 で提供される主要なドキュメントの更新と、新機能の追加、機能拡張、修正など、ドキュメントセットに加えられた変更の詳細を記載しています。このセクションでは、新しいタイトルの追加と、リタイアまたは置き換えられたタイトルの廃止についても詳しく説明しています。

表2.1 ドキュメントの変更

Date影響を受けるバージョン影響を受けるコンテンツ変更の説明

2022 年 12 月 1 日

1.5

 

STF での Gnocchi の使用に関するセクションを STF ドキュメントから削除しました。自動スケーリングには Gnocchi のみを使用できます。

2023 年 3 月 30 日

1.5.1

 

「非標準ネットワークトポロジーへのデプロイメント」というタイトルの STF ドキュメントからセクションを削除しました。推奨事項は不要で、不正確である可能性がありました。

2023 年 3 月 30 日

1.5.1

https://access.redhat.com/documentation/ja-jp/red_hat_openstack_platform/17.0/html-single/service_telemetry_framework_1.5/index#configuration-parameters-for-snmptraps_assembly-advanced-features

STF 1.5.1 で使用可能な追加の設定パラメーターが、「SNMP トラップとしてアラートを送信」セクションに追加されました。Prometheus Alerts からの SNMP トラップ配信用に ServiceTelemetry オブジェクトを設定するための詳細情報と例が記載されています。

2023 年 3 月 30 日

1.5.1

https://access.redhat.com/documentation/ja-jp/red_hat_openstack_platform/17.0/html-single/service_telemetry_framework_1.5/index#proc-updating-the-amq-interconnect-ca-certificate_assembly-renewing-the-amq-interconnect-certificate

tripleo-ansible-inventory.yaml パスが更新され、RHOSP 13 および 16.2 デプロイメントの正しいパスに一致するようになりました。

2023 年 6 月 22 日

1.5.2

https://access.redhat.com/documentation/ja-jp/red_hat_openstack_platform/17.0/html-single/service_telemetry_framework_1.5/index#configuring-the-stf-connection-for-the-overcloud_assembly-completing-the-stf-configuration

クラウド設定の AMQ Interconnect トピックパラメーターとトピックアドレスの詳細。

2023 年 6 月 22 日

1.5.2

https://access.redhat.com/documentation/ja-jp/red_hat_openstack_platform/16.2/html/service_telemetry_framework_1.5/index

STF で RHOSP 16.2 を監視するために、director Operator を使用して Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) に関するセクションを追加しました。