3.2. Service Telemetry Framework 1.3.1 メンテナンスリリース (2021 年 7 月 19 日)

本リリースノートには、本リリースの Service Telemetry Framework (STF) のインストール時に考慮すべきバグ修正および機能拡張が強調表示されています。

本リリースには、以下のアドバイザリーが含まれています。

RHBA-2021:2771
Service Telemetry Framework のコンポーネントリリース v1.3.1

3.2.1. バグ修正

以下のバグは、以下の STF リリースで修正されました。

BZ#1979637

今回の更新以前は、sg-core により公開される Ceilometer メトリックにより、仮想マシンインスタンスの ID がラベル値 host として公開されるようになりました。その結果、ラベル host を使用すると、ノードインスタンスに加えて仮想マシンインスタンスと共にダッシュボードのドロップダウンメニューがオーバーロードされます。

今回の更新により、Ceilometer 仮想マシンインスタンスメトリックが vm_instance ラベルを使用して仮想マシンのインスタンス ID を公開し、仮想マシンインスタンス ID が STF ダッシュボードノードインスタンスのドロップダウンメニューに一覧表示されなくなりました。

BZ#1976981
今回の更新以前は、Service Telemetry Framework (STF) 1.3 で Interconnect クラスターをデプロイする際に、ポート 5672 が AMQ Interconnect に対して有効になりませんでした。そのため、管理者は、デプロイメントを検証するための qdstat でクエリーできませんでした。今回の更新により、AMQ Interconnect Operator によって管理される Interconnect オブジェクトのリスナーの一覧にポート 5672 が追加されました。管理者は qdstat を使用して AMQ Interconnect を検証およびデバッグできるようになりました。
BZ#1979378

本リリース以前は、Smart Gateway はデプロイされない空のオブジェクトを提供するために clouds: {} というドキュメントを参照します。その結果、Smart Gateway はクリアされず、以下のエラーが Service Telemetry Operator のログに表示されました。

"Invalid data passed to loop, it requires a list, got this instead: {}.Hint: If you passed a list/dict of just one element, try adding wantlist=True to your lookup invocation or use q/query instead of lookup."

ドキュメントは、clouds: [] が正しい形式であることを示しており、空のオブジェクトではなく空のリストが渡されるようになります。その結果、Smart Gateway は定義されません。