Menu Close

第4章 サービス Telemetry フレームワーク向けの Red Hat OpenStack Platform の設定

メトリクス、イベント、またはその両方のコレクション、および Service Telemetry Framework (STF) ストレージドメインに送信するには、Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) オーバークラウドを設定して、データ収集とトランスポートを有効にする必要があります。

STF は単一クラウドと複数のクラウドの両方をサポートすることができます。RHOSP と STF のデフォルトの構成は、単一のクラウドのインストールのために設定されています。

4.1. Service Telemetry Framework 向けの Red Hat OpenStack Platform オーバークラウドのデプロイ

Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) オーバークラウドを設定するには、データコレクターと、Service Telemetry Framework (STF) へのデータトランスポートを設定し、オーバークラウドをデプロイする必要があります。

関連情報

  • AMQ Interconnect でデータを収集するには、the amqp1 plug-in を参照してください。

4.1.1. AMQ Interconnect ルートアドレスの取得

Service Telemetry Framework (STF) 向けに Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) オーバークラウドを設定する場合に、STF 接続ファイルに AMQ Interconnect ルートアドレスを指定する必要があります。

手順

  1. Red Hat OpenShift Container Platform 環境にログインします。
  2. service-telemetry プロジェクトで、AMQ Interconnect ルートアドレスを取得します。

    $ oc get routes -ogo-template='{{ range .items }}{{printf "%s\n" .spec.host }}{{ end }}' | grep "\-5671"
    default-interconnect-5671-service-telemetry.apps.infra.watch

4.1.2. STF の基本構成の作成

Service Telemetry Framework (STF) と互換性があるデータ収集とトランスポートを提供するようにベースパラメーターを設定するには、デフォルトのデータ収集値を定義するファイルを作成する必要があります。

手順

  1. Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) アンダークラウドに stack ユーザーとしてログオンします。
  2. /home/stack ディレクトリーに enable-stf.yaml という名前の設定ファイルを作成します。

    重要

    EventPipelinePublishers および PipelinePublishers を空白の一覧として設定すると、Gnocchi や Panko などの RHOSP のレガシー Telemetry コンポーネントにイベントやメトリックデータが渡されません。データを追加のパイプラインに送信する必要がある場合に、ExtraConfig で指定されるように Ceilometer のポーリングを 30 秒間隔でを行うと、レガシーコンポーネントに過剰な負荷をかける可能性があるため、間隔を 300 などの大きな値に増やす必要があります。ポーリング間隔の値を増やすと、STF の Telemetry 解決が少なくなります。

    STF と Gnocchi でテレメトリの収集を可能にするには 「Gnocchi および Service Telemetry Framework へのメトリックの送信」 を確認してください。

parameter_defaults:
    # only send to STF, not other publishers
    EventPipelinePublishers: []
    PipelinePublishers: []

    # manage the polling and pipeline configuration files for Ceilometer agents
    ManagePolling: true
    ManagePipeline: true

    # enable Ceilometer metrics and events
    CeilometerQdrPublishMetrics: true
    CeilometerQdrPublishEvents: true

    # enable collection of API status
    CollectdEnableSensubility: true
    CollectdSensubilityTransport: amqp1
    CollectdSensubilityResultsChannel: sensubility/telemetry

    # enable collection of containerized service metrics
    CollectdEnableLibpodstats: true

    # set collectd overrides for higher telemetry resolution and extra plugins
    # to load
    CollectdConnectionType: amqp1
    CollectdAmqpInterval: 5
    CollectdDefaultPollingInterval: 5
    CollectdExtraPlugins:
    - vmem

    # set standard prefixes for where metrics and events are published to QDR
    MetricsQdrAddresses:
    - prefix: 'collectd'
      distribution: multicast
    - prefix: 'anycast/ceilometer'
      distribution: multicast

    ExtraConfig:
        ceilometer::agent::polling::polling_interval: 30
        ceilometer::agent::polling::polling_meters:
        - cpu
        - disk.*
        - ip.*
        - image.*
        - memory
        - memory.*
        - network.*
        - perf.*
        - port
        - port.*
        - switch
        - switch.*
        - storage.*
        - volume.*

        # to avoid filling the memory buffers if disconnected from the message bus
        collectd::plugin::amqp1::send_queue_limit: 50

        # receive extra information about virtual memory
        collectd::plugin::vmem::verbose: true

        # provide name and uuid in addition to hostname for better correlation
        # to ceilometer data
        collectd::plugin::virt::hostname_format: "name uuid hostname"

        # provide the human-friendly name of the virtual instance
        collectd::plugin::virt::plugin_instance_format: metadata

        # set memcached collectd plugin to report its metrics by hostname
        # rather than host IP, ensuring metrics in the dashboard remain uniform
        collectd::plugin::memcached::instances:
          local:
            host: "%{hiera('fqdn_canonical')}"
            port: 11211

4.1.3. オーバークラウドの STF 接続の設定

Service Telemetry Framework (STF) 接続を設定するには、オーバークラウド用の AMQ Interconnect の接続設定など、ファイルを STF デプロイメントに対して作成する必要があります。イベントの収集と STF への保存を有効にし、オーバークラウドを展開します。デフォルト設定は、デフォルトのメッセージバストピックを使用して単一のクラウドインスタンスに対して指定されます。複数のクラウドのデプロイメントの構成については、「複数のクラウドの設定」 を参照してください。

前提条件

手順

  1. RHOSP のアンダークラウドに stack ユーザーとしてログインします。
  2. /home/stack ディレクトリーに stf-connectors.yaml という設定ファイルを作成します。
  3. stf-connectors.yaml ファイルで、オーバークラウド上の AMQ Interconnect を STF デプロイメントに接続するように MetricsQdrConnectors アドレスを設定します。

    parameter_defaults:
        MetricsQdrConnectors:
        - host: default-interconnect-5671-service-telemetry.apps.infra.watch
          port: 443
          role: edge
          sslProfile: sslProfile
          verifyHostname: false
    
        MetricsQdrSSLProfiles:
        -   name: sslProfile

4.1.4. オーバークラウドのデプロイ

必要な環境ファイルでオーバークラウドをデプロイまたは更新すると、データが収集されて、Service Telemetry Framework (STF) に送信されます。

手順

  1. Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) アンダークラウドに stack ユーザーとしてログオンします。
  2. 認証ファイルのソース

    [stack@undercloud-0 ~]$ source stackrc
    
    (undercloud) [stack@undercloud-0 ~]$
  3. RHOSP director デプロイメントに以下のファイルを追加して、データ収集と AMQ Interconnect を設定します。

    • collectd Telemetry およびイベントが STF に送信されることを確認する collectd-write-qdr.yaml ファイル
    • Ceilometer Telemetry およびイベントが STF に送信されることを確認する ceilometer-write-qdr.yaml ファイル
    • メッセージバスが有効で、STF メッセージバスルーターに接続されていることを確認する qdr-edge-only.yaml ファイル
    • デフォルト値が正しく設定されていることを確認する enable-stf.yaml 環境ファイル
    • STF への接続を定義する stf-connectors.yaml 環境ファイル

      (undercloud) [stack@undercloud-0 ~]$ openstack overcloud deploy <other_arguments>
      --templates /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates \
        --environment-file <...other_environment_files...> \
        --environment-file /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/metrics/ceilometer-write-qdr.yaml \
        --environment-file /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/metrics/collectd-write-qdr.yaml \
        --environment-file /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/metrics/qdr-edge-only.yaml \
        --environment-file /home/stack/enable-stf.yaml \
        --environment-file /home/stack/stf-connectors.yaml
  4. オーバークラウドをデプロイします。

4.1.5. クライアント側のインストールの検証

Service Telemetry Framework (STF) ストレージドメインからデータ収集を検証するには、配信されたデータに対してデータソースをクエリーします。Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) デプロイメントの個別ノードを検証するには、SSH を使用してコンソールに接続します。

ヒント

一部のテレメトリデータは、RHOSP にアクティブなワークロードがある場合にのみ利用可能です。

手順

  1. オーバークラウドノード (例: controller-0) にログインします。
  2. metrics_qdr コンテナーがノードで実行されていることを確認します。

    $ sudo podman container inspect --format '{{.State.Status}}' metrics_qdr
    
    running
  3. AMQ Interconnect が実行されている内部ネットワークアドレスを返します (ポート 5666 でリッスンする 172.17.1.44 など)。

    $ sudo podman exec -it metrics_qdr cat /etc/qpid-dispatch/qdrouterd.conf
    
    listener {
        host: 172.17.1.44
        port: 5666
        authenticatePeer: no
        saslMechanisms: ANONYMOUS
    }
  4. ローカルの AMQ インターコネクトへの接続のリストを返します。

    $ sudo podman exec -it metrics_qdr qdstat --bus=172.17.1.44:5666 --connections
    
    Connections
      id   host                                                                  container                                                                                                  role    dir  security                            authentication  tenant
      ============================================================================================================================================================================================================================================================================================
      1    default-interconnect-5671-service-telemetry.apps.infra.watch:443      default-interconnect-7458fd4d69-bgzfb                                                                      edge    out  TLSv1.2(DHE-RSA-AES256-GCM-SHA384)  anonymous-user
      12   172.17.1.44:60290                                                     openstack.org/om/container/controller-0/ceilometer-agent-notification/25/5c02cee550f143ec9ea030db5cccba14  normal  in   no-security                         no-auth
      16   172.17.1.44:36408                                                     metrics                                                                                                    normal  in   no-security                         anonymous-user
      899  172.17.1.44:39500                                                     10a2e99d-1b8a-4329-b48c-4335e5f75c84                                                                       normal  in   no-security                         no-auth

    接続は 4 つあります。

    • STF へのアウトバウンド接続
    • ceilometer からのインバウンド接続
    • collectd からのインバウンド接続
    • qdstat クライアントからの受信接続

      STF の送信接続は MetricsQdrConnectors ホストパラメーターに提供され、STF ストレージドメインのルートとなります。他のホストは、この AMQ インターコネクトへのクライアント接続の内部ネットワークアドレスです。

  5. メッセージが配信されていることを確認するには、リンクを一覧表示して メッセージ配信の deliv 列に _edge アドレスを表示します。

    $ sudo podman exec -it metrics_qdr qdstat --bus=172.17.1.44:5666 --links
    Router Links
      type      dir  conn id  id    peer  class   addr                  phs  cap  pri  undel  unsett  deliv    presett  psdrop  acc  rej  rel     mod  delay  rate
      ===========================================================================================================================================================
      endpoint  out  1        5           local   _edge                      250  0    0      0       2979926  0        0       0    0    2979926 0    0      0
      endpoint  in   1        6                                              250  0    0      0       0        0        0       0    0    0       0    0      0
      endpoint  in   1        7                                              250  0    0      0       0        0        0       0    0    0       0    0      0
      endpoint  out  1        8                                              250  0    0      0       0        0        0       0    0    0       0    0      0
      endpoint  in   1        9                                              250  0    0      0       0        0        0       0    0    0       0    0      0
      endpoint  out  1        10                                             250  0    0      0       911      911      0       0    0    0       0    911    0
      endpoint  in   1        11                                             250  0    0      0       0        911      0       0    0    0       0    0      0
      endpoint  out  12       32          local   temp.lSY6Mcicol4J2Kp       250  0    0      0       0        0        0       0    0    0       0    0      0
      endpoint  in   16       41                                             250  0    0      0       2979924  0        0       0    0    2979924 0    0      0
      endpoint  in   912      1834        mobile  $management           0    250  0    0      0       1        0        0       1    0    0       0    0      0
      endpoint  out  912      1835        local   temp.9Ok2resI9tmt+CT       250  0    0      0       0        0        0       0    0    0       0    0      0
  6. RHOSP ノードから STF へのアドレスを一覧表示するには、Red Hat OpenShift Container Platform に接続して AMQ Interconnect Pod 名を取得し、接続を一覧表示します。利用可能な AMQ Interconnect Pod を一覧表示します。

    $ oc get pods -l application=default-interconnect
    
    NAME                                    READY   STATUS    RESTARTS   AGE
    default-interconnect-7458fd4d69-bgzfb   1/1     Running   0          6d21h
  7. Pod に接続し、既知の接続を一覧表示します。この例では、RHOSP ノードから接続 id 22、23、および 24 の 3 つの edge 接続があります。

    $ oc exec -it default-interconnect-7458fd4d69-bgzfb -- qdstat --connections
    
    2020-04-21 18:25:47.243852 UTC
    default-interconnect-7458fd4d69-bgzfb
    
    Connections
      id  host               container                                                      role    dir  security                                authentication  tenant  last dlv      uptime
      ===============================================================================================================================================================================================
      5   10.129.0.110:48498  bridge-3f5                                                    edge    in   no-security                             anonymous-user          000:00:00:02  000:17:36:29
      6   10.129.0.111:43254  rcv[default-cloud1-ceil-meter-smartgateway-58f885c76d-xmxwn]  edge    in   no-security                             anonymous-user          000:00:00:02  000:17:36:20
      7   10.130.0.109:50518  rcv[default-cloud1-coll-event-smartgateway-58fbbd4485-rl9bd]  normal  in   no-security                             anonymous-user          -             000:17:36:11
      8   10.130.0.110:33802  rcv[default-cloud1-ceil-event-smartgateway-6cfb65478c-g5q82]  normal  in   no-security                             anonymous-user          000:01:26:18  000:17:36:05
      22  10.128.0.1:51948   Router.ceph-0.redhat.local                                     edge    in   TLSv1/SSLv3(DHE-RSA-AES256-GCM-SHA384)  anonymous-user          000:00:00:03  000:22:08:43
      23  10.128.0.1:51950   Router.compute-0.redhat.local                                  edge    in   TLSv1/SSLv3(DHE-RSA-AES256-GCM-SHA384)  anonymous-user          000:00:00:03  000:22:08:43
      24  10.128.0.1:52082   Router.controller-0.redhat.local                               edge    in   TLSv1/SSLv3(DHE-RSA-AES256-GCM-SHA384)  anonymous-user          000:00:00:00  000:22:08:34
      27  127.0.0.1:42202    c2f541c1-4c97-4b37-a189-a396c08fb079                           normal  in   no-security                             no-auth                 000:00:00:00  000:00:00:00
  8. ネットワークによって配信されるメッセージ数を表示するには、各アドレスを oc exec コマンドで使用します。

    $ oc exec -it default-interconnect-7458fd4d69-bgzfb -- qdstat --address
    
    2020-04-21 18:20:10.293258 UTC
    default-interconnect-7458fd4d69-bgzfb
    
    Router Addresses
      class   addr                                phs  distrib    pri  local  remote  in           out          thru  fallback
      ==========================================================================================================================
      mobile  anycast/ceilometer/event.sample     0    balanced   -    1      0       970          970          0     0
      mobile  anycast/ceilometer/metering.sample  0    balanced   -    1      0       2,344,833    2,344,833    0     0
      mobile  collectd/notify                     0    multicast  -    1      0       70           70           0     0
      mobile  collectd/telemetry                  0    multicast  -    1      0       216,128,890  216,128,890  0     0