6.9. OVN の論理フローのモニタリング

OVN は論理フローを使用します。これは、優先度、マッチング、アクションで設定されるフローのテーブルです。これらの論理フローは、各 Red Hat Openstack Platform (RHOSP) Compute ノード上で実行される ovn-controller に分散されます。コントローラーノード上で ovn-sbctl lflow-list コマンドを使用して、論理フローの完全なセットを表示します。

前提条件

手順

  1. OVN コンテナーにアクセスするために必要な権限を持つユーザーとしてコントローラーホストにログインします。

    $ ssh heat-admin@controller-0.ctlplane

  2. OVN データベースコマンドのエイリアスファイルを入手します。

    詳細は、「OVN トラブルシューティングコマンドのエイリアスの作成」 を参照してください。

    source ~/ovn-alias.sh

  3. 論理フローを表示します。

    $ ovn-sbctl lflow-list
  4. 出力を確認します。

    出力例

    Datapath: "sw0" (d7bf4a7b-e915-4502-8f9d-5995d33f5d10)  Pipeline: ingress
      table=0 (ls_in_port_sec_l2  ), priority=100  , match=(eth.src[40]), action=(drop;)
      table=0 (ls_in_port_sec_l2  ), priority=100  , match=(vlan.present), action=(drop;)
      table=0 (ls_in_port_sec_l2  ), priority=50   , match=(inport == "sw0-port1" && eth.src == {00:00:00:00:00:01}), action=(next;)
      table=0 (ls_in_port_sec_l2  ), priority=50   , match=(inport == "sw0-port2" && eth.src == {00:00:00:00:00:02}), action=(next;)
      table=1 (ls_in_port_sec_ip  ), priority=0    , match=(1), action=(next;)
      table=2 (ls_in_port_sec_nd  ), priority=90   , match=(inport == "sw0-port1" && eth.src == 00:00:00:00:00:01 && arp.sha == 00:00:00:00:00:01), action=(next;)
      table=2 (ls_in_port_sec_nd  ), priority=90   , match=(inport == "sw0-port1" && eth.src == 00:00:00:00:00:01 && ip6 && nd && ((nd.sll == 00:00:00:00:00:00 || nd.sll == 00:00:00:00:00:01) || ((nd.tll == 00:00:00:00:00:00 || nd.tll == 00:00:00:00:00:01)))), action=(next;)
      table=2 (ls_in_port_sec_nd  ), priority=90   , match=(inport == "sw0-port2" && eth.src == 00:00:00:00:00:02 && arp.sha == 00:00:00:00:00:02), action=(next;)
      table=2 (ls_in_port_sec_nd  ), priority=90   , match=(inport == "sw0-port2" && eth.src == 00:00:00:00:00:02 && ip6 && nd && ((nd.sll == 00:00:00:00:00:00 || nd.sll == 00:00:00:00:00:02) || ((nd.tll == 00:00:00:00:00:00 || nd.tll == 00:00:00:00:00:02)))), action=(next;)
      table=2 (ls_in_port_sec_nd  ), priority=80   , match=(inport == "sw0-port1" && (arp || nd)), action=(drop;)
      table=2 (ls_in_port_sec_nd  ), priority=80   , match=(inport == "sw0-port2" && (arp || nd)), action=(drop;)
      table=2 (ls_in_port_sec_nd  ), priority=0    , match=(1), action=(next;)
      table=3 (ls_in_pre_acl      ), priority=0, match=(1), action=(next;)
      table=4 (ls_in_pre_lb       ), priority=0    , match=(1), action=(next;)
      table=5 (ls_in_pre_stateful ), priority=100  , match=(reg0[0] == 1), action=(ct_next;)
      table=5 (ls_in_pre_stateful ), priority=0    , match=(1), action=(next;)
      table=6 (ls_in_acl          ), priority=0    , match=(1), action=(next;)
      table=7 (ls_in_qos_mark     ), priority=0    , match=(1), action=(next;)
      table=8 (ls_in_lb           ), priority=0    , match=(1), action=(next;)
      table=9 (ls_in_stateful     ), priority=100  , match=(reg0[1] == 1), action=(ct_commit(ct_label=0/1); next;)
      table=9 (ls_in_stateful     ), priority=100  , match=(reg0[2] == 1), action=(ct_lb;)
      table=9 (ls_in_stateful     ), priority=0    , match=(1), action=(next;)
      table=10(ls_in_arp_rsp      ), priority=0    , match=(1), action=(next;)
      table=11(ls_in_dhcp_options ), priority=0    , match=(1), action=(next;)
      table=12(ls_in_dhcp_response), priority=0    , match=(1), action=(next;)
      table=13(ls_in_l2_lkup      ), priority=100  , match=(eth.mcast), action=(outport = "_MC_flood"; output;)
      table=13(ls_in_l2_lkup      ), priority=50   , match=(eth.dst == 00:00:00:00:00:01), action=(outport = "sw0-port1"; output;)
      table=13(ls_in_l2_lkup      ), priority=50   , match=(eth.dst == 00:00:00:00:00:02), action=(outport = "sw0-port2"; output;)
    Datapath: "sw0" (d7bf4a7b-e915-4502-8f9d-5995d33f5d10)  Pipeline: egress
      table=0 (ls_out_pre_lb      ), priority=0    , match=(1), action=(next;)
      table=1 (ls_out_pre_acl     ), priority=0    , match=(1), action=(next;)
      table=2 (ls_out_pre_stateful), priority=100  , match=(reg0[0] == 1), action=(ct_next;)
      table=2 (ls_out_pre_stateful), priority=0    , match=(1), action=(next;)
      table=3 (ls_out_lb          ), priority=0    , match=(1), action=(next;)
      table=4 (ls_out_acl         ), priority=0    , match=(1), action=(next;)
      table=5 (ls_out_qos_mark    ), priority=0    , match=(1), action=(next;)
      table=6 (ls_out_stateful    ), priority=100  , match=(reg0[1] == 1), action=(ct_commit(ct_label=0/1); next;)
      table=6 (ls_out_stateful    ), priority=100  , match=(reg0[2] == 1), action=(ct_lb;)
      table=6 (ls_out_stateful    ), priority=0    , match=(1), action=(next;)
      table=7 (ls_out_port_sec_ip ), priority=0    , match=(1), action=(next;)
      table=8 (ls_out_port_sec_l2 ), priority=100  , match=(eth.mcast), action=(output;)
      table=8 (ls_out_port_sec_l2 ), priority=50   , match=(outport == "sw0-port1" && eth.dst == {00:00:00:00:00:01}), action=(output;)
      table=8 (ls_out_port_sec_l2 ), priority=50   , match=(outport == "sw0-port2" && eth.dst == {00:00:00:00:00:02}), action=(output;)

    OVN と OpenFlow には、主に以下のような相違点があります。

    • OVN ポートは、ネットワーク内にある論理エンティティーで、単一のスイッチ上にある物理ポートではありません。
    • OVN により、パイプライン内の各テーブルには番号に加えて名前が付けられます。名前は、パイプライン内のそのステージの目的を示します。
    • OVN の match 構文は、複雑なブール表現をサポートしています。
    • OVN の論理フローでは、OpenFlow よりも幅広いアクションをサポートしています。OVN の論理フローの構文で DHCP などの高度な機能を実装することができます。
  5. OVN トレースを実行します。

    ovn-trace コマンドを使用して、パケットが OVN の論理フローをどのように通過するかシミュレーションしたり、パケットがドロップする原因を特定するのに役立てたりすることができます。ovn-trace コマンドには、以下のパラメーターを指定して実行してください。

    DATAPATH
    シミュレーションされるパケットの送信が開始される場所の論理スイッチまたは論理ルーター。
    MICROFLOW

    シミュレーションされるパケット。ovn-sb データベースで使用される構文で指定します。

    この例では、シミュレーションされるパケットに --minimal の出力オプションが示されており、そのパケットが宛先に到達したことを表しています。

    $ ovn-trace --minimal sw0 'inport == "sw0-port1" && eth.src == 00:00:00:00:00:01 && eth.dst == 00:00:00:00:00:02'

    出力例

    #  reg14=0x1,vlan_tci=0x0000,dl_src=00:00:00:00:00:01,dl_dst=00:00:00:00:00:02,dl_type=0x0000
        output("sw0-port2");

    さらに詳しい情報を表示するには、シミュレーションされる同じパケットの --summary 出力に完全な実行パイプラインが表示されます。

    $ ovn-trace --summary sw0 'inport == "sw0-port1" && eth.src == 00:00:00:00:00:01 && eth.dst == 00:00:00:00:00:02'

    出力例

    出力例は次のとおりです。

    • パケットは sw0-port1 ポートから sw0 ネットワークに入り、受信のパイプラインを通過します。
    • outport 変数が sw0-port2 に設定されているのは、このパケットの宛先が sw0-port2 に指定されていることを意味します。
    • パケットは受信のパイプラインから出力されます。このパイプラインは、outport 変数が sw0-port2 に設定された sw0 の送信パイプラインにパケットを送ります。
    • 出力のアクションは、送信のパイプラインで実行されます。このパイプラインでは、パケットが outport 変数の現在の値である sw0-port2 に出力されます。

      #  reg14=0x1,vlan_tci=0x0000,dl_src=00:00:00:00:00:01,dl_dst=00:00:00:00:00:02,dl_type=0x0000
      ingress(dp="sw0", inport="sw0-port1") {
          outport = "sw0-port2";
          output;
          egress(dp="sw0", inport="sw0-port1", outport="sw0-port2") {
              output;
              /* output to "sw0-port2", type "" */;
          };
      };

関連情報