19.5. カーネルモジュールの読み込み

一部の Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) 機能には、特定のカーネルモジュールを読み込む必要があります。たとえば、OVS ファイアウォールドライバーの場合、2 つの仮想マシンインスタンス間の GRE トンネリングをサポートするには、nf_conntrack_proto_gre カーネルモジュールを読み込む必要があります。

特別な Orchestration サービス (heat) パラメーター ExtraKernelModules を使用することで、GRE トンネリング等の機能に必要なカーネルモジュールについての設定情報が heat に保存されるようになります。この後、通常のモジュール管理時に、これらの必要なカーネルモジュールが読み込まれます。

手順

  1. アンダークラウドホストに stack ユーザーとしてログインして、カスタム YAML 環境ファイルを作成します。

    $ vi /home/stack/templates/my-modules-environment.yaml

    ヒント

    heat は、テンプレート と呼ばれるプランのセットを使用して環境をインストールおよび設定します。カスタム環境ファイル を使用して、オーバークラウドの要素をカスタマイズすることができます。このファイルは、heat テンプレートをカスタマイズするための特別な種別のテンプレートです。

  2. YAML 環境ファイルの parameter_defaults セクションで、ExtraKernelModules を読み込むモジュールの名前に設定します。

    ComputeParameters:
      ExtraKernelModules:
        nf_conntrack_proto_gre: {}
    ControllerParameters:
      ExtraKernelModules:
        nf_conntrack_proto_gre: {}

  3. コア heat テンプレート、環境ファイル、およびこの新しいカスタム環境ファイルを指定して、openstack overcloud deploy コマンドを実行します。

    重要

    後で実行される環境ファイルで定義されているパラメーターとリソースが優先されることになるため、環境ファイルの順序は重要となります。

    $ openstack overcloud deploy --templates \
    -e [your-environment-files] \
    -e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/services/my-modules-environment.yaml

検証

  • heat がモジュールを正しく読み込んでいれば、Compute ノードで lsmod コマンドを実行すると、出力が表示されるはずです。

    sudo lsmod | grep nf_conntrack_proto_gre

関連情報