20.5. RHOSP Networking サービスに対する高可用性 (HA) の変更

Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) Networking サービス (neutron) API の更新により、管理者はルーターの作成時に --ha=True/False フラグを設定できるようになりました。この設定は、/var/lib/config-data/puppet-generated/neutron/etc/neutron/neutron.confl3_ha のデフォルト設定を上書きします。

  • neutron-server に加えられる高可用性 (HA) の変更:

    • Networking サービスで使用されるスケジューラー (無作為または leastrouter のスケジューラー) に関わらず、レイヤー 3 (L3) HA は無作為にアクティブなロールを割り当てます。
    • データベーススキーマが変更され、仮想ルーターへの仮想 IP アドレス (VIP) の確保を処理します。
    • L3 HA トラフィックを転送するために、トランスポートネットワークが作成されます。
  • Networking サービスの L3 エージェントに加えられる HA の変更:

    • 新しい keepalived のマネージャーが追加され、負荷分散と HA 機能が提供されるようになりました。
    • IP アドレスが仮想 IP アドレスに変換されます。