4.3. 検証の失敗のトラブルシューティング

検証手順が失敗した場合には、openstack.client ユーザーの Ceph キーおよび Ceph Storage モニター IP またはホスト名が一緒に使用し、Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) 用に作成した Ceph Storage プールから読み取り、書き込み、および削除を行うことができることを確認します。

手順

  1. この手順で実行する必要のある入力の量を短くするには、コンピュートノードにログインして rbd コマンドのエイリアスを作成します。

    # alias rbd="podman exec nova_compute /usr/bin/rbd --conf /etc/ceph/ceph.conf --keyring /etc/ceph/ceph.client.openstack.keyring --cluster ceph --id openstack"
  2. テストデータを新規オブジェクトとしてプールに書き込むことができることを確認します。

    # rbd create --size 1024 vms/foo
  3. テストデータが表示されることを確認します。

    # rbd ls vms | grep foo
  4. テストデータを削除します。

    # rbd rm vms/foo
注記

この手順が失敗した場合は、Ceph Storage の管理者にお問い合わせください。この手順は成功するが、コンピュートインスタンス、glance イメージ、または cinder ボリュームを作成できない場合は、Red Hat サポートにお問い合わせください。