2.5. ノードの手動でのタグ付け

各ノードの登録後、ハードウェアを検査して、ノードを特定のプロファイルにタグ付けする必要があります。プロファイルタグを使用してノードをフレーバーに照合してから、フレーバーをデプロイメントロールに割り当てます。

手順

  1. ハードウェアのイントロスペクションをトリガーして、各ノードのハードウェア属性を取得します。

    $ openstack overcloud node introspect --all-manageable --provide
    • --all-manageable オプションを使用して、管理状態にあるノードのみをイントロスペクションします。ここでは、すべてのノードが管理状態にあります。
    • --provide オプションは、イントロスペクション後に全ノードを active の状態にリセットします。

      重要

      このプロセスが正常に完了したことを確認します。ベアメタルノードの場合には、通常 15 分ほどかかります。

  2. ノード一覧を取得して UUID を識別します。

    $ openstack baremetal node list
  3. 各ノードの properties/capabilities パラメーターに profile オプションを追加して、ノードを特定のプロファイルに手動でタグ付けします。profile オプションを追加すると、適切なプロファイルにノードをタグ付けします。

    手動でのタグ付けの代わりに、Automated Health Check (AHC) ツールを設定し、ベンチマークデータに基づいて、多数のノードに自動でタグ付けすることができます。

    たとえば、3 つのノードが control プロファイルを使用し、別の 3 つのノードが compute プロファイルを使用するようにタグ付けするには、以下の profile オプションを作成します。

    $ ironic node-update 1a4e30da-b6dc-499d-ba87-0bd8a3819bc0 add properties/capabilities='profile:control,boot_option:local'
    $ ironic node-update 6faba1a9-e2d8-4b7c-95a2-c7fbdc12129a add properties/capabilities='profile:control,boot_option:local'
    $ ironic node-update 5e3b2f50-fcd9-4404-b0a2-59d79924b38e add properties/capabilities='profile:control,boot_option:local'
    $ ironic node-update 484587b2-b3b3-40d5-925b-a26a2fa3036f add properties/capabilities='profile:compute,boot_option:local'
    $ ironic node-update d010460b-38f2-4800-9cc4-d69f0d067efe add properties/capabilities='profile:compute,boot_option:local'
    $ ironic node-update d930e613-3e14-44b9-8240-4f3559801ea6 add properties/capabilities='profile:compute,boot_option:local'