3.5. オーバークラウドのデプロイ

作成した環境ファイルを使用して、オーバークラウドをデプロイします。

注記

アンダークラウドのインストール時に、undercloud.conf ファイルに generate_service_certificate=false を設定します。設定しない場合は、オーバークラウドのデプロイ時にトラストアンカーを挿入する必要があります。トラストアンカーの挿入方法についての詳細は、『Advanced Overcloud Customization』「Enabling SSL/TLS on Overcloud Public Endpoints」を参照してください。

手順

  • オーバークラウドの作成には、openstack overcloud deploy コマンドに追加の引数を指定する必要があります。

    $ openstack overcloud deploy --templates \
      -e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/ceph-ansible/ceph-ansible-external.yaml \
      -e /home/stack/templates/ceph-config.yaml \
      -e --ntp-server pool.ntp.org \

    上記のコマンド例は、以下のオプションを使用します。

  • --templates - デフォルトの heat テンプレートコレクション (/usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/) からオーバークラウドを作成します。
  • -e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/ceph-ansible/ceph-ansible-external.yaml: 既存の Ceph クラスターをオーバークラウドに統合するように director を設定します。
  • -e /home/stack/templates/ceph-config.yaml: -e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/ceph-ansible/ceph-ansible-external.yaml の設定するデフォルトを上書きするためのカスタム環境ファイルを追加します。ここでは、「 ceph-ansible パッケージのインストール」 で作成したカスタム環境ファイルです。
  • --ntp-server pool.ntp.org: NTP サーバーを設定します。

3.5.1. CephFS による Shared File Systems サービスの新たな環境ファイルの追加

CephFS による Shared File Systems サービスを使用するオーバークラウドをデプロイする場合には、新たな環境ファイルを追加する必要があります。

手順

  1. 以下のいずれかのオプションを使用して、新たな環境ファイルを作成して追加します。

    • ネイティブ CephFS バックエンドドライバーを使用するオーバークラウドをデプロイする場合には、/usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/manila-cephfsnative-config.yaml を使用します。
    • NFS バッグエンドに CephFS を使用するオーバークラウドをデプロイする場合は、/usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/manila-cephfsganesha-config.yaml を使用します。

      NFS バックエンドに CephFS を使用する場合には、カスタムの Controller ロールをデプロイして、Ganesha CephFS を NFS ゲートウェイで実行する必要があります。また、このロールは StorageNFS 分離ネットワークを設定して、ファイル共有をクライアントに提供します。StorageNFS ネットワークおよびカスタム Controller ロールに関する詳細は、『Deploying the Shared File Systems service with CephFS through NFS』「Deploying the updated environment」を参照してください。

  2. 使用する CephFS バックエンドに応じて、openstack overcloud deploy コマンドの形式を変更します。

    • ネイティブ CephFS の場合:

       $ openstack overcloud deploy --templates \
         -e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/ceph-ansible/ceph-ansible-external.yaml \
         -e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/manila-cephfsnative-config.yaml \
         -e /home/stack/templates/ceph-config.yaml \
         -e --ntp-server pool.ntp.org
    • NFS バックエンドに CephFS を使用する場合:

        $ openstack overcloud deploy --templates \
            -n /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/network_data_ganesha.yaml \
            -r /home/stack/custom_roles.yaml \
            -e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/ceph-ansible/ceph-ansible-external.yaml \
            -e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/manila-cephfsganesha-config.yaml \
            -e /home/stack/templates/ceph-config.yaml \
            -e --ntp-server pool.ntp.org
      注記

      カスタムの ceph-config.yaml 環境ファイルは、ceph-ansible-external.yaml ファイル、および manila-cephfsnative-config.yaml ファイルまたは manila-cephfsganesha-config.yaml ファイルのいずれかのパラメーターを上書きします。したがって、ceph-ansible-external.yaml、およびmanila-cephfsnative-config.yaml または manila-cephfsganesha-config.yaml のいずれかの後に、デプロイメントコマンドにカスタムの ceph-config.yaml 環境ファイルを追加します。