3.2. カスタム環境ファイルの作成

director は ceph-ansible にパラメーターを提供し、環境ファイルを使用して外部の Ceph Storage クラスターと統合します。

  • /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/ceph-ansible/ceph-ansible-external.yaml

外部の CephFS を使用して Shared File Systems サービス (manila) をデプロイする場合、別の環境ファイルで追加のパラメーターを提供します。

  • ネイティブ CephFS の場合、環境ファイルは /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/manila-cephfsnative-config.yaml です。
  • NFS バッグエンドに CephFS を使用する場合、環境ファイルは /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/manila-cephfsganesha-config.yaml です。

director はこれらの環境ファイルをデプロイメント時に呼び出し、既存の Ceph Storage クラスターをオーバークラウドに統合します。詳しい情報は、「オーバークラウドのデプロイ」を参照してください。

統合を設定するには、Ceph Storage クラスターの詳細を director に提供する必要があります。そのためには、カスタム環境ファイルを使用してデフォルト設定を上書きします。

手順

  1. カスタム環境ファイルを作成します。

    /home/stack/templates/ceph-config.yaml

  2. ファイルに parameter_defaults: セクションを追加します。

    parameter_defaults:
  3. parameter_defaults を使用して、/usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/ceph-ansible/ceph-ansible-external.yaml で上書きするすべてのパラメーターを設定します。少なくとも以下のパラメーターを設定する必要があります。

    • CephClientKey: Ceph Storage クラスターの Ceph クライアントキー。これは、「既存の Ceph Storage クラスターの設定」で取得した key の値です。たとえば、AQDLOh1VgEp6FRAAFzT7Zw+Y9V6JJExQAsRnRQ== です。
    • CephClusterFSID: Ceph Storage クラスターのファイルシステム ID。これは、「既存の Ceph Storage クラスターの設定」で取得した Ceph Storage クラスターの設定ファイルの fsid の値です。たとえば、4b5c8c0a-ff60-454b-a1b4-9747aa737d19 です。
    • CephExternalMonHost: Ceph Storage クラスターの全 MON ホストの IP をコンマ区切りにしたリスト (例: 172.16.1.7, 172.16.1.8)。

      以下は例になります。

      parameter_defaults:
        CephClientKey: AQDLOh1VgEp6FRAAFzT7Zw+Y9V6JJExQAsRnRQ==
        CephClusterFSID: 4b5c8c0a-ff60-454b-a1b4-9747aa737d19
        CephExternalMonHost: 172.16.1.7, 172.16.1.8
  4. (オプション) 実際の Ceph Storage クラスターに一致するように、デフォルトのプール名または RHOSP クライアントユーザー名を上書きできます。

    • CephClientUserName: openstack
    • NovaRbdPoolName: vms
    • CinderRbdPoolName: volumes
    • GlanceRbdPoolName: images
    • CinderBackupRbdPoolName: backups
    • GnocchiRbdPoolName: metrics
  5. CephFS がサポートする Shared File Systems サービスをデプロイする場合は、データおよびメタデータプールの名前を設定します。

      ManilaCephFSDataPoolName: manila_data
      ManilaCephFSMetadataPoolName: manila_metadata
    注記

    これらの名前が、作成済みのプールの名前と一致していることを確認します。

  6. Shared File Systems サービス用に作成したクライアントキーとそのキーの Ceph ユーザーの名前を設定します。

      ManilaCephFSCephFSAuthId: 'manila'
      CephManilaClientKey: 'AQDQ991cAAAAABAA0aXFrTnjH9aO39P0iVvYyg=='
    注記

    上書きしない限り、デフォルトのクライアントユーザー名 ManilaCephFSCephFSAuthIdmanila です。CephManilaClientKey は常に必要です。

  7. カスタム環境ファイルにオーバークラウドパラメーターを追加することができます。たとえば、neutron のネットワーク種別を vxlan に設定するには、parameter_defaults に以下の設定を追加します。

      NeutronNetworkType: vxlan

カスタム環境ファイルを作成したら、オーバークラウドのデプロイ時にこのファイルを追加する必要があります。オーバークラウドのデプロイに関する詳細は、「オーバークラウドのデプロイ」 を参照してください。